2010年04月04日

本の波 いずれ日本の記事も萌えにあふれるわけですじゃ

ライフスタイル / 内宇宙が紡ぎ出す物語―SF作家レイ・ブラッドベリとの対話 / The Wall Street Journal, Japan Online Edition - WSJ.com
レイ・ブラッドベリ - Wikipedia
なんで、ウォールストリートジャーナルでレイ・ブラッドベリなんじゃろか。あとまだ生きていたのかと驚き。ハイテクセクターのアナリストとかが若い頃に(あるいは年を経ても)読んでいたから?

漫画+無料 第19話 絶対失敗神獣グレムリン 後編
引用だとシェイクスピアは鉄板らしいです。自分のうろつく範囲だと、あんまり見ません。ロシアより愛を込めてネタが一番みた。

記事を書く側が取り上げる作家ってのも、時代とともに移り変わってくるなら、いずれ、日本では、投資関連でも萌えで埋め尽くされることになるのでしょう。レールガンは来る。

カート・ヴォネガット - Wikipedia
投資がらみのコラムでも、たまに見ます。

軌道エレベータ - Wikipedia
あと、アサー・C・クラークが、軌道エレベーターの投資がらみで。カーボンナノチューブが進歩したら、間違いなく頻度は増えるでしょう。

ipad - Google 検索
電子書籍が普及するなら、本も投資対象としての価値を増すかもしれません。よりレアに。でも、流動性は低下。スプレッドは拡大。

YouTube - レールガン 10kJ Railgun EX-F1
リアル レールガン。
posted by ことばもないひと at 19:45 | 日記