2010年03月15日

三菱UFJ投信の営業企画推進部さんからお手紙ついた

eMAXIS | 三菱UFJ投信株式会社
【eMAXIS】 ファンド追加 アンケート
ご意見・ご質問 | 三菱UFJ投信株式会社
三菱UFJ投信のアンケートにバリューインデックスのファンドが無いので項目の追加をしてくらはい。項目でなく、実際のバリューインデックスファンドでもいいです。そんな無理くりメールを送ると、丁寧なお返事が。

「バリューインデックスファンドくれ、明後日ぐらいまでに」様

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

お問い合わせいただきましたご質問につきまして回答させていただきます。

今回のアンケートにはお客様のリクエストに副う投信がありませんでしたが、頂いたご希望は、次回以降のアンケート実施の際に参考とさせていただきます。

貴重なご意見をいただき、誠に、ありがとうございました。

ご不明な点等がございましたら、弊社フリーダイヤルにてお気軽にお問い合わせ下さい

なお、実際のメールは、普通に名前を書いているのでご安心ください。次の次ぐらいのファンド拡充に期待したいところです。

全世界ならMSCI(AC)グローバル・バリュー・インデックスファンドか、MSCIかFTSEでグローバル・スモール・インデックスファンドあたりが実現するかもしれないラインでしょうか。グローバルスモールバリューはまだ先の話でしょう。

日本国内なら、ラッセル野村トータルバリューかラージバリューが、すでにある投信にベンチマークとして採用されている指数です。それは比較的現実的。とくに、枚数が少ないラージバリュー。なんちゃってアクティブ運用のファンドもいくつか存在します。

あとはTOPIXのバリューと、配当ものあたりがあれかなと思います。配当指数だと分配がおおくなりそうなのが問題かも。

MSCI KOKUSAI バリューなんてのもベンチマークにしているファンドもあります。ああ、ほすぃ。

外国株式はパッシブ優勢、運用評価の基準となる「ベンチマーク」に多様化の兆し−ラッセル調査(2) | 資産運用・投資信託 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン
ラッセル・インデックス関連のリサーチ (Russell.com)
しかし、振り返るに、リーマンショックは、いろいろなものにトドメをさしたようです。ラッセルインデックス調査は2008年までという。
posted by ことばもないひと at 19:53 | 日記