2007年02月12日

dogs of the dow ダウの犬

Dogs of the Dow
- High dividend yield Dow stocks -


Dogs of the Dow - High dividend yield stocks -
2007 Dogs of the Dow


年初来の2007年のダウの犬チャート
米国個別株で長期、超長期のポートフォリオを構築する場合に参考にしたい株を調べていると、ダウ工業指数採用株式ということになり、じゃあ、そのダウの中でも、いま買うなら、そして、バイ&ホールドするならどの銘柄が?

と、たどり着いたのが高配当戦略、ダウの犬戦略だったわけです。株式投資の未来ではMOが押されていました。何も考えずにバイ&ホールド、分配金はFirstradeの再投資プログラムを使って再投資する技を使って20-30年ほど放置したほうが、信託報酬も何も取られずにいいかもしれないなとか思うわけです。

長期にホールドできるかどうかは不明ですが、1982年(2007年のダウの犬銘柄の魔選択できる最長のチャート)からのもので最高だと4000%ほど上昇しています。しかも、これは分配金抜きの数値です。

もっとも、ダウ指数でも1500%ぐらいの上昇になっています。さらにいうと、インフレの影響が考慮されていません。インフレ調整後の米国株式インデックスのリターンは歴史的に7%ほどに収束するそうなので、皮算用は7%を目安にしてきたいと思います。

銘柄とVanguardのmutual fundsを調べていて分かったのですが、ヘルスケア関連が安定して強いということです。これも、今後詳しく調べていきたいと思います。
posted by ことばもないひと at 23:16 | 日記