2006年02月18日

勉強のために

という口実で、ウエルズリーインカムファンドフィディリティ・ハイ・イールド・ボンドを少額ずつ購入してみました。いちおう、円高になったら買い増ししようかなとも考えていますが、分配型の誘惑に負けたことはいなめません。しかしです!ウエルズリーインカムファンドは、もしかすると、分配型の福音になるかもしれません。なぜかというと、マネックス証券においては、一部の外貨建て投資信託は強制的に一般口座扱いになるのです。すなわち、分配金に対して日本分の税金が引かれないということになります。というか、なるといいなー、と。

もっとも、分配金に対してはアメリカですでに税金は引かれています。日本でも分配金に対して課税されると二重課税になります。これは確定申告をすれば戻ってきます。外国税額控除というやつです。で、特定口座源泉徴収ありの場合で、特定口座で勘定されてしまうと、分配金に対して日本でも課税されてしまい、二重課税になりますが、一般口座分には課税されない。そして、申告分離課税であるため、一般口座分の益が年に二十万を越えなければ、他に収入が無い場合は確定申告の必要が無く、そのまま分配金を手にすることができるのではないかと目論んでいるわけです。

もっとも、残念なことに、マネックス証券で、すでに外貨建て投資信託を購入している人に聞けば一発で答えはでるので、あまりおもしろみはないのですがー。まあ、できたらいいなということを追求する方針で行ってみたいと思います。
posted by ことばもないひと at 01:06 | 日記