2010年05月07日

配当抜き指数に連動するアクティブファンドはおいしい商売

インデックス投資の強さと弱さ : 山崎流マネーここに注目 : トレンド : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
もし仮に、普通のアクティブファンド並みの年率1.5%程度(高い!)の信託報酬を取っても市場平均並みのパフォーマンスが常に得られる運用商品があれば、セールスマンはこの商品に殺到するだろう。勧めて安心で、売り手も儲かるのだから、素晴らしい。しかし、現実にはそのような好都合な商品はない。

実は、そんな都合の良い商品が、現在、たくさん販売されているわけです。市場平均に連動するアクティブ運用の株式ファンド。ただし、その市場平均は、株式なら存在するはずの配当分がどこかへ消えている。

http://www.morganstanley.co.jp/im/retailfund/fund/report/weekly/mscikokusai_wk1.pdf
消していない場合でも、費用引いた後でインデックスをアウトパフォームしている! と思ったら、ベンチマークに配当が入っていませんなどの技も炸裂します。
posted by ことばもないひと at 22:04 | 日記