2006年10月23日

日興コーディアル 投信スーパーセンター

サイトがオープンした投信スーパーセンターについてです。FLASHが無いとサイトの閲覧が出来ません。FLASH無しで投信の一覧だけでも知りたい場合は以下のURLから。

投信スーパーセンター | 取扱い銘柄一覧

で、2chの投資板の関連スレッドで、現時点で分かる情報は出し尽くされている感がありますが、2点ほど特筆すべきことがあります。

・外国債券インデックスファンドが特定口座に入れられる。
・上記ファンドの買取り請求をオンラインで出来る。

投信のスーパーマーケットって?
買取り請求が出来ることのソースは上記スレッドの

116 名前: 名無しさん@お金いっぱい。 投稿日: 2006/10/23(月) 12:55:35.36 ID:20uTLa/G
>>110
今、コールセンターに電話して聞いてみた。
投信の解約・買取はオンラインから可能だそうな。
保有している投信を売却する時に、解約・買取を
選べる画面になるらしい。イメージ的には、kabu.com
とかマネックス。


なんですが、2chの情報をそのまま信用していいのか? という疑問には、「いや、このコールセンターに電話して、買取り請求可能かどうかを聞いたのは私なんです」と、さらっと書いておきます。外国投信の特定口座に入れられるかどうかについては、日興の分類上では外貨MMFも含まれると気がついたのは後の祭りでした。

肝心のPRU海外債券マーケットパフォーマーについては、ソニー銀行で買える中央三井外国債券インデックスファンドよりも有利となっています。
中央三井 中央三井外国債券インデックスファンド
プルデンシャ PRU海外債券マーケット・パフォーマー

九月末時点での基準価額あたりの総コストでは中央三井外国債券インデックスファンドの方が有利です。これは受託銀行、保管管理ともに中央三井銀行は自前で行える分だけ有利なためですが、ごくわずかな差です。

最終的に益出しをする場合には、販売手数料と信託報酬が安く、さらに買取り請求が可能で最初に支払った手数料分を益から差し引ける、PRU海外債券マーケットパフォーマーが有利になります。自分もさっそく口座を作り、以降の外国債券インデックスファンドへの投資は、ソニー銀行でなく、投信スーパーセンターで行うつもりです。

もっとも、AAAソブリン・ファンドのファンドマネージャーが変わらず、分配金に対する課税が20%になる前は、海外債券セクターに投資する場合は、kabu.comでAAAソブリン・ファンドに投資すると思います。
posted by ことばもないひと at 23:01 | 日記