2008年01月21日

アクサのEasy ETFが東証にハードな上場へ

海外ETF、国内初上場へ・仏アクサ、東証に月内申請
仏大手運用会社、アクサ・インベストメント・マネジャーズは月内にも、欧州市場で取引されている商品ETF(上場投資信託)の重複上場を東京証券取引所に申請する。東証は市場の競争力強化策として春にも海外ETFを上場させる方針で、実現すれば国内初。国内でも多様な上場商品を取引できる選択肢が広がりそうだ。

 東証は昨年末に金融庁が公表した「金融・資本市場競争力強化プラン」に基づき上場商品の多様化を急ぐ方針で、海外の株価指数や商品指数に連動するETFはその一つ。 (07:00)

東証がやる気と評価したい感じです。千里の道も一歩から。海外ETFの商品ETFで、隗より始めよETFみたいな。

で、その隗より始めるEasy ETFに関しては、商品ということなので
EasyETF Commodities
商品ETFシリーズのどれか、または複数だと思いますが、EasyETF S&P GSCI TM - USD share classが順当なところではないかと思います。家畜・農産物ETFなんて儲かりそうな最新鋭のものをいきなり上場してくれるとは思えません。

ので、まずは日本人とアラブ人に高値を売りつけるのセオリー通りに、油多めのETFから。そう予想します。

「日本国内での投資手段としては、すでにドル建てでGSGがありますが、日本の皆さんのために、為替手数料分だけ得するETFを上場します。Win-Winの関係です」そんな感じでしょうか。この予想が裏切られることを祈っています。

しかし、家畜・農産物ETFに関しては、似たような投資先の商品を、年間コスト約2%越えでもほいほい買う人間・金は数百億円の単位で存在します。ぜひとも、そこを狙い打ちして欲しいものです。家畜と穀物は相関性が高いので、ステキな組合せなのです。家畜がエサとして穀物を食べるとお値段が両方上がるのです。どうせ家畜・穀物にベットというか賭けるなら、相乗効果を狙いたいの世界です。

アクサの他のEasy ETFに関して
Easy ETF
Easy ETFは、株式セクターREIT債券商品シリーズが揃っています。家畜・農産物ETF以外では、個人的に食指が動くのは、Global REIT ETFあたりでしょうか。株式に関しては、市場平均系では、MSCI ACWI ETFよりもよさげなものはありませんでした。

セクター別もiSharesのグローバルシリーズ方が好ましい感じです。まずは、商品ETFで、ドル建てが来るのかユーロ建てが来るのかを見ていきたい。ユーロ建てだと吉、ドル建てだと小吉ぐらいです。

ETFの本命はi、Sharesの投信法指数指定、もちろん円建てETF、それも面白くありませんので、アクサにはETFのシェアを取ったるの勢いでやってほしい。
posted by ことばもないひと at 13:27 | 日記