2007年10月31日

投資信託の10年来リターンが分かり、ある程度まで適切なベンチマークと比較してくれるサイト

Lipper - - Leading Fund Intelligence
Lipper - - Leading Fund Intelligence
リッパーです。いまはロイターの関連会社になっています。下はクイック検索で、日本語というか2バイト文字で検索すると、なかなかヒットしません。ブラックロックとかメリルリンチなどで検索してもダメです。

さらに、国内で投資可能かどうかでフィルタリングされているようです。海外のLipperサイトでは、世界のファンドが検索できます。ただ、その検索も、ユーザーインターフェイスがこなれていない印象を受けます。しかし、表示が国内投資可能縛りだと、意外なことが見えてきます。

Lipper - - Leading Fund Intelligence
Vanguard Wellesley Income Fund;Investor

バンガードウエルズリーインカムを試しに表示させてみました。トータルリターン(分配金再投資ベース)でのベンチマークが、なかなかに適切で驚きます。マネックスで投資可能です。

で、日本で売っているファンドの分配機再投資(税引き前)10年来リターンを年率で見ることができるので、早速、表示させて見たいと思います。
Lipper - - Leading Fund Intelligence
10年間リターン

10年リターンでも、ここ数年のリターンに大きく左右されることが分かりました。日経やTOPIXインデックスファンドは、一括投資の場合、10年でもわずかにマイナスのリターンに落ち込んでいることが分かってヘコみます。積み立てならプラスなんでしょうけど。

Lipper - - Leading Fund Intelligence
一応はインデックスファンドなのに、10年間保有してマイナスリターン……むごい。ただ、日経300インデックスファンドだと10年間でプラスです。日経225のアホな銘柄入れ替えがプラスに働いたんでしょうか。

Lipper - - Leading Fund Intelligence
Evergreen Global Opportunities Fund;A

いやー、これ、どこの機関投資家が、ひっそりと投資しているのか分かりませんが、日本国内から買えたんですなあ。Firstradeでも$少額から投資可能ではありますが、新規客が投資可能かどうかは分かりません。10年前から投資していたすごい国内機関がいたのか、ただの誤表示か、気になるところです。

ほかの特徴として、一部は英語表示になりますですので、不都合な真実も明らかになります。
Lipper - - Leading Fund Intelligence
Pictet GSF-Global HighYield Utilities Equity-P Dis

てめー、やっぱり、世界ユーテイリティセクター・高コスト・偽インデックスファンドだったんだな! トータルリターンでJXIにタコ負け確定です。

リッパーについて
リッパーは1973年アメリカで設立された投信情報サービス企業です。世界125,000ファンド・資産総額11兆ドルものファンドデータを有し、 1998年には世界最大の金融情報機関であるロイターグループの一員となりました。リッパーは30年以上にわたり、ファンド情報の提供及びファンド分析のマーケットリーダーとして、機関投資家を始めとする金融機関、事業法人、その他ファンドマーケットの参加者から高く評価されています。
posted by ことばもないひと at 16:17 | 日記