2008年12月04日

WisdomTreeが動きだしたのでFirstradeに送金せにゃあ、WisdomTree Launches Fundamentally Weighted LargeCap Growth Fund (ROI)

WisdomTree | WisdomTree Large Cap Growth Fund
WisdomTree Launches Fundamentally Weighted LargeCap Growth Fund (ROI)
State College Business | Centre Daily
2009年に景気回復すると株価は上昇するので、その前にETFをローンチせにゃあという判断なのか、WisdomTreeがETFの上場を再開させるようです。とりあえず名前があがっているのはLargeCap Growth Fund (ROI)です。

ROI is designed to track the WisdomTree LargeCap Growth Index, a fundamentally weighted index which measures the stock performance of approximately 300 large-cap growth companies in the U.S, with initial weights of each company in the index set annually based on earnings generated in the prior four fiscal quarters.
Earnings系で、分かりやすい名前でラージキャップグロースとなった模様です。


The Opportunity of Growth Stocks
At a Reasonable Price

でも、宣伝のpdfでは、いきなり既存のグロース投資を否定しています。グロースインデックスはバリューインデックスにタコ負けの図です。じゃあ、グロース投資で儲けたい場合はどうすれば? というので、ファンダメンタルインデックスのグロースETFでーすという。

そもそも、ファンダメンタルインデックスがバリューインデックスなんじゃあ? という疑問もあるのですが、そんな疑問をいだかせないように、pdfのCorrelation Matrixには、ラージバリューとの相関性は示されていません。なんという大胆な手法。

WisdomTree - WisdomTree LargeCap Growth Index
Top Components As of 12/2/2008 Components
Weight
1. Microsoft Corp 8.24%
2. Berkshire Hathaway B 7.09%
3. AT&T Inc 5.99%
4. Intl Business Machines Corp 5.41%
5. Hewlett-Packard Co 4.21%
6. Coca-Cola Co 3.36%
7. Oracle Corp 3.02%
8. McDonald's Corp 2.93%
9. Occidental Petroleum 2.29%
10. Google Inc 2.03%
とはいえ、含まれている銘柄を見るに、バリューインデックスとの相関性は低そうです。いや、ほんとにグロース銘柄多いです。グロース銘柄の中でバリュー拾いという感じ。低金利で金融緩和局面だとよさげです。個人投資家としては長期だとスモールバリューで行きたいですが、WisdomTreeはピンクシートからの脱出を目指しているので、WisdomTree的には必要なETFではあります。

ここらへんを上場させはじめるということは、グロバルスモールバリューETFはともかくとして、米国内のセクターETFは投入が続くかもしれません。
posted by ことばもないひと at 16:33 | 日記