2010年04月20日

天候デリバティブも日本で市場取引フラグ?

asahi.com:レタス農家「もう限界」-マイタウン茨城
【農業】「もう限界」…レタス農家から悲痛の声 群馬 [04/20]
野菜価格は先月以降、急速に値上がりしている。東京都中央卸売市場での野菜価格は15日現在、過去5年の平均と比べ、キャベツが202%、レタスが175%などと上昇。客足が遠のくことを恐れ、赤字覚悟の安売りに踏み切るスーパーも現れるようになった。

はぁはぁ、や、野菜インデックスファンドマダー。

というか、霜が出たらお金をください、霜が出なかったら、保険料を少しずつ払います的なデリバティブってないですのん。

天候デリバティブ - Google 検索
wikipediaには霜での契約も存在しました。

Weather Products Homepage
農業商品の概要
輸送も貯蔵も厳しいので本場でも葉物を直では難しいようです。やっぱり気候で−、と思ったら、アジアパシフィックでは、あまり取引が見られません。

天候商品の概要
−3− 天候デリバティブ 小口商品・銀行仲介で普及の兆し 個人投資家は使えないが、間接的なメリットも - 特集 【環境関連の金融商品】 - 経済トピックス - QUICK MoneyLife 投資信託・株式投資の資産運用応援サイト | 株式市況 | 株価 | マネーライフ
ハンバーガーからレタスが消える日も遠くなさそうです。
posted by ことばもないひと at 17:14 | 日記