2010年07月21日

国内債券型の宣伝記事 債券ファンドはパッシブを買いましょう

asahi.com(朝日新聞社):個人の投資信託、安全志向に 「国内債券型」が急増 - ビジネス・経済
ニッセイ日本インカムオープン(Jボンド)(運用レポート)−投資信託のニッセイアセットマネジメント
記事中では、ニッセイ日本インカムオープンが紹介されています。まるで宣伝のような紹介の仕方です。で、ニッセイイ日本インカムオープンのポートフォリオは

http://www.nam.co.jp/report/pdf/m120621.pdf
最新のもので、社債と金融債で90%越え。保有トップ十位に劣後債が三種類。と、まあ、リスクを取っているわけです。そして、リスクをとったあげくに

ニッセイ : ニッセイ日本インカムオープン
中央三井 : 中央三井日本債券インデックスファンド
一年リターンで、国債中心、すなわちリスク低めの債券インデックスファンドとんとん。3年リターンで、1%以上債券インデックスファンドに負けています。あと、日本インカムファンドは分配金をばんばんはき出しているので、課税でさらにリターンは下がります。むくわれないこと、この上ありません。

国内債券に投資するなら、現状は国内債券インデックスファンドを選択しましょう。変動金利ものなら、個人向け国債の変動金利型。
posted by ことばもないひと at 22:21 | 日記