2008年07月21日

野村のETFが投資単元引き下げ

NIKKEI NET(日経ネット):経済ニュース
野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で

野村アセットマネジメントは9月1日、「TOPIX連動型」と「日経225連動型」など22本の上場投資信託(ETF)の売買単位を大幅に引き下げる。

TOPIX-17で17本とすると、あとは5本、2本はTOPIXと日経225、三本はラッセル小型コア、TOPIX-コア30、日経300でしょうか。8万ってのがコア30です。

野 村 : TOPIX Core30連動型上場投信
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/INDB/01312024.html
野 村 : 日経225連動型上場投資信託
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/INDB/01311017.html
野 村 : 日経300株価指数連動型上場投資信託
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/INDB/01314954.html
野 村 : TOPIX連動型上場投資信託
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/INDB/01312017.html

買うなら日経300が面白いかもしれません。日経225には入っていない任天堂入り。日経225と違って、銘柄入れ替えのダメージが少なかったのか、ラージバリュー代表のトヨタへの投資割合のせいか長期のリターンでは日経225やTOPIXよりもリターンは上です。

日経300ETFには、他のETFには無い別の問題があります。今買うならディスカウント。7月18日の終値のNAVとの乖離は3.7%ぐらい。まあ、問題があるからディスカウント放置ということで、裁定しにくいんですな。現物株バスケットじゃないのです。

東証 : 東証上場ETF一覧
http://www.tse.or.jp/rules/etf/meigara.html
日経300株価指数連動型上場投資信託 は、設定が現物株バスケットではなく、通常の投資信託と同様、金銭で行われる ETF です。


9月になっても裁定がしにくいことは変わりませんが、8月の終わりにNAVから下方乖離していたら、日経300は仕込むと面白いかもしれません。9月になって板が厚くなって流動性があがれば、ザラ場の誰かを相手にディスカウント解消して儲けることが可能やもという。持ち合いか上に行くことが条件です。

その他・ETF型 分類別一覧
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/99911FullList.html
大和や日興も投資単位を引き下げるかもしれません。バークレイズは、ほふり完了後は、iシェアーズ日経225を、もう、分割して一口にしてしまうという荒技を炸裂させるべきだと思います。

Google Finance
http://finance.google.com/finance
下段のTrendsでVolをクリックすると、ETFが上位を占めることが分かります。って、金融個別銘柄が最近は出来高多めになってます。ファイナンシャルセクターETFも。

Volume Leaders - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/actives?e=us
小型株でラッセル2000ETFが人気が高いことが分かります。米国株式の時価総額上位3000中の2000から3000位に投資します。

いまのところ日本では個別株が出来高上位ですが、いずれはETFが主流になっていくでしょう。分散が効いて平均値を押さえることができる。今は先物で遊ばれてますが、資産運用での層が厚いのは、なんだかんだいって株式市場ですので、個別株の出来高はETFへ移っていく、その逆は無いと思います。

いずれ、バリュー、グロース、小型株に投資するならこれというETFが日本でも現れてくるはずです。日興のTOPIX Smallが現在のところ、もっとも小型株ETFでのトップに近いとかなと。TOPIX Smallの投資単位が大幅に引き下げという情報が出るのを待っています。ほんとは、MSCIスモールバリューあたりがいいんですが。
posted by ことばもないひと at 10:50 | 日記