2010年10月14日

日本版ISAで投資の選択が広がった場合に投資したいかもしれないファンド

日本版ISA - Google 検索
日本版 ISA|日興アセットマネジメント
ISAに賭けているとか、そんな気合いの日興サイト。

で、日本版ISAが導入されると、だめだめだったいくつかの投資信託が輝いてきます。それは、毎月分配型のファンド。ISAも毎月分配の非効率性を覆すには至りませんが、分配に対する課税は当面の間回避できます。

BlackRock - ブラックロック世界好配当株式オープン (愛称:世界の息吹)
すると、ファンドマネージャーがおかしい(いい意味で)ファンドで一年決済型があればなー、と思っていた毎月分配型のファンドも選択のなかにはいってくるのです。

http://www.blackrock.co.jp/content/groups/japanesesite/documents/literature/8888044198.pdf
保有上位にたばこ。ニコチン脳ファンドマネージャーっていうか、軽く計算しただけでも12%以上が煙草銘柄っておかしいだろ! いい意味で。

投資信託 ファンド | GS 世界分散ファンド(毎月決算型) (三ッ星レシピ) | ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
高配当系だと、三ツ星レシピの株式部分のファンドマネージャーも相当にきている感じです。

普通、高配当を売りにする場合は、採用するインデックスやらベンチマークよりも、株式なら債券なりREITなりの利回りを高めにしてリターンを狙います。

が、三ツ星レシピのファンドマネージャーはその逆で、参考指標とするMSCIコクサイ高配当利回りインデックスよりも、ポートフォリオの利回りを抑えるという技を見せてくれています。

ここらへんのファンドが低コストで一年決済型で提供されるなら嬉しいのですが、それはなさそうなので、ISAには、ちょっと期待しています。
posted by ことばもないひと at 21:40 | 日記