2009年06月13日

過剰流動性で株価上げなんですのん?

マネーサプライ統計 - Google 検索
通貨関連統計 | マネーストック:日本銀行
マネーサプライ - Wikipedia
M1 現金通貨と預金通貨(普通預金・当座預金)を合計したもの。

M2 M1に準通貨(上記の預金通貨に準じた性格を持つ)を含めたもの。つまり、現金通貨と預金通貨と準通貨(定期預金や外貨預金)を合計したもの。

M2+CD M2に譲渡性預金を含めたもの。通貨供給量の範囲としては最も一般的。
お金をぶち込むと株式市場もぶちあげなの? という疑問はありますが、最近の株価上昇を、過剰流動性のおかげっすと説明するニュース記事が増えてきました。

マーシャルのK - Google 検索
過剰流動性 - Google ニュース
Morgan Stanley | エコノミック・フォーラム
グローバル経済
拡大する流動性と債券バブルの破裂


我々が選好している過剰流動性指標(マネーサプライ(M1)
を名目 GDP で除したもの)によれば、G5 諸国(米国、ユー
ロ圏、日本、カナダそして英国)ならびに主要新興国(ブラ
ジル、ロシア、インドそして中国)において、過剰流動性
が大幅に拡大している。マネーサプライが、中央銀行によ
る利下げや量的緩和措置により押し上げられてきた一方、
景気後退の影響でGDPが低下してきたからである。

あとに、過剰流動性をあまく見ていたのでごめんなさいという文章が出てきます。積み立て継続、保有分はバイ&ホールドのままなので、底値を逃がしたという悔いはないのですが、この先、また二番底展開は怖いです。このまままた上がっていくのか、それとも、よこよこかボックス相場になるのか、できれば、ボックス相場ぐらいが心に優しいと思ってます。
posted by ことばもないひと at 20:04 | 日記