2009年06月16日

カタストロフィって書くと、最近ではガンツ

Eurex to expand offering with launch of catastrophe derivatives
Eurex - 2009

Hurricane futures will be introduced on 29 June 2009/ New offering to facilitate needs of current OTC market

Eurex to Expand Offering with Launch of Catastrophe Derivatives
Deutsche Börse Group

天候デリバティブもどこまで広がるのかわかりませんが、異常気象が続いた場合にニーズが増えて来たのかもしれません。米国ではすでに取引されています。

Weather Products Homepage
temperature hurricane snowfall frost
究極形態は、個人の生死が掛かった金融商品が上場されるってなところでしょうけど、CDSが限りなくそれに近いです。第三者が生命保険加入して受け取り。やっぱり、CDSはまずいですな。

天候デリバティブ - Google 検索
カタストロフィ - Google 検索
カタストロフィー - Wikipedia
カタストロフィー理論 - Wikipedia
日本だと、カタストロフィと名の付く金融商品でもっとも有名なのは、CATボンドでしょうか。

CATボンド - Google 検索
遊園地が大地震でお金がどーん。リスクヘッジになるといいんですが、CDSと一緒で、広まりすぎると、いざ支払いの段階になって「プレミアムを今まで受け取っておいてあれですが、払えません。地震でうちも被害を受けたので」ってなことになりかねません。しかし、日本でもいつか上場するのかもしれません。
posted by ことばもないひと at 18:52 | 日記