2008年08月24日

軽自動車ユーザーの既得権も手放せということに

「排気量」から「CO2排出量」へ 経産省が自動車税制の変更検討 (1/2ページ) - MSN産経ニュース
経済産業省が平成21年度の税制改正で、エンジン排気量の大きさを中心に税額を決めている自動車税制を見直し、走行1キロメートル当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を基準に税額を決める方式への変更を検討していることが23日、わかった。同様の仕組みは欧州各国が取り入れ始めており、地球温暖化を防ぐグリーン税制の目玉にしたい考えだ。しかし、これまで優遇されてきた軽自動車の税負担が大幅にアップするため、自動車メーカーなどの反発は避けられず、調整は難航しそうだ。

【経済】「エンジンの排気量」から「CO2排出量」へ…
経産省が自動車税制の変更を検討

【経済】「エンジンの排気量」から「CO2排出量」へ…
経産省が自動車税制の変更を検討★2

【経済政策】自動車税制:「排気量」から「CO2排出量」へ 
変更検討・グリーン税制の目玉に…経産省 [08/08/24]

軽自動車のお得な税負担を裁定取引しちゃおうという荒技。軽自動車ばかりになって車関連の税収が減ったので、足りない分を増税なのかもしれません。ガソリンに税掛ければいいという話も出ています。どうせなら、エアコンにも税を掛けるべきです。生きているだけで呼吸するので人頭税が最終目標地点。
posted by ことばもないひと at 08:30 | 日記