2007年09月28日

キャピタルグループの日本売りのファンドはいったいどんなものなのかを予想

日興スリートップ(隔月分配型)
キャピタル・インターナショナル エス・エイ 世界屈指の運用会社
http://www.nikko.co.jp/inv/3top/3points/point3/capital.html

キャピタル・インターナショナルエス・エイは、長期的視野に基づいた運用体制に定評がある世界最大級の運用会社、キャピタル・グループ・カンパニーズの一員です。キャピタル・グループは、ボトムアップ・アプローチによる徹底した個別銘柄調査に特徴があり、世界各地にファンドマネージャーおよびアナリストを配置し、グローバルなリサーチ体制を敷いています。

広告等は行わず、リターン向上にむけ調査活動に多額の費用を充当
調査訪問回数(2005年) 10,000回以上
調査活動に使用された費用(年間) ※1 135億円以上
ポートフォリオ・マネージャー 39人
アナリスト 87人
その他のプロフェッショナル ※2 29人
合計 155人
2006年6月末現在


余談から入りますが、これらの調査費用は、最終的に投資家負担とあいなっております。調査を放棄してコストカットを行い、市場平均にただ乗りするインデックスファンドやETFが、なぜに心強いのかが簡単に分かる秀逸な紹介サイトだとおもいます。

本題。キャピタルグループには多数のファンドがありますが、日本での組み込みでは、CIFグローバル・エクイティ・ファンド クラスCが多いようです。というわけで、日本での販売は、クラスC受益証券に費用をあわせてくると思います。まあ、クラスAは日本の環境だと売れないでしょうから仕方がありません。

クラスAとかCとかなんですか? だいたいの分類として、
A フロントロード多め  エクスペンスレシオ低め
C フロントロード少なめ エクスペンスレシオ高め
会社によっては、AやらCが逆になる場合もあります。american fundsでフロントロード高めというのは、販売手数料5.75%を意味しますので、これは日本では販売できないこと間違いない商品です。クラスやらプラン分けの詳細については以下に
http://www.americanfunds.com/help/what-pricing-options.htm

日本で販売されることになるであろうキャピタルグループの世界株式ファンドの予想としては、以下のクラスCの円建てものになると思います、というか、これ以外だとバッドエンド「EFAの方がマシ」です。

CIF Global Equity Fund
ここで注意するべきは、初期状態のチャートにだまされないことです。「お、設定来だとMSCIワールドに圧勝してるじゃん!」というのは危険な兆候です。view chartを見て、ここ数年の成績を見ると、別の景色が見えてくるはずです。

なお、世界株式と、世界バランスファンドの2本が用意されているという話ですので、ほんとは以下の二つがベースになっている可能性の方が高いです。

American Funds - Detailed Fund Information -
Capital World Growth and Income Fund - Class C

American Funds Capital World G/I C Report (CWGCX) Snapshot

American Funds - Detailed Fund Information -
Capital Income Builder - Class C

American Funds Capital Inc Bldr C Report (CIBCX) Snapshot
posted by ことばもないひと at 17:46 | 日記