2007年02月18日

セゾン投信のバンガード組入れバランス投信にがっかり(訂正)

セゾン投信のファンドの内容が明らかになっているようです。

セゾン投信、「セゾン・バンガード・グローバルバランスF」を3月15日設定 | Reuters.co.jp

バランスファンドで株式:債券が1:1で信託報酬が約0.78%と、まあ、揃えてきましたなあという感じです。ノーロードなのが唯一の救いでしょうか。

さらに、米国でなく欧州のバンガードを運用基点にしているようです。表向きには一般投資家向けのファンドに投資したことにしておいて、実際には機関投資家向けのファンドに投資してコストを安くあげてサヤを抜いても、外からは分からない仕様になっています。サヤ抜きの心配を片付けるには、最初から機関投資家向けのファンドに投資して貰えればいいのですが、そんなつもりはさらさらないようです。

Vanguard Investments
仕組みとしてはファンドオブファンズで、日本株式、債券にも投資しています。外国から日本向けに投資している為替等のコストが、まるまると無駄になります。(円建てがありました)。

日本株式、日本債券のファンドの信託報酬が安くありません。何を考えたらこのクソ仕様になるのかが分かりませんが、ネットでは評判は良いというか、みんな無理して褒めるか、分かっていても口を濁している感じです。憐れみすら覚えました

セゾン投信に限らず、今に日本で必要な投資信託は、新興国を含む外国株式連動インデックスファンドと、同じく新興国を含む外国債券インデックスファンドの二つです。日本が含まれる含まれないは、日本国内の投資家からすると、「日本国内分は、為替手数料やその他のコストをわざわざ払ったりせず、日本国内で自分で調整するから必要ない」わけです。妥協しても、世界株式連動(日本含む)、世界債券連動(日本含む)の二本でしょう。

MSCIコクサイ連動の株式、債券インデックスファンド。セゾン投信がバンガードと組んで2本の投信を用意すると言っていたので、その二つかと思っていましたが、全然違いました。かさねて言いますが、がっかりしています。
posted by ことばもないひと at 13:43 | 日記