2012年04月17日

商売・組織がでかくなると賄賂よりもロビイングの方が費用対効果は良くなるとどこかで読んだような

世界を不況から救う(かもしれない)10兆ドルの経済圏「システムD」とは? from 『WIRED』VOL. 3 ≪ WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム
エケベケのナイジェリア滞在記 - Yahoo!ブログ
ガーラソーセージロールの写真が下段の方にあげられています。どこで買ったかという記述はありません。

UAC Foods Presents: The Food Story
UAC Foods Presents: The Food Story
普通の商品に見えますが、普通のスーパーで売っていないってのは分かりませんでした。

Biscuits & Chocolates
こちらでは、商品ラインナップに乗っています。

Nostalgia: The Good Ol’ Eats : Connect Nigeria
渋滞の時に売り子から買うっぽいことは書かれています。

How MTN is profiting from Nigeria’s informal economy | connected.Africa
同じ元ネタの本から。傘の写真があります。

賄賂 ロビーイング - Google 検索
ある程度透明性が増してきたら、アングラマーケットの方が非効率的になるんじゃないかと思っていますが、先進国でアングラマーケットが広がることはあるんでしょうか。アングラの付属マーケットとしてなら大容量のHDDとか、一時期アレだったのかもしれません。「おまえら、そのテラバイトのHDD複数台を何につかってんだよ!」

いまの日本だと、薬の通販がアングラに押しやられているというのが、もう、ぜんぜんステテコリン。
posted by ことばもないひと at 23:32 | 日記