2013年03月16日

いつかはゆかしが逆転ホームランできるさく

http://bit.ly/13YAZZI
いろいろと大変そうですが、この状況を逆転する柵がいくつかあります。いや、策があるのです。檻とかでなく。

その1 グローバルスモール(バリュー)インデックスファンドを円建て積み立て可能で提供する

その2 国内でバリュー系インデックスファンドを(イカ略)

派手な方法ではありませんし長い坂になりますが、他がやってない、この期におよんでもやっていないので、いずれは預かり資産で他の競合を逆転できるでしょう。あと、完全に合法にやることができます。いえいえ、今が法的にアレとか言っているわけではありませんよ?

いま小型株インデックスファンドを提供すれば、何十年か後に、日本のボーグルのような顔をして小型株インデックスファンドを一般売りで日本で最初に提供した〜と、ブイブイ言わせることができるでしょう。いまがどうアレ。

おまけ
http://bit.ly/YB8DQs
フィデリティ 世界小型株へのgoogle検索結果へのリンク。

フィデリティの世界小型株ファンドですが、やはりベンチマークに配当は入っていなかったもよう。問題は検索結果の2番目の

32311088投資信託 フィデリティ・世界小型
http://bit.ly/YB8SLz

チャート結果へのリンクです。3ファンドの比較になっています。
青線 フィデリティ・世界小型株投信
緑線 年金積立インデックスF海外株式(H無)【0231C01A】
赤線 eMAXIS全世界株式インデックス【03312107】

世界小型株ファンドは、配当抜きのベンチマークにほぼ連動している、どこらへんがアクティブなのか聞かれたら、信託報酬がアクティブですと答えることができる素晴らしい合法的なファンドです。純資産約6億円。なんで、野村のiFundsでインデックスファンドに仕立てあげなかったんや……

しかし、長期の成績は、小型株効果で年金積み立て海外株式や、新興国株入りのeMAXIS全世界株式インデックスをアウトパフォームしています。配当抜きのベンチマークとどっこいの高コストアクティブファンドが、ほかのまじめな大中型株式中心の低コストインデックスファンドを凌駕していく。

世界小型株インデックスファンドを提供する。できれば、グローバルスモールバリューがいいなーってなもんですが、海外、プライベートバンクの商品などに頼らず、数十年後の栄光が高い確率で見込める世界小型株インデックスファンドの組成か、まあ提供だけでもおすすめ中のおすすめです。

バリュー系でなく、市場平均連動なら、VBとVSSを円建てファンドでパッケージするだけですしおすし。おぬぬめ。
posted by ことばもないひと at 13:43 | 日記