2008年05月31日

APPROVED FOR VALET PREMIUM

長いことねまらせていたFirstradeのValet Accountの申し込みを行いました。FAXでFirstradeに申し込み用紙を送って、しばらくして口座を見るとAPPROVED FOR VALET PREMIUMの文字が。まだカードは手元に届いていませんが、いずれ届くでしょう。

申し込んだのは、カードフェイスが金色じゃないものも入手可能と判明したためです。

オサーンの投資 事始め: Firstradeの Debit Card
http://ziggy.seesaa.net/article/5537007.html
金色です。で、ググって見ることが出来た、新しいVisa Debitのプラチナカードは金色ではありません、なんか、銀色っつうか、とにかく金色でも黒でもありませんでした。青色もありました。

これは個人的には超重要なのです。サイフから出して決済する時に、金色カードだと外から分かりやすいので無用のトラブルを招きかねません。

【コストコ】、トレードダウン効果で大幅な増収なQ3
:激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ
http://blog.livedoor.jp/usretail/archives/51058598.html
このトレードダウンってのは、自分はすでに実施済みというか、最初からその位置にいるというか、まあ、とにかく、安い食料品店に行くわけです。これは、日本でもそうなんですが、アメリカに行った時も同じでした。

この頃アメリカで流行っている
「トレードダウン」という考え方:Garbagenews.com
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/02/post_3181.html

●「トレードダウン」とは「行きつけのお店の格下げ」



すると、なにが起こるかというと、日本でもそろそろそうなってきていていますが、安い食料品店、低価格が売りのスーパーや、スーパー駐車場での治安があまりよろしくないわけです。行動が夜型だし。

他にも、アムトラックの食堂車でも、行き先がシカゴ−ニューオリンズとかだったら、あんまり平和ではありませんでした。もっと金を使うなら回避できることばかりですが、自分の行動パターンだと、過去もそうだったし、これからもその計算です。

ドル決済できる場所に行くと分かっていたら、ある程度はキャッシュポジションを作ってFirstradeの口座から決済するはずです。が、アメリカで自分が行動するであろう安い食料品店やドラッグストアのレジで、金色のカードとか出したくないわけです。黒い白鳥ってレベルじゃなく、そこらへんにいる鳩ぐらいトラブルに巻き込まれる確率をあげます。

だから、使いもしない金色のカードはいらんなーと思って、あと、面倒くさかったので、Valet Accountは取りやめになっていました。しかし、金色じゃないカードが入手可能と分かったので、へろへろと申し込みしたという次第です。

ただ、年間のコストが$80は変わっているかどうか分からないし、むしろ、プラチナだとあがっているかもしれないので、Firstradeで運用する金額の比率を上げていき、最終的には$80も無しにしたいと思います。かなり遠い道。ハイパーインフレならすぐかも。
posted by ことばもないひと at 11:44 | 日記

信託報酬・販売手数料以外のコストがすごい投資信託

HSBC : HSBCインドオープン
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/IND/5131104B.html
信託報酬率 2.10%(税抜2.00%)を目安に。

HSBC : HSBCインドオープン
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/INDR/5131104B.html
費用合計1062円、うち、信託報酬は560円。売買高比率(回)1.78。

SBIアセッ : SBIインド&ベトナム株ファンド
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/IND/89311077.html
信託報酬率 2.1%(税抜2.0%)

SBIアセッ : SBIインド&ベトナム株ファンド
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/INDR/89311077.html
費用合計140円、信託報酬は80円。で、設定時に投資していると、一回目の決算の時はプラスで800円の分配で、最大の税コストは80円。

で、表に出ない執行コストの目安の売買高比率(回) : 6.21。

SBIがらみだとジェロニモが目立ちますが、SBIインド&ベトナム株ファンドも、伝説のファンドへの道を、一歩一歩着実にすすんでいます。
posted by ことばもないひと at 03:07 | 日記

2008年05月30日

インテリジェント・インデックスについて解説pdfが

Invesco PowerShares インベスコ・パワーシェアーズ
http://www.invescopowershares.invesco.co.jp/index.html
インテリインデックスと略すと、インテリヤクザみたーい。インテリ・オブ・ジョイトイとか。

ファンダメンタルインデックスというか、バリュー系インデックスであるRAFIにはちょっと期待しています。RAFI新興国ものなら、VanguardのVWOが来ても対抗できるのではないでしょうか。

米国株式RAFIのPRFはVanguardのVTVに対抗できないと思いますけど、来るか来ないか分かっていないVanguardよりも、とりあえず日本で取り扱いが開始しているRAFIものに期待というのは、十分にうなずける話です。とりあえず、RAFIでグローバルポートフォリオが構築できたら、オールインしちゃう人もいるかもしれません。Global RAFIものもでてくるかも。
posted by ことばもないひと at 21:48 | 日記

セゾン投信の広告は資料請求一件1、000円だそうで

セゾン投信 ETF - Google Search
で、このサイトが上位にくるらしいので、アカウントだけはある、アクセストレードから、広告はってちょ、のメールが来ました。

先日、弊社でお取り扱いが始まりました、
セゾン投信という案件がございます。
御サイトの集客経路を鑑みて親和性を感じ、ご連絡させて頂きました。
下記、案件の詳細を列記させて頂きますので、
ご掲載のご検討を頂けますようお願い致します。

********************************************************
186*** 【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】
ttp://www.saison-am.co.jp/entrance/index.html
【成果報酬】 資料請求1件 1,000円

証券会社だと、以前はマネックスの広告を貼っていましたが、いろいろな試行錯誤のもと、いまの形に落ち着いています。

セゾン投信が、MSCIに限らずグローバル株式指数(新興国入り)のインデックスか、先進国バリューとか高配当指数とか、WisdomTreeの指数に連動したパッシブ運用のファンドをローンチすれば、こっちから広告を貼らせてくださいとお願いしたい次第ですが、まあ、いまの商品だと、勘弁してください。

しかし、資料請求なんてものは、そうそう成立しないのですが、一件で1,000円とは剛毅な話です。

Vanguard Total World Stock ETF - Google Search
目論見書にVanguard Total World Stock ETFとあるので、いずれ、この検索結果にも反映されていくでしょう。この商品が日本で取り扱いが開始されれば、市場平均派でVanguardに賭ける長期投資家は、Vanguard Total World Stock ETFに投資するでしょう。

セゾン投信のなすべきは、これから販売されるVanguard Total World Stock Index Fundを、円建てで積立投資できる投資信託パッケージにして日本で販売することだと思います。Vanguard Total World Stock Index Fundを月額5000円から積立可能にする。これなら勝つる。というか、他が何を出してきても負けない戦略となるはずです。長期で負けない。

つうか、実現すれば、数十年後に日本で最大の投資信託になっているかもしれません。セゾン・バンガード・トータル・ワールド・ストック・インデックス・ファンド。どうか。
posted by ことばもないひと at 20:58 | 日記

2008年05月29日

米国債10年ものの利回りが4%に戻りそう,朝起きると4%に戻ってました。

^TNX:10-YEAR TREASURY NOTE - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=%5ETNX
Bonds Center
- Bond quotes, news, screeners and education information.
http://finance.yahoo.com/bonds
CBest Rate Calculator Bankrate.com
http://www.bankrate.com/
長期金利のベンチマークなので、借金する側には金利上昇は不利です。クレジットカード振って金が出せなくなったら、米国消費者は地獄の一里塚をかろやかに通過って、インフレで不景気、デフレで不景気、さあ、どっち?

米国定期預金一年ものの利回りは3%ちょいです。イールドカーブはいびつ。

タレブの「まぐれ」を読了して、ちらっと思ったのですが、こういう局面だと、バイライト戦略が有効ではとひらめきました。

一年リターン比較

InvescoPowerShares.com - S&P 500 BuyWrite Portfolio - PBP
ダメージを減らすかわりに、大幅な上昇は捨てることになります。

じぶんでやる場合は、うっかり単独でコール売りすると地獄への片道切符ですけど。カバードコールで。

ETN、ETFとも出来高が少ないのが難点です。ETNは、一年経過でもうちょっと広まると思っていたんですが、株式+債券ポートフォリオでも、あるていど似た値動きにできるのが、やはりまずいのでしょうか。

SPY+AGGで、両者の分配金は全部SPYに回す。底値部分でSPYの増える枚数が増える。非課税口座でローコストなところなら、ランニングコストはバイライトETNやETFよりも下な感じです。バイライトものも、預かり資産が増えないとだめぽ。
posted by ことばもないひと at 00:20 | 日記

2008年05月28日

破れ傘刀舟 高コスト隠れインデックスファンド斬り ニッセイ/パトナム・世界代表株ファンド

ニッセイ/パトナム・世界代表株ファンド(ファンド概要)
http://www.nam.co.jp/fundinfo/npsdkf/main.html
世界を米州、欧州等、アジア・オセアニアの3地域に分割し、各地域別に組入銘柄を選定します。

で、30銘柄ぐらいに投資するそうです。

【本日の投信設定1】
ニッセイ/パトナム・世界代表株ファンド
国内籍投信 投資信託ニュース
ヘッジファンドクルーク -HEDGE FUND KLUG-

パスを見逃しそうになりましたが、ニッセイ/パトナム・世界代表株株ファンドが、高コスト隠れインデックスファンドなのではないか? という疑念がローンチされているので、世界の代表企業30銘柄に投資するのが、いったい、なんのインデックスにこっそりパッシブしているかもしれないのかを探ります。

「なんでパチアクティブで、隠れインデックスファンドって根拠もなく飛ばしているの?」

当初募集が100億円はよしとしても、当面の上限が3000億円だからです。まかり間違って3000億円あつまったとしましょう。3000億円を30銘柄でまともにアクティブ運用できるかどうか、一銘柄100億円つっこむ。まあ、はっきり言って無理なわけです。ムリムリムリムリムリ、かたつむり。タムリンレーザーです。

ちゅうわけで、なんのインデックスをパッシブしているのか? 世界で50とか100、米国や日本で30ならわけるけど? 世界で30?

BBC Global 30 Index
* FTSE Developed Europe Index
* FTSE Developed Americas Index
* FTSE Developed Asia-Pacific Index

欧州、米国、アジア・パシフィック三分割して三十銘柄をチョイス。

というわけで、ニッセイ/パトナム・世界代表株ファンドのポートフォリオが明らかになって、この投稿が正しいかどうかを楽しむことが可能です。あたっても何もでません。
posted by ことばもないひと at 22:46 | 日記

マネックスがスネークカモン(もうVIPERsじゃないっちゅーに) Vanguard Total World Stock ETFの日本国内取り扱いの可能性が高まりますた

米国上場ETF・株式の取扱い開始時期について
(2008年5月28日)/マネックス証券

マネックス証券では、お客さまよりご要望を多くいただいていた米国市場(ニューヨーク証券取引所、ナスダック証券取引所、およびアメリカン証券取引所)に上場するETFおよび株式の取扱いを、2008年6月下旬より開始する予定です。

Vanguard Total World Stock ETFはNYSE arca上場で、その上場日は、最速で6月17日(米国時間)からです。マネックスがAMEXだけなら望み薄でしたが、NYSEもやるということです。それも、6月下旬に。合わせてきたなと、妄想をたくましくできます。はぁはぁ。

いまさら「米国ETFを取り扱います」だけでは、なんのインパクトもありません。なんらかの売りがいる。じゃあ、Vanguard ETFsです、にょろ〜ん。って、もうVIPERsとは言ってないようですが。SPDRsよりかっこいいのに、にょろ〜ん。

というわけで、マネックスがVanguardのETFを連れてくるとは思っていました。

マネをつついて蝮がにょろ〜ん?
Vanguard VIPERs ETFは金融庁への届け出がなされるか
http://401k.sblo.jp/article/14687884.html
マネックスはVIPERsを連れてくるか? 
http://401k.sblo.jp/article/14989288.html

が、Vanguard Total World Stock ETFまで扱う可能性があるとはあんまり考えてませんでした。今出ている情報だと、VEAとVEUも無いのですが、そこはそれ、言えば自己実現するの法則にしたがい、とりあえず言って期待値をあげてみる作戦です。

「Vanguard Total World Stock ETFが日本でも! 6月下旬に!」

とりあつかわれるといいですね(w

Vanguard Total World Stock ETFが日本にくれば、すみしん外国株式インデックスオープンの積立をやめて乗り換えます。

こうやって、期待値をあげておくと、VEUやVWOはおろか、VEAすらこなかったときの活力になります。あれっす、餓狼伝の姫川が藤川に投げられた時に、舌を軽く噛んでいたのと同じりくつです。VTVヤラVBR期待舌噛み受け身。

All-World ETFs: Just Add Water,
Instant Diversification | ETF Trends
http://www.etftrends.com/2008/05/all-world-funds.html
Vanguard is planning a Total World Stock index, with share classes for ETF, retail and institutional investors. The fund will track the FTSE All-World Index, which is made up of 2,800 large- and mid-cap companies from 48 countries.

Northern Trust has similar plans for its own such fund, which will track the Dow Jones Wilshire Global stock index.

まー、Global ETFの戦い的には、おさえている範囲がもっとも広いのはNETSのダウ グローバルものですが、これは7月にならないとなんとも言えません。東証はETFの数を揃える気まんてんですので、TOPIX ETFを米国で上場、TOPIX J-REIT ETFを上場申請中のNETSが持つ国別ETFは、東証が、ズヴァリ! 国内上場を狙っている筆頭の海外ETFだと思ってます。

NETS - Bringing foreign local markets home to you
http://www.netsetfs.com/
TOPIX ETFを除いて、すでに10以上の国別ETFがローンチしています。

ETF Watch: May 15 - May 22 - Features
NETS Dow Jones Wilshire Global Total Market Index Fund
NETS FTSE CNBC Global 300 Index Fund
NETS Dow Jones Wilshire Global Ex-US Index Fund

NETS FTSE EPRA NAREIT Americas Index Fund
NETS FTSE EPRA NAREIT Asia Index Fund
NETS FTSE EPRA NAREIT Europe Index Fund
NETS Tokyo Stock Exchange REIT Index Fund

NETS TA-25 Index Fund
NETS RTS Index Fund
NETS FTSE/JSE Top 40 Index Fund
NETS FTSE/ATHEX 20 Index Fund
NETS ISEQ 20 Index Fund
NETS S&P/MIB Index Fund
NETS FTSE Bursa Malaysia Index Fund 100
NETS PSI 20 Index Fund
NETS FTSE Singapore Straits Times Index Fund
NETS TSEC Taiwan 50 Index Fund
NETS DJ Wilshire 4500 Index Fund
NETS FTSE SET 30 Index Fund

単純な引用なんで、既発ETFやら、あまり日本の投資家には意味のなさそうなものもありますが、上場申請中をふくめても、一気に20個以上ゲットできます。これが円建てでくるなら、Vanguard Total World Stock ETFが来て乗り換えていても、さらにNETS Dow Jones Wilshire Global Total Market Index Fundへ乗り換えます。

そこからさらに乗り換えるかどうかは、MHB Americaの中の人が、48 Wall Street
11th Floor
New York, NY 10005

まで、てくてくと歩いていって(タクシーでも可)「ようよう、ちょっと日本の金融庁に申請してみねえ? おたくのブツ?」とやらない限りはないでしょう。すなわち、WisdomTreeが日本の金融庁へ届出を出す手伝いをするかどうか。
posted by ことばもないひと at 20:30 | 日記

韓国でもグローバル指数でETFとか拡充

韓国新聞・経済
−証券先物取引所、S&Pとグローバル指数開発へ /wowkorea.jp
http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2008/0528/10044682.html
グローバル指数が開発されれば、先物やオプション、ETF(株価指数連動型上場投資信託)などさまざまな形態の商品として国内証券市場に上場することになる。これにより国内の投資家は、海外ファンドを経なくても同取引所の指数商品に直接投資すれば海外株式を取り引きできる。また外国人投資家も、国内証券市場に上場したグローバル指数の先物やオプションを通じ、アジアなど世界市場に投資している株式に対するヘッジ取り引きが可能となる。

既存のS&P指数のウォン建て移植なのか、韓国投資家の要望に応えてカスタマイズしていくのかは分かりませんが、証券先物取引所が指数算出というのは正しい道だと思います。

とは言え、韓国投資スタイル別ETFはすでに存在しており、グローバルなものがないため、S&P Global Stock Index ex-KOREAあたりからになるのかもしれません。日本で言うならMSCIコクサイ指数を開発するのが第一歩と。
posted by ことばもないひと at 19:36 | 日記

東証 上場制度総合整備プログラム やるやる詐欺は既に死語なのです。

と、いうわけで、ポジショントークのお時間です。

2008年度上場制度整備の対応について
http://www.tse.or.jp/rules/seibi/2008program.pdf
右側の検討を継続する事項で、すでに明らかになっており、長年の懸案だった事項も列挙されています。親子上場はいつか切り込まないといけない部分です。種類株式指数も算出してペイするなら算出して、ETFなどへつなげて欲しい。

単元を100-1000株にした場合は、

呼値の単位の一部見直しの実施予定日等について
http://www.tse.or.jp/news/200805/080527_d.html
呼値を一円、さらには銭、毛単位まで拡張することが求められます。これは、株券電子化、取引所の処理能力拡大とともに行う必要があります。ほふり完了後に、銭、厘、毛単位。最悪でも1円単位にして、流動性を高める工夫が必要です。流動性という観点から言うと、一株一毛単位が理想です。

でも、一株一毛単位は、高速回線が充実している日本で、プログラムトレードする人間が多いと、サーバ処理能力のI/O部分で死ぬので無理な感じ。まあ、100株で1厘単位が現実味のあるところでしょうか。

ほふり完了とともに1銭単位呼び値がでてくると、端株と配当再投資への道が、きらりと開かれますので、ひまな人は東証に要望するしかありません。

将来的な売買単位の統一に向けた検討を継続する。

一単元100-1000株で揃える真の意図はなにか? 5とか50は導入しないの? これはもう、分かりやすく、最終的に、全部一株単位に揃えることが目的でしょう。一単元を100か1000で揃えて、銭、厘、毛の導入で、単価を10か100で割る。将来的な売買単位の統一、究極は一株単位。改革の最終地点です。

つうか、米国式になって、NYSEユーロネクストなどとの連携をしやすくするためには必須です。流動性の向上にも繋がります。

東証 : 重複上場外国銘柄の基準値段設定の取扱いについて
http://www.tse.or.jp/news/200805/080527_c.html
海外ETFを二重上場する際にも適用されるはずです。

○欧米の取引所において上場が認められている多様な商品を含めて、投資者のニーズを踏まえながら幅広い商品を提供する方向で検討を進める。
・未公開会社の買収を目的として設立される特別な事業形態の会社などの上場について検討を行う。
・その他、多様な商品の上場に向けて、上場制度はもとより、上場制度以外の諸制度についても、必要な改善を関係者に求めていくこととする。

日本の資産分布が高齢者に偏っていること、定期的な分配のニーズがあるけれど、コストが高いものが多い現状を考えると、この欧米で上場している金融商品で需要がありそうなものに、毎月分配型ETF、CEFのみならず、ロイヤリティートラストもありなのではないかと思います。

あと、指数では、高配当株指数を東証が算出して毎月分配型ETFと、再投資型ETFの導入とか。再投資はバリュー指数のみでいいのかも。高配当指数は中国、台湾で算出されていますので、遠くない未来に、いずれ話が出てくると思います。要望のメールも出したい感じ。

へんな金融商品より、日本株の高配当指数連動ETFやファンド、さらに言えば、日本株高配当指数のNHKニュースでの提供ぐらいにまでなると、株式市場へ資本を投入するひともふえるでしょう。NHKニュースで、高配当株価指数。高配当という言葉にうっとりで鴨撃ちです。
posted by ことばもないひと at 07:06 | 日記

イスラエルとポルトガルETFがNETSから

ETF Details TAV NETS TA-25 Index Fund (Israel)
The TA-25 Index is the Tel-Aviv Stock Exchange's flagship index.


ETF Details LIS NETS PSI 20® Index Fund (Portugal)

…And The NETS Keep Coming - Breaking News
と、NETSが弾を揃えています。グローバルなETFの情報は出てきていません。J-REIT ETFもまだ詳細は不明って、これは何が含まれるかは分かってます。TOPIX J-REITもののため、日本でも東証に上場、もしくは、取り扱われる可能性があります。7月以降に期待したいです。
posted by ことばもないひと at 00:15 | 日記

2008年05月27日

EDINETで投了する Vanguardのコード探索

EDINET
http://info.edinet-fsa.go.jp/
外国会社報告書 - Google Search
上場外国投資信託受益証券 - Google Search
で、いまは分からないにしても、確実なところを近日中に押さえようとおもったら、操作が分からないは、そもそも、Vanguardの提出者EDINETコードすらたどり着けずに投了しました。外部からの直リンクもできないし、マウスジェスチャーで戻れず鼻血がでるしで、SECのシステムが神々しく見えます。


Vanguard/(R)/ Total World Stock Index Fund
Vanguard Total World Stock ETF

Total World Stock ETF Shares are listed for trading on NYSE Arca, Inc.
Inception Date ETF Shares--June 17, 2008

と、NYSE arcaでした。6月17日に販売開始かどうかは謎のままです。される可能性はありますが、運用されても上場はFundから少し遅らせるとか、また変更があるかもしれません。自分で確認しただけでも、一度は変更されています。ただ、それはETFが早くなって、Fundsに合わされた変更です。やる気なのか、Vanguard。

最速かつ、TOKパターンでVanguardがやる気だと、日本でのX Dayは、6月18日深夜か、6月23か24日の深夜。NYSE arca対応の証券会社で取り扱いのあるところってな感じでしょうか。マネックスがAMEXのみの対応で、Vanguard Total World Stock ETFの金融庁への申請は勘弁してくれとするなら、まだ先ということに。

Vanguardが独自に動いたのか、マネックスが主導したのか、主導されたけど別の道を行くのか。

しかし、考えるに、PowerSharesの金融庁への申請がなければ、この展開は無かったと思います。米国ではETFで4位のPowerSharesが、日本ではQQQQがあるので3位。で、PowerSharesは種類をふやして日本で3位から、ステートストリートの2位を伺うとなったら、米国で3位のVanguardは日本組織は何をしているの? ってなことになります。米国でCEOも変わったし、日本でもトップが変わらないかにゃー。

技術で投資信託の迷路を単純に---Vanguard CIO - ZDNet Japan
Case File : バンガード・グループ
データベースを一元化し、社内、社外のWeb
インタフェースをポータルに集約 - CIO Online
http://www.ciojp.com/contents/?id=00000075;t=61
この改革の成果が出て、日本の投資家にもETFを公開してもよしとなっただけというのが正解かもしれません。なんにせよ、真相があきらかになってほしい。

そういえば、もうVIPERsというんじゃなくて、Vanguard ETFになったそうです。うーん。蝮でいいのになあ、にょろ〜ん。
posted by ことばもないひと at 23:09 | 日記

マネックスとVanguard ETFのVIPERsはどうなるの? 追加・訂正

VMaxの投資のブログ: 典型的な現象
マネックスのETF、確認求む - Investment 2030 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/w3zero7/31977322.html
金融庁に届け出がなされるかもしれないVanguardのETFの名前があがっています。すべて未確認、当方でも未確認です。が、いずれもAMEXものです。といっても、VanguardのETFは、ほとんどAMEXなんですが。

http://www.vanguard.com/jumppage/etfs/index.html
Vanguard - Exchange-Traded Funds
https://personal.vanguard.com/us/funds/etf

最近上場したMegacapはNYSEarcaです。Vanguardの今後のETFはNYSEarcaになっていくのかもしれません。VEUも、AMEXで上場していますが、NYSEarcaでも非上場取引特権(UTP)を使って取引されています。

Vanguard Global Stock Index Fund
で、これがあるとないとでは大違いの、Vanguard ALL World ETFは最初からNYSEでの上場になる予定です。

とはいえ、既発のVanguard ETFはAMEX上場です。で、マネックスは、とりあえずAMEXを扱う。そういえば、イートレもAMEXに対応するかも? この時期に、というのは、VanguardのETFのためだったのかもしれません。

Vanguardから金融庁に届け出がなされると、米国では上場して普通に取引されている金融商品なので、別にマネックスでなくても取り扱えます。Mutual Fundsとは違います。

したがって、ETF参入の花火「マネックスがVIPERsを連れてきました!」と、VanguardのETFを利用したいマネックスとしては、ぎりぎりまで金融庁への届け出を行わないよう、以前からつきあいのあるVanguardに懇願しているのかもしれません。先に申請されると、楽天証券が先行するのは火を見るよりも明らかです。NYSEarcaにも対応済みだし。

ついでにVanguardにねじ込むなら、名前の挙がっていないVEUとVWOもやってほしい。というか、なんでVWOとVEUの名前があがっていないのかが分かりません。

International/Global Stock
Vanguard European ETF Overview
Vanguard Pacific ETF Overview
確認してないのでアレですが、とりあえず米国以外ものでは、上記二つの名前が出ています。

Vanguard Emerging Markets ETF Overview
Vanguard Europe Pacific ETF Overview
Vanguard FTSE All-World ex-US ETF Overview
なんでVEAじゃないのか、新興国入りのVEUは? VGK、VPLときて、なぜVWOが外されているのか? ソースを確認できていないため、謎は深まるばかりです。

で、謎は棚上げしておいて、VanguardのVIPERsが来るなら、ETF業界の1、3、4位の動きが活発になったということです。

SPDR ETFs (Exchange Traded Funds) SSgA Funds
http://ssgafunds.com/etf/index.jsp
外資系だって、いや、外資系なればこそ、日本国内では最低でも横並びでないと機会損失から責任コンボで火付けというかファイアされちゃうので、SPDRsも国内に金ETFをゆるゆる二重上場とか余裕をぶっこいているヒマもなく、金融庁へ届け出をしてくれるかもしれません。新興国新興国小型ETFくれ。

他に、こんごの見どころは、マネックスがNYSEものを扱うかどうかでしょうか。NYSEものを扱う。マネックスの米国ETFや米国株式情報の正式公開が6月中旬以降になる。これは、Vanguard ALL World ETFの国内取り扱いフラグが立ったということやも。

逆に、6月上旬に早期情報公開でAMEXのみで決め打ちなら、Vanguard ALL World ETFは遠のいたという感じ。マネックスと関係なく、勝手にVanguardが申請して、楽天で取り扱いとなれば愉快dす。

あと、Vanguardはバリュー系ETFは米国内ものばかりのため、米国以外のバリューとっしかり名の付いたバリューETFは、さらに先の話のようです。

7月になる前にETFの空中戦開始となると、iSharesのシナリオだろう「んー、やるかどうかわかりませーん、そもそも、必要とされてますのん?」と、すっとぼけつつ、ACWIを日本市場に直接ブチ込むシナリオ(妄想度86%)が変わってくるかもしれません。

とくに、トータルストックマーケットのVTIは脅威のはずです。米国のみながら、ACWIで押さえていない小型株をおさえているのですから。

iShares Dow Jones U.S. Index Fund (IYY): Overview
http://www.ishares.com/product_info/fund/overview/IYY.htm
iShares NYSE Composite Index Fund (NYC): Overview
http://www.ishares.com/product_info/fund/overview/NYC.htm
iShares S&P 1500 Index Fund (ISI): Overview
http://www.ishares.com/product_info/fund/overview/ISI.htm

VTIの日本市場への投入は、iSharesの米国ブロードETFが、日本で活路を望めないことに繋がります。NYCは米国NYSEに上場している、本拠地が外国の企業が混じっているので、まだなんとかなるかもしれませんけど。

まあ、とりあえず、6月中旬、具体的には米国時間の6月16日まで続報が無いか、マネックスがNYSEものを取り扱うことを祈っています。

http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2003/2003win11.pdf
参考資料
日本のETF現状は、米国の2002-2003年あたりということがわかります。債券もの認可、手続き簡素化、競争激化、Vanguardの判断ミス。下げ相場でもETF市場はめげなかったというのがポイントです。Vanguardが動いたあと、ステートストリートがどうでるのか。

今後の危惧としては、いきなり、アクティブETFの認可が日本でなされることです。言葉のうえだけは上場投資信託です。まさに外道。ジャパン戦略株ETFとか。うぇぇ。
posted by ことばもないひと at 08:03 | 日記

2008年05月26日

シンガポールで大和投信のシャリフETF上場

初のイスラム法適合の日本株ETF=27日シンガポール上場−大和投信
DAIWA ASSET MANAGEMENT TO LAUNCH SINGAPORE’S
FIRST SHARIAH-COMPLIANT ETF ON SGX

FTSE Shariah Japan 100 Index Top 10 Holdings
Rank
Constituent
Index Weight (%)
1 Toyota Motor 10.59%
2 Canon 5.14%
3 Nintendo 4.50%
4 Matsushita Electric Ind 4.44%
5 Takeda Pharmaceutical 2.72%
6 Mitsui & Co 2.43%
7 Komatsu 2.36%
8 Mitsubishi Electric 2.31%
9 Nippon Steel 2.21%
10 NTT Docomo 2.08%
38.78%
ドル建てETFです。保有ではトヨタがトップ。なにもこの時期にという感じですが、天井掴ませだけは回避できた模様。なんか、日本株にしては、けっこう高配当かつバリューよりなETFという感じです。シンガポール上場でドル建てETFだと、日本のネット証券からの投資は困難になります。汎アジア債券ETFの悪夢です。

FTSEシャリア・ジャパン100インデックス
FTSEシャリア・ジャパン100インデックスは、ヤサール社のイスラム法学者がFTSEジャパンのユニバースからイスラム法シャリアへの準拠をスクリーニングした時価総額上位100銘柄で構成されています。FTSEの基準による浮動株調整および流動性スクリーニングが行われます。


WisdomTree Japan Total Dividend Fund (DXJ)
まあ、トヨタやホンダなどが保有トップにあるので景気循環に大きく影響されるでしょう。金融がほぼ無し。任天堂入り。日経225はアウトパフォームするかな。トヨタやホンダも金融銘柄の側面はあるのですが、そこらへんを細かく追求することはないようです。

アラブ圏と日本企業の円建て取引、決済が増えてくれば、日本へのシャリアETFの上場もあるかもしれません。円がある、投資先は日本株ということになれば、ドル建てでやる理由はありません。ただ、為替と流動性以外の、ほかの投資環境がダメだとシンガポールでドル建ての方がマシと判断されてしまいます。どうなることやら。
posted by ことばもないひと at 22:42 | 日記

2008年05月25日

週末に読むレポート

Hoxsin Weekly Report  拮抗する予測 5/23号
http://www.dragonfx24.com/
後半の特集で、商品相場の上昇がいつまで続くか? 大豆価格急騰にはげんなり。豆乳はどうなるのでしょうか。

モルガン・スタンレー | ジャパン・エコノミック・フォーラム
http://www.morganstanley.co.jp/securities/jef/index.html
日本経済 - 鶏急ぎ - 来たる鶏肉の時代
なぜ鶏肉であるのか? 理由は簡単である。鶏の「飼料転換率
(FCR)」は牛肉や豚肉に比べて格段に低い。鶏肉については、
大半の機関がFCRを2 以下と推計している。豚肉の推計値は概
ね4 前後である4。牛肉の推計値は7 から10 余りまでと幅広い
5。食肉1 ポンド当り飼料コストの正確な推計は、飼料におけ
る正確な穀物構成に左右されるであろう。考えられるどのよう
な場合でも、牛肉1 ポンド当りの飼料コスト上昇額は、鶏肉の
それを大きく上回るものとみられる

次は、豆腐ハンバーグの時代で、ソイレントグリーンならぬソイビーンの時代だったりして。神は大豆を振らない。

オケラな家計にオカラ。うーん。「下へ参ります」は越えられません。鶏急ぎ……ない、あり、ない、あり、あ、ありかな?

Morgan Stanley - Global Economic Forum
http://www.morganstanley.com/views/gef/index.html
とりにく……南米の時代が来るのかも。
鶏肉 輸出 - Google Search
というか、ブラジルです。南米投資だと、ILFかなあ。でも、いまからなあ。うーむ。成長の罠にいまからはまり込みに行くのもどうかと。

日本鶏肉インデックスとかできそう。世界鶏肉インデックスとか。PFEも鶏肉ワクチンで入っているとかびっくりです。
posted by ことばもないひと at 01:25 | 日記

かつてP&Gがハマった(逃げたけど)罠に、いま、アラバマ州バーミンガムが嵌る

Bloomberg.co.jp: 特集記事/コラム
アラバマ州の1郡、
JPモルガンが売ったスワップのせいで破産の恐れ

 ジェファーソン郡は58億ドルの金利スワップを購入し、JPモルガンに手数料として通常の料率の6倍に当たる1億2000万ドルを支払った。金利は予想と反対に動き、同郡の債務は2億7700万ドル増えた。このスワップ契約のおかげで同郡は、今や破産の恐れまで出てきた。

踏み倒すか、踏みつぶされるかのどちらかなら、踏み倒すを選択するのが分かりやすい解決策です。裁判して払わないは常套かつ、常に踏まれる道だったして、これから増えるだろうなあと。

この光景が一群だけのものである可能性は低いので、地方債特化ETF受難の時代がくるやも。もしくは、投資銀行が訴えられ続けるか。P&Gはもうやってないでしょうけど、他に嵌め込まれた企業もあるかもしれません。

P&G 金利スワップ - Google Search
レバ掛けてないなら大丈夫かもしれません。
posted by ことばもないひと at 00:49 | 日記

博打の寺銭は25%?

東京新聞:外為証拠金取引の課税強化 
脱税防止へ報告義務付け:経済(TOKYO Web)

 また国内から国外、国外から国内の送金について、これまでは200万円を超える場合に調書の提出を義務付けていたが、来年4月からは100万円超に対象範囲を拡大。海外の銀行口座などを使った資産隠しを防ぐ。

現物抱えて旅行して海外現地口座で入金するパターンが増えるのでやめてほしいような。ハワイと香港の銀行も難儀なことで。

【金融】外為証拠金取引(FX):課税強化、脱税防止へ報告義務付け
…07年度の売買高、4-12月だけで500兆円程度に [08/05/24]

分離課税を求める声が。やっぱり、博打扱いなら寺銭は表は25%までにして公営ギャンブルとバランスを取ったほうがいいのでしょうか。
posted by ことばもないひと at 00:29 | 日記

2008年05月24日

NETSがJ-REIT ETFを申請していることに気がつく、えー、まさかJ-REIT ETF第一弾はNETS?

NETS Tokyo Stock Exchange REIT Index Fund
つうか、これは、もしかしたら、ほんとにNETSは7月から本気だして日本市場を取りに来るのかも。

NIKKEI NET(日経ネット):
金商法改正案成立へ、市場の競争力強化へ弾み
金商法改正案はグループ内の銀行・証券・保険の役職員兼職規制を取り払い、ファイアウオール(業務隔壁)規制を緩和する内容などを盛り込んでいる。また地域再生やベンチャー企業育成を目的とする際は銀行の株式保有制限を緩めたり、イスラム金融や排出量取引への本格参入を認めたりしている。投資のプロ向け市場の創設や上場投資信託(ETF)の多様化も掲げた。


NETSが本気だすなら、6−7月に詳細が明らかになる

東証 : TOPIXシリーズの拡充について
- スタイル指数(バリュー・グロース)の導入‐
http://www.tse.or.jp/news/200802/080229_c.html
バリュー系ETFにも名乗りをあげてくるかもしれません。

東証 : TOPIXライセンス
http://www.tse.or.jp/market/topix/licence.html
国内ETFへのライセンス付与の手続きに条件が書いてありますが、海外で先行上場の実績があれば、あとも容易くなります。

NETS Dow Jones Wilshire Global Total Market Index Fund
NETS FTSE CNBC Global 300 Index Fund
この二つが、あとはどうなるか。日経も対抗してグローバル指数を算出しだすかもしれません。しないか。
posted by ことばもないひと at 13:50 | 日記

2008年05月22日

配当と名の付くETFはオバマ大領でどうなるの?

ETF Expert: Dividend ETFs:
Will They Be Crushed By An Obama Presidency?

Stock Pursuit: Festival Of Stocks: 89th Edition

American Capital - - Home
http://www.americancapital.com/index.html
ACAS: - American Capital Strategies, Ltd.
http://finance.google.com/finance?q=NASDAQ:ACAS
おお。気合いの入った配当ぶりです。でも、なんか、いけないレバ掛けていた感じのキャッシュフロー。平均へ回帰中かも。

HOG - Harley-Davidson, Inc. - Google Finance
http://finance.google.com/finance?q=hog&hl=en
HOGというと欲しくなるのです。CVYも欲しい。はぁはぁ。

まあ、それは良いとして、オバマ大統領になったら税金があがって配当と名の付くETFはどうなるんですか? しおしお? 

あまり考えたくないタイトルを提示されています。配当でない、譲渡益の方の長期キャピタルゲインも28%まで戻るかもとか、泣きの入るシナリオまで。日本からの投資だと関係無いと言うこともできません。市場が閑散になれば短期的には死を見ます。買い場と奮い立たせることができれば良いのですが、やっぱり、天に神、株に配当、世はこともなしと行きたいものです。

ヘルスケアと従来のエネルギーセクター(クリンーエネルギーとか代替エネルギーは除く)が儲かりんぐ(ヘルスケアはそうでもないような)なので、ちょっと奴らから金とったろかー。

で、そんな政策変更リスクをとっても、投資する価値のある配当系ETFという流れなんで、やったろうぜという感じの人のようです。さらに、アメリカ人の典型例として、わかりやすさの追求が、配当系ETFの推奨においてもなされています。

DEM 新興国
DWX 米国以外
DVY 米国

どう考えても、「D」揃えの頭韻を優先させただろという三つが推奨のようです。DWXには新興国が入っているので、デカップリング派でうはうはなのかもしれません。

DVYに関しては、オバマの住宅対策で住宅ローン返済きっちり、金融機関しっかりを想定しているようです。うまくいくと良い感じです。セクターローテーション的にも、そろそろ仕込み時ではあります。同じ人の別の投稿だと、ハイテク、輸送の仕込み時かもと言っているので、次に来るのはPERが高めの時こそ買い時の一般消費財、景気循環系のETFかもしれません。

商品暴騰だと、DEMのマテリアル、エナジーセクターである程度がんばれるかもという。

DVYに関しては、日本国内の金融機関でも買えるのがポイントです。

なお、冒頭に上げたACASは上場プライベートエクイティETFにけっこう含まれています。他にも、米国株式を扱っている大手証券なら、個別で購入可能かもしれません。

バークシャー・ハザウェイ株主総会 - 板倉雄一郎事務所
米国株を扱っている日本の証券会社をいくつかあるが、
BRKは取扱い対象外である。
日本人には、それほど人気のある会社ではないのだろう。

B株は、A株の200分の1の議決権を持つ。
よく読むと、A株、B株どちらの保有でも、株主総会に出席可能である。

株主総会への参加のみが目的であれば、B株を買えばよく、
たくさんのお金をつかう必要はなかったのである。

個別と言えば、スプレッドぶん取られても良いなら、大手証券だったらBRK-Bなら買えたような気もします。なお、流動性が低いため、BRK-Aは多くの機関投資家にも不人気です。ネット系だと、以前は、楽天証券になる前のDFJでBRK-Bが買えていました。買いは10株単位だったので、数百万円か。だめぽ。
posted by ことばもないひと at 21:29 | 日記

東証外国銘柄がまた一つ消えるのです

東証 : 監理銘柄(確認中)指定について
−バークレイズ・ピーエルシー
http://www.tse.or.jp/news/200805/080521_a.html
あらら、バークレイズが上場廃止ですっておくさん。まあ、取引が閑散ってレベルじゃねーぞ、ってぐらい薄かったのでしょうがありません。

Yahoo!ファイナンス - 8642.t
米国株(じゃないけど、ADRで)を扱う国内証券も増えてきているし、潮時なのかもしれません。

BCS - Barclays PLC (ADR) - Google Finance
http://finance.google.com/finance?q=NYSE:BCS


MFG: - Mizuho Financial Group Inc. (ADR)
http://finance.google.com/finance?q=NYSE:MFG
一枚$9とか、日本より買うのが楽です。

TM - Toyota Motor Corporation (ADR) - Google Finance
http://finance.google.com/finance?q=tm&hl=en
これもそうなんですけどね。
posted by ことばもないひと at 12:16 | 日記

2008年05月21日

ETFs of ETFs PowerShares Autonomicは日本に来るかもしれません

高コストだから。というと身も蓋もありませんが、手数料の二重徴収が可能、いちいち金融庁に届け出するのが面倒くせえのでまとめたヤツ売ったれや! という場合は、PoweShares Autonomic シリーズ三つは、日本への投入がなされるかもしれません。

ただ、日本個人の場合は、PoweShares Autonomicへ投資するメリットがあり、トータルコストを減らすことができるかもしれません。

InvescoPowerShares.com
- Autonomic Balanced NFA Global Asset Portfolio - PCA
Autonomic Balanced NFA Global Asset Portfolio Holdings

- Autonomic Balanced Growth NFA Global Asset Portfolio - PAO
Autonomic Balanced Growth NFA Global Asset Portfolio Holdings

- Autonomic Growth NFA Global Asset Portfolio - PTO
Autonomic Growth NFA Global Asset Portfolio Holdings
現時点では、表からはまだリンクが張られていませんが、単独ページは作成されています。しばらくすれば、表からでも行けるようになるでしょう。

Mad Money Machine reviews Jim Cramer's stock picking
performance in blog and podcast
Realized: One-Stop-Shop ETF
New PowerShares Are ETFs Of ETFs - Breaking News
本家サイトでも公開されていますが、中身に、VanguardのVIPERsやiShares、SPDRs、ETFがぽつぽつと組み込まれています。これは意外でした。RAFIものが含まれていないのもポイントでしょうか。株式はDynamicものが多いです。

一枚$15スタートも戦略的な基準価額です。日本に投入した場合は、10枚単位での取り扱いになっても、手数料込み二万円以下でトレード可能になります。まあ、10枚でトレードする人は少ないでしょうけど。できるできないで言えば、二万円以下で取引可能なわけです。

エクスペンスレシオは0.25%ですが、内部に含まれるETFの分があります。にしても、世界バランスポートフォリオを一発で構築可能なため、One-Stop-Shop ETFとして、この三つのうちどれか、あるいは組み合わせて適宜購入していくというスタイルの人も出てくるかもしれません。

しかし、サイトに掲載されているベンチマークが全部S&P500というのは、やりすぎだと思います。せめて、MSCI WORLDとなんか債券インデックスの混合ベンチマークじゃないと、なにがなんだかわからないような。
posted by ことばもないひと at 18:28 | 日記

2008年05月20日

SPDR S&P Emerging Markets Small Cap ETF - EWX AMEXでローンチ

SPDR S&P Emerging Markets Small Cap ETF - Fund Detail
http://ssgafunds.com/etf/fund/etf_detail_EWX.jsp
ETFs EWX Overview

NYSEarcaばっかり見ていたら、AMEXにS&PのエマージングスモールキャップETFがローンチしていました。エクスペンスレシオは0.65%です。25ヶ国(イスラエルは直とADRかなんかを二重に、中国と香港は別、米国、メキシコ、ケイマン諸島もカウント)、156銘柄に分散投資で予想PER、PBRとも低めと、なかなか興味をそそられるブツとあいなっております。

New SPDR Tracks Emerging Market Small Caps - Breaking News

まあ、「DGSの17に対して、EWXは25ヶ国!」は、ちょっぴりフカシ入りってことですな。ただ、EWXが採用するインデックスが押さえている銘柄数は、1600以上と多いため、資金が集まると、DGSの349銘柄よりは分散が効いてくる予想です。ただ、たぶん、中型株も結構入ってくるんじゃないかなあ。

WisdomTree Emerging Markets SmallCap Dividend Fund (DGS)
WisdomTree Emerging Markets SmallCap Dividend Index
17ヶ国250銘柄。PERは13台、PBRは1.7台。うーん、まあ、DGSの方がいかなという感じです。ゆるぎなきポジショントーク。

ただ、SPDRsは日本でも取り扱いがある可能性があります。ETFの業界1位と4位が気合いをいれてきているので、ひょっとしたら、あるいは、もしかして? と希望は持てます。

S&P新興国小型株ETF。これがローンチしたので、iSharesのMSCI新興国小型株ETFの上場も近いのかもしれません。VanguardがFTSEの小型株ものを、PowerSharesがRAFIの新興国含む小型株ものを申請するかどうかもみどころです。

Symbol Search ETF New Listings
AMEXのETFをみおとさないための自分用めも。
posted by ことばもないひと at 06:48 | 日記

ピクテ新興国インカム代替ETF

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)
ファンド情報 ピクテ投信投資顧問株式会社
http://www.pictet.co.jp/fund/42311081/
見どころは販売用資料のS&P新興国高配当株式指数のグラフです。この好き勝手な動きのグラフは、なんか見たことがある動きだなーという。

InvescoPowerShares.com
- FTSE RAFI Emerging Markets Portfolio - PXH
http://www.invescopowershares.com/pdf/P-PXH-PC-1.PDF

WisdomTree
- WisdomTree Emerging Markets High-Yielding Equity Index
バリュー系ETFのインデックスと同じ動きです。

投信ニューフェイス 「ピクテ新興国インカム株式ファンド」
- 注目の投信(第46回) - 投資信託
- QUICK MoneyLife 投資信託・株式投資の資産運用応援サイト
| 株式市況 | 株価 | マネーライフ
http://money.quick.co.jp/fund/selection/46.html
分配頻度を下げると、スプレッドや委託売買手数料がらみの余録が減るので避けたいというのは分かります。そもそも、税コストは投資負担です。運用側にダメージはありません。

PowerSharesによる、日本へのPXHの投入で、ピクテ新興国インカムのシェアを奪うことが可能な計算です。といっても、JXIと同じで、あんまりひろまらないんでしょう。残念なことです。

Lipper - - Leading Fund Intelligence
Pictet Emerging Income Equity Fund
通貨が違うため比較しにくいですが、トータルリターンは分かります。エマージングインデックスのえせインデックスファンド、高コストインデクシングファンドは多数ありますので、リターン比較も可能です。
posted by ことばもないひと at 01:10 | 日記

2008年05月19日

経営者の予想修正でサプライズ 大学サイトで論文を見る

そういえば、と、ペンシルバニア大学でもプリンストン大学でもイェール大学でも、株式市場(というか資産運用におさまらず、幅広い範囲)についての研究がなされており、それは日々公開されています。

Knowledge@Wharton
http://knowledge.wharton.upenn.edu/
とりあえず、シーゲル教授の動画と文章起こしが読めますが、やはりしんどいです。まあ、シーゲル教授の場合は、いつも同じことを言っているので楽なんですけど。

で、やはり、日本語で書かれている株式市場についての研究は無いものかと、さいきんは大学のサイトを見ています。ただで興味深いものを読ませてもらえます。

修士論文題目一覧 | 金融戦略・経営財務コース
http://www.ics.hit-u.ac.jp/jp/fs/thesis.html
古賀 寛久
「経営者の予想修正が株価に与えるインパクト
−7分で0.56%の利益機会− 」
http://www.ics.hit-u.ac.jp/jp/fs/financial_strategy_koga.pdf
問題意識
• 経営者予想が修正されれば、株価が順張りに動
くことは容易に予想される
• しかしどのようなファクターが影響を与えるかは
良く分からない
• 事前に修正イベントを予想できなくても、そのファ
クターを知っておけば、イベント後でもアブノーマ
ルリターンを得ることができるのではないか

13ページの「各ファクターの有効性」にあるファクターに、聞いたことがないようなものがあります。また、イベント前から保有しておくには、幅広い銘柄を押さえたバリューインデックスファンドが有効なんじゃないかと思います。

カバーアナリスト人数仮説NumAna 多ければ上昇しにくい
都心3区仮説TYO3 取材し易ければ反応も早い
文書量仮説(日中のみ) News 大きければ反応が遅い
コンセンサスレーティング仮説ConsRtg 期待値低ければ反応大きい

都心3区仮説と文章量仮説にはおおっと思わされます。文章量。ありなのか(w 

業績予想を用いたバリュー株効果の分析
経営者でなく、アナリストの予想でサプライズは上にまとまっています。

平成20年3月修了者論文題目
新規発行される転換価格修正条件付株式転換証券が株価に与える影響について
J-REIT の財務戦略に関する研究
株主還元策に関する実証分析
バリュー株効果とマイグレーションによる要因分解
国内株式投信にみるスタイルドリフトとパフォーマンスの関係
ティックデータを用いたマーケットインパクトに関する実証分析

読みたいです。

日本市場におけるバリュー株効果・小型株効果の研究と
ミス・プライシング修正仮説

〜アノマリーを利用したアルファの獲得と企業調査の有効性〜
検証3-2:アナリスト数×PBR
アナリスト数が少ないポートフォリオほどリターンは高い

やはり、多くのアナリストが分析対象にするような企業だと、ミスプライシングの可能性は減ってくるようです。やっぱり、できればスモールなバリューインデックスファンド欲しいなあと思います。小型株だと、アナリストも必然的に少なくなるわけで、超過収益の機会も多いと、簡単に考えてしまうわけでして。

バリューといえば、日本株を含む幅広い国に投資するバリュー系ETFの一つが簡単に入手可能になってはいます。

InvescoPowerShares.com
- FTSE RAFI Developed Markets ex-U.S. Portfolio - PXF
PXFが国内で買えるようにはなっていますが、EFVとか、できれば、積立できる投資信託で国内株式ものをと思わないではいられません。気合いさえあれば、WisdomTreeのGlobal ETF、それも小型株ものが最善とは考えますが、まだ出ていませんし、出ても、日本国内の金融機関で購入できる日は遠そうです。

と、話が逸れまくりましたが、日本の学術機関のサイトも、なんだか見逃せないなという感じです。
posted by ことばもないひと at 20:19 | 日記

2008年05月17日

Russell Global Indexes Daily Total Returnsで、うはうは妄想

グローバルインデックスを巡る動き(pdf)
ラッセルのグローバルインデックスを採用しているものは、現時点では発見できていません。年金基金が非公開のところで採用しているかもしれませんが、オープンエンド投資信託では見あたりません。

Russell Global Indexes Daily Total Returns (Russell.com)
市場平均で10年単位だとグローバル小型株しかないなという感じです。日本は足を引っ張っているようです。歴史的なリターンも低いし、平均への回帰をするだけで足を引っ張ることが可能です。エマージングだと10年でラージキャップが優勢です。これは、ちょっと分かりません。一部の大型株が、バブられている結果か浮動株数の影響かも。ラテンアメリカの強さが目立ちます。金が集まるときは、米国から一気に集まる強さでしょうか。

Russell Global Indexes Daily Total Returns (Russell.com)
バリューの部は5年までしか結果がでませんが、一応、バリューファクターを確認できます。エマージングでも顕著です。まあ、どっかベンチマークに採用されないと得られない結果です。あと、コストがあるので、ファンタジーなリターンですが、小型株効果とバリュー効果は確認できるので、うはうはできます。ああ、WisdomTreeのGlobal ETFが待ち遠しい。グローバルスモールバリューポートフォリオ。グローバルバリューポートフォリオ。いずれも新興国入り。うっとり。
posted by ことばもないひと at 20:27 | 日記

年金積立インデックスファンド海外新興国株式の総コスト(信託報酬+その他)予想

投資信託 インデックスF 海外新興国株式/マネックス証券
予想総コストは、約1.8%です。話題の貸株料とやらは計算に入っていません。ボリュームが増えて努力してくれれば約1.7%ぐらいにはなるかもしれません。最善を尽くしてくれれば、1.6%後半。貸株料は入っていません。

以下、根拠、マザーファンドは日興五大陸株式ファンドの中のエマージングものと同じのため、信託報酬以外のかかるコストも同じぐらいになると予想します。

日 興 : 日興五大陸株式ファンド
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/INDR/02311066.html
日興五大陸株式ファンド ☆ :
運用報告書|nikko am 日興アセットマネジメント
http://www.nikkoam.com/app/productsFundinfoManage.do
海外新興国株式MSCIエマージング(ヘッジなし)マザーファンドの、2006年5月17日から、2007年5月16日までと、2007年5月17日から、2007年11月16日分までの情報が掲載されています。

運用報告書pdfの46ページ(閲覧ツールだと48ページ)、56ページ(58ページ)にコストが掲載されています。

一年目は、売買高比率が2.14なのがコストを押し上げています。当初元本一万口(一万円)あたり183円です。1.83%。0.89%を足すとあら大変、2.72%です。と驚かせて、期間中の概算平均基準価額に対してのコストなら、約1.52%近辺です。0.89%を足すと2.41%です。最安の場合だと、約2.2%。ただ、これはイレギュラーな数値でしょうし、そもそも計算を間違っているかもしれません。

二期目の半年は、売買高比率は0.34です。二期目半年のコストを単純に2倍して、一万円あたり一年間に88円で0.88%、期間中平均なら、0.73%、少ない方に0.89%を足して1.62%。最安だと約1.52%。

乱高下して、個人投資家の売り買いが交錯すれば、売買高比率はあがって、まあ、やっぱり、約1.8%は見ていた方がいいかんじです。なお、採用ベンチマークに配当は入っているかどうか確認できていません。たぶん、入ってないんじゃないかなと思います。プラス要因に、株式の配当があるから。

年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
☆ : ファンドの特色|nikko am 日興アセットマネジメント
市場平均派で買えるならVWOを、買えないにしてもEEMとどっちが長期保有で得になるのか。ACWIが来ない現状では、国内金融機関のみを使う投資家には、まだまだ厳しい状況が続くようです。

7月にETFが来るかどうかお祈りしておきたい。申し訳ないですが、個人的にはいまのところ新興国への投資はWisdomTreeのDGSで終わらせていますので、すべては適当な概算です。概算が大はずれで、実はとってもローコストであり、配当込みインデックスに連動しているといいよなあと思ってます。

そうじゃなかったら、東証の斉藤社長に期待するしかありません
posted by ことばもないひと at 20:00 | 日記

Vanguard Global Stock Index Fund 運用開始日決定の模様

マネックスはVIPERsを連れてくるか? 
http://401k.sblo.jp/article/14989288.html
マネックスが6月上旬に米国株式、ETFを取り扱うようになっても、ETF市場に参入土産として、GlobalなVIPERsは連れてこられないようです。SECの申請書と仮目論見書に、Vanguard Global Stock Index Fundの運用開始日がのってました。

Vanguard Global Stock Index Fund
Inception Date June 17, 2008
個人投資家向け$3,000からも、機関投資家向けも2008年6月17日だそうです。

Inception Date ETF Shares--June 17, 2008

Vanguard Global ETFも、6月17日から。4/2の時点の申請書から情報が更新されていました。前の申請書では、ファンドが6月16日、ETFが6月24日でした。

まあ、問題は、販売開始日がいつかってことなんですけど。

運用開始して即日なら嬉しいですね。Fundの方は即日販売できるかもしれません。ETFはどうなんだろう。SEC次第か。

ただ、申請書がまた訂正されない限りは、最速で6月17日です。ワクテカで待ちたい感じ。

WisdomTreeのGlobal ETFも7月ぐらいにこないかな。

って、申請書をみると、最速で7月中旬でした。夏休みで閑散相場でボトムだといいなあ。
posted by ことばもないひと at 00:02 | 日記

2008年05月16日

マネックスはVIPERsを連れてくるか? 

最近は、SECに申請して、だいたい2ヶ月でローンチするにょろ。だから、6月初旬からマネックスが米国株式、米国ETFを取り扱うなら、VanguardのFTSE ALL WORLD ETFをひっさげて参入するようにするかどうかがポイントだと思っています。

Vanguardのall world ETFとIndex FundもSECに申請 
Vanguard Global Stock Index Fund
http://401k.sblo.jp/article/13505997.html

Vanguard - News & Media Center
https://personal.vanguard.com/us/news

Vanguard - Exchange-Traded Funds
https://personal.vanguard.com/us/funds/etf
国内上場はあきらめていますが、国内取り扱いは、まだ可能性があります。まあ、これを言うと話が終わるのですが、どうしても買いたければ米国ネット証券に口座を開けば購入可能です。ACWI、VIPERs、WisdomTreeのETFにしても。

というか、海外ETFが金融庁に届け出がないと国内で取り扱えないというのが不思議です。海外株式はいい。でも、その海外株式をあつめたETFはダメ。

在日米国大使館
http://tokyo.usembassy.gov/tj-main.html
# 2007年規制改革要望書
# 規制改革イニシアティブ第6回報告書
# 日米投資イニシアティブ報告書
在日米国大使館にメールで米国ETFの規制緩和は米国の利益につながるとメールするぐらいしか打つ手がありません。遺伝子組み換え食物よりも簡単に取り扱ってほしい。
posted by ことばもないひと at 22:26 | 日記

ETFじゃない方のRAFI Index Funds

Fundamental Index Funds
Schwab Fundamental Index Funds
いくつかは運用開始一年が経過しているので参考になります。

Schwab Fndmntl US Lg Cmpny Indx TM Inv Report (SFLVX)
ここ一年ほどは、バリューファクターがタコられているのでS&P500に負けています。

Schwab Fndmntl US SmMd Cmpny Indx TM Inv Report (SFSVX)
が、小型、中型はほんのりグロース仕上げなので、中型分で下げを減らした分もあわせて小型ブレンド平均に勝利。

なお、バリュー系ですので、下げ相場で回転率が低いのは当然です。

Schwab Fndmntl Emerg Mkts Index Inv Report (SFEMX) Snapshot
先物がわりか、裁定しているのか、EEMがポートフォリオ上位で3%以上入っています。

Schwab Fndmntl Intl Lg Cmpny Indx TM Inv Report (SFNVX)

同じく、EFAを組み入れ。これは組み入れトップでしたが、最新の位運用報告書では上位から消えています。

Schwab Fndmntl Intl S/M Comp Idx Inv Report (SFIVX)
スモール、ミッドと名が付くのにEFAを組みいれ。日本に強気、欧州に弱気です。SCZ組み入れればいいのに。

国際(米国以外)系は全般に、金があつまっていないようで運用に苦労している模様です。最低投資額が$100とか、はじめてみました。

FTSE RAFI Index Series
Research Affilates Fundamental Index: Performance
Globalポートフォリオも出してくるのではないかと思います。ETFではでないかもしれませんが。
posted by ことばもないひと at 21:32 | 日記

2008年05月14日

ふえるわかめのように増えるNETS ETFたち

NETS - Bringing foreign local markets home to you
http://www.netsetfs.com/
SNO NETS Hang Seng China Enterprises Index Fund
http://www.netsetfs.com/etf/nets.jsp?m=etf/IE-SNO&s=detail
AEX NETS AEX-index Fund (The Netherlands)
http://www.netsetfs.com/etf/nets.jsp?m=etf/IE-AEX&s=detail
BRU NETS BEL 20 Index Fund (Belgium)
http://www.netsetfs.com/etf/nets.jsp?m=etf/IE-BRU&s=detail

AUS NETS S&P/ASX 200 Index Fund (Australia)
DAX NETS DAX Index Fund (Germany)
FRC NETS CAC40 Index Fund (France)
HKG NETS Hang Seng Index Fund (Hong Kong)
ITL NETS S&P/MIB Index Fund (Italy)
JNB NETS FTSE/JSE Top 40 Index Fund (South Africa)
LDN NETS FTSE 100 Index Fund (United Kingdom)
SGT NETS FTSE Singapore Straits Times Index Fund
TYI NETS TOPIX Index Fund (Japan)

また増えていました。というか、一応、スケジュール通りのようです。個別ETFのページの目論見書に、スケジュールは記載されています。

他には、アイルランド、ポルトガルが五月末までに。マレーシア、ロシア、タイ、イスラエルが未定だけど予定あり。そんなところでしょうか。

はるか先のことを言うと、東証にばらばらと上場されても困るので、やっぱりNETS 300 ETFかGlobalが面倒がありません。というか、300銘柄ものなら、けっこう認められるのは早そうなものなんですが。

FTSE CNBC Global 300 Index Series
まあ、CNBCがえらぶって言われても、日経ものみたいになったりすると困るなあ。新興国入りで認可が送れているのか、戦略的な遅延なのか。Globalラージキャップなら、IOOか、S&P Global 1200 ETF(ないけど)が良さそうな気もします。
posted by ことばもないひと at 23:40 | 日記

なんで、PowerSharesのDynamicものが等金額(イコール・ウェイト)ものと言ってんでっていう

PowerSharesのDynamicと名の付くETFが、等金額投資って勝手に、根拠無く、天から降って湧いたように言ってまっけど、その根拠はなんでっか? インテリジェント・インデックスにしたがっているんじゃないの? 公式にそんなこと「等金額とか、イコール・ウェイト・インデックス」とか、一言も書いてないプーン。

という、お問い合わせが、あり、まし、た。たしかに、言われてみればその通りです。じゃあ、なんで、PowerSharesのDynamicと名の付くETFは等金額投資ものと言っているのかを、適当に説明。

等金額 - Google Search
等金額リバランス - 野村證券
複数の投資対象に同金額を投資し、一定期間の後に、それぞれの投資対象のパフォーマンスをふまえて、値上がりしているものを一部売却し、値下りしているものを買い増しをし、改めて等金額投資をおこなうこと。


Equal Weight index - Google Search
スタンダード&プアーズ - Indices S&P Equal Weight Index
複数の投資対象に同金額を投資しというのが一点目です。スタート時点では、保有割合は同じです。

で、リバランスの際に値上がりしたもの、すなわち、保有割りが増えたものを売り、保有割り合いが減ったものを買って、また、複数の投資対象に同金額を投資した状態に戻ります。

時価総額加重平均ポートフォリオであれば、時価総額のでかい銘柄を多く保有し、時価総額が小さい銘柄は少ししか保有しないことになります。今なら、米国株か先進国ものならXOMが時価総額がでかいのでトップに来ます。

流動性の点で、バークシャーハザウェイはインデックスから除外されていることが多いので、次はGE、HSBC、BP、P&Gとかがきます。

iシェアーズ S&P 500 インデックス・ファンド(IVV)
ドキュメント・ライブラリー iShares
http://www.ishares.co.jp/product/stocks/ivv.html
エクソンモービルの割り合いが多いことが分かります。

ということは、XOMや他の時価総額の大きい銘柄と、その他、時価総額の小さい銘柄が同じ割り合いだったり、なんか、同じようなパーセンテージで保有されていたら、それは、時価総額加重平均ではないと言えます。

じゃあ、そのポートフォリオ配分を、他になんと言えばいいのでしょうか? ダイナミックとかインテリジェント・インデックス?

InvescoPowerShares.com
- Dynamic Large Cap Value Portfolio - PWV
下位まで等金額ではありませんが、とりあえず保有上位10位まで割り合いが揃っている分かりやすい例です。株価は日々変動していますが、上位10位はみごとに3.2から3.5%です。めやすのXOMが今は10位です。他のDynamicものでも、保有銘柄数が少ないほどわかりやすくなります。

一番ふさわしいのは、やはり、変形ではあるにせよ、等金額投資ETFと思います。等金額系、等金額ものETF。なんというダイナミズム。

リターンリバーサルなETF Rydex S&P Equal Weight RSP
http://401k.sblo.jp/article/7026445.html
変形でなく、ほんとのEqual Weightものもあります。
posted by ことばもないひと at 23:12 | 日記

「フォースを信じるのじゃ」「FF金利を引き上げるのじゃ」「インフレの暗黒面」ネタ

Richard Fisher Speeches - News & Events - FRB Dallas
http://www.dallasfed.org/news/speeches/index.cfm
最近は、インフレとひたすら言い続けています。グローバリゼーションとインフレ。ペッグ制とか固定為替相場制がまずいのかも、中国とインド、とくに中国に苦言を呈しています。インフレの輸出をするなってことなんでしょうか。

格安な製品の中国から米国への輸出がもたらす製品価格の引き下げ。これはデフレ要因。ただ、めぐりめぐって、最終的には、中国の為替と金利政策の矛盾・無理がインフレを米国に持ち込むことに。

Bloomberg.co.jp: ニュース/コラム
米ダラス連銀総裁:米経済の減速は長引く可能性、インフレ高進も
U.S. FrontLine:
アメリカ・日本・世界の政治・社会・経済情報速報ニュースサイト
インフレが最大の懸念 ダラス連銀総裁
 ダラス連銀のフィッシャー総裁は13日、テキサス州ミッドランドで講演し、米景気は最終的には回復するとした上で、その際には「インフレが好ましい水準を上回る事態」が最大の懸念の1つだと述べた。ダウ・ジョーンズ通信が伝えた。

FOMCメンバーのインフレは敵と言い続けている一人です。

もう一人のインフレが敵といえば、シーゲル教授の教え子だったという、フィラデルフィア連銀のプロッサー総裁がいます。

Charles Plosser - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Charles_I._Plosser
He earned Ph.D. and M.B.A. degrees from the University of Chicago in 1976 and 1972


Biography Jeremy Siegel
Prof. Siegel taught for four years at the Graduate School of Business of the University of Chicago before joining the Wharton faculty in 1976.

シカゴ大に棲息していた時代は重なります。何を教えたのかは分かりませんが、ほんとにシーゲル教授の教え子だったのやも。実際に指導教官などであった場合は、当時、インフレが激しい時期だったため、やはり、インフレは敵であることを認識・教育していたに違い有りません。

Federal Reserve Bank of Philadelphia: Speeches
スピーチでは、インフレという単語が何度もでてきます。2006年のころからインフレインフレと言っているので、ほんとにインフレは敵のようです。金融の安定とも言っています。フィッシャー総裁と、どちらが、より、インフレが敵なのかは分かりません。

Charles I. Plosser - Google Image Search
うーむ。

金融用語辞典
http://www.findai.com/yogo/0040.htm
けっきょく、考えはまとまりませんでした。
posted by ことばもないひと at 21:36 | 日記

「EFAとPXFのリターン差……謎は解けた!」 金田(カナダ)一耕助の推理

PXFでTVK、おまっとさんの巻
- 海外豚積み投資日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/the_beach_ossan/20596444.html
PXF: Summary for PS FTSE RAFI EX US - Yahoo! Finance
この証拠に、一本の線を継ぎ足すとトリックが浮き彫りになります。

PXF Chart - Yahoo! Finance
付け足したのは、EWCでカナダETFです。同じファンダメンタルインデックスのDWMも参考に入っています。で、EFAにはカナダ入ってませんので、5%分のカナダ(資源国でここしばらく強い)があり、さらに、その5%分だけ、他の弱めの国をマイナスする分、PXFがEFAより上方に乖離していったというトリックです。たぶん。

WisdomTree DEFA Fund (DWM)
DWMはカナダでなく、下げ相場で日本少なめ、Consumer Non-cyclical多めという有利があります。

金田一耕助 - Wikipedia
もう、カナダいちとしか読めない。わけはありません。
posted by ことばもないひと at 17:57 | 日記

QQQQのインベスコ・パワーシェアーズがETF8本を国内で追加取り扱い 次の一手も予想

Invesco PowerShares インベスコ・パワーシェアーズ
http://www.invescopowershares.invesco.co.jp/
国内初、楽天証券がインベスコ・パワーシェアーズの設定・運用する
インテリジェント・インデックス連動ETF8 銘柄の取扱を開始

ダイナミックが等金額投資シリーズで、FTSE RAFIがファンダメンタルインデックスものです。インテリうんぬんはフカシっぽいです。

水は公益セクターのサブインデックスと判断しています。すなわち、同じ楽天で買うなら、PIOよりもJXIの方が水投資兼公益事業全部なのでいいかなと。水投資に関しては、クレイモアのCGWでも同じことが言えます。JXIのほうがいいやー。

クリーンは、ちょっと代替でましな投資手段がわかりません。スモール・ミッドキャップグロース多めなので苦手。

FTSE RAFI Index Series
どっちかというとバリュー系です。

ETF Browser - ETF Center - Yahoo! Finance
預かり資産総額が大きい主力はこれからのようです。まだ、ポーンを動かした段階で、陣形構築はあと数手読まないと見えてきません。QQQQを投入して、ずいぶん放置プレイが続いてきたので、ひょっとしたら、次の一手もだいぶ先になるのかもしれません。急戦派にあらず。

InvescoPowerShares.com - Home
http://www.invescopowershares.com/
で、インベスコがETFで本気、100%中の100%を出してくれば、すでに投信法で指定されているナスダック指数ETFをさくっと日本で上場してくるはずです。そっからが本番でしょう。あ、QQQQは百銘柄なので、指数指定されているものとは別だったかも。

本番前の次の手としては、米国のFTSE RAFIとダイナミック、新興国のRAFIものと予想します。じゃないと、グローバルなRAFIなりダイナミックなりのポートフォリオ組めませんので。新興国ダイナミックはないようです。

FTSE RAFI US 1000 Portfolio - PRF
バリュー銘柄が多いため、グロース相場だった、ちょっとS&P500、Russell 1000 Indexに負けています。ただ、このPRFが無いとRAFIポートフォリオが完成しませんので、この次でなくとも、いつかは投入してくるはずです。同じくRAFIのPXFはEFAに微妙に勝っているように見えますが、それはインデックスリターンのお話で、プレミアム分とコストがあるので、実リターンはとんとんという感じです。

FTSE RAFI Emerging Markets Portfolio - PXH
で、新興国RAFIもので、三つ揃えてグローバルRAFIポートフォリオの完成です。

- Emerging Markets Sovereign Debt Portfolio - PCY
iSharesのこないあいだに、新興国債券ものを投入してくるかもしれません。

この先、はやりのGlobal RAFI(新興国入り)か、Global Dynamicを蘇組成・投入してもらえれば、投資側は売買手数料を減らすことが可能になります。

Exchange-Traded Fund Winners And Losers - Forbes.com
海外籍投信 投資信託ニュース ヘッジファンドクルーク
-HEDGE FUND KLUG-
フォーブスETFランキング
パワーシェアーズ、ETF関連で2つの賞を獲得
PowerShares Dynamic Large Cap Value ETF(PWV)
PowerShares Dynamic Mid-Cap Growth(PWJ)
PowerShares International Dividend Achievers (PID)
PowerShares S&P 500 BuyWrite Portfolio (PBP)
賞を取ったETFやバイライトETFは、第三手目ぐらいでしょうか。個人的には、牽制しながら戦力の逐次投入よりも、主砲を真っ先に打ち込んだ方がいいと思います。iSharesにEFVなどのバリュー系ETFを投入される前に。エクスペンスレシオ見られたら負けますので。

iShares Russell 3000 Value Index Fund (IWW): Overview

iShares Morningstar Large Value Index Fund (JKF): Overview

iShares MSCI EAFE Value Index Fund (EFV): Overview
うーん、エマージングバリュー系は無いものかと。あと、VanguardのVipersが無いと、現状、MSCI揃えできねえ。
posted by ことばもないひと at 16:55 | 日記

2008年05月13日

NETS ETFもじわじわ増えてきそうです。

NETS - Bringing foreign local markets home to you
http://www.netsetfs.com/
立ち上がりで苦戦中ながらも、個別ETFの準備が着々と進んでいます。

NETS S&P/MIB Index Fund (Italy)
NETS FTSE/JSE Top 40 Index Fund (South Africa)
NETS FTSE Singapore Straits Times Index Fund
イタリア、南アフリカ、シンガポールETFもデータが公開されるようになりました。ただ、いずれも既存の国別ETFが存在するため、あんまりぱっとしない予想です。既発の6本も商いは閑散としています。TOPIX ETFは、そう悪くないはずなんですが、WisdomTreeのTotalものの方がいいしなー、という感じです。

NETS Dow Jones Wilshire Global Total Market Index Fund
やはり、これか、Global 300 ETFが出てからが勝負のようです。SECも罪なことをします。含まれている国が多い、時価総額的にも押さえている範囲が広いので、審査に時間が掛かるというのは仕方がないことなんですが。むごい。

個別ETFのprospectusesに、いちおうの上場予定日が書かれています。他のものについても情報が出ていますが、Globalものについてはまだ明らかにされていません。
posted by ことばもないひと at 02:56 | 日記

ベン・スタインは意見を変えず

不景気は有りえない!? December 25, 2007
http://www.breakscan.com/usmw/archives/2007/1225.php
Recessions Are in the Eye of the Beholder
by Ben Stein

半年ぐらいたって、今だなと言っています。コメント欄は荒れ気味です。

ベン・スタイン マーケットタイミング - Google Search
読んでないのであれですけど、マーケットタイミングについて語っていますが、まともな本のようです。けっこう読みたいんですが、情報が古くなっていたらとかびびるのです。でも、意見が変わらないタイプの著者だと、いつ買ってもいいとか思い始めています。マーケットタイミングで売りはしないのですが、ナンピン買いの時機を見極める参考になると思っています。

ETF Overview Claymore Securities
The Claymore/Zacks Sector Rotation ETF
The Zacks Sector Rotation Index的にも買い場といえば買い場のようです。セクターローテーション的には、マテリアルの組入がよく分かりません。高PERハイテクと金融はわかります。

テンプレート 
#6-Light Blue フリー素材とテンプレートのWEB MAGIC
http://homepage1.nifty.com/urai/kabu/04_05_jim.html
生活必需品個別銘柄の組入が多いので悩みます。XROを増やしても、理解できない組み入れもあるので、どうしたものやら。
posted by ことばもないひと at 02:39 | 日記

2008年05月12日

Wealth, War and WisdomTree Traxis Partnersのポートフォリオ

Traxis Partners
http://www.traxispartners.com/
Stockpickr! Traxis Partners LLC - Barton Biggs Portfolio
株式、ETFについては、ある程度セクターローテーションを実行しているようです。本人がポートフォリオ情報を更新していない場合は、Traxis Partnersの投資家が2週間おきに見ることが出来るメールマガジンからかなんかで、ポートフォリオの情報をアップデートしているのかどうかはさだかではありません。

amazonを見ると、The Future Of Investingにも推薦文を書いていました。

しかし、同業だったスタインハルトのWisdomTreeが、シーゲル教授を戦略アドバイザーに据えて、ETFで資産運用の競合になってくるとは思ってもいなかったことでしょう。ヘッジファンドは引退、立ち上げた会社は破綻寸前のスタインハルト、ヘッジホッグやまぐれで出てきた例だと、ほぼ消滅確定、復活する可能性は極めて低かったはずです。

が、今や、Wisdomtreeはグローバル小型バリュー系ETFを出そうとする始末。黒い白鳥ですか。
posted by ことばもないひと at 17:11 | 日記

グロース派って? WisdomTreeの米国グロースETFはどんな感じになるのか

WisdomTreeが実態はどうなのかは分かりませんが、グロースと名の付くETFを準備中のため、はたしてグロース派、成長株ってなんですか? という問いを自らに向けることに、なり、まし、た。

世界の投資家で、成長株で名を馳せたといえば、
T. Rowe Price - Google Search
そのままの会社名がある人と、キャピタル・ガーディアンのボブ・バーカーという人らしいです。

面倒なので、ソースのヘッジホッグから、そのまま引っ張ります。

20080512_001.jpg
20080512_002.jpg
20080512_003.jpg
20080512_004.jpg

Bloomberg.com: News
元モルガンSのビッグス氏:金持ちはこの3つの教訓を守れ
ヘッジホッグの著者は、バートン・ビッグスという齢70を越えてなお、ヘッジファンド運営を続けている本物の運用者です。ヘッジファンド名は、トラクシス・パートナーズです。

トラクシス・パートナーズ - Google Search

別の話題になりますが、上記のコラムように、黒い白鳥にも注意を払っています。だから、70歳を越えて現役なわけです。まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのかの推薦文も書いています。株式投資の未来は無視した模様。

ヘッジホッグから引用した部分のあとに、何でもあり派のことが書かれています。安い物を買った方がうまくいくことが多かったのでバリュー寄りだそうです。個人がIRAなどの非課税口座を使って買うなら、Vanguard Small-Cap Value Index Fund (VISVX)を安い時にと語っています。

で、グロース派なんですが、うまくいけば大儲けだけど、それはかなり難しいことが分かります。グロース株がグロース株と認識されているころには、PERも高いことになっている。そして、コケた時は悲惨なことになると。

Vanguard - Fund Holdings
Vanguard Growth Index Fund Investor Shares (VIGRX)

Microsoft Corp.
International Business Machines Corp.
Cisco Systems, Inc.
Wal-Mart Stores, Inc.
Apple Inc.
Intel Corp.
Hewlett-Packard Co.
PepsiCo, Inc.
The Procter & Gamble Co.
Schlumberger Ltd.

Vanguardのグロースインデックスファンドの保有上位ですが、たしかに、みんなが知っている、持っていると自慢できそうな銘柄がならんでいます。Schlumbergerは油関連のグロース銘柄として有名です。バリューインデックスファンドに多くぶちこまれている、サブプライム銘柄とは違うのです。

ただ、コケると投資側に被害が大きいのもグロースです。グロースのおおごけを回避する手段を考えましたが、まだ収益の面でコケてなくても、ラージグロースになったら切るというぐらいしか思い浮かびませんでした。グロース投資は、ミッドキャップまで。これは、CGWをポートフォリオから切り飛ばして個人的には実践し損も回避できました。

WisdomTree - WisdomTree Earnings Index
Vanguard Large Cap ETF Report VV Portfolio
WisdomTreeの米国グロースETFは、たぶんVVとあんまり変わらない銘柄で、割り合いだけが違うようになるんじゃないかと思います。えー、結局は、なにもわからないままです。
posted by ことばもないひと at 16:41 | 日記

アブラカタブラ アブダビ証券取引所で日本株ETF、シャリア系でってぃう

アブダビ証取、日本株のETF取引を年内開始
 【ドバイ=加賀谷和樹】アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ証券取引所は11日、日本企業株と台湾企業株それぞれの上場投資信託(ETF)の取引を年内に始めると表明した。割安感が強まる日本株にはペルシャ湾岸諸国の投資家が関心を高めており、日本株取引を容易にすることでアブダビ市場への投資資金を増やす狙いだ。パキスタン、米英の企業株ETF上場も検討する。

ドルインデックス下落フラグがまた一本たちました。アラブの株ETFを東証上場しますもお約束の展開ですが、ここで見るべきは、台湾企業株ETFの方です。日本でも台湾株ETFは上場される予定ですが、それに高配当ものが加わるかどうか。ムスリムに配当がオケーかどうかは、厳密にはダメのようですが、利子は駄目だけど利潤は良い、配当は利潤として認めるのかみとめないのか。

http://www.p-shares.com/english/eindexlist6.asp
具体的には、FTSEのTSEC台湾高配当インデックスETFで、台湾バリュー系ETF投資がアブダビと日本(東証)でもさくっとできるかどうかが、アブダビは現時点ではどうでもいいから、詳しく追求してほしい。あと、東証が東証バリューだけでなく、海外で分かりやすい、東証高配当インデックスを算出しだすかどうかとか。

アブダビ証券取引所 - Google Search
ちゅーか、前から話があってはいるのですが、ちまちまとしか進展していません。日本での上場は7月以降としても、相互上場はどうなるんでしょう。

Abu Dhabi Securities Exchange - Home
http://www.adx.ae/English/Pages/default.aspx
http://www.adx.ae/English/Securities/Pages/Funds.aspx
いまのところETFは一本もありません。国個別のETFを上場というあたりが、なっとらんというか、嵌め込まれているなあという感じ。シャリアACWIとかの方がいいと気がつくまでに、先進国の証券やら投資銀行がいくらオイルマネーをつかみ取りできるかが勝負です。通常のオープエンド型投資信託も数がないようです。ジャングルにようこそ。いや、砂漠か。

ArabianBusiness.com
http://www.arabianbusiness.com/

Business Feed Article Business
http://www.guardian.co.uk/business/feedarticle/7511366
"We are in advanced talks with companies in Japan, Taiwan and Pakistan to list ETFs here," he said without giving details.

パキスタンも絡んでいるようです。パキスタンETF。って、イランETFの方が儲かりそう。
posted by ことばもないひと at 12:15 | 日記

2008年05月11日

日本株式のバリュー・インデックスは何がいい?

「投資信託及び投資法人に関する法律施行令の一部を
改正する政令(案)」等の公表について

「ETNをETFと呼称させるのはやめてくれろ」というようなパブコメを送りました。で、ETFがなんでもこいになると、バリュー系ETFも出てくるのではないかと期待できます。でも、最低投資額が高そうなので、一万円から積み立てできる、バリュー・インデックスファンドもあいかわらず欲しいのでくれろとも思います。

で、バリュー系ETFやインデックスファンドが出来るとして、どのバリュー指標がいいですのん?

MSCI Barra  MSCI コクナイ・シリーズ
一押しは、MSCI コクナイです。なぜかというと、提供から日が浅く、MSCIコクサイと比べてマイナーで、「どっかのファンドでベンチマークかインデックス指標に採用してくれねーかなー、ETFでもかんげい、いまなら特別サービス、36回分割まで金利手数料はMSCI負担」とか、なかの人が考えているにちがいないからです。

ラージバリュー(時価総額がでかいとこ、すなわち流動性が高くて日本株式でもっとも買いやすい200株から選ぶ)か、プライムバリュー(でかいところ600株から選ぶ)だと、ファンドを組む際にも手間が少なく、リターンも中小型バリューよりは劣りますが、市場平均を10年で3.4%以上アウトパフォームしています。

小型バリューだと5%以上ですが、実際に小型バリューインデックスファンドがあった場合は、インデックスファンドが買い上げる分だけ厳しいことになっていたと思います。大型バリューの場合は、その心配は薄れます。当たり前ながら、ボラも大型バリューの方が小さいです。いか、ほかの指数。

Russell/Nomura 日本株インデックス
- 野村證券金融工学研究センター
http://qr.nomura.co.jp/jp/frcnri/index.html
トータルバリューとラージバリューは、ベンチマークや参考指標にに採用している投資信託があります。気合いの投資信託と言えるでしょう。

日興バーラ・スタイルインデックス
http://www.nikko-fi.co.jp/Nindex/style/index.html

大和日本株インデックス(DSI)について
http://www.dir.co.jp/dsi2/about/j100about.html
大和の投資信託だと、最近設定されたバリュー、割安と名の付くものでもTOPIX(配当込み)がベンチマークや参考指標だったりして、気合いを入れて欲しいところです。

FTSE Japan Index
いずれも3年以上ではバリューがよゆうの勝利です。

で、お約束のWisdomTree。
WisdomTree Japan Dividend Index
WisdomTree Japan High-Yielding Equity Index
WisdomTree Japan High-Yielding Equity Indexだと鉄とパチと証券銘柄効果で、10年の複利リターンが10%とかありえない数値になっていることに気がつきます。MSCI Japan Value Indexに余裕の勝利とか、まあ、実際だとどうかなという感じ。でも、実際の運用開始1年は、しっかり勝ってるんだよなあ。
posted by ことばもないひと at 20:42 | 日記

Total Net Assets ACWI≒ACWX

iShares MSCI ACWI Index Fund (ACWI): Overview
Total Net Assets (000) $21,091

iShares MSCI ACWI ex US Index Fund (ACWX): Overview
Total Net Assets (000) $21,617

設定は同じ日で、当初はACWXが2倍の預かり資産でしたが、今はACWIと並んでいます。ACWIが爆増したのではなくて、ACWXが半分ぐらいになっています。iSharesも読み違えたということでしょうか。というか、日本でもはやく金融庁に届け出て活発にしてほすい。

「厳しい、やらない、やれない」と油断させておいて、7月以降に日本に直接上場を狙っているのかもしれません。って、NETSのグローバルものも日本に同時期に直接上場なら、NETSものの方が有利かなという感じです。そんな光景が、あるといいなあ。
posted by ことばもないひと at 19:29 | 日記

ALAMCO ハリス グローバル バリュー株ファンド2007(適格機関投資家専用)とほぼ同じで、低コストのファンド

Oakmark Global I OAKGX
Front Load % Deferred Load %
None None
Expense Ratio 1.18%

Oakmark Global I Report (OAKGX) Portfolio
ポートフォリオには、日本株式のバリュー銘柄まで入って、エクスペンスレシオは1.18%、ノーロードと大変おもとめやすくなっております。米国では、適格機関投資家でなくとも、どなたでも$1,000から購入可能とあいなっております。

The Oakmark Funds
http://www.oakmark.com/
Harris Associates
http://www.oakmark.com/halp.asp
なお、Oakmarkのファンドは、ナイスな投資対象が見つからない時は、closedされます。いま金をつっこまれても、割高を掴むだけと判断した場合は、新規資金を受け付けないというようになっているサービス付きです。

ALAMCO ハリス グローバル バリュー株ファンド2007(適格機関投資家専用)でも、同じサービスがあれば嬉しいですね。

ラッセル・インベストメント
ラッセル 外国株式ファンド T (Russell.com)
http://www.russell.com/jpin/Fund_Lineup/ie_fund.asp
バリュー部分がハリス担当になってました。
posted by ことばもないひと at 19:10 | 日記

時をかけるカツマーの株式投資ぺしぺし講座

カツマー - Google Search

日経マネー DIGITAL : コラムスクエア 
勝間和代 あなたが株式投資で間違う理由
http://nikkeimoney.jp/column/katsuma/index.html
現時点で地球上・生き急ぐ生物ランキング上位に入るであろうカツマーの株式投資講座がタダで読めるようになっています。日経マネー本誌と連動企画のようです。西原理恵子がカツマーイラストを描く日も近づいている気がします。

今回は、分類するとグロース系投資で陥る罠の一個について、したらあかんえー、ぺしぺしと個人投資家にムチを入れています。いや、カツマーなので「喝入れ」の方が、より適切かもしれません。

題材は話題の銘柄でDeNAです。ダータで読ませてくれるなら読まない理由はありません。決算書の謎はおすすめです。パンローリングのマンガ 決算書でわかる株式投資入門ぐらいおすすめ。

で、カツマーは、日本でバリュー・インデックス・ファンドを作ってくれるかもという期待値がもっとも高いうちの一人でもあります。

いったん作るとあとは楽、現状で競合が皆無、この先も競合はでてこなさそう、「そんなんうまい話があるんだったらファンド作ってくれ」という声にも応えられる、しかも、ファンドを作れば自らメディアや著作で宣伝でき、金が集まるとあとは寺銭うはうは、インデックスなので1兆円集めても運用手法がかわりません、損が出てもインデックスのせいにできて大丈夫ということに生き急いでもらえれば、みんなが儲かります。うはうは。

*VanguardのVIVAXだと約3兆円集めています。

しかし、カツマーという呼称はうっかり広まったなあ、と、元凶が無責任に言ってみる次第です。はてなアンテナって怖い。
posted by ことばもないひと at 18:18 | 日記

Global ETF化はREITまで波及

Cohen & Steers Global Realty Majors ETF
http://www.alpsetfs.com/
Global REIT ETFがローンチしています。当面のエクスペンスレシオは0.55%のようです。REIT内部でもコストがありますので、低く抑えるのが本当だと思います。時価総額加重平均の前の取捨選択の目利きにフィーを取るという感じでしょうか。

SPDR DJ Wilshire International Real Estate (RWX),
DWXRSN Fund Detail | SSgA Funds - Fund Detail
http://ssgafunds.com/etf/fund/etf_detail_RWX.jsp
RWXが0.60%なのが、エクスペンスレシオ高めの原因かもしれません。

Cohen & Steers Global Realty Majors ETF Holdings
http://www.alpsetfs.com/GRI-holdings.asp
保有銘柄を見ると、REITだけでなく、不動産屋でオリジネーターも入っています。新興国分もあるので、分散は通常の先進国REITファンドよりも効いています。そこはメリットです。

GRI: COHEN & STEERS ETF - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=GRI

ETFの戦いもメジャーなところは出尽くしてきていますので、これからも、需要が見込めるGlobal、世界全部での戦いが広がってくるでしょう。小型株はWisdomTreeが名乗りを上げています。

他には、NETSのGlobal ETFが出たら「当社のGlobal ETFには小型株も入っています」と宣伝するのは火を見るよりも明らかですので、iSharesが、MSCI WORLD Small ETFを出してくるのも、反撃の定跡として期待できます。WisdomTreeの釣り玉にひっかかって、MSCI WORLD VALUE ETFが出てくればナイスです。

VanguardはETFに関しては動きが遅いようなので、FTSE WORLD Small ETFが早い内に出てくるかどうかは分かりません。
posted by ことばもないひと at 16:02 | 日記

2008年05月09日

「投資信託及び投資法人に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」等の公表について

「投資信託及び投資法人に関…:金融庁
#(1)ETF(上場投資信託)の多様化
@上場株式以外を投資対象とする現物拠出型ETFの導入
上場株式に限定している現物拠出型ETFの投資対象を上場有価証券等に拡大。

A現物拠出型ETFの連動対象となる指数についての個別指定を廃止
o 多様な指標を対象とした現物拠出型ETFをより迅速かつ柔軟に組成できるようにするため、告示による対象指数の個別指定を廃止し、指標一般を連動の対象に拡大。

o 但し、不適正な指標を利用したETFが組成されること等がないよう、その対象とすることのできる指標等に所要の要件を設けることとする。

(注)現物拠出型ETFの連動対象となる指数を指定する告示は廃止。

日本でETFの本番開始まで、あと少しですが、ETNのETF称だけは避けたい感じです。ETNのETF称は、NAVとの乖離がCEF並に許容されている現状も追認することになります。

規制の事前評価書(要旨)
左記と同様に告示指定を行う費用が削減されるが、恣意性の強い指標に連動したETFや指標の動きと大幅に乖離した市場価格となりうるETFが組成されるおそれがあり、このようなETFが組成された場合には、所要の行政上の対応を行う費用が生じる。

指標連動型ETFについて、連動対象とする指標に市場価格が適切に連動しないこと等が生じるおそれがあり、このようなETFが取引される場合には、ETF市場全体の信頼性が損なわれ、結果的に利用者利便が減殺されると考える。

もー、既にNAVと乖離が実行されているのが愉快痛快かいぶつさん。空売り規制の適用除外の範囲の整理で、少しはマシになるかもしれませんが、外部金融機関の裁定を約束させるなどの方策も必要で、できないならETNかCEFと名乗らせる等もパブコメしても手遅れだけど、意見を寄せるだけは寄せたい所存です。

個別に回答しないのがミソで、意見を寄せれば、適当にまとめて文章化して記録に残してもらえると、前向きに受け止めて、本格的な日本のETF市場の発展にむけて、蝶の羽ばたきという感じで意見を寄せたいです。遠く未来で台風になるように。
posted by ことばもないひと at 23:52 | 日記

赤旗とETF これから日本でETNをETFと称する問題が広がれば、赤旗に頼れる?

“再発防止策、今月中”/インサイダー取引 
佐々木議員質問に参考人が回答

 同改定案は、課徴金水準の引き上げなど「市場ルール」を構築する一方で、(1)専門知識を持ったプロ投資者に限定した取引市場の創設(2)ETF(上場投資信託)など金融商品の多様化(3)証券会社・銀行・保険会社間の役職の兼職規制の撤廃など、政府のいう「貯蓄から投資へ」の流れに沿って規制緩和するものです。

赤旗でETFについて言及があるとはびっくりです。で、ETFは良いのですが、日本ではリンク債風のものでも、ファンドでラップして上場させてしまえば、ETFと称する風習があります。米国でならSECが許しませんが、日本ではオケーです。

これが何を招くのかというと、海外金融機関のETN発行ブームにのって、それが日本で上場されてETF扱いされるという悪夢です。いま、海外ではETN市場が広がりを見せているのです。

いきなり、最悪の話をすると、かつての豊田商事発行、金価格連動ファミリー契約証券だって、ファンドで包んで上場してしまえば日本では金ETFと称することが許されます。ほんとは、現行法下だと、あと一手間要りますけど、できちゃうわけです。

There's Only ONE Thing Wrong With ETNs - BLOG IU.COM
Not Just One Lonely Voice - BLOG IU.COM
米国で、ETNの増加に対する懸念が、うっすらと広がっています。でかい機関なら、ETNの発行はわけがありません。ETFよりも楽です。株式を実際に売ったり買ったりする手間無し、さらに、手数料を吹っかけることが許されているのが現状です。メリットについても、本当かどうかが話題になっています。そして、最大のデメリットについても。

今、日本では、「それはETNだろ!」というのは、金とQIIがある中国A株ものだけですが、今後、ETFが立ち後れている日本市場に、ETFまがいのETNが、ETFと称して広がる可能性は十分に存在します。裁定できずにプレミアムとか、売りが殺到してディスカウント、現在のETFには表だっては存在しない、販売会社の取り分すら用意されるかもしれません。

Osaka Securities Exchange Top Page:::大阪証券取引所:::
http://www.ose.or.jp/rules/pc/080219b.html
題記に対するパブリック・コメントの募集を行いましたが,本要綱を変更すべき意見は,寄せられませんでした。したがいまして,本要綱につきましては,原案どおりとさせていただきます。

「本要綱を変更すべき意見」ではない、「外国でETNと呼ばれているものをETFと称するのはやめてくらはい」というパブリックコメントを送りましたが、叙述トリックで躱されました。

ETNCenter.com
http://www.etncenter.com/
この先、外資系金融機関が、「あ、日本だったらETNをETFって言って、即上場できるじゃん! エクスペンスレシオ1.25%〜〜〜」という盲点を突いて、どかどかと上場させてくるようなことがあれば、赤旗に投書するという手も有効かもしれません。そんな状況にならないことを願っています。
posted by ことばもないひと at 22:48 | 日記

WisdomTreeでグローススタイル? は、やはり米国投資家も気になっていたようです。

WisdomTree Goes For Growth - Features
From their, WisdomTree applies its weighting methodologies. Curiously, the U.S. fund will be weighted by earnings, while the international fund will be dividend weighted.

やはり、ここがキモの模様。米国内だとearningsから選出で、米国以外だとdividend weightedから選出です。インドはearningsものなので、ちょっとよく分かりません。タイプ間違いでSECに申請ってわけじゃなかったようです。(ありえません

ただ、インドがそうだったかどうかは分かりませんが、バリューファクターが3-5年のスパンだと有効でない(なかった)国は存在します。

Bloomberg.com: Investment Tools
http://www.bloomberg.com/apps/data?pid=symsearch
MSCI分類ですが、台湾の3-5年(現時点では追いつかれて交差中)や、浮動株の都合か、市場平均がバリュー、グロースをぶっちぎっているブラジルとか。

四半期単位で物事を判断する場合だと、グロースの品揃えは、名前だけでもいるということになったのかもしれません。乗り換え用にも。バイ&ホールドの道険し。これは投資側の責任やも。

ま、個人的には、Global Smallも用意してくれているので、かまやあしません。バイ&フォーエバー(要DRIP)です。

Vanguard Small-Cap Value Index Fund Overview
DRIPが無いと米国小型割安はこれかなあとも思い出して、背信の徒になるかも。というのも、DRIPの実コストが、あとちょっと(いや、ほんとはかなり)資産が増えないと分からないのです。Firstradeだと、普通の1トレードの手数料は約$7です。DRIPに掛かる総コストが$7を上回っていた場合は、米国小型株をETFでやるよりはVISVXにしたい。小型株を個別で入れるのはしません。スプレッドで厳しいし。
posted by ことばもないひと at 21:58 | 日記

米国でのFunds Of ETFsは既にだいぶ先まで行っていました、コストの方も

Funds Of ETFs Try To Bridge The Gap
: Financial News - Yahoo! Finance

Sticking strictly to mutuals doesn't mean you would miss out on ETF exposure. Many regular mutual funds include ETF investments. Mutual funds hold almost $15 billion in ETFs, according to fund tracker Morningstar. Some 170 funds have at least 5% of their assets in ETFs.

投資信託によるETFへの投資は、すでに一兆五千億円を突破しているそうです。ブラフレもその一つ。

Stockpickr! Your Source for Stock Ideas
http://www.stockpickr.com/symbol/
プロによるETFの組む込みは、上記サイトで、気になるETFのティッカーを「GET QUOTE」窓に打ち込むと、下部のPortfolio Name User Typeに、嘘か誠か、ポートフォリオ名とユーザーの属性がでてきます。Proとあれば機関のポートフォリオです。EFA、GLD、EEM、EWJあたりが人気で、VanguardのETFはヒットしません。裁定している立場でのポートフォリオなのかもしれません。

Funds Of ETFsの記事に上げられているMutual Fundsを米国モーニングスターで見ると、保有コストが高いことが分かります。ETFの管理と、アセットアロケーション分でコストを正当化している模様。

Aston Funds Aston/Smart Allocation ETF Fund - N Class (ASENX)
Aston/Smart Allocation ETF N Report (ASENX) Snapshot
Aston/Smart Allocation ETF N Report (ASENX) Portfolio
立ち上げ間もなく、やる気が伺えますが、コストの高さは否めません。アセット分配には勝てる気配があります。Vanguard Telecom Service ETFをホールド、新規でiShares Russell 2000 Value Indexとか、鬼手を打ってきています。バリュー相場に転じると判断しているのは、ミートゥーざます。FF金利上げに賭け。

それと、SHYが機関投資家のキャッシュポジション代わりに利用されている証拠がまた一つ。通常、キャッシュポジションは許されませんが、債券ポジでーす、と言い張っているのかもしれません。SHYは極めて流動性が高いのもポイントです。が、預かり資産総額は三百万ドルと低迷でしょんぼり。まあ、コスト高いっすから。がんばれ。

AdvisorOne Amerigo N Report (CLSAX) Snapshot
AdvisorOne Amerigo N Report (CLSAX) Portfolio
これをラージブレンドに分類するのは問題大蟻食です。エマージング入れすぎ。が、国際分散投資が実践できていたのは事実です。十年前から運用しているのも凄い。

Seligman TargETFund Core A Report (SHVAX) Snapshot
Seligman TargETFund Core A Report (SHVAX) Portfolio
ターゲットイヤーが迫っています。フロントが高い模様。少ないETFで分散効果を狙っています。

SmartGrowth ETF Lipper
SmartGrowth ETF Lipper Optimal Conservative Index Fund
SmartGrowth ETF Lipper Optimal Moderate Index Fund
SmartGrowth ETF Lipper Optimal Growth Index Fund

ポートフォリオを見た瞬間に、これは、下手すると、ブラフレもやられるなと思いました。ブラックロックジャパンが小冊子から消した一本の線、リッパーのグローバルアセットアロケーションポートフォリオものが現実に存在したわけです。しかも、インデックスファンドです。 CurrencyShares Japanese Yen TrustやULTRASHRT S&P500 PROSHAREも所有しており、ロングショート戦略も実行していくようです。(ほんとにインデックスあるの?)

Investors also shell out 2.27% of assets a year in expenses, including the underlying ETF fees.

ああ、でも、やっぱだめかも。

Nationwide Funds
- Nationwide Optimal Allocations Fund: Moderate

yahooでは紹介されていませんでしたが、ETFと自前のMutual Fundsを利用して運用がなされているFOなんでもあり。これもコストは低くありません。混合ベンチマークは、S&P 500が40%、LB U.S. Agg. Indexが40%、MSCI EAFE Indexが20%です。

Lipper :: Leading Fund Intelligence
Lipper Optimal Target Risk Indices
まー、パッシブ運用だと、高コストを正当化できないので、運用側としてはやむを得ないのかもしれません。投資側からするとそれじゃ困るわけですが。

Vanguard - Funds by Asset Class - Prices and performance
ロングショート戦略はないけれど、BalancedとLife-Cycleが外れが無いようです。Managed Payoutはマーケットニュートラルものにも投資するようです。やっぱり、目に見えるコストを削るところからはじめたい。
posted by ことばもないひと at 20:11 | 日記

未来のファンドマネージャー揺籃の地やも

早稲田大学大学院 ファイナンス研究科 ビジネス講座
http://www.waseda.jp/wnfs/seminar/seminar2_04.html
投信・投資顧問会社を中心としたアセットマネジメントビジネスの実務全般をテーマにした講座です。資産運用業界からは実績ある研修プログラムとして、関連業界からは貴重な実務知識習得の場として、常に高い評価を得ています。

テーマごとに業界トップクラスの実務経験者が講師を担当することで、各種専門業務のスキルアップを図る実践的なカリキュラムを実現。さらに、年4回(春・夏・秋・冬)の定期開講を通じて、スケジュールに沿った計画的な受講が可能です。

「ファンドマネジメント講座」 2008年 夏季日程カリキュラム
ファンドマネジメント講座 講義内容サマリー
けっこう厳しい内容のようです。

来るべきETFブーム用にインデックス運用の講座が多いかと思ったら、そうでもありませんでした。ETFのユニット組んだりバラして裁定したりも講義名には無しなので、やはり、アクティブ運用のための講座がメインのようです。

資産別ベンチマークの動向 〜 何故、外国株式アクティブ運用はベンチマークに勝てないのか?
FM業務 〜 意外に多い周辺業務
FMが陥り易い罠 〜 受託資産規模の拡大 ⇒ 組織の拡大 ⇒ パフォーマンス悪化 ⇒ 負のスパイラルへ

外国株式アクティブ運用に限らず、国内でも割安やバリューと名の付いた投資信託が、TOPIXインデックス(配当込み)にちょっと勝つぐらいで、バリューインデックスには負けという現状があります。FMの罠は聞いてみたい。

米国での運用でEFAに負ける問題は、1〜3年刻みで成績を見られて、投資スタイルスタイルがあっていないと首を切られる。下落相場時にキャッシュポジションを多めに持っていると、為替の影響がプラスして、相場反転時に置いて行かれるということが、ヘッジホッグに書かれていました。
posted by ことばもないひと at 18:01 | 日記

シーゲル教授、インフレと金利と為替を語る

Should We Worry About the Plunging Dollar?
「強いドルって、ドルが強くなることを何もしとらんじゃろ!」
コメント欄が沸騰すると、いったんトップからリンクが見られなくなるようですが、投稿は5月2日でした。で、インフレ(シーゲル教授最大の敵)と為替(ドル安心配)と景気(悪くなってる)を語っています。

シーゲル教授ご本人は、おそらくペン大の終身教授権をお持ちで、なんか、最近、WisdomTreeで通貨ETFを出す予定というポジションを見極める必要があるかもしれません。

インフレ抑制と景気対策と為替安定、同時に実行することは困難です。金融だけでなく、財政出動の必要性の有無は分かりませんが、やっぱり、インフレが最大の敵のようです。インフレ=敵。FRBメンバーで弟子のチャーリーも同じで金利引き下げに難色です。

米国内の輸出業者はうはうは。でも、金利あげろ〜〜〜、金利あげでドル高〜〜、ドル高で輸入物や商品価格も下がる〜〜〜。インフレ率も下がるじゃろ。そんなスタンス。記事冒頭では、カナダドルにまで舐められてるとお冠。資源国通貨だからカナダドルは強いです。

な、なんか、ちょっと前の日本でもあったような話です。米国個人消費者なら、金利上げの方が目先のガス安になっていいのかも。米国の場合はFF金利が下がっても、長期のローン金利はたいして下がってません。長短金利差で、金融機関の傷癒え待ちです。

どうしようもない不良債権に公的資金が即座に投入できれば金利上げも良いと思いますが、うーん、大統領選挙前だし、だめぽな予感。しばらくは、シーゲル教授の敵が、ぶいぶい言わせると思います。株は下がって買い場かも。長期下落相場だと、信念を試される展開です。KXIかハイテクかってなもんです。セクターローテーション的に。

YouTube - Grumpy Ojii-san Skips through the Canyons of Time
時をかける少女を語るアリゾナのおじいさん。現実逃避ここにきわまれり。
posted by ことばもないひと at 16:54 | 日記

TOPIXインデックスファンドコバンザメとの戦いは2003年から状況が変わっていたようです

早稲田大学大学院 ファイナンス研究科 | 研究活動
http://www.waseda.jp/wnfs/labo/labo5.html

『No.1 "インデックス・ゲーム"〜運用ポリシーと投機行動』
http://www.waseda.jp/wnfs/pdf/labo5/market-06-001.pdf
わが国最大のインデックス運用者である公的年金基金は、2003年にインデックスファンドの運用基準を、それまでのトラッキング・エラー1本から超過収益とトラッキング・エラーの2本建てに変更した。

TOPIX浮動株調整がポイントかと思っていたら、2003年の公的年金基金のインデックスファンド運用ガイドライン変更が大きな契機だったようです。超過収益による評価を導入することにより、組み入れ比終値ギャランティ取引の終焉、年金資金つかみ取り大会にある程度の歯止めがかかった模様。

「トータルストックマーケット(浮動株調整済)をベンチマークにして、サンプリング手法も許可して運用させよう、銘柄入れ替え問題自体を恒久的に無くせる」という方向に向かわなかったのかは、やっぱり、市場全体に問題があるからなのかもしれません。運用資金がでかすぎるとやはり困難なのかも。

ただ、流動性はどうにもならないとして、エンロン、ワールドコム、あと日本だとライブドアとかカネボウとか、その辺の問題は飲み込んだ上で、トータスストックマーケットをベンチマークにした方が、けっきょくは全体のためになると思います。ボランティアの監視の目も強くなる計算。

時価総額下位の1〜2%を除いたすべての日本株式で、自分や家族の年金が運用されていると分かっていれば、株式市場での不祥事やインサイダー取引などは、即、年金、みんなの老後のお金に対する攻撃や不正と知れ渡るわけです。あ、でも上場ゴール大作戦は回避できません、カネボウも回避出来ませんでした、うーむ。戦いは、なにをやっても終わらないようです。
posted by ことばもないひと at 11:01 | 日記

2008年05月08日

いくつかのMutual Fundsが新規客にふたたび門戸開放してました

How to Find Bargains in Today's Market:
Financial News - Yahoo! Finance

3. Check out newly reopened funds.
But a reopening can also be a good indication that a fund manager is spying attractive opportunities in the market. For details on some of the most compelling funds that have recently reopened to new investors, including Longleaf Partners (NASDAQ:LLPFX - News), Sequoia (NASDAQ:SEQUX - News), and Dodge & Cox Stock (NASDAQ:DODGX - News), read Dan Culloton's recent assessment.


Dodge & Cox Stock Report (DODGX) Snapshot
ワコビアを拾う根性があります。敗者復活に賭けるファンドです、

Dodge & Cox Stock Report (DODGX) Portfolio
松下をホールド。さいきんぱっとしないヘルスケアの、グラクソやサノフィア、ファイザーもがっちりホールドしています。AIGも。とにかく、投資スタイルを貫いているファンドです。

Sequoia Report (SEQUX) Snapshot
かつてバフェットが推薦したファンド。クローズされてました。再開。ポートフォリオ上位で25%を占めるBerkshire Hathaway Inc. Aが目立ちます。個別では、めったなことではBRK-Aは買えないため、ちょっとポートフォリオに入れたい場合に有効かも。トラックに注意か。

Longleaf Partners Report (LLPFX) Snapshot
運用会社は、イェール大学CFOに学ぶ投資哲学で推薦されてました。

Oakmark Global I Report (OAKGX) Snapshot
朝日Avest-Eよりもこれでいきたい感じです。

Oakmark Equity & Income I Report (OAKBX) Snapshot
Oakmark Equity & Income I Report (OAKBX) Total Returns
バランスファンドのこっちは再開せず。

ただ、WisdomTreeのGLOBAL ETFが準備中なので、このサイトとしては、そっちを待った方がいいかなというオラクルがきました。海外ものに手が出せるなら。VBRは迷います。
posted by ことばもないひと at 22:40 | 日記

ヘッジファンドクルークで「投資信託にだまされないためには」紹介

投資信託にだまされないためには
ヘッジファンドクルーク -HEDGE FUND KLUG-
http://www.hf-klug.jp/mfnews/mfinfo/mfinfo002000.html
サブタイトルが「投資信託にだまされないためには」の新刊「投資家のジレンマ」の著者でコロンビア大学の名誉教授、ルイス・ローウェンスタイン氏は、ベン・グラハム氏やウォーレン・バフェット氏と同じくバリュー投資の提唱者である。本書の中で著者は、投資信託において、まともな運用をしているファンド・マネージャーは極めて少ないと主張する。

著者によれば、「効率的市場理論」はまったく信憑性がないという。コンピュータを使って金融工学を駆使した売買も有効性は低く、またポートフォリオにおけるリバランス戦略はマーケットタイミング戦略の亜流に過ぎず、モノポリーなどのボードゲームと大して差がないと切り捨てている。

個人投資家のためになる話が紹介されています。あいかわらず過激なサイトです。「ヘッジファンドにだまされないためには」とかいう本も紹介されるかもしれません。ヘッジファンドクルークなのに。

というか、この手の本には、ヘッジファンドについても紹介記事があるのが常ですので、すごい気合いです。
米国amazonの中身検索
10、37、178にヘッジファンドについての言及があるようです。あ、まともなヘッジファンドを選ぶのは難しい、単なるレバ掛けロングのヘッジファンドはたくさんいる。だから、ヘッジファンドを選ぶには、そう、ヘッジファンドクルークを参考に、という流れなのやも。うーむ。

原書で読む気合いはありませんので、日経から翻訳書が出るのを待ちたい感じ。のりちゃん訳でお願いします。

米インベスコ・パワーシェアズ、株・債券バランス投資型のETF3ヘッジファンドクルーク -HEDGE FUND KLUG-
バランス型の「New Frontier Global Dynamic Balanced Index(PCA)」は株式60%債券40%、バランス・グロース型の「PowerShares Autonomic Balanced Growth NFA Global Asset Portfolio(PAO)」は株式75%債券25%、グロース型の「PowerShares Autonomic Growth NFA Global Asset Portfolio(PTO)」は株式90%債券10%の資産配分となる。


Invesco PowerSharesからETF OF ETFsで
グローバルアセットアロケーション

インデックスプロバイダーの出自からすると、Growthは投資スタイル別のバリュー・グロースのグロースではなく、投資信託でいう資産成長、育成型等の「成長」風なものじゃないかと思います。
posted by ことばもないひと at 20:21 | 日記

インドでの投信、ETFの戦いが広がって来ています

インド投資信託事情
http://www.daiwa-fc.co.jp/report/NL0605-3.pdf
2006年の話です。
「アジア金融セクターの規制緩和に関する法制度研究」
報告書の公表について
http://www.fsa.go.jp/news/19/sonota/20070711-1/03-9.pdf
インド2007年までの情報。

Kotak Mahindra Mutual Fund launches
Kotak Sensex ETF - livemint

Kotak Mahindra Mutual Fund launches Kotak Sensex ETF
2008年の出来事です。

Best Mutual Funds India
http://www.kotakmutual.com/kmw/index.jsp
最高とは強気。FireFoxでサイトを見ることができませんが、Kotak Gold ETF、Kotak PSU Bank ETF 、につづいてのKotak Sensex ETFということです。他の会社からもSensex ETFは出ていますが、品揃えに無いと不味いと判断されたようです。

IEでちらっとサイトを確認すると、株式ファンドにKotak Global Emerging Marketとかあってみたりと、かなり混迷しているかもしれません。バランスファンドにKotak Dynamic Asset Allocation なんてのも。インドでも日本と同じ道をたどっているようです。

トッダウンとかボトムアップアプローチでうんぬんとか、アクティブ運用で市場平均にも負けの歴史が繰り返されていたりするんでしょうなあ。インドにおいて、ETFで個人投資家が被害を軽減できることを祈っています。
posted by ことばもないひと at 19:12 | 日記

WisdomTree Global Equity Income Fund

WissdomTree Global ETF三種が準備中、Small、Dividend、
Equity Income 、グロースとエクイティインカムは名前変更戦略?
http://401k.sblo.jp/article/14747259.html
続きです。申請書を読んで分かったことをプチプチと。

SECへの申請書
WisdomTree Global Equity Income Fund
Investment Objective

The Fund seeks to track the price and yield performance, before fees and
expenses, of the WisdomTree Global High-Yielding Index. Since the Fund's
investment objective has been adopted as a non-fundamental investment policy,
the Fund's investment objective may be changed without a vote of shareholders.

WisdomTree Global High-Yielding Equity Index
というわけで、やっぱり、WisdomTree Global High-Yielding Equity IndexのETFでした。えーと、グローバルバリューETFが実現すると、世界初だと思います。IOOがバリューファクターをちょっと押さえていますが、バリュー目的で全世界なETFではありません。

新興国込みのバリュー指数だと、ラッセルのグローバルバリューインデックスがあります。ラッセルグローバルバリューETFが先に出たら、大手の方が良いの法則によりWisdomTreeの負けでしたが、先手を打つことに成功するようです。

ラッセル・グローバル株インデックス (Russell.com)
米国株指数の勝利で油断していたのかもしれません。盛者必衰の理。その点で言うと、追う側のWisdomTreeはともかくとして、バークレイズのETF品揃えの隙の無さは驚きです。まあ、バークレイズは、Mutual Fundsでブイブイじゃなかったといえばそうなんですけど。利益率が低いETF(でも機関投資家相手よりはマシ)で活路。

日本でも大手以外からETFが出るのを待っています。たぶん、誰も採用してくれなくてあせっているはずの、ラッセルグローバルインデックス(バリュー)がおぬぬめです。インデックスファンドでも可。
posted by ことばもないひと at 18:35 | 日記

WisdomTree Global ETF三種が準備中、Small、Dividend、Equity Income 、グロースとエクイティインカムは名前変更戦略?

HYIP de orz Wisdomtree 新ETFをSECに登録申請
http://hyipdeorz.jugem.jp/?eid=2870
クマちゃんムチの味。カツいれピシピシがなされたので、グロースの内容検討はさぼって投稿を仕上げたいしだいです。申請書はまだちらっとしか読んでいません。何か分かったら個別の投稿を仕上げます。

3 WisdomTree Global ETFs Filed
米国モーニングスターでも紹介。

ETF Watch: April 25 - May 6 - Features
SECへの申請書

WisdomTree LargeCap Growth Fund
WisdomTree International LargeCap Growth Fund

WisdomTree Middle East Dividend Fund

WisdomTree Global Dividend Fund
WisdomTree Global SmallCap Dividend Fund
WisdomTree Global Equity Income Fund

中東バリュー投資ETFが登場します。SECの審査も早まっているようですので、2-3ヶ月ぐらいで上場するかもしれません。

WisdomTree Global SmallCap Dividend Fund
これはまさに、最近探していたものです。買います。国内で保有しているだめぽ投信を解約して突っ込みたいです。VBRよりも分散が効いているし、WisdomTreeのSmall ETFを三つ揃えるよりも手間がありません。そして、長期リターンは、うはうはの目論みです。途中で、半分ぐらいになるかもしれませんけど。

WisdomTree Global Dividend Fund
これは、SECの認可待ちで上場がなされていない、WisdomTree Emerging Dividend ETFを補うべく用意されていると思います。Emerging Dividend Indexのサブインデックス風の新興国高配当インデックスで、そのETFがDEMです。サブインデックスの大元がETFになっていません。

ただ、どうせみんな分散投資したいだろうし、Globalはこれから必須なので、WisdomTree Emerging Dividend ETFを待たずに、そいそいそいっと申請という感じでしょう。

WisdomTree LargeCap Growth Fund
WisdomTree International LargeCap Growth Fund
WisdomTree Global Equity Income Fund
で、この三種ですが、いままでのWisdomTreeのETFは、名前が分かりやすくなかったために売れなかったので、わかりやすい名前シリーズを用意したるわい! ということだと見ています。

つまり、実際には、いわゆるふつうのグロース系ETFでなくて、Earnings系ETFであると。

Earningsという名前だと内容が伝わりにくいので、分かりやすいグロースって名乗って売ることにする。そういう戦術だと思います。字野耕平(あざの・こうへい)が、あざの耕平と改名したぐらい納得できる話です。あざの耕平になってからは売れまくりでうはうはのようですので、WisdomTreeもグロースってETFに名前をつけてうはうはです。クローズって名前だとヤンキー漫画みたいで日本でもヒットするかも。

アメリカ人はグロース大好きですから、やっぱり、グロースって名前付けたETFが必要だぜ! わかりやすくねえといけねえぜ! NYSEに再上場だぜ! そういうことなんだと。

WisdomTree Global Equity Income Fund
これは、INGとのからみで名前は多分使えないし、分かりやすいのがいいのー、というわけで、ずばり、
WisdomTree Global High-Yielding Equity Index
これのETF化でしょう。Equity Incomeだと債券3-4割のものになるかもしれませんが、まあ、短期債しかないわけですから、債券で名を馳せたスタインハルトが、債券をまた扱いたいと言い出してない限りは高配当株式100%と思います。で、たぶん、分配も年四回になるんじゃないかなと思います。

DTDも、アメリカの投資家からすれば、ふつうは分配があって当然の名前ですから、分配することになったと見ています。高配当株の配当を受け取って老後の生活資金の足しにしたい、分散できるので、Dividendと名の付いたETFを買った。そしたら分配が無かった。クレーム。DTDのみ分配します。おそらく、この流れです。

あと、次が黄色本か緑本かは分かりませんが、バリュー・グロース、スタイルローテーション戦略とか、敵視しているインフレ対応債券を調べたところ、適当に組み込むとナイスなリターンと分かったので繁爺新案提唱、アセットローテーション戦略じゃ、とか無いとは言えません。

シーゲル派なら誰しも考えたことはあるはずです。青本から赤本のように、「高配当戦略が自分に向けられたら?」次があるかもな、と。気がつくと、教祖が別の教義に鞍替えしていた。そのへんが、シーゲル派の厳しいところです。
posted by ことばもないひと at 17:52 | 日記

2008年05月07日

インドでMutual Fundsの歴史は繰り返されるか

印大手の投資銀行、投資信託事業に参入
- インド新聞 - 日本語で読むインドニュース
http://indonews.jp/2008/05/post-291.html
インド最大級のフルライン型投資銀行、エーデルワイス・キャピタルは5日、グループ会社による投資信託(投信)事業への参入を発表。投信会社エーデルワイス・ミューチュアル・ファンドの事業登録と、エーデルワイス・アセット・マネジメント(EAML)でのファンド運用について、規制当局のインド証券取引委員会から最終的な認可を受けたことによる。

インドの投信業界は、ここ5年間に急速なペースで成長。前年比の成長率が47%を記録したほどだった。しかし、国内での投資信託の普及率は、現在でも3〜4%にとどまる。この状況を見るだけでも、インドに未開拓の巨大市場が眠っていることは明らかだ。


Edelweiss Corporate
http://www.edelcap.com/
投資銀行最大手が見向きもしなかった個人売りの投資信託業に参加で、「個人投資家に資本参加してもらう手伝いをする」のでなく、「市場」と見ています。なにがおこるのか、顧客のヨットがインダス川に浮かぶのかどうかが分かるような気がします。

数学に強い人間が多いインドだと、コストのダメージや、1.7%などのコストが何をもたらすかがすぐに分かって商売にならないとかを祈るしかありません。

Mutual Funds - Yahoo! Finance India
http://in.mutualfunds.yahoo.com/

SPIcE
http://www.bseindia.com/spice/about.asp
インドにもいくつかETFは存在します。ETFの預かり資産残高が増えれば、顧客のヨットがガンジス川に浮かぶ可能性は高まり、ETFの残高が増えないのであれば、顧客のヨットはどこでしょうということになるのやも。


MutualFundsIndia.com
- Indian Mutual Funds
http://www.mutualfundsindia.com/
こっちは、インドでなく、インドにの方。
posted by ことばもないひと at 06:46 | 日記

日本への投資をバリュー系ETFで実現しようとすると、WisdomTreeになるようで

Modern Japan: What Next for Japan
In 2006, small and mid cap ETFs led the way in Japan and these ETFs could also do well in 2007. The best performing ETFs tracking Japanese markets were WisdomTree’s Japan Small Cap ETF (DFJ) and its Japan High-Yielding Equity ETF (DNL). Both ETFs were introduced on June 16th. Other key questions for long-term ETF investors are how will the Japanese - America alliance evolve and could Japan be moving towards excessive nationalism? What is likely to be the impact of Japan’s demographics on investment opportunities and returns?


Russell/NOMURA Japan Style Index (Daily Report)
http://qr.nomura.co.jp/QR/FRCNRI/USD/daily-j.html
まあ、$ベースだろうが円ベースだろうが、バリューファクターの有効性は、はっきりしていますから。Large ValueかTotal Value以外にありえません。で、日本株を対象にしたバリュー系ETFだと、

PJO: PS FTSE RAFI JAPAN - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=PJO
DNL: WISDOMTREE JAP HY EQ - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=DNL
DXJ: WISDOMTREE JAP TDIV - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=DXJ
DFJ: WISDOMTREE JAP SC - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=DFJ
ここらへんです。ytdだと、WisdomTree Japan SmallCap Dividend (DFJ)が強いですな。米国からの日本へ投資する場合は、基本はEWJで、まとめて投資するならEFAです。

WisdomTree Japan SmallCap Dividend Report DFJ Snapshot
BOSH効果かも。
DFJとJSCの一年比較
しかし、WisdomTreeのJapan Stock ETFsを見る度に、なんで日本にはバリュー系のETFはおろか、バリューインデックスファンドも無いんだろうと思います。くれ。

日本へのバリュー系投資は、EFVでほかとまとめて一括投資が一番流動性が存在します。

iShares MSCI EAFE Value Index Report EFV Total Returns
と言いつつ、自分はDWMだったりして。
WisdomTree DEFA Report DWM Total Returns
DWMとEFA
WisdomTree DEFA Report DWM Total Returns
DWMとEFG。グロース相場のようです。しかし、バリュー系なのに、EFVと同じくEFAに負けるはずが、DWMは、なぜEFAを一年リターンでオーバーパフォームしています。金融セクターの復活以外にも原因がありそうです。エネルギー? あと、DWMは日本が少ないから……

冒頭のブログのかたには申し訳ない結果となっています。

Modern Japan
http://modern-japan.blogspot.com/
左端のところの写真とコメントが、いちじるしく、なにか、おおきな誤解があるような気がします。日本の伝統的な家屋、日本の女性の髪型、うーん。自動生成系スパムブログじゃなさそうなんですが。
posted by ことばもないひと at 01:11 | 日記

2008年05月06日

マネをつついて蝮がにょろ〜ん? Vanguard VIPERs ETFは金融庁への届け出がなされるか

Vanguard Exchange-Traded Funds
http://www.vanguard.com/jumppage/etfs/index.html

Vanguard - Exchange-Traded Funds
https://personal.vanguard.com/us/funds/etf

投資信託 VGトータルストックマーケット/マネックス証券
投資信託 VGスモールキャップインデクス/マネックス証券
マネックスが米国ETFを扱うなら、日本でVanguardを名乗って活動している組織に、VTIとVBや、VWO、VEUなどを、金融庁への届け出とあわせて行ってもらうぐらいの勢いはほしいものです。VBRなどがあればさらに嬉しい展開ですが、蝮はでるかどうか。

*VanguardのETFのブランド名はVIPERs 2chのVIP住民感涙
posted by ことばもないひと at 17:57 | 日記

WisdomTree Currency Income ETFsローンチ、って、まだでした。訂正

WisdomTree - All ETFs
http://www.wisdomtree.com/etfs/index-currency.asp

WisdomTree, Dreyfus to offer five currency ETFs
Markets Markets News Reuters

WisdomTree and Dreyfus to Launch Family of International
Currency Income ETFs: Financial News - Yahoo! Finance


WSDT.PK: WISDOMTREE INVSTMNTS - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=WSDT.PK

http://www.wisdomtree.com/pdf/WT_Intl_Cash_Promo_Sheet.pdf
お約束のドルインデックスグラフがあって、通貨分散ざますという展開です。通貨もののいいところは、株価が下がっても通貨がドルに対して安くならなければ基準価額が下がらない、もしくは、さがりにくいところでしょうか。ただ、アクティブ運用なのが気になります。短期債のアクティブ運用で成功するのは至難の業です。アクティブという名の、投資適格債からちょっと外れたところをひろうだけのなんちゃってアクティブ運用なら勝つかもしれません。エクスペンスレシオが0.25-0.45%のため、通常のMMFなどよりも20から60ベーシスぐらいの弾があります。SHYとか相手だと厳しいですが。

ただ、中国短期債とブラジルレアル短期債もののエクスペンスレシオ0.45%は格安のコストです。

フォルティスAM、単位型F「中国人民元建て短期債券投信」を
4月24日設定 マネーニュース 最新経済ニュース Reuters

信託報酬 :純資産総額に対し年率1.28%(税抜き)
(委託0.04%、販売1.2%、受託0.04%)
*投資先ファンドの信託報酬等を含めた、投資家が実質的に負担する信託報酬率は年率上限2.729%程度(税込み)

特定国の短期債のアクティブ運用で200ベーシスの不利をひっくり返すのはミッションインポッシブルですので、日本の会社のどっかが、WisdomTreeの通貨ETFのみを投資対象とした投資信託を信託報酬0.5%で設定してもらった方が幸せになる確率はうえです。

Bruce Lavine - Google Search
通貨ETFに金が集まれば、WisdomTreeの財政基盤を安定させることにつながります。株式ETFだと、下手すると半分になってしまって、そこから得られる収入も半分になります。

安定収入をゲットして、めざせNYSEに再上場WisdomTreeという展開のようです。再上場してくれないと、日本での取り扱いもないと思うので、そこはがんばってほしい。

NYSEに再上場しても、こんどはTBOやらMBOでさくっと完全に市場から撤退という選択もありそうです。昔からのホルダーに逃げる場を与えてから、また非上場になる。それもあるかもなと。
posted by ことばもないひと at 17:30 | 日記

糖度12ぐらいあまーい

asahi.com:ネット証券での不正取引、丸見え 
監視委が分刻みで分析 - ビジネス

現在、個人の株取引の約9割がネット経由とされる。株式売買の手続きがネット上で完結するうえ、口座開設は一部書面のやりとりがあるものの、証券会社の営業担当者らと接触することはほぼ皆無。そのため、ネット証券経由のインサイダー取引は後を絶たないと見られる。証券業界の関係者は「野村の元社員は06年2月に入社したばかりで、証券会社員なのに甘くみていたのだろう」と指摘する。

むしろ、証券会社社員だから甘く見ていたのかもしれません。

Yahoo!ファイナンス - 3053.t
Yahoo!ファイナンス - 2914.t
小悪はぐっすん、巨悪はぐっすりのような。悪材料発表前に出来高ふくらんで下げた銘柄についてはスルーとか、調査中であることを信じたい。
posted by ことばもないひと at 16:31 | 日記

2008年05月04日

エリス教授がVanguardにもたらしたもの

買市才會羸 - Google Search
「敗者のゲーム」は香港でも出版されていたようですが、バブルは回避できなかったようです。中国でも指数が公開されている、Dividendものなら、最高値からの下落のダメージ軽減をできていたのかもしれません。

エリス - Google Image Search
エリスで画像検索するとたいへんなことに。チャールズ・D・エリス教授ですから、チャールズの方が適切かもしれません。でも、エリス教授で通っています。そのエリス教授がVanguardに迎え入れられて行った改革を考えたいと思います。

バンガードの最新情報
http://www.vanguardjapan.co.jp/news/news13.html
1975年の夏、年金コンサルティング会社のグリニッチ・アソシエイツ社の社長であるチャールズ・エリス氏は、ファイナンシャル・アナリスト・ジャーナル誌でのコラム、「敗者のゲーム」のなかでインデックス運用について以下のように述べています。「お金を運用するということは「敗者のゲーム」をするということなのです。投資の成功の鍵は、“市場”に対していかに失敗を減らすことができるかに尽きます。」
エリス氏はまた、「ポートフォリオの管理や取引に伴うコストの負担をカバーするために、ポートフォリオ・マネージャーは年に約2%余計に市場に勝たなければならないのです。」と述べていますが、これはほとんど達成不可能なことであると彼は考えました。

「もしポートフォリオが市場に勝てないのであれば、それに「乗る」ことを考えるべきであり、インデックス・ファンドはその唯一の方法である。」著書の中でこのように述べたエリス氏は、その25年後の今、社外取締役としてバンガードに参加しています。


バンガードの最新情報
http://www.vanguardjapan.co.jp/news/news14.html

最初のインデックス・ファンドがS&P500インデックスに連動していたので、多くの投資家がS&P500インデックスとインデックス運用を混同していたようです。しかし、ボーグル氏は理想的なインデックス戦略とは全ての市場を包括的に網羅することだと確信しており、「私は、ほぼ初期の段階からS&P500インデックスは市場を網羅するのには十分なインデックスではないと考えていた」、「市場全体とS&P500の銘柄は長期的には非常に似かよったリターンをあげるが、それでもS&P500は市場全体を捉えているわけではない」と述べていました。


2001年にチャールズ・D・エリス教授がVanguardに招かれて成した最大の功績は、VanguardのIndex Fundsの採用指数変更にあるのではないかと考えています。おそらく、外部から招かれ、そして著作の説得力と実績のあるエリス教授がいなければ、VanguardのIndex Fundsの採用指数変更はもたらされなかったでしょう。

主な変更分を以下にまとめてみました。

Vanguard Growth Index Fund Investor Shares Overview
*S&P 500/Barra Growth Index through May 16, 2003, MSCI US Prime Market Growth Index thereafter.

Vanguard Total Stock Market Index Fund Investor Shares Overview
*Dow Jones Wilshire 5000 Index through April 22, 2005; MSCI US Broad Market Index thereafter.

Vanguard Value Index Fund Investor Shares Overview
*S&P 500/Barra Value Index through May 16, 2003, MSCI US Prime Market Value Index thereafter.

Vanguard Extended Market Index Fund Investor Shares Overview
*Dow Jones Wilshire 4500 Index through June 17, 2005; S&P Transitional Completion Index through September 16, 2005; S&P Completion Index thereafter.


Vanguard Mid-Cap Index Fund Investor Shares Overview
*S&P Mid Cap 400 Index through May 16, 2003, MSCI US Mid Cap 450 Index thereafter.


Vanguard Mid-Cap Value Index Fund Investor Shares Overview
*Tracks the value companies of the MSCI US Mid Cap 450 Index as identified by factors such as book value to price ratio, earnings to price ratio, and dividend yield.


Vanguard Small-Cap Growth Index Fund Overview
*S&P SmallCap 600/Barra Growth Index through May 16, 2003, MSCI US Small Cap Growth Index thereafter.

Vanguard Small-Cap Index Fund Investor Shares Overview
*Russell 2000 Index through May 16, 2003, MSCI US Small Cap 1750 Index thereafter.


Vanguard Emerging Markets Stock Index Fund Investor Shares Overview
*Select Emerging Markets Index, administered exclusively for Vanguard by MSCI, through August 23, 2006; MSCI Emerging Markets Index thereafter. Index returns are adjusted for withholding taxes applicable to Luxembourg holding companies.


Bloomberg.co.jp: 北/中南米
米国株(25日):下落、ラッセル指数の銘柄入れ替えで売買膨らむ(3)

エリス教授がラッセル1000、2000、3000を、Vanguardのインデックスファンドの指数に新しく採用しない、採用しているものは排除していくことは明白でした。銘柄入れ替えの影響が大きすぎる。しかも、銘柄入れ替えは、毎年行われています。

「市場全体を持つ」考えとしては、かつては、ウィルシャー5000指数でしたが、現在はMSCIブロードマーケットになっています。スモール・マイクロキャップ銘柄を拾い上げる数が、MSCIブロードの方が多いためと思われます。

他の指数変更も、より多くの銘柄を含み入れ替えが少なくなるよう、ミスを減らすように、敗者のゲームに負けることがないように採用指数が変更されています。

敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか
エリス教授は、著書において、投資信託には適切なベンチマークを用いるべきだと訴えていました。その訴えが、Vanguardにおいて実現したと思います。

P55からP56より引用
インデックス・ファンドは、株式市場の特定のインデックスをそのまま用いる。しかし、株式市場にはさまざまなインデックスが存在する。マーケットによっては、インデックスごとの差は非常に大きい。

たとえば、2000年のS&P500などは、まず追随困難なくらいにPERの高いIT関連銘柄の比重が大きかった。これらPERの高いIT関連銘柄が暴落すると、S&P500と、S&P500を使ったインデックス・ファンドも暴落した。

このような状況下で、投資家には三つの選択肢があった。

第一は、嵐が過ぎ去るのを辛抱強く待つこと。
第二に、S&P500よりも幅広い銘柄を組み込んだインデックス・ファンドに投資すること。
第三は、その時期に割安な分野の銘柄に重点を置く、別のインデックス・ファンドに投資することという、やや「へそまがり」な対応である。

一般には、第二の選択肢が最も適当だろう。


エリス教授は、自らが提示した三つの選択肢のうちの二番目を選択しています。ラージ、ミッドキャップ、スモールの各バリューインデックス・ファンドとETFは存在しますが、トータル・ストック・マーケット・バリュー指数の採用はありません。

なお、このサイト主は、エリス教授が提示した三つの選択肢のうち、三番目の道を歩むことになっています。

WisdomTree - All ETFs
http://www.wisdomtree.com/etfs/index.asp
WisdomTree Total Dividend Fund (DTD)
Totalの意味をあらためて確認できます。ただ、DTDは年四回分配です。うーん。はやく、WisdomTree Global Total Dividend ETF(新興国入り)でないかなー。WisdomTree Global Small Dividend ETFでも可。

なお、投資用資金の二割は、グロース、バリュー、なんでもあり(市場平均含む)のうち、なんでもありに投じていくつもりです。とりあえず、The Claymore/Zacks Sector Rotation ETF XROにも金を入れているわけです。堀場とかで火傷したりもしたので、しないほうがいいかもとは思ってますが。

バリュー(ファンダメンル)インデックスをコア(8割)に、サテライト(2割)でなんでもあり戦略という。
posted by ことばもないひと at 13:22 | 日記

Invesco PowerSharesからETF OF ETFsでグローバルアセットアロケーション

Invesco PowerShares to Introduce
Family of Global Asset Allocation ETFs

24/7 Wall St.: ETF Launch: PowerShares
Three Asset Allocation ETF's (PCA, PAO, PTO)

* PowerShares Autonomic Balanced NFA Global Asset Portfolio (AMEX: PCA)
* PowerShares Autonomic Balanced Growth NFA Global Asset Portfolio (AMEX: PAO)
* PowerShares Autonomic Balanced Growth NFA Global Asset Portfolio (AMEX: PTO)

PCA 株式60、債券もの40
PAO 株式75 債券もの25
PTO 株式90 債券もの10

Fund of ETFsの先、ETF of ETFsがローンチされます。イェール大学CFOに学ぶ投資哲学で指摘されていた、PowerSharesの本領発揮というところでしょうか。

http://www.invescopowershares.com/
アセット アロケーション - Google Search

NEW FRONTIER ADVISORS, LLC
http://www.newfrontieradvisors.com/index.html
一応、分類としてはアクティブETFではないようで、インデックスが算出されます。インデックスプロバイダーは上記のNEW FRONTIER ADVISORS, LLCで、アセット・アロケーションの理論的な根拠は、以下の書籍に記されているようです。

Amazon.co.jp: Efficient Asset Management:
A Practical Guide to Stock Portfolio Optimization
and Asset Allocation
(Financial Management Association Survey and Synthesis
Series): Richard O. Michaud,Robert O. Michaud: 洋書

邦訳は見つけ切りませんでした。部分であれば、どこかにあるかもしれません。中身検索では効率的ポートフォリオの図が出てきました。突飛なアセットアロケーションの提唱は行われないようです。著書の一人は

Acadian Asset Management LLC
http://www.acadian-asset.com/
Acadian Asset Managementの、LLC形態だと正確にはなんと言うか分かりませんが、本が出版された時点では、バイスプレジデントで二番目にえらい人のようです。

Firm Capabilities Old Mutual US
運用手法は長期でうれしいバリュー系。ベンチマークは、ちょこっとだけ手抜きで、途中変更もあるよ。ラッセル1000バリューから、MSCIプライムバリューに変更していたりと、良い方の変化もあります。長期比較の線グラフが無いのが残念ですが、だいたいの感じつかめます。

ETF of ETFsも、株式ものの選択はバリュー系がメインになるのかもしれません。ベンチマークと比較した沈み方を見ると、PowerSharesのRAFIだけでなく、ピュアバリューかダイナミックバリューで小型ものをあるていど入れてくるのでは無いかと思います。フロンティアものもPowerSharesでは用意されているので、ポートフォリオに加えるのかもしれません。

Acadian Asset Management LLCのエマージングMutual Fundsです。
Acadian Emerging Markets Report (aemgx) Snapshot
Acadian Emerging Markets Report (AEMGX) Total Returns
Acadian Emerging Markets Report (AEMGX) Portfolio
新規顧客は閉ざされている、エマージングバリューファンドです。組み入れ銘柄にミッドキャップ以下が3割以上含まれています。エマージングでバリューとなると選択が多くないため、WisdomTreeのDEMにポートフォリオ構成が似通っています。

WisdomTree Emerging Markets High-Yielding Equity Index
まだ表に出ていない、Emerging Total Dididensものだと、さらに重なっていた気も。AEMGXは、DEMのバックテストと長期リターンが同じような値です。ほんとにバリュー運用の匠だったのかもしれません。

てなわけで、ETF of ETFsは、運用指図じゃなくて、採用インデックスが、Acadian Asset Managementの手法をある程度反映したものであれば、けっこうのしていくやも。

バランスファンドの中身で、株式部分がバリューか高配当系というのはVanguard Wellesley Income VWINXを思いおこさせて、個人的にはいいイメージです。あとは手数料が二重取りは確定として、どれだけ取るつもりなのかを見ていきたい所存です。株式組入がバリュー系ETFであれば、PTOを、試しにちょっと買うかもしれません。WisdomTreeのGlobal ETFが発表されたらスルーしますけど。
posted by ことばもないひと at 09:45 | 日記

2008年05月01日

証券アナリストジャーナル2006年度 表彰論文おぬぬめ タダで読めて、配当と割安がテーマでシーゲル派にピンポイントツボ押し効果

ジャーナル賞受賞論文の選考
http://www.saa.or.jp/publication/jrsenkou.html
株主価値を向上させる配当政策 PDF (1.03MB)
Dividend Policy that Boosts Shareholder Value
諏訪部 貴嗣 - Google Search
簡単に言うと、ショー・ミー・ザ・マネー「金を見せろ」の鉄則が理論的に語られています。金の見せ方も大事でシグナル効果とか。エージェンシーコストについても語られています。いろいろ調べて面倒になると、原点に帰って「じゃあ、金を見せろ、ショー・ミー・ザ・マネー」となる気がします。

小型株効果と企業規模―割安株効果との新たな関係― PDF(1.05MB)
Size Effect and Firm Size
- new relationship with the value effect
岡田 賢悟 - Google Search

小型株効果についてバッチコイです。小型株=割安(低位株も重複あり)説の検証が、参考文献からテーマを引き継いで、日本株式において検証がなされています。

他に、参考文献に、ファンダメンタルインデックスのえらい人、RAFIでむいむいのアーノット" Fundamental Indexation,” Financial Analysts Journal, Vol. 61, No. 2,2005.があげられていました。

VMaxの投資のブログ:
株式投資の新しい考え方 行動ファイナンスを超えて

実は、上記で紹介されている本も論文と同じような内容を検証しています。

参考文献の、
Fama, E. and K. French ,“ The Cross Section of Expected
Stock Returns,” Journal of Finance, Vol.47, No.2, 1992.
Fama, E. and K. French ,“ Common Risk Factors in the
Returns on Stocks and Bonds,” Journal of Financial
Economics, Vol. 33, No. 1, 1993.
が、株式投資の新しい考え方 行動ファイナンスを超えてにも挙げられていましたので、ことのおこりは1993年だったのかもしれません。ロングパスを受け、そして、

したがって、少なくともわが国においては割安
株効果と小型株効果という二つのアノマリーが確
認され、小型株効果はBerk(1997)で主張された
時価総額効果ではない、純粋な企業規模効果とし
ても存在するということが示唆されたと言える。

この結論に到達しえたというのがビビります。一緒かもしれないと思わないでもなかった、小型株効果と低位株効果、二つの切り分けが日本株においてはなしうるかもしれない。驚きです。(2005年度時点で)アメリカでの研究の先を行ってるような。

ETFで世界小型株ポートフォリオ
http://401k.sblo.jp/article/14509099.html
で、この投稿にもつながっていたという次第です。リターンの極大化をはかれるかもしれない、世界(バリュー)小型株ポートフォリオ(パッシブ運用)を格安で構築するには?

この先に出てくるであろう、GLOBAL Small ETFにフルインベストしたら、数十年後にうはうはできる可能性が上がるのか? WisdomTreeのETFでも、Smallものが軒並みリターンが上なのは、リスク・リターン要因だけではなかったのか? 理のある論を受けて、Small分を増やすべきなのか? ほんと、ここ数日、ずっと考えていました。具体的には、DES,DLS,DGSに厚く投資すべきなのと。

いや、待て、DESとVBRはどっちがいい? VBRの超過リターンとコストだと、0.6%をとられても、マネックスでVanguardのNAESXなのか、国内メイン積み立ては、すみしん外国株式よりもNAESX? ムダに、いろいろ考えていました。休むに似たり。

そういえば、ファンダメンタルインデックスについて。シーゲル教授もファンダメンタルインデックスって言ってますけど、実は、商標がらみでなんか揉め中だとか。


ファンダメンタル・インデックスは単なるバリュー投資か(pdf)

今になって分かるのですが、ラッセルノムラトータルバリューの欠点と、ファンダメンタルインデックスは、グロース相場で通常のバリュー指数に比べて、わずかながらダメージを軽減できる可能性があるので、MSCI Toatal Valueとかだと、リターン差は詰まる気がしないでもありません。いずれにせよ、日本株式全体を対象とした、バリューインデックスファンドかETFの登場が待たれます。もうかりETF。

RAFIものは、インベスコのPowerShares ETFに多く存在します。野村でRAFI日本株もあります。

証券アナリストジャーナル
http://www.saa.or.jp/publication/journal_f10.html
証券アナリストジャーナル 定期購読のご案内
http://www.saa.or.jp/publication/kounyuu.html

講談社BOOK倶楽部:定期購読コミック誌
http://shop.kodansha.jp/bc/teiki/7.html
証券アナリストジャーナルは大丈夫のようですが、シリウスは死にそうです。実売2万かと思っていたら、

講談社AD STATION
http://ad.kodansha.net/mag_info.php?id=22
公称2万部でした。返本率が2〜3割だと、実売1万5千部。なにがなにやら、切り分けできていない投稿です。
posted by ことばもないひと at 21:38 | 日記

ここ5年で、ラテンアメリカ投資ビークル一等賞はETFでした

Latin America: Top Mutual Fund Beaten By Benchmark ETF
- Seeking Alpha


T. Rowe Price Latin America PRLAX
ラテンアメリカ株式部門、トップのアクティブ運用ファンド。
iShares S&P Latin America 40 Index ILF
トップのアクティブ運用ファンドが、ラテンアメリカETFのILFと泥沼の戦いを繰り広げるさま。最後は負け。

iシェアーズ S&P ラテンアメリカ40 インデックス・ファンド
(ILF)ドキュメント・ライブラリー iShares
http://www.ishares.co.jp/product/stocks/ilf.html
日本でも販売しています。ラテンアメリカに注目している場合は、アメリカでトップのアクティブ運用投資信託を凌いだETFが日本で入手可能です。

資源で活況が終われば、これから、ラテンアメリカがどうなるかは分かりませんが、ラテンアメリカに賭けたい場合は、40(39)銘柄分散のILFに金を突っ込むのが、パッシブ運用でミスせずに投資する手段のようです。

ただ、アメリカと連動が強い地域ですので、アメリカ経済が不味いことになると、ILFは、より不味いことになるかもしれません。
posted by ことばもないひと at 18:56 | 日記

ING WisdomTree Global High-Yielding Equity Index Portfolio

全世界市場平均を越えるか? WisdomTree Global High-Yielding Equity ポートフォリオ運用開始
http://401k.sblo.jp/article/14510096.html
これで、運用開始と書いていたのですが、なんか、morningstarのURLを張り間違えてました。2chのシーゲル派スレで、間違ったリンクを見て、どこが間違いソースかよププと思っていたら、なんのことはありません、このサイトでした。おろろん。

シーゲルによればこの世界は
- 海外豚積み投資日記 - Yahoo!ブログ

ごめんなさい。

These stocks and funds are
the closest matches found for:ing wisdom

ING WisdomTree Glbl H/Y Eq Index A Report (IGHAX) Snapshot
分類がWorld Stockでなく、Foreign Large Blendになっているので、グラフはわかりにくいと思いますが、米国20%ちょいなので、適当なのかもしれません。

Symbol Lookup from Yahoo! Finance
Get Quotes Results for "wisdomtree"
IGHAX: ING WISDOMTREE GLOBAL HIGH YIEL - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=IGHAX
http://finance.yahoo.com/q?s=IGHSX
http://finance.yahoo.com/q?s=IGHIX
yahooも貼り付け。

で、配当加重インデックスは、バリュー寄りですので、グロースファクター有効なここしばらく、Total Returnの短期では、EFAに負けています。しかし、そろそろ、インフレ制御のために引き締めにかかるはずですので、バリュー効果の有効性が発揮されると思います。が、本格的なグロース相場に突入すると、市場平均以下の苦難の時期を迎えます。

インフレのデマンドプルコストプッシュ分類で、コストプッシュインフレで景気悪化、景気対策優先で利上げできないか利下げで金融緩和する。そのパターンが、バリュー効果を殺す最善手です。そうなったら、逆に買い場と自分に言い聞かせて、ドルコストナンピンで数年凌いで世紀末シーゲル派救世主伝説を待つのじゃ。そんな予想。

WisdomTree Global High-Yielding Equity Index
ベンチマークはMSCI AC WORLD INDEXです。ほんとは、MSCI AC WORLD Value INDEXが望ましいのですが、算出自体されてません。独自に算出してもらうにも、貧乏会社なのでむりぽという感じ。MSCI WORLD Valueは算出されていますが、新興国分が抜けるのでそれはそれで不適当です。

DGSは、Emerging Small Indexがもっとも比較対象として有効なはずですが、これは算出開始されていますが過去に渡って算出してグラフを出すのは、お金がかかります。iSharesやSPDRsから新興国小型ETFが出たら、ただ乗りで比較させてもらいましょう。

ING Financial Services Variable Annuities
右上のProduct Prospectuses(pdf)に、ING WisdomTree Global High-Yielding Equity Index Portfolio (Class S)の名前があります。変額年金保険です。他にも儲かりそうなファンドの名前がたくさん並んでいて、日本のINGの変額年金保険は、気合い入ってないなー、にょろ〜ん。

WisdomTree - What are Institutional Separate Accounts
Institutional separate accounts are used by the following types of investors who have a minimum of $25 million to invest, or their investment policy statement requires the use of separate accounts:

金か覚悟を見せたら機関投資家口座ひらいたろー。ということらしいです。金の場合は、ミニマムで$25 millionって、NYSE再上場資金を確保する気まんてん。

しかし、でかい額をいきなり要求できるのも、インデックスにパッシブ運用するがゆえです。スモールキャップのアクティブ運用で$25 millionをいきなり運用資金にブチ込まれたら、そのファンドマネージャーは飛ぶか、短期間で超人になるのかどちらかしかありません。念能力開眼フラグ。

再上場したら、日本の機関投資家からもアクセスがあるのかもしれません。まあ、いまでもザラ場でETF買えばいいだけなんですけど。運用指図など丸投げファンドは日本ではまだ無理ぽ。
posted by ことばもないひと at 10:35 | 日記

Lyxor MSCI WORLDうはー

【ETF】株価指数連動型上場投信 13
396 名前: 名無しさん@お金いっぱい。 [sage] 投稿日: 2008/05/01(木) 01:35:59.01 ID:6Arx0qxx0
http://www.lyxoretf.com.hk/admins/files/lyxoretf/hk/files/69.pdf
P36
The Underlying Index in respect of the Lyxor ETF MSCI World is the
MSCI WORLDTM, net dividendsreinvested. The MSCI WORLDTM is
denominated in US Dollars.

連動するインデックスはドル建てMSCI WORLD (net 税引き後)配当再投資

http://www.lyxoretf.com.hk/admins/files/lyxoretf/hk/files/181.pdf
P4にスワップの割り合い 6.86% 
P7
Performance of the fund vs performance of the Index
The LYXOR ETF MSCI WORLD is 0.07% down for shares A (EUR) from
30/03/2007 to 28/09/2007 , is +6.06% up for shares B (USD) and +6.54%
up for shares E (USD) on the relevant (fiscal) period.

On the period from 30/03/2007 to 28/09/2007,
the MSCI WORLD INDEX returned a performance equal to +7.76%.
エクスペンスレシオは0.45%.計算日のNAV比プレミアム、ディスカウントは分からん。

397 名前: 名無しさん@お金いっぱい。 [sage] 投稿日: 2008/05/01(木) 02:09:35.27 ID:6Arx0qxx0
http://www.rakuten-sec.co.jp/ChinaCompanyInfo/02812.pdf
楽天公式。投資有価証券を見てびびった。MSCI WORLD
1800銘柄にずいぶんたりねーきがしますが。XOM無し、GE無し、
HSBC無し、PG無し、ユーロで買えるもんばっかりじゃん。ネスレもねえ。

これなんかまちがってね?

足したら92.93%だった。スワプの6.86と現金相当でMSCI WORLD
に連動しますって、ほとんどリンク債状態。スワップ発行体のコケ
リスクとってエクスペンスレシオが0.45%だったら投資家泣くぞ。
各国のモーニングスターでLyxor ETFの保有銘柄見ようとしても
見られなかったことといい、どうなっとんじゃいな。

398 名前: 名無しさん@お金いっぱい。 [sage] 投稿日: 2008/05/01(木) 02:24:17.86 ID:6poyyKhB0
なんちゃってワールドETF?

はるひわはー。いや、リクソーうはー。にょろ〜ん。

http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/product/pdf/fct_02812.pdf
設定日が、2006年4月26日なんで、立ち上げ最中の組み入れ中ってわけでもなさそうだし。おそるべしなんとかスワッポ。まあ、リンクしてもらえれば問題無いのか。

ソシエテ ローグトレーダー - Google Search
ソシエテ リクソー - Google Search
いやあ、ソシエテふっとびとか、てんもんがくてきなかくりつでしかおこりえませんしねー。

信頼できない語り手 - Google Search
いやほんと、頼みますよ。ACWIの呼び水的に。
posted by ことばもないひと at 02:18 | 日記