2009年06月05日

「固定利付き債券の敵はデフォルトでなくインフレじゃ!」

Inflation, Not Default, Is Risk for Treasury Bonds
金本位制じゃなくて不兌換紙幣なんで、政府は札を刷って借金を返せるのじゃ、じゃから、債務不履行はありえんじゃろ。ただ、インフレで固定利付き債券の実質的なリターンは下がる。

長期では株じゃ。そして、株なら今なのじゃ!(これは別の記事)。

と、ここ最近の長期金利の上昇に適したコラムが公開されています。
Bonds Center - Bond quotes, news, screeners and education information.
10-YEAR TREASURY NOTE
Index Value: 3.81
Trade Time: 9:05am ET

なんか、基準となる米国10年国債の利回りが、4%に近づきつつあるし、債券投資家は憂鬱でしょう。

Wharton's Jeremy Siegel: 'A Time to Buy' - MarketBeat - WSJ
で、株の買い時発言になっているのでしょう。インフレで目減りはいやjyろうからの、ほっほっほっ。

なんか、いつでもTime to Buy発言な気がしますが、ハイテクバブルの時は違ってました。少し割高でも、インフレになりゃあ、金の価値が下がるんじゃからして、株は割安ってなことかもしれません。PERのEが増加して万事解決。

TIP: Basic Chart for ISHARES BARCLAYS TIP - Yahoo! Finance
インフレ対応債券ETFのTIP対、iShares Barclays 7-10 Year Treasury (IEF)チャート。

米国10年物債券の利回りが5%を越えたら、悪くない投資先。4%を抜けてくると、5%も見えてきます。

^TNX: Basic Chart for 10-YEAR TREASURY NOTE - Yahoo! Finance
まさに、2年前に起きたことです。黒い白鳥が飛び立って、デフレかハイパーインフレになるシナリオの場合、デフレが無い無い、みんな無いと思っていたら、5%以上の利回りになった米国債を仕込みたい感じ。

バランスシートを膨らませまくった米国が日本化すると見るなら、5%以上の利回りになった米国債は悪くないと思います。ハイパーインフレになったら、みんなで、ええじゃないかを踊りながら、最寄りの米国大使館、領事館まで行進すればいいのです。

TIPとIEFの半々ポートフォリオという技もありますな。
posted by ことばもないひと at 22:29 | 日記