2006年02月09日

401kについて調べ続ける日々

外国株式インデックスファンドオンリーなら、個人型では百五銀行でオッケーだけど、マーケットタイミングを読んで外国債券インデックスファンドに切り替える道も確保したいなー、と思うと百五銀行以外も考えることになる。あと、百五銀行は遠い。近くに支店がない。

近くに支店がある運用機関でバランスが取れているのは、百十四銀行。が、運営方針にバランスが取れていない模様。こだわりのラーメン屋なみか。あと、本店は遠い。香川県。

百十四銀行 確定拠出年金ネット

百十四銀行の良い点は、国内外のパッシブ型ファンドが全部揃っているところ。e-tradeだと、外国株式インデックスファンドと対になる外国債券インデックスファンドの部分が、信託報酬1.3%のグローバル・ソブリン・オープンになっている。事実上の債券インデックスファンドで信託報酬が1.3%というのは嵌め込みというかなんというか。公称はアクティブ債券ファンドなんだけど、どうもね。

百五銀行は、外国債券インデックスファンドの信託報酬が1%を越えているので、外国株式インデックスファンドの約0.2625%の信託報酬と、いかにもアンバランス。まあ、上げられるよりはいいかもしれないけど。

百五銀行を除けば、ソニー生命が外国株式インデックスファンドの信託報酬が0.74%代とお得。実際には、約0.78%ぐらいになって、他に管理料金。いま考えているのはソニー生命というわけです。ソニー生命と互角の好条件な証券会社もあるけど、ネットでの評判が最悪というかなんというか、もにゅもにゅ。

あと数ヶ月以内に機関を決めたいけど、マネックス証券で開始してくれたらなあ。法人部門がなさそうだからダメそう、よわよわ。これは、株主総会に行って直訴! したい所存。できるかな。ダメそう。うーん、ソニー生命かー。地元地銀が同条件だったらいいけど、ダメ投資商品しか揃えていないのがなんとも。そもそも、外国株式インデックスファンドすら無かったりして。ああ、法人型がうらやましい。
posted by ことばもないひと at 18:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
初めまして。
個人型401kに加入しようかと思って調べ始めてこのサイトにたどり着きました。
私も(?)外国株式インデックスもしくは外国債券インデックスで考えています。
国民基金連合会の運営機関一覧の上から順番に外国株式&債券インデックスの信託報酬をネットで調べようかと思っていますが、ネット上に記載してないことも多く辟易しています。先を進んでいる人がいらっしゃって嬉しいです(笑)
参考にさせていただきます 
Posted by 名無しくん。 at 2006年02月22日 15:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/328578