2008年07月29日

ETF先進国韓国に日本が追いつく? 東証 投資スタイル指数、日本バリュー株式ETFが生まれるやも

東証 : TOPIX等のスタイル指数(バリュー指数、グロース指数)の概要について
1. 導入する指数(仮称)
* 1 TOPIX バリュー指数
* 2 TOPIX グロース指数
* 3 TOPIX 500 バリュー指数
* 4 TOPIX 500 グロース指数
* 5 TOPIX Small バリュー指数
* 6 TOPIX Small グロース指数
※ 各指数について、配当込み指数も算出

ラージミッドキャップバリュー、スモールバリュー、トータルマケットバリュー指数が算出されるということです。50%、50%分けってのがちょっと気になるところです。

ETF革命の光と影|山崎元のマネー経済の歩き方|ダイヤモンド・オンライン
 ETFについては、真に投資家の運用に向いた商品の登場を望みたいし、よい商品が継続して維持されることが重要だ。

TOPIX バリューETFが出て、ETF革命の光の側面になるかもしれません。買うなら超長期で気合いがあるなら、スモールバリュー。あんまり上げ下げしてほしくないなら、TOPIX 500バリューでしょうか。

他に、配当込み指数が算出されるのは嬉しい。個人投資家の立場からすると大歓迎でしょう。

割安やらバリューを歌いながら、ベンチマークや参考指数をTOPIX(配当込み)にしていたり、バリュー系指数をベンチマークにしていても、そのバリュー系ベンチマークに配当が含まれていなかったりする、不埒なアクティブ投信をぶっちめることができます。

ダイワ・バリュー株・オープン(愛称:底力)
週報、月報で、すごい底力を見せてくれています。参考指数はTPIX(配当含まず)のバリュー投信。暗黒の側面です。

中国、韓国では存在する、高配当指数の算出もあるかもしれません。金融資産がある高齢者向けに、高配当ETFで毎月分配型の需要は存在するでしょう。

野村、大和、日興はそれぞれインデックスプロバイダとのしがらみがあるので、TOPIXバリューについては、住信アセットに期待したい感じです。
posted by ことばもないひと at 10:38 | 日記