2006年10月12日

円安で鼻血 今後の投資方針

今日の時点で外債、外国株への投資総額が、1,057,116円だったりして。内、8割が債券ものに分類される投信。株はインデックスはゼロで、SG東欧ロシア株式ファンドのみ。問題は、外国もの投資の半分弱程度をしめるフィディリティハイ・イールドボンドで、firstradeにとっとと送金して、バンガードの

VWEHX: Profile for VANGUARD HIGH YIELD CORPORATE

を購入しておけば、リターンが1%以上あがったこと。これは信託報酬のコストが低いことによる。円高になると予測し、まとまった金額を送金しないと送金手数料が無駄、円転する際に面倒、税金計算がアレだなーと思っていたので、firstradeへの送金を伸ばしていたら、1ドル120円をうかがう為替相場に。

10月の23日に、もしかしたら、あるいは、そこはかとなく期待できる変化もあるので、それを待ってみたい。

投信スーパーセンター | 日本最大級の投信専門ショッピングセンター

で、外国債券インデックスファンドが販売され、特定口座に入れられて、買取り請求がオンラインで可能かどうか。取り扱いがあれば、ソニー銀行に既に入れているものはそのままにするとしても、新規の投資はそっちで行いたい。

確定拠出年金の制度変更・見直しがあれば、確定拠出年金に加入して積み立てたい所存です。そこら辺をひっくるめて、月末に海外送金するかどうかを決めたいと思います。

買いたいファンドの最小投資金額が3,000ドルなので、6,000ドルプラスアルファは送りたい。が、そんな余裕は無いというのが。一部解約? 無駄なコストがー、しかし、このまま信託報酬の高い国内の外国株、外国債券投資信託を保有して、みすみすロスを取るのも、いや、でも他のリスクも被ることにー。どうしましょう。
posted by ことばもないひと at 00:59 | 日記