2012年03月21日

野村もシンプレックスに対抗してインバースETF 

【 国内株式 】東証TOPIXレバレッジ指数・TOPIXインバース指数の算出開始|レポート|NRI Financial Solution
指数算出があって

東証 : 日本初のレバレッジETF・インバースETF が上場します〜シンプレクスAM TOPIXブル2倍/TOPIXベア上場投信〜(4月5日(木)上場)
シンプレックスからブルとベアのETF? が出ます。日経のブルベアの方が、いろいろとコスト安いだろうし、板も厚いんじゃないかなあと思っていたら、日経のベアETFは野村から出る事になりました。な、なんか、だ、だんご……お話し合いが事前にあったんじゃないでしょうかというタイミングのよさです。

ニュース | 大阪証券取引所:Osaka Securities Exchange
レバレッジ型・インバース型指標に連動するETF等に関するディスクロージャーの充実等について

この発表が3月7日です。シンプレックスに先をこされ追っかけで急遽発表になったのかもしれません。

ETF一覧 | 大阪証券取引所:Osaka Securities Exchange
日経平均インバース・インデックス
http://v20.ufocatch.com/dl_pdf.cgi?id=219948

しかし、年季の入ったラノベ(ライトノベル)オタクだと、インバースと言えば、リナ・インバースなんで、なんだろう、どらまたETFなのかという。手は出さない方がいいってことですな。

リナ・インバース - Google 検索
ドラまた - Google 検索

あと、三菱UFJ証券で、eMAXISとは違う、ダメな感じのeMAXISと言ってもいいだろう

三菱UFJ投信株式会社 有価証券届出書(内国投資信託受益証券) 2012年03月21日 - 投資関係をなんとなくわかった気になる
Navio(ナビオ)とは、三菱UFJ投信がご提供する、単一国の債券に投資するファンドシリーズのブランド名です。

このブランド名はポルトガル語で「大きな船」を意味しており、皆様の「投資の世界旅行」に役立ててもらいたいという三菱UFJ投信の思いが込められています。

 ナビオシリーズが登場します。1カ国の債券に投資する、アクティブ運用のファンドです。いずれも上限1兆円。トルコやインドの債券市場で1兆円をアクティブ運用など、あきらかにインデックスに劣後するだろうなという感じです。額が少ない内も、毎月分配型なのでキャッシュポジを用意せざるをえず、どう考えてもそれぞれの国の債券インデックスには負けるんじゃないかという感じです。

 eMAXISで新興国各国の債券インデックスファンドを売ってくれたら面白いことになりそうなんですが、それはなさげです。

 どうでもいいけど、投信業界の人は、すぐに船に乗せて後悔じゃなくて航海させたがるのは、なにか謂われがあるのでしょうか。
posted by ことばもないひと at 16:04 | 日記