2009年06月16日

オーストラリア上場のVanguard ETFの出来高がひどいようです

Exchange Traded Funds (ETFs)
Code Last +/- % Volume
VAS 51.53 -0.99 -1.88 18,540
VEU 45.70 -0.40 -0.87 60
VTS 59.00 -0.06 -0.10 9

オーストラリア株のVASが一番人気なのは分かりますが、米国トータルストックマーケットのVTSは6枚です。完全に個人投資家がぽつぽつ拾っていますの世界です。


VAS.AX: Summary for V300AEQ ETF UNITS - Yahoo!7 Finance - Share Prices, Charts, News and more
VEU.AX: Summary for VWORLDXUS CDI 1:1 - Yahoo!7 Finance - Share Prices, Charts, News and more
VTS.AX: Summary for VUSTOTAL CDI 1:1 - Yahoo!7 Finance - Share Prices, Charts, News and more
Bid: 51.450
Ask: 51.470
VASのBid/Askは狭めで乖離も少ないのはがんばっています。VTSとVEUもBid/Askは少し拡大しますが、乖離は少ない模様。米国で上場しているし、ある程度乖離すると、さくっと寄せられてしまうようです。

チャートの日付をクリックすると、株に出来高の棒グラフが出てきます。5日分しか表示させることができませんが、VTSとVEUは出来高がグラフにならない日もあります。

販売側が売って儲かるものでもないので、出来高じわじわとしか拡張しないでしょう。年金口座での保有がどれだけ広まるかです。

ある程度の出来高になれば、デイトレーダーをはじめとした、短期鞘取り派も参入してきて流動性を供給してくれます。VASはうまいぐあいにいけそうです。

Exchange Traded Funds: Performance & Assets | Vanguard Investments Australia
預かり資産的には厚くなっていきそうです。

オーストラリアでもKXIは上場しているので、オーストラリアの投資かも悩むことができるのです。目先下がりそうだなー、でも株式に投資したいんー、という消極的な立場なら、現金ふやすか、ディフェンシブセクターかでという技も実行可能です。
posted by ことばもないひと at 16:34 | 日記