2010年09月30日

新興国債券インデックスファンドへの投資はどれが?

商品ラインアップ|野村年金サポート&サービス(NSAS)
J-REITのアクティブ運用がいけそうなことが分かっています。

じゃあ、いままで結果としてリスクが低くなって、意外に儲かっていた、新興国債券投資はどうなのか。野村の個人型確定拠出年金には、新興国債券インデックスファンドもあります。それに一部を振り向けるのはどうか。

野村の新興国債券インデックスファンドは、採用するインデックスが、JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラスであることが特徴です。

PIMCO - Bond Basics EM 042007JPN
ここでしっかりと読んでおくと、違いが分かってきます。

年金積み立てや、STAMが採用しているJPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス−エマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイドとどっちが有利なのか?

STAM新興国債券インデックス・オープン【6431108C】:銘柄情報 - Yahoo!ファイナンス 期間2年
STAM新興国債券インデックス・オープン【6431108C】:銘柄情報 - Yahoo!ファイナンス 期間5年
黒が野村の個人型確定拠出年金で選択できる新興国債券インデックスファンドです。

なにが違うのか。ディバーシファイドであるかないか。野村はディバーシファイドで無いため、膨れあがる際には、そのバブルぶりを享受することが可能です。下げの時は、逆に不利になるでしょう。
posted by ことばもないひと at 01:32 | 日記