2008年12月14日

次はクライシスインデックスでも出るのかなと

Wharton School turns crisis into coursework - Taiwan News Online
Wharton's Jeremy Siegel on Jan. 20 kicks off lectures, followed by others, including Jennifer Amyx, a political science scholar on Japan's financial crisis and Bulent Gultekin, a former governor of Turkey's central bank.
危機コースも設置しますだそうです。シーゲル教授は、日本の金融危機についてのえらい人の講義と一緒に講義だそうです。流動性に目覚めたので、流動性のお話なのかも。FRBメンバーのお話はー。

Bailout or Bankruptcy: What Will It Take to Get the U.S. Auto Industry Back on Track? - Knowledge@Wharton
切り売りするなら潰れないうちに。切り売りできないなら潰した方が、全体的な立ち直りもはやい気がします。ただ、長期的に人がどうなるかは分かっていますが、短期的に大きなショックを与えると人がどうなるかも分かっているので、もう、サイコロ振って決めちまった方がいいかもしれません。

CEOs and Market Woes: Is Poor Corporate Governance to Blame? - Knowledge@Wharton
コーポレートガバナンス? 配当を出していただければ、その配当を再投資できれば問題ございません、と言って終わりたいのですが、

マドフ元ナスダック会長逮捕、被害者数千人に拡大か | IBTimes : 企業
ナスダック元会長、4兆5千億円詐欺で逮捕 米史上最大規模か - MSN産経ニュース
 投資家から預かった資産をまともに運用せず、そのまま“配当”に回すなどの行為を繰り返していた疑いがあるという。
単に配当を出すってだけなら、エンロン、ワールドコムをかろやかに越える技も炸裂するので、やっぱり、ビジネスを見て、ビジネスのあがりで配当をするってところを判別できるようにしたい。高配当生活必需品銘柄か。
posted by ことばもないひと at 16:05 | 日記