2006年07月13日

ウエルズリ インカムファンド 分配金支払い調書

マネックス証券で購入しているウエルズリインカムファンドの支払い通知書が届きました。

20060713_001.jpg

設定以来の基準価額の推移は以下で見ることができます。

Vanguard Wellesley Income (VWINX)

外国籍投資信託なので、日本のyahooで他の投信と比較できないのが痛いところ。作成日は6月28日になっています。振り込みは6月30日。あいかわらず二重課税でとほほ。確定申告をすれば戻ってきますが、面倒なので行いません。医療費を絡めると戻ってくる額は大きくなるのですが、まあ、めんどうくさいのれす。額が無視できないぐらい大きくなると、電子確定申告に挑戦したいと思います。

vanguardで扱っている投資信託のパフォーマンスなどは以下で見ることができます。
Vanguard - Funds by Name - Prices and performance

インカム、分配金やら配当金を目的としたファンドとしては、vanguardの中でも優れているファンドです。長期放置オッケーなのもいいところ。というか、長期放置向けファンドなんですが。

Looking at Old Funds in New Ways:
Financial News - Yahoo! Finance

米モーニングスターの記事でも、インカムファンドとしてのバランスを再評価してみよう、株式も含まれているけど、実は純粋な債権ファンドよりも安定しているよ、ってなことが書かれています。

松本大ちゃんが、マネックス設立当初の青雲の志を忘れていないころに販売を決めたファンドだと思います。分配金の二重課税は仕方の無いところと諦めるか、米国の証券会社に直接口座を持って投資してみることに挑戦するかと選択はできます。額が大きくないと送金やらが手間になりますけど。

額が少ないなら、マネックスにて、米国の債券ものとしてポートフォリオに組み込むのも悪くないと思います。少なくとも世銀ゼロクーポンよりは。
posted by ことばもないひと at 19:53 | 日記