2006年02月17日

丸八証券に資料請求

丸八証券スタートレード三井住友・グローバル・リート・オープンを購入すべく、もしくは、円高に振れた際に、さくっと購入できるように、資料請求を行いました。なぜ、丸八証券なのかというと、日本以外のREITに分散投資している投資信託を、ノーロード、すなわち手数料無料で扱っているのが、いまのところ丸八証券だけだからです。ただ、問題も若干あります。その問題が、世界の大家さんをすぐに買わないにしても、口座だけでも開かせています。丸八証券は、今のところ、目論見書の電子交付に対応していないのです。ですので、投資信託に加入するためには、目論見書をサイトかコールセンターで請求しなくてはいけません。目論見書が郵送され、手元に届いて読んだ後でないと購入することはできないのです。

三井住友・グローバル・リート・オープンの目論見書はpdfで誰でも見ることができるようなっています。これです。ですので、書いたいと思う前に、準備をすませておかないといけないわけです。

さらに他で気になるのは、投資信託以外の現物株などの営業の電話が掛かってくることです。営業の電話がああるかどうかを調べるためには、入ってみないと分かりません。そして、行政処分を受けていること。

東海財務局 -丸八証券株式会社に対する行政処分について
一任勘定取引で昨年に行政処分を受けています。もっとも、一任勘定取引は、再度合法化される見込みなので、一任勘定で行政処分を受けることは、この先は無いかも知れません。

とりあえず口座を開き、ワールド・リートの購入タイミングを待ってみたいと思います。営業の電話があるかどうかも、確認していきたい所存です。
posted by ことばもないひと at 17:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントのテスト
Posted by ことばもないひと at 2006年02月17日 18:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/354066