2007年02月15日

新しい種類のETFがSECに申請登録中の模様

300 New ETFs Line Up On Runway For Takeoff
: Financial News - Yahoo! Finance

ヘルスケアや新興国コアETFは、VanguardやらisharesのETFが存在し、おそらくはVanguardのものの方がコストも安いので、あまり気を引かれませんが、アメリカの州別(ご当地)ETFが22種類とか、ライフタイム(ターゲットイヤー)ETFなんてのは、「引退する年号あたりのETFもっておけば、まあ、安心度が増すかな」という感じで気を引かれます、もちろん、ETFですので、通常のMutual Fundsよりもコストが安く、流動性が高いことが期待できます。

また、いつかおこるであろう、市場の調整や暴落にそなえて、ベアETF、レバレッジを掛けたベアETFも上場されるようです。先物売っておけば?

#家畜ETF! もあるとか。モーモーETF?とも思わないでもないのですが、逆日歩が付かないのでホールドする分にはいいのかもしれません。エクスペンスレシオが安くなるのも嬉しいところなのでしょうか。ショーターの心理についてはよく分かりません。なお、ショタについても分かりません。

stockと同じ市場で取引できて敷居が低い。あと、なんといっても需要があるというのが大きいかと思います。東証やら大証で買えると、ターゲットイヤーETFは需要が出てくるかも。変額年金保険よりも有利かもしれないのが嬉しいところです。
posted by ことばもないひと at 22:10 | 日記