2006年02月13日

インカムゲイン、すなわち配当収入

ほすぃ。はぁはぁ。インカムゲインで労せず分配金を得たいにゃー。そういうピュアな思いが高まることを隠しきれない自分をじっと第三者視点で見つめるなまあたたかい瞳、はぁはぁ。

というわけで、名著・敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのかを必死で読了して学んだことを何一つ活かさずに「インカムゲイソ、はぁはぁ」と、毎月分配型、もしくは三ヶ月に1回分配型の投資信託を探しているわけです。

2chの投資信託スレッドでは、複利効果を最大限にするという方針で運用している人が多いため、毎月分配型は人気が無いというか、心揺らがせている人を叱責して正道にもどしてくれます。でも、いちおう、分配型に準じる投資信託も紹介してあって、

マネックス証券で扱っている
ウエルズリーインカムフアンド
トータルストツクマーケツトインデツクス
の二本と、
丸八証券で扱っている
丸八証券スタートレード:三井住友・グローバル・リート・オープン
ソニーバンク、e*tradeで扱っている
三井住友・グローバル・リート・オープン 世界家主倶楽部

と、J-REITを除いても、数本は紹介されています。ソニーバンクとe*tradeの、世界家主倶楽部は買い付け時の手数料が2.1%ほど取られるため、丸八証券で世界の大家さんの買い付け手数料が無料になったことを受けてテンプレ落ち寸前です。

他に、世界家主倶楽部はソニーバンクは解約のみで買取請求不可、e*tradeでは毎月積み立て専用で、買取請求はコールセンターに電話をする必要があります。

で、住宅バブルの崩壊が恐れられているのは、実はアメリカだけじゃなくて、イギリスもそうかも? という状況らしく、また、円高振れるかもしれないことを考えると、上記に上げた投資信託を、いま買うのはどうなんだろう、ドルコストするけ? と、悩みは尽きないわけです。ああ、インカムゲインの道けわし。
posted by ことばもないひと at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/341002