2016年01月21日

日経ヘイキンズを信じきれなかった

日経ヘイキンズ
楽天ETF−日経ダブルインバース指数連動型 (1459)を適当に指し値していたら13,000円で拾えていましたが、日経ヘイキンズの弱さを信じ切れずに、日経マイ転して戻したあとに利確してしまいました。その後、あ、これはマイナスで終わるなと思ったので、VIX短期を798円で仕込んで806円で手仕舞いとなりました。

コツコツ儲けてドカンとやられるを繰り返すより、コツコツ損してもドカンと取り戻せるようになりたいとは常々思っていますが、道は遠いようです。ビデオポーカー最善手練習ソフトでもやればいいのかな。
posted by ことばもないひと at 22:34 | 日記

2016年01月18日

波乗りとはなんだったのか?

eMAXISバランス 青が8資産均等型 赤が波乗り型
緑はTOPIXとなっています。なぜか同じような動きです。債券バランス(2資産)さんも、順調にコスト負けしつつあるので、相場がすべて悪かったという結論になりそうです。まあ、簡単な指標でマーケットタイミングできるなら、みんなやってますわな。超長期の移動平均線の有効性はまだあるようなので

いえーす、you can time the market なんだダゼーという方は

http://www.yesyoucantimethemarket.com/price.html
これを見て投資するかどうかを決めましょう。ゆっくり金持ちになる方法は行きているわけです。

下げ相場におけるドルコスト投資法を別の言い方でいうと「ナンピン買い」ですので、そこをどう自分の心を誤魔化していくかなども大切です。今、ドルコスト投資法で積み立てと言いつつ、別にまとまった額を追加投資をしている方は、もう一度、自分の投資を振り返ってみるといいでしょう。

リーマンショックの時にぶっこんだのであれば大正解でした。では、いまが果たして良いタイミングなのか?
posted by ことばもないひと at 21:56 | 日記

2016年01月14日

ブランカを口ずさみつつ反省会

https://www.youtube.com/watch?v=TQQuzzdLv_k
http://j-lyric.net/artist/a001133/l005fc1.html
お金が市場に溶けていく

昨日までは窓開けで落下した際に、1570を抱えていても、その後の、スマホこそトレで切った張ったをしてプラマイゼロという感じでしたが、流石に、一昨日の引けで1570を仕込んで、窓を開けて700超の落下は、損切り後のトレードでダメージ軽減しかできませんでした。いや、むしろ、後場で傷口拡大? インバース仕込んで踏み上げ。ドテンしてまた損切り。引けで読み通りのはずが、1570の指し値に刺さりませでした。懲りてないやないかーい! おかげでノーポジションです。

結果として、また自転車のホイール購入が遠のいた感じです。ひさしぶりに、ライブドアショックの時に、数分でプリウス一台分かっ飛ばしたことを思い出しました。

https://www.youtube.com/watch?v=bZHkwTdf1MM
ライブドアショックの時にやらかさなければ、TREK Madone 9 RSL Viper Red買えてたなあ。乗りこなせないし、メンテ維持できないけど。

https://twitter.com/MatsuMatChannel
自転車で日本一周温泉巡りの方にカンパすれば良かったという結末です。
posted by ことばもないひと at 21:35 | 日記

2016年01月08日

もしかして、フラグ立ててません? シーゲル教授による有り難いお告げ最新版

Jeremy Siegel: S&P Will See 10% Upside by Year-End
中国元をSDRバスケットに入れたのは悪手だけど、まあ米国はなんとかなるんじゃないか。ブル・シーゲルは顕在です。インフレホークだったはずですが、デフレについても言及がなされています。連銀の偉い人になる道がなさげになったので口が滑るようになったのかもしれません。だいたい、何かあるたびに「利上げ〜」って言ってましたもんね。というわけで、いろいろあったけど

今日も引けで1570を13,080円でホールドじゃ〜ぃ。弱気。週明けで窓を開けてあがってないかな。
posted by ことばもないひと at 16:46 | 日記

2016年01月07日

NISAでバランスファンド積み立てする場合は、株式は多めがいいのか少なめがいいのか?

日興の年金積立アセット・ナビゲーションファンドが運用開始から10年を超えています。長期運用されているバランスファンドで分配金も年に1回10円あるかないかです。その動きを記したチャートは分配金込みでのトータルリターンに近いものになります。

株式割合が20%、40%、60%、80%の10年グラフ
なんか見たくないものを見てしまった感が……

が、毎月、定額積み立てであれば、10年グラフの鍋底の下落しているところで長い期間を安値で拾っているということです。つまり、株式多めの方が、2016年1月の時点では報われているということになります。

しかし、期間を1年にしてみると
帽子型のチャートになります。この帽子型チャートが一年でなく、例えば10年のチャートであった場合は、毎月定額積み立てなら債券多めの方が良かった(マシだった)という結果になります。当たり前といえば当たり前ですが。安く買って高く売らないと儲かりはしません。

他にも、ゆるやかか急上昇するなら一括して投資した方が良く、上下によこよこなら積み立て、ゆるやかに下降か急降下しつづけるなら忘れてしまうか損切りが最善です。

それでも、投資に時間を掛けるのは馬鹿らしい。投資、それも年金に関する責任を可能な限り自分ではない誰かに押し付けて「だから自分は株式投資はダメだと言っていたんだ」「しかし、お国が制度を作ったわけではあるので、無下にもできなかった」「ぼくは悪くありません」と言いつつ、NISAで毎月定額積立を設定してあとは完全放置できるマシなものはないのか? メンテしても年一回以外ぐらいでないとやだ。そんな都合の良い物で、タイトルにもあるバランスファンドっぽいもの。

あるにはあったんですが、なんか、もう目標達成して国内債券運用に以降してました。

残念なことです。

完全にバックミラーを見ての話になりますが、これの仕組みはヤバイというか、ファンド内部で株式を利確して債券運用に移行して放置してくれます。したがって、株式を利確した時点での税金を取られなくて済みます。さらに、NISAにぶっこんでいた場合は、投資家が乗り換えのために現金化しても税金はとられません。信託報酬や他のコストは野村せんせいの本領発揮なのと、これで儲かって利確して現金化したら野村せんせいから碌でもない商品のおすすめがあるかもしれないのが欠点です。ではあっても、

「上値を放棄して下落のダメージを軽減する」
捨てるものと得るものがはっきりしています。美しい。
posted by ことばもないひと at 21:02 | 日記

欲豚投資の純文学 「月が綺麗ですね(ド転したところで値動き反転しました)」

そして、引けに、朝の寄りで売った1570を、13,810円で再ホールドして保有したままになっています。

1570
13,430円で遅い損切りしてクマーの本領発揮できまいた。天ぷらで好きなのは鶏天ですが、よく食らわされるのは寄り天クマー。遅い朝食は優雅かもしれないけれど、遅い損切りは高い朝食になるのでもうやめたい。

が、損切りしてからが本領発揮。「損を切ったということは、下げたまま戻らないか、さらに下げていくかという判断だから、ここはド転するのが間違いないクマ!」

1357を 3,065円で買い、そして、そのまま3,065円で売りという美しい川の流れのようなトレードです。損切った時点で1357が買えていれば良かったんですが、他のことをしていたので3,025円の売値を叩いて買えませんでした。まあ、「”トレード”が”他のこと”やろ!」と言われたらそれまでなんですが。

しかし、このままビロっていても溶けたお金は帰ってきませんので、1357を手数料込みだと損なのを切ったついでに、1579を13,890円で買って14,040円で利確しました。あと、1458を7,400円で買い7,410円で売り。

引けが近かったので、このまま短期投資(投機)用資金ではノーポジションにするのがクマーにならないポイントですね。ちゃんとルールを思い出すと

ルール 1 デイトレードは持ち越さない
ルール 2 持ち越す場合でも、総ポジションがロングなので、ショートETFのホールドにする

これを徹底すれば、トータルのポジションでは大儲けの可能性を捨てる替わりに、下落時のダメージを減少させるカバードコール戦略的なことができます。年初からグダグダだったけれども、以降は心を入れ替えて、しっかりと自分が決めたルール守っていけば、大きな損のダメージを減らすことが、僅かなりとも可能になる。

デイトレードは持ち越さない。持ち越す場合はショート系のETFにする。レバレッジのブル型ETFなどを引けで購入して持ち越すなどもってのほかということです。

ということで

1570を13,180円でホールドして終了じゃーい!

http://finance.yahoo.com/
ダウ先物
http://finance.yahoo.com/q?s=ymh16.cbt
マイナス399.00(2.37%) 5:44AM EST
ひどいオチクマー。
posted by ことばもないひと at 19:59 | 日記

2016年01月06日

NISA口座でも開くかなと思って調べていると

ダウインデックスファンドだと分配金あんまり出ないし、別にいらないんじゃないの? 米国個別株MOやPMを日本でやろうにもDRIP無いし……

と萎えていたら、自転車以外について興味を失っている間に、スマートベータ指数が算出されてETFまで出ていました。あら、いいですね〜

ローベータ戦略、高配当戦略までは見ていましたが、その次、の素晴らしい何かなのかしら? 

で、ちまちまと調べています。いまのところは、なんというか、一般個人向けだけでは、かかわってるおっさん達の給料分も稼げないのではないかという展開になりそうです。海外債券ETFもナイスだと思っていて、いま68億円ぐらいしか集まっていないし。上場インデックスファンド米国株式(S&P500)に純資産額で負けてるし。なんか大変なんだなあ。

ボラがでかいのが嫌で、伝統的な手法で運用されている長年の実績もナイスな投資手段はないですのん?

VWINXがありますやん

株式(配当株、安定株)40%、債券60%の組み合わせ。長い運用実績。同様のファンドとくらべて低い売買回転率。もっとも株式と債券の組み合わせなので、まともな株式オンリーインデックスファンドよりは回転率は高くなります。

しょうもない仕組みで世界株式と世界債券に投資するよりも、セゾンで、ウェルズリーインカムファンドを円建てで投資するファンドを仕立ててくれないかなどと思っていたこともありました。

NISAでどこかやらないものか。0.6%のフィーでも、あらいいですね〜になると思います。最初にファンド組成するときに、アドミラルシェア以上にすればさらに嬉しい。
posted by ことばもないひと at 20:44 | 日記

下り坂では何もしないのがホビー自転車乗りのスタイルでがんす

引けあたりで日経レバかけETFをである1570を14,050円でホールドです。引けでちょっとあがって含み益クマー。


http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=1570.t
なんということでしょう。寄りからダダ下がりです。はたして、びろーん森の動物クマーは、この下げの波から逃げ延びることができたのでしょうか?

14,192円で売り約定

今回は逃げ切れたようですが、取ったリスクに見合わないリターンであることを気がついていなければ、いずれ波にさらわれていきます。学習はなされたのでしょうか?

1579 14,310円で買い、14480円で売り。

学習はなされていなかったようです。そして、機会はあったのに、下げを1357で取ることはできていません。ロングだけでは不味いと考えていたのではなのでしょうか。

そして、引けに、朝の寄りで売った1570を、13,810円で再ホールドして保有したままになっています。

ルール 1 デイトレードは持ち越さない
ルール 2 持ち越す場合でも、総ポジションがロングなので、ショートETFのホールドにする

年初に決めたルール1,2が松の取れないうちにトレーてます、いやトレードしています。今年も譲渡益税徴収・還付のお知らせで締めることになりそうです。ってなもんで、今年はこのブログも少しは更新していきたい感じです。(毎年言っています)
posted by ことばもないひと at 20:02 | 日記

2016年01月05日

日本の場合、カバードコールETFより食品ETFの方がマシなのかも

1565 カバードコール 1617 食品ETF あと日経(配当抜き) 1年チャート
というか、そもそもカバードコールETFは取引されていませんでした。食品ETFもつらそうな取引量です。余裕資金以外で投資していると、お金が必要になった時に大変そう。

バイライト(カバードコール)ETNとSPYとVDCの一年チャート
長い期間にするとVDCが強いように見えますが、配当が含まれていません。アメリカ市場ではカバードコールは機能しています。

カバードコール戦略を採用したインデックスファンドやETF,ETNはNISA向けかと思っていましたが、どうも日本では向いていないようです。つうか、KXIかVDCをNISA口座に入れられるところないですのん?

posted by ことばもないひと at 22:39 | 日記

近年稀に見る懲りないデイトレからスイングへの布石クマー

楽天 ETF-日経レバレッジ指数連動型【1458】
7,990円でホールドして、おはぎゃゃぁぁ。というか、憂鬱な朝でした。9時ぴったりに、こそトレできないのが辛い。含み損が撤退ラインだったものの、上がるよなあ、いや、上がってくださいと念じつつプラ転を待ちました。何をやっているんだろう。

とりあえず、8,040円(8,050円で75%、8,010円で25%になりました)で処分できました。その後、1357を仕込めればよかったのですが、昨日の時点での「明日はあげるんじゃないか? だから、1458を引けで買ってホールドしたわけで」という思考を放棄できずにノーポジション。そして下げを、ときどきこそこそとスマホで見ていました。難しいですね。

そして、懲りずに、引けあたりで日経レバかけETFをである1570を14,050円でホールドです。引けでちょっとあがって含み益クマー。

先物でぶん回さざるを得ない大人売買の人たちも大変だなあと思いました(粉蜜柑)。まあ、短期筋だとボラティリティないとだめなんでしょうね。
posted by ことばもないひと at 22:16 | 日記

2016年01月04日

明けましておんギゃぁぁぁぁぁ ということはなく

大納会で損切りを済ませていて隙はなかったです。
損切りしていてキャッシュポジションになっていた短期用資金で、お年玉で渡した分を回収できたらいいなあという目論見で、隙を見てスマホでトレードしました。貼り付けていたら、下げは取れたかもしれませんが、余計なことをしてダメだったでしょう。

1570
14,850円で買い、14,990円で売り 利食いして、さらにド転が正解でした。

1579
14960円で買い、14,990円で売り
下げが一段落したところでスマホを見れたので、買って、あやしいところで売り。

1357
2868円で買い、2878円で売り その後、スマホを見ることが出来ずに1357が跳ね上がっていったのを完全に見逃し。引け前40分ぐらいに見て呆然として「ああ、これは、ぶん投げだから、もう一押しあるなあ」ということで買ってしばらくして売り。

1458
7,990円で購入して引け。置いたまま(完全にギャンブル用語)。信用口座を開くつもりはないので、ループ取引で回転させて、最後は置いたままで終了しました。

いろいろやりましたが、寄りで1357を買って、引けまでホールドした方が良かったという結果です。

全体のポジションがロング一辺倒なので、短期はベア型のETFを保有するほうが性に合っているのですが、昨年はそれで、大きく踏み上げられてしまい、耐え切れなく鳴って1357を手放したところからまた日経が下落して、1357が上がり始めるという事態になりました。

譲渡益税徴収・還付のお知らせでシメという閉まらない一年が2015年でした。

自転車のようにペダリングする回転売買が向いているというわけでもありませんが、2016年は余裕資金で短期の売買もやっていきたいです。でないと、ブログの更新というか、ネタも調べる気になりません。

インデックスファンドと、MOがPM、KFTをスピンオフする前から、ただホールドしている分が長期投資枠です。何年になるんだろう……?
posted by ことばもないひと at 19:43 | 日記