2011年01月11日

日本でカジノが難しいのは、プレイヤーが賢いせいもあるかも

ハイローラーXが明かす、知られざるカジノの世界(Business Media 誠) - livedoor ニュース
ベイシティローラーズとハイローラーズの違いが分からないレベルですが、コンプについては

東京ラスベガスランド(LAS VEGAS CLUB 改め)↓ 東京ラスベガスランド スロットマシン ゲーミング bally sega jennings oldslot
ここで知っていました。フードコンプや宿提供以外にも、ショーの提供なんてのまであったのね。当たり前ながら、ハイローラーの生存率は低いようです。日本でカジノが出来るなら、三店方式じゃなく、ちゃんと作って欲しい。あと、大事なことだけど、場所限定。

ラスベガス大全 カジノ徹底解説
で、コンプの話になるのですが、キャッシュバックキャンペーンとか、割引クーポンなどと同じく、利益が最大になるように行動する、条件を漏らさず満たすように振る舞うプレイヤーというのはあんまりいません。めんどくさいからてのと、あと、少しの利益率改善を甘く見ているプレイヤーが多いから。さらには

Comps
Comps Are Not A Status Symbol
Some players erroneously equate their self worth with the level of comps they are receiving from the casino. Nothing could be further from the truth and you should never look at comps this way. The casinos issue comps base on your theoretical LOSS. This means that the players with the most comps are the biggest losers. They are paying for their comps in the long run.

コンプはステータスシンボルでなく、カモのシンボルなわけです。カジノでは期待収益率が100%を越えることは通常ありません。98-99.9%なんてことも、普通は無いわけです。つまり、プレイすれば必ず負ける。一時は上回っても、長期では確実に負ける。部屋をコンプで提供されるということは、負けるまで、というか、やればやるほど負ける確率を上げているわけです。

Comps casino - Google 検索
ビデオポーカーの一部の機種で、コンプ込みでなんとか期待収益率が100%を越えることはありますが、ビデオポーカーで勝つための初期の資金(基本、ちびちび負け続けて、フォーカードやロイヤルストレートフラッシュなどで大きく取り返すため、でかい手が来るまで持ちこたえられる資金が必要になる)と、まさにマシーンのように最善手を打ち続ける技量がないとダメなわけです。

はじめての方へ − 賢者のラスベガス −
なんか、もう、辛そうというか、割の合わない仕事ってな具合になってきています。

ラスベガス大全 週刊ラスベガスニュース
日本の一円パチンコや4円スロットも、キャッシュレス化したら、結果としては儲かりそう(カジノ側が)なんですが、カジノが合法化はまだ先の話になりそうです。
posted by ことばもないひと at 11:55 | 日記