2007年06月26日

アクティブ運用の惨劇は大和の投信評価情報サービスで

投資信託に投資しようと思って情報を調べようとしても、日本ではモーニングスターがまともに機能していません。が、かわりに大和の投信評価情報サービスが存在します。

DFC FUNDGUIDE:main 投信評価情報サービス
http://ita.daiwa-fc.co.jp/top.html

興味を持った投信の詳細が知りたい場合には、検索して中身を見ることが肝要です。詳細だけでなく、個別のガイドのpdfを見れば、騰落率と年利換算されたデータを見ることが可能です。

DFC Fund Guide
http://ita.daiwa-fc.co.jp/STATS/funddata.pdf

スタイル別で投信を選別することも可能です。パッシブとアクティブを別ページで開いて比較すると、

DFC ファンド・ユニバース分類情報 投信評価情報サービス
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/MainPage.html

特筆すべきは、国内大型株式です。
国内株式大型
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/11114Summary.html
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/11114FullList.html
数が9本しかありませんが、平均リターンが他よりも高いのです。これは、野村、大和、日興のインデックスデータとも合致します。

他には、
国内株式バリュー型
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/11113Summary.html
上位がほとんど変わらないというのも凄い話ですが、配当をうたう投資信託はバリューに組み込まれているのが目を引きます。設定から時間が経てば、配当を歌う投信が上位に食い込んできそうです。

2chで、リターンは高いのにあまり話題にならないファンドで、アクシアがあります。

T&D アクティブ バリュー オープン
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/IND/10311962.html
上の愛称がアクシアです。このアクシアの5年リターンの所を見ると、(2)とあります、これは業種別でない、国内株式アクティブ運用一般型の中で5年リターンが2位であることを示しています。アクシアが2位? では、1位はどの投信なのでしょうか。

答えは


大 和 大型株ファンド
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/IND/0431161C.html
設定日 : 1961/12/02
信託報酬率 : 0.72%以内

大和証券/ファンド検索

名前は大型株ファンドでも、モーニングスターカテゴリーでは国内中型バリューなのがポイントかもしれません。分配実績も、10円分配に匹敵するものがあります。インターネットで買えないのが残念でなりません。
posted by ことばもないひと at 20:06 | 日記