2011年06月12日

今、日本に無いファンドを新しく4個販売するなら

一つはMSCI KOKUSAI、MSCI AC WORLD(Ex-Japan)のインデックスに多くの投資家が資産はまだ少ないとは言え積み立てを実践しているので、MSCI指数で抑えていないスモールキャップのファンドが鉄板です。S&P500でなく、トータルマーケットで勝負したほうが良いのと同じです。

Vanguard Total Stock Mkt Idx Inv (VTSMX) Fund Performance and Returns
等と言いつつ、S&P500トータルリターンと泥沼の戦い。まあ、S&P500TRは税金が入ってませんから。

Vanguard Total Stock Mkt Idx Inv (VTSMX) Fund Tax Analysis
税金引いた後のリターンだと、上位20〜30%台だったのが、10%台に入ります。

世界小型株ファンド(除く日本)、あるいは、新興国入りで全世界小型株ファンド(除く日本)。言い方を変えると、VBプラスVSSを円建てで積み立てたいけど手間なのでなんとかならないかファンド。

www.vanguardinformation.com/international/pdfs/A4_F9755EN.pdf
Vanguard Global Small-Cap Index Fundもありますが、新興国は入っていません。

2個目。そういえば、先進国債券、新興国債券、国債以外の全世界の債券にまとめて投資するファンドでインデックスものってないよね? 全世界債券インデックスファンド。

vanguard global small fund - Google 検索
www.vanguardinformation.com/international/pdfs/A4_F9137EN.pdf
Vanguard Global Bond Index Fundがすでに存在しています。

第1弾の専用ファンドはなんと3本に! どのようにして決まったのか?|資産倍増プロジェクト:ネットで投信を買う!
「けれども、当初から我々の予想を超える71本もの提案が集まり、しかも、短い期間のなかでよくぞここまでという、甲乙付けがたいファンド提案が非常に多かったため、1本には絞り切れなかった、というのが第一の理由です」

ドヤ顔プロジェクトに、日本のVanguardを名のる組織が売り込みをかけて断られたのか、そもそも提案もなされなかったのかは分りません。

3こめは、新興国小型か割安のインデックスファンド。小型、割安、いずれにしても、バブルのダメージをある程度軽減できます。完全回避は無理ですが、ポートフォリオのPERが100倍越え、超大型株ばっかりなのにPER50越え。いずれも、小型か割安のインデックスなら直撃は回避できるわけです。


http://401k.sblo.jp/article/45939541.html
過去のリターンもたいしたものなわけです。

4こめ。ラッセル野村トータルバリューインデックスファンド。

ラッセル野村トータルバリューインデックス - Google 検索
http://www.mizuho-am.co.jp/static/fundPdfMonthly/latest/370040.pdf
http://www.shinkotoushin.co.jp/fund/MR/00/12970.PDF?20110531
似たものは既にあります。配当を抜いたインデックスに連動するという荒技が炸裂していますが。

ネットで積み立て用に4個用意するというのであれば、ここらあたりなんではないでしょうか。

あ、全世界生活必需品セクターインデックスファンドなんてのもいいかもしれませんが、あんまり人気はでないでしょう。
posted by ことばもないひと at 20:16 | 日記