2016年01月06日

NISA口座でも開くかなと思って調べていると

ダウインデックスファンドだと分配金あんまり出ないし、別にいらないんじゃないの? 米国個別株MOやPMを日本でやろうにもDRIP無いし……

と萎えていたら、自転車以外について興味を失っている間に、スマートベータ指数が算出されてETFまで出ていました。あら、いいですね〜

ローベータ戦略、高配当戦略までは見ていましたが、その次、の素晴らしい何かなのかしら? 

で、ちまちまと調べています。いまのところは、なんというか、一般個人向けだけでは、かかわってるおっさん達の給料分も稼げないのではないかという展開になりそうです。海外債券ETFもナイスだと思っていて、いま68億円ぐらいしか集まっていないし。上場インデックスファンド米国株式(S&P500)に純資産額で負けてるし。なんか大変なんだなあ。

ボラがでかいのが嫌で、伝統的な手法で運用されている長年の実績もナイスな投資手段はないですのん?

VWINXがありますやん

株式(配当株、安定株)40%、債券60%の組み合わせ。長い運用実績。同様のファンドとくらべて低い売買回転率。もっとも株式と債券の組み合わせなので、まともな株式オンリーインデックスファンドよりは回転率は高くなります。

しょうもない仕組みで世界株式と世界債券に投資するよりも、セゾンで、ウェルズリーインカムファンドを円建てで投資するファンドを仕立ててくれないかなどと思っていたこともありました。

NISAでどこかやらないものか。0.6%のフィーでも、あらいいですね〜になると思います。最初にファンド組成するときに、アドミラルシェア以上にすればさらに嬉しい。
posted by ことばもないひと at 20:44 | 日記