2007年12月12日

MSCI KOKUSAI ETF

iシェアーズ MSCI KOKUSAI(コクサイ)
インデックス・ファンド(TOK)
ドキュメント・ライブラリー iShares
http://www.ishares.co.jp/product/stocks/tok.html
外国証券内容説明書
MSCI KOKUSAIのETFがiSharesから提供されます。エクスペンスレシオは0.25%です。現時点では分配方針は明らかになっていません。EFA準拠で年に一回を希望したいものです。あと、日本国内での上場があれば、それにこしたことはありません。

iShares
http://www.ishares.co.jp/index2.html
バークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループ、
世界初、MSCIコクサイ・インデックス連動型ETFを日本市場へ新規投入

BGIグループ、世界初の
MSCIコクサイ・インデックス連動型ETFを投入

公式発表とニュース記事です。当初の取り扱い金融機関も書かれています。二重課税の問題はクリアされませんが、特定口座に放り込め、分配金のドル受けが可能な大手証券、野村、大和、日興での取り扱いは歓迎すべきことです。

楽天証券での取り扱いもあります。しかし、分配頻度によっては面倒なことになります。iSharesで分配がある場合は、保有銘柄の配当平均マイナスエクスペンスレシオのことが多いため、最大で年間に約2%の分配が予想されます。

最悪の状況を想定すると、MSCI KOKUSAI ETFが国内で上場しない、国内で上場しても外国部に上場する、そして、分配が年に4回で総計2%ほどになる。これが最悪のパターンです。

分配金の再投資が高コストな海外ETFの場合、分配回数が多いほど長期でのリターンが削られます。さらに、分配金には二重課税され、ダメージを軽減するには確定申告の必要もでてきます。さらに、確定申告をした場合は所得税と地方税に関して別の問題も出てきます。医療費控除などをする場合にも影響があります。

海外ETFもしくは外国部上場、年四回約2%分配(追加するなら、繰り越している確定損などが無い)という最悪パターンの場合、確定拠出年金を利用しない個人が投資できる外国株式インデックスファンドと比較して、エクスペンスレシオと回転率が低いというメリットがちまちまと削られることになります。

最善の場合だと、分配は年に一回で0〜0.5%ほどです。これでも積立が面倒なことには変わりはありません。これは、純資産総額が増え、MSCI KOKUSAI ETFのエクスペンスレシオが0.1%になっても変わらない不利な点です。

やはり、現行法下では、MSCI KOKUSAI ETFと言えども、投信法の指数指定を受けたETFとしての取り扱いが無いと厳しいと思います。そもそも、本来であれば、MSCI KOKUSAI ETFは、日本の証券会社が、日本市場において、日本の投資家のために組むべきETFだったはずです。

バークレイズがモルスタの指数を使って日本の投資家向けの金融商品を開発する。このような歪んだ状況を、出遅れでもいいから、なんとかしてほしいと願わずにはいられません。

iSharesのドキュメントライブラリーでは、一部のETFについて、分配に対する税引き後のリターン、売却後税引きリターンも公開されています。米国で上場しているものであれば、この分配金や売却後の税引き後リターン表示は期待できます。MSCI KOKUSAI ETFにおいても情報が開示されれば、税が最終リターンに及ぼす影響に対する良い資料になるでしょう。

ドキュメント・ライブラリー iShares
http://www.ishares.co.jp/product/index.html

iシェアーズ S&P 500 インデックス・ファンド(IVV)
ドキュメント・ライブラリー iShares
http://www.ishares.co.jp/product/stocks/ivv.html

ロンドン証券取引所で取り扱いがあるETFにおいて、ISA/PEP/SIPPで利用できるかどうかも示されている点も興味深いです。

ISA/PEP/SIPPは英国の年金口座で、
Individual Savings Account
Personal Equity Plan
Self-Invested Personal Pension
の略です。解説は以下に詳しいものがあります。

野村資本市場研究所 英国の証券投資優遇税制
http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2004/2004sum14.html
英国の証券投資優遇税制
日本でもiSharesは「401k口座での利用可能」と表示してくれたのかもしれません。
posted by ことばもないひと at 18:11 | 日記