2008年12月11日

HRLへの投資を真剣に考える必要が出てきたな(ゴゴゴ……(効果音))

Business Media 誠:メールではなく、缶詰です:SPAM、日本市場へ72年目の本格上陸
 12月10日、米国食肉加工製品大手のホーメルフーズ・コーポレーションは、「SPAM(スパム)」を日本市場で本格的に販売すると発表した。

これを見て、おおと思いました。

HRL - Hormel Foods Corporation - Google Finance
ディフェンシブな動きです。配当もここ数年はしっかり。グロース株風なのが気になるところ。それは受け入れて投資したい、そもそも、スパムが好きだから。たまたま、今日の夕餉にもスパムのスライスを食べました。

しかし。
「スパムはすでに沖縄の人々の友となっている。これを日本の人々の友にするのが目標。日本を米国に次ぐ、世界第2の市場にしていきたい」(同上)

 日本市場では、スパムのレギュラータイプ(340グラム)が500〜550円程度で販売される見込みだ。

沖縄で普及したのは安価で入手可能だったからです。そんな一缶500円もするなら、日本で市場を開拓することはできないな、ってなことで、HRLへの投資は機会待ち。

「日本でスパム一缶$5以上で売るつもりです!」
って、米国内向けにリリースしたら
Hormel Foods SPAM family of products
Price The average retail price of a 12-ounce can of SPAM® is $2.64.

「アホか」の一言ですまされるかもしれません。「健康志向でスシの国のジャパンで$5で缶詰売る気か? 売り込む地域は、インターネットでアク禁くらってるとこオンリーか」ってなもんです。競合するであろう魚肉ソーセージに勝つには、やはり、一缶300円ぐらいで攻めて欲しい。

Hormel Foods Newsroom
日本で$5で売りますの話が出るかどうかを見極めたい。
posted by ことばもないひと at 23:49 | 日記