2007年06月21日

ナイスなベンチマークを設定しているガッツのあるアクティブ運用投資信託 日本株式

「ベンチマークを大幅にアウトパフォーム!」
「それは、ベンチマークが適切ではなかったのでは?」

「手前どもも商売でございますれば」という理屈は分からないでも無いのですが、誇大広告すれすれというか、あきらかにだめぽなベンチマークを設定して、へたれベンチマークから上方乖離! などと宣伝する投資信託は後を絶ちません。

逆に、適切なベンチマークを設定して、そのベンチマークと相関性の高い動きを示し、時に負け、時に勝ち、美しい基準価額の動きを見せる投資信託もあります。投信運用芸術の粋を見せてもらっている感じです。

配当込みで無いベンチマークでも、分配金再投資のグラフでなく、単なる基準価額のグラフを参考にすれば、ベンチマークとの相関が分かる計算です。以下、ガッツのある投信。


フィデリティ・日本小型株・ファンド / フィデリティ投信
http://www.fidelity.co.jp/fij/fund/jps_1.html
日本小型株に投資していて、ベンチマークがRussell/Nomura Small Cap インデックスです。極めて適切なベンチマークといえるでしょう。リターンもインデックスに近似しています。アクティブ運用でコストが高いことが残念でなりません。

日本株セレクト・オープン“日本新世紀”
日本・小型株・ファンド
http://www.am.mufg.jp/fund/top/355014.html
上のフィデリティ・日本小型株と同じくベンチマークがRussell/Nomura Small Cap インデックスです。というか、これって実はインデックスファンド? というぐらい、基準価額とインデックスの動きが重なっています。野村證券がRussell/Nomura Small Cap インデクスのETFを上場してくれればな、と思います。

日本株セレクト・オープン“日本新世紀”
日本株バリュー・ファンド
http://www.am.mufg.jp/fund/top/355012.html
Russell/Nomura Large Cap Value インデックスがベンチマークという、極めてガッツのある投資信託です。厳しい時期にベンチマークを凌いでいます。最近はベンチマークをアンダーパフォームしています。タコられはじめるのが、純資産総額の急増したあたりとリンクしているのが特徴的です。基準価額の上昇よりも急に純資産総額が増える。これは他のアクティブ運用の投資信託でも成績がふるわなくなる有力な原因の一つになります。

日本株セレクト・オープン“日本新世紀”
日本株インカム・ファンド
http://www.am.mufg.jp/fund/top/355016.html
これはベンチマークが、極めてなっていない日本新世紀シリーズのファンドです。ただし、リターンが極めて高いので、ふらふらと引き込まれてしまいそうです。

おそらく、このファンドの適切なベンチマークは、WisdomTree Japan Dividend Indexでしょう(無茶言うな)。飛んだ先のWisdomTreeのサイトをスクロールさせて見ることが出来るホールディングスやグラフの動きは、日本株インカムと近似しています。Fistradeで口座を開いてドル転して〜という手間やコストを考えると、この日本新世紀・日本株インカムは良い投資信託かもしれません。

日本新世紀シリーズは、いずれも2010年にて償還予定なのが残念です。

JF中小型株・アクティブ・オープン
http://www.jpmorganasset.co.jp/syouhin/jf_tyuusyou_ao.html
Russell/Nomura Small Cap インデックス(配当込み)がベンチマークという、ド根性・アクティブ運用投資信託です。ファンドマネージャーがマゾなのかもしれません。運用成績は、ベンチマークを設定来で40%以上アンダーパフォームという惨劇が繰り広げられているのも見所でですが、ここ5年では8.4%のアンダーパフォームまで戻しています。

りそな・小型株ファンド
http://www.sgam.co.jp/html/resona_scap.htm
[DKA 第一勧業アセットマネジメント]
DKA日本小型株オープン

ちょっと長くなりすぎているの説明は割愛。バリュー系は別でまとめることになりました。いや、しかし、円建てでRussell/Nomura Small Cap インデックスのETFが出れば、さまざまな波紋が広がるということが分かりました。ましてや、Russell/Nomura Small Cap Value インデックスに連動するETFだったら、投信ゼノサイドのはじまりです。
posted by ことばもないひと at 19:23 | 日記