2012年10月12日

401k普及の道は遠い


8 users
オレの 10 万円が、20 年掛けて溶けていくのをただ見届けるしかない件

確定拠出年金、どのくらいの人が加入しているのだろうか。

ボクはお金の計算がまったくできないから株は絶対やらないし、保険なども一切、加入していない(国民健康保険と年金だけ)。しかし確定拠出年金だけは全社員が半強制的に加入させられた(憶測だが多分、当時に会社と銀行の間で取引が合ったのだろう)。会社のお願いだったから特に疑う余地もなく判子を押してしまったが、今は本当に後悔している。もう少し注意すれば、あの契約書に判子を押さずに済んだはずだ。

基本、確定拠出年金の企業型は三階建て部分なので、企業に所属している時点で「国民年金保険+厚生年金保険+確定拠出年金企業型か適格退職年金(現在は廃止)」だったはずです。雇用形態によっては厚生年金保険の部分が無いかもしれません。が、例示されている方は

2年前に退職(当時32歳)。
→もろもろの条件が満たされず、「脱退一時金(全額返金)」は受け取ることができなかった。
…積み立て資産は個人型確定拠出年金に移管された。


個人型確定拠出年金に移管とあるので、厚生年金保険へ加入されていたことは間違いありません。その部分はカッ飛ばして、10万円の資産が目減り〜を回避するのをどうにもできないとあるので、これは401kの普及は遠いなということにあらためて思い至った次第です。

回避方法が無いわけでも、ただ損をしているわけでもありません。損の部分でいえば、拠出段階で所得控除がなされているはずです。確定拠出年金のプラスマイナスだけでなく所得税で減税された分があります。10万円ならトータルで20%の2万円ぐらいは減税されているでしょう。

1,000 万円くらい借りて、確定拠出年金にブッこまなければならない。しかし借りた 1,000 万円の利子はどうやって払うんだ、っつー話。

しかも!!今回運良く 2012 年の時点で気付いたが、後の祭りだ。厚生省が施行する制度上、脱退/返金などはすることができない…かくしてボクは、汗水流して得た10万円が金融の闇へ葬り去られるのを指をくわえて見届けるしかない状況となってしまった。今後定年までの30年間、毎年郵便で「お取り引き状況のお知らせ」が届いては、ただただ手数料が引かれて10万円がゆっくり溶けて、なくなっていくのを眺めることしかできないのだ

経費が安い個人型の確定拠出年金に移管すれば負担は減らせます。追加で低コストのインデックスファンド主体のバランス型ファンドでも月数千円でも積み立てておけば、数十年後にガッカリする可能性は減るはずです。超長期ではインフレをヘッジして購買力を減らさないことが肝要です。

401k 移管 - Google 検索
401k 運用商品ラインナップ|スルガ銀行
とりあえず、スルガ銀行で年間2000円以下の管理料にする手があります。50万円越えだと、SBIでも良くなりますが、スゴ6以外は何に投資しようか? という世界ですので、年間で5000円の費用でも、ダウ工業株価インデックスファンドを売るところが出てきたら、そこに移管したい感じ。
posted by ことばもないひと at 00:50 | 日記

2012年10月02日

PFEがまさかのプラ転

Pfizer Inc.: NYSE:PFE quotes & news - Google Finance
買い付け単価$24.5の、いったいどれぐらい潜伏していたんだろうというPFEがまさかのプラ転。信じられない。(そこは信じておけよ)

株式投資も続けると、色々な事が起こるものです。調べると、6年ぐらいマイ転のままでした。おそろしいことです。

それはそれとして、以前より体重は4kg落ちました。

http://www.ranobe.com/2012/08/gtp.html
γーGTP値も正常化。コレステロールは相変わらずダメ。これからも精進していきたい所存です。などといいつつラーメンをすするわけで。リピトールがあればいいのでしょうか。

リピトール ファイザー - Google 検索
でも、ファイザーのリピトールは特許切れ。それでいて、なぜ株価が回復したのか……

Company Comparison - Google Finance
VHT(米国ヘルスケア株ETF)よりも、ここ一年は勝っています。長期だと負けに見えますが、実は配当は高くチャートに反映されていません。ほんと、なんでなんだろう。
posted by ことばもないひと at 10:07 | 日記