2008年12月18日

OTC薬品はディフェンシブでなく景気敏感株になるですと

不要不急のクスリが急ブレーキ 大衆薬業界が迎える寒い冬
inside ダイヤモンド・オンライン

米国では処方薬が垂れて、日本では大衆薬が売れなくなると。生活必需品も宣伝などで需要をふやかしていると、景気が悪くなるとディフェンシブではなくなってしまうという、ライトノベルをはじめとした萌え株でも見た展開で萎え萎え。

メーカー最後の望みは、不謹慎ながら“風邪の大流行”にかけるしかないが、例年より早いとはいえ、大流行した昨年と比べれば、かなり遅い流行ペースである。

この発言には、ちょっと萌え。OTC医薬品メーカー勤務だと、わざと風邪を引いてマスク無しで公共機関を利用して通勤を義務付けられるとかでてきそう。まっぽうのよですじゃ!
posted by ことばもないひと at 15:38 | 日記