2007年08月22日

分かっているなら、投信をまともにしてほしい

大和総研/コラム:消費のフラット化
http://www.dir.co.jp/publicity/column/070821.html
商品や価格の情報ミスマッチが解消されれば、人々はより適正な価格で購入できるようになり、高価であってもニーズに合ったものを購入できるようになる。それは価格の機能を高めることでもあるだろう。そうした需要者側での変化を受け、生産性を高めるべき供給者側は活性化され、競争が活発化する。人々が欲しがるものを作って売るという、当たり前のプロフィットシーキング活動と企業家精神が促されるに違いない。


金融商品も、よろしこお頼みもうしあげたいところです。大和・日本株バリューインデックスファンドをノーロードでぐらいはバチは当たらないと思います。

大和総研|大和インデックス TOP
http://www.dir.co.jp/InfoManage/datarsc-s.html
というか、カブロボあたりで、大和バリューインデックスを実現しちまえばいいのになとは思います。

バックテストの結果が良好なインデックスを無視して実運用するカブロボもどうかなってな感じですが。
posted by ことばもないひと at 19:26 | 日記