2008年04月30日

For SaleとMake Me Move比が日に日に悪化

Real Estate Valuations, Homes for Sale, Free Real Estate Information | Zillow Real Estate
http://www.zillow.com/

For Sale/Make Me Move=17.48
ちょっと前まで11台でした。
posted by ことばもないひと at 23:32 | 日記

S&P 500 Equal Weight IndexがIndexうにばーすで取り上げられていることに気がつく。

Equal Weight Indexing: Five Years Later - Research
ながながと書いてありますが、やっぱり、みんな市場平均越えしたいんですなあ。ここ5年ぐらいの結果ということであれば、実際の投資ビークルが存在しており、コスト引き後で、S&P500をアウトパフォームしています。3年リターンでプレミアム抜きだとトントンです。パンダの名前か。5年でS&P500とVIVAXとRSP比較チャート。ここ最近のグロースファクター有効でVIVAXは不利です。

Rydex S&P Equa Weight Report RSP Snapshot
Rydex S&P Equal Weight Report RSP Total Returns


リターンリバーサルなETF Rydex S&P Equal Weight RSP
http://401k.sblo.jp/article/7026445.html
前にも見ていました。パワーシェアーズのダイナミックと名の付くETFも、当金額リバランスもののようです。変率かも。最初から見てないので分かりません。ポートフォリオは明らかに時価総額比率ではありません。適当な感想だと、たんにベータでかいだけかも。下げ相場で力を発揮できるかが試されます。アメリカだと基本、右肩上がりなんで、いいのかもしれません。

等金額リバランス - Google Search
S&P 500 Equal Weight Index - Google Search
スタンダード&プアーズ - Indices S&P Equal Weight Index
日本の当金額リバランス投信は、あんまりぱっとしていないようです。
posted by ことばもないひと at 22:28 | 日記

忌まわしき記憶を呼び覚ます、日本株『戦略』の名を持ったファンドが誕生

【本日の投信設定2】日本株バリュー&シャリア・ファンド
国内籍投信 投資信託ニュース ヘッジファンドクルーク
-HEDGE FUND KLUG-
http://www.hf-klug.jp/mfnews/mfdomestic/mfdomestic001954.html
「へい、パスパスパース!」という、パスの声が聞こえたような気がしないでもありません。日本株バリュー&シャリア・ファンドが旧・コメルツさんから登場とのことです。

「日本株バリュー&シャリア・ファンド」
http://www.fortis-am.com/valueandshariafund.html
TOPIX100およびダウ・ジョーンズ・イスラミック・アジア・パシフィック大型株指数に含まれる日本株の中から、ドイツ銀行グループの株式分析手法「クロッキーモデル」により選定された銘柄に投資する戦略を構築します。
この戦略を『クロッキー日本株戦略(シャリア適格銘柄重視)』といいます。

悪い夢なら冷めてくださいというような記憶を呼び覚ます名前が付けられています。どうせなら日本盆栽株戦略名人とかで極北ポーラスターをめざしてほしかった。

で、まあ、なんか、つまるところは日本株に投資するのに、ユーロ円債を使って総コスト約1.75%でーす。ええー。

販売資料(pdf)
の比較用TOPIX指数を配当込みにしたのはえらいです。しかし、なんでバリューとシャリアを抱き合わせなのかは分かりません。アラーの思し召しとか言ったら、たぶん怒られると思います。
posted by ことばもないひと at 19:47 | 日記

リクソーETF、金融庁へ届け出完了 楽天証券取り扱い決定 追加2

ソシエテ ジェネラル グループのリクソー・インターナショナル
・アセット・マネジメント、日本で初めて海外ETFの提供を開始
http://www.japancorp.net/japan/Article.Asp?Art_ID=43647
Tokyo, Apr 30, 2008 - (JCN Newswire) - リクソー・インターナショナル・アセット・マネジメント(以下、LIAM:ソシエテジェネラルの子会社であるリクソー・アセット・マネジメントの子会社)は、香港上場のETF(上場投資信託)7本とユーロネクスト(パリ)上場のETF2 本のリクソーETFについて、このほど金融庁への届出を終了し、日本国内での提供を5月2日より開始します。

今回提供を開始するETF

香港証券取引所上場銘柄(7本)

リクソーETF コモディティーズ CRB コモディティ
リクソーETF MSCI インディア
リクソーETF MSCI ワールド
リクソーETF MSCI 韓国
リクソーETF MSCI ACアジア・パシフィック
リクソーETF ナスダック 100
リクソーETF ロシア (DJ RUSINDEX TITANS 10)

ユーロネクスト(パリ)上場銘柄(2本)
リクソーETF コモディティーズ CRB コモディテ(除くエネルギー)
リクソーETF ロシア(DJ RUSINDEX TITANS 10)

ロシアETFは初ではありませんが、使いでがあるかもしれません。リクソーETFのMSCIワールドが金融庁へ届けられたことにより、iSharesのえらい人が「お前はSPYやリクソーワールドを殺すために何をやっているか」というノリで、独占をゆるさねえと、ACWIを届け出てくるかもしれません。

お知らせ>中国株式>国内初、リクソー・インターナショナル・アセット・マネジメントの中国ETF7銘柄を5月2日より取扱開始
楽天証券がすかさず取り扱いという流れです。ロシアと商品を前面に出すあたり、あいかわらず商売うまーな感じ。楽天証券FOFもよゆうで許せます。買わないから。ユーロ圏の商品ETFは油控えめなのですが、とりあえずパスという感じのようです。

Lyxor ETFs
http://www.lyxoretf.com/
Lyxor ETFs
http://www.lyxoretf.com.hk/en/index.php


Lyxor ETFs
http://www.lyxoretf.co.uk/quotes/index.php
RAFIと東欧ものが目を引きます。

楽天証券のリクソーETFの紹介にあった、シンセティック・リプリケーション手法というものがよく分かりませんでした。完全法と抽出法とどうちがうの? エクイティ・スワップは、アンダーパフォームの時は保障してくれるとして、オーバーパフォームの時は、もしかしたらさっ引かれるとか? 配当分はどうなりますのん? NAVと乖離した際にトリガーが引かれるとか、スワップの条項とコストが分かりませんでした。どうなっているんでしょう。

Synthetic replication - Wikipedia, the free encyclopedia

Lyxor ETF香港のProspectusを見たらスワップについて長々と書いてありました。スワップに10%を上限として投資するとあります。香港のMSCI WORLDのAnnual reportには2007年度のスワップへの投資割合等も公開されています。リターンについても書かれています。投資される方は、自分の目で確認後に投資された方が良いでしょう。

「まわりくどく書かれていますが、仮にFirstradeを使っておらず、ACWIや、その他のETFにアクセスできない場合、貴方はリクソーWORLD ETFに投資しますか?」
「いいえ、投信スーパーセンターで、すみしん外国株式インデックスオープンを積立ます」
posted by ことばもないひと at 19:04 | 日記

その時、歴史は動かなかった FOFの組み入れにインデックスファンドやETFは増えるか? 追加

レポート情報/ホンネの投資教室 2008年4月4日 楽天証券
第七十六回 ファンド・オブ・ファンズに対する評価と注意点
手数料の問題も明快な欠点だが、ファンドの中身が分かりにくいという問題も実質的には大きな問題だ。特に、ファンド・オブ・ファンズでは、最終投資家が知らない間に組み入れファンドやその比率が変化していることがあり、実際に何に投資しているのかを把握することが難しいし、リスクが想定外の大きさになっていたり(大きすぎたり、小さすぎたり)、大きく性格の違うものになっていたりすることがあるので、気をつける必要がある。もっとも、気をつけると言っても、現実には難しいので、正しい対策はファンド・オブ・ファンズ商品を買わないことだ。

FOFの欠点を減らし、内部を分かりやすくするために、インデックスファンドやETFを組み込むことがなぜ忌避されているのかを考えています。現時点では、オーバーコンフィデンス以外にまともな理由を思いつけていません。リベートは論外。

第八回 投資家のための「行動ファイナンス」の基礎理論 (2)
- 山崎元のホンネの投資教室 - 楽天ブログ(Blog)

また、オーバーコンフィデンスは、女性よりも男性、素人よりもその分野のプロの方が強いと言われています。たとえば、為替レートの予測は素人もプロも同じくらい当たりませんが、将来の予想をレンジ(範囲)で問うと、プロの方が素人よりも狭いレンジで答えがちです。しかし、レンジの中心の当たり具合を評価するとプロと素人で統計上有意な差がないことが多いといった現象がこの「オーバーコンフィデンス」で説明されます。投資信託などを選ぶ際に、平均よりも良いアクティブ・ファンドを「事前に」選ぶことが出来ると漠然と考え勝ちなのもオーバーコンフィデンスの好例です。

「特定セクターや、特定国の投資にあたって、インデックスファンドやETFよりも、高いリターンをもたらすことができるものを「事前に」選べる(自信がある)!」

FOFの組み入れにインデックスファンドやETFを選べば、アクティブファンドを選択するよりは、内部の透明性は高まり、コストも下がる計算です。しかし、なぜ、そのような選択がなされないのか。

あと、なんで、楽天証券経済研究所で客員研究員として山崎元氏を抱える楽天証券でFOFが新に組まれるのか。謎は尽きません。楽天FOFは、部署の違いと「手前どもも商売でございますので」理論で、しかもFOFが発表される前に、FOFに対する注意を促していたということなのかもしれません。

自社で運用するのはアレだし、コストが高いファンドを組み込むのは、投資信託会社の冠名(の一部)がすたる! ってなもんで、インデックスファンドでFOFを一つ仕上げますかの先駆者の一人は、

トヨタアセットマネジメント株式会社
http://www.tamco.co.jp/
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
http://www.tamco.co.jp/risk/735031.html
トヨタアセットマネジメントのトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドです。なんでバンガードなのかは、ひょっとしたら、

toyota.jp ヴァンガード
http://toyota.jp/vanguard/
の影響があったのかもしれません。車会社関連だけにノリで。米国株式の部が、なぜかふしぎな構成になっています。いまさらながら。

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド-ファンドの特色
http://www.tamco.co.jp/chara/735031.html
# 米国バンガード社の4つのインデックス・ファンドの基本配分比率は、日本を除くグローバルな株式市場の時価総額等を勘案して、概ね以下の比率で投資を行ないます。
バンガード・グロース・インデックス・ファンド …… 約 32.5%
バンガード・バリュー・インデックス・ファンド …… 約 32.5%
バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド …… 約 30.0%
バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド …… 約 5.0%

運用報告書を見ると、以前はおかしな数値だった回転率は大幅に改善されています。もとからコストは低い、そして、さらに勝手にエクスペンスレシオが下がって行く・カイゼンされるバンガード・インデックスファンドだけに、トヨタの血統が見逃せなかったのかもしれません。

DFCの提言
http://ita.daiwa-fc.co.jp/dfc_proposal.html
DFCのDFC Fund Guideの年率リターンでは、投資範囲の90%以上が重なるMSCIコクサイものと比べてタコられて残念なことになってますけど。しかし、FOFをインデックスファンドのみで構成という理念の先進性は、いまもって薄れていません。米国株式がVTSMXで、パシフィックを組み込んでいたら、あるいは、VTSMX+VGTSXだったら、負けていたのはMSCIコクサイものだったと思います。MSCIコクサイには新興国分ないし。

FOFでVanguardのものを組み込んでいるものには、

安田投信投資顧問株式会社 ファンド情報
スターバリューファンド
があります。REITならフィデリティものも選択できたはずですが、バンガード・リート・インデックス・ファンドと、設定当時では北米REIT投資ビークルで、限りなく最善の選択がなされています。詳しい方がいらっしゃったのかもしれません。

逆に、安田投信の米国株式ファンドは、高コスト隠れインデックスファンド化していたりますけど。配当抜きS&P500指数に上ぶれしつつ連動です。運用指図を委託してこの結果。ガチで詳しい方がいらっしゃったのかもしれません。

セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも、バンガードのファンドを組み込んでいます。

セゾン投信 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
http://www.saison-am.co.jp/fund_g/index.html
パシフィックを押さえにいった模様。小型株もいつか組み込めるといいですね。というか、FTSE ALL WORLDものが米国Vanguardでローンチされたら、ごっそり乗り換えるといい感じです。あるいは、別建てでVanguard FTSE ALL WORLD Index FundかETFのみ組み込みのファンドが立ち上がるのを期待しています。

Stockpickr! Yale University Portfolio
一時期、イェール大学の日本株ポートフォリオはEWJでした。今は、ETFでは、SPYとEFAを組み込んでいるようです。投資信託でETFの組み込みと言えば、GLDやEEMの組み込みを確認しています。コストが下がってくれば、ショート系の手段にETFやETNが使われるかもしれません。いまは自前で先物ショートの方が安いし流動性もあります。

この先も、FOFも組まれ続けるでしょう。今、インデックスファンドだけで組まれたFOFが存在するように、ETFだけで組まれたFOETFsもいずれ日本で出てくるはずです。

FOETFsが出てくるとしたら、トヨタアセットやセゾンのように、金融、証券関連の投資信託会社でなく、他に親会社があって、自前で株式を買ってポートフォリオを一から構築するのにコストが高いと判断したところからだと思ってます。

液晶テレビの部品を買って組み立てて、液晶テレビができあがり。あとはコスト勝負の企業という感じ。FOFでなく、FOETFsが増えれば、全体の透明性の高さとコストの高さの問題だけは軽減されていくことでしょう。

他に、FOETFsで投信仕立てだと、積立が楽、ザラ場で買わなくて済む、海外ETFでも投資信託で特定口座保有可能という利点があります。

あらためて考えてみると、バランスファンドの中身がインデックスファンドというのも、時代の流れだったんだなということが分かりました。やっぱり、FOETFsはくるなと予想します。
posted by ことばもないひと at 18:02 | 日記

なんとか効果、なんとかファクターの影響

大和総研 / 新年度に注目の投資指標:クオンツ投資戦略
新年度に注目の投資指標:クオンツ投資戦略
PBR+ファイナンスファクター

PDFの9ページ以降の表で、グロース、バリューは見慣れたものでしたが、クオリティ効果でまとめられているのを初めてみました。リヴィジョン、アクルアルズ、ファイナンスを、クオリティ効果でまとめています。

8ページの、米リスクスプレッドと投資指標の効果【S&P500】も、米国株式を切り分けて投資している場合には参考になる感じです。リスクスプレッドが広い時はROEががんばっているという感想。

ROE - Google Search
といっても、リスクスプレッドがでかい時に、負債の積みましでROEが有効に見えたのかもしれません。ROAもグラフに入れてあったら良かったのかも。事前のS&P500による絞り込みがどの程度影響したのかも分かりません。
posted by ことばもないひと at 14:04 | 日記

2008年04月29日

どうも、追加で調べなくてはならない気がしてきました

【楽天証券専用投資信託】楽天株式ファンド 楽天証券
http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/spfund/rakutenfund/
「楽天株式ファンド」は「長期的に金融資産の形成を図るためには、将来にわたって利益を拡大できる企業の株式に長期投資することが有効である」「投資リスクの低減とリターンの向上には、外国の株式にも投資対象を広げる国際分散投資が有効である」との考えに基づき、ファンドを設計しており、主に国内株式に投資する「さわかみファンド」、海外株式に投資する「ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA」、「ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA」に投資します。

ヒューリステイックというか、ぴぴんとくるわけです。この商売のしかたは、前にも見たような、と。どこだったっけ。
posted by ことばもないひと at 01:21 | 日記

バフェットがリグレーガムを咀嚼宣言

WWY: WRIGLEY WM JR CO - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=WWY
WWY - Wm. Wrigley Jr. Company - Google Finance
http://finance.google.com/finance?q=wwy
非上場のMarsと組んで買収しますと。google financeの方には、関連する業界のティッカーが並びますが、反応はまちまちのようです。ガムと来たら、キャドバリーかと思いましたが、リグレーだそうで。あと、ロッテとか。

KXI: ISHARES S&P GLOBAL - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=kxi
あんまり寄与してません。KFTと同じ展開かと思ったら、KFTとは違い完全買収でかなり跳ねています。バフェットの資金の巨大さからすると、KXIから、あと何社か買収候補があってもいいような気もします。

英文市場調査レポート:チューインガムの世界市場
http://www.fooddrink-report.jp/products/koan56679.html
英文市場調査レポート:菓子業界の成長機会
:新興のフレーバーと新たな付加価値セグメント
http://www.fooddrink-report.jp/products/rb57922.html
うーん、読みたいけど、お金がありません。

Doblog - いちカイにヤリ 投資世代
(ロシア株、インド株、中国株、ブラジル株、ADR、BRICs) -
バフェットがMarsと組んでチューインガムのリグリーを買収 
→ これは中国市場を狙った買収だ

おお、中国でのシェアがリグレーは、実はすごかったと。

THE GUM WRAPPERS TIMES
The Chewing Gum Market in China
http://orbita.starmedia.com/~gumwrapper/j2page4.htm
最下段に2001年の情報が。ありゃ、ほんとリグレーぶっちぎり。

BELlog: Business News
: Wrigley has 60% of chewing gum market in China

ガム、チョコ……コーラ・ソフトドリンクはバフェットは、もう持ってるのか。新興国で売れる生活必需品やステープルな企業。洗剤、PGはすでに持ってる。KFTも持っていますと。JNJも。

タバコ買わないかな。買われると跳ねて困るのか。
posted by ことばもないひと at 01:01 | 日記

投信スーパーセンターとSTAMの逆襲を期待したいところ

投信スーパーセンター Part3
615 名前: 名無しさん@お金いっぱい。 投稿日: 2008/04/28(月) 17:19:24.73 ID:JJxSyKjG0
ジョインに先越された…

ジョインベスト証券、投資信託「年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」
金融機関で初めての取扱い(PDF 140KB)

さようなら投信SC…
もう君と会うこともないでしょう。。

なんだかんだ言って、投信スーパーセンターには、国内で投信積立が簡単、コンビニのATMでさくっと入金、そして、クマー的に最大のメリット、現物株式を触れないという大きなメリットがあるクマー。のでがんばってほしい。

プレスリリース - ジョインベスト証券
https://www.joinvest.jp/about/news/
しかし、需要があるところに供給するというのは商売の基本。そこをすかさず押さえるのはすごいことです。

というわけで、投信スーパーセンターがんばれ。STAMも新興国株式インデックスファンドを設定してえ〜ん。自前でやるのコスト高なら、DEMをラップしただけのファンドなどが、投資家により望ましいです。新興国バリュー投資を国内初。

投資信託の投信スーパーセンター
投資信託なら投信スーパーセンター!
http://www.toshin-sc.com/
郵便局がヤマトを使ったような刺激があるといいな。
posted by ことばもないひと at 00:44 | 日記

2008年04月28日

そういえば、シーゲル派は、なんでKXIを買い買い買いじゃろフューチャーインベスターって言ってるの?

シーゲル派の株式投資【動かざること山の如し】
iシェアーズ S&Pグローバル生活必需品セクター・
インデックス・ファンド(KXI)iShares

iShares S&P Global Consumers Staples Sector
Index Fund (KXI): Overview

iShares S&P Global Consumer Staples Report KXI Snapshot
KXIが大人気なわけですが、その原因はなにかというと、含まれている銘柄がちょー分かりやすいというのもありますが、なにより、株式投資の未来において

20080428_007.jpg20080428_008.jpg

儲かりまくりセクターその2として紹介されているためです。ヘルスケアか生活必需品投資で鉄板。安定。ディフェンシブだけど最終的には市場平均越え。シーゲル派は、そう目論んでいます。なにより、楽天証券でKXIが買える。国内で買える。買える。ケロケーロ。

楽天証券の功績は、シーゲル派にとって、かなり大きいです。実際の話、長期で見てKXIを越えるリターンというのは、小型株効果かバリュー効果ぐらいしか無いような気もします。

さて、ここで、シーゲル派にとって短期的な最大の問題は、儲かりセクターナンバー1であるはずの、ヘルスケアが短期的にかもしれませんが、タコられていることです。ディフェンシブなはずなのにタコられているというのもアレなんですが、メルクとサノフィアベンティスと、あとファイザーのせいにしてしまいたい。

iShares S&P Global Healthcare Report IXJ Snapshot
なお、IXJは、Morningstar CategoryのSpecialty-Health平均越えはしています。コスト分有利だったという。ただ、本家であるWisdomTreeには、

WisdomTree International Consumer
Non-Cyclical Sector Fund (DPN)

というETFがありまして、これが、ちょっと短期ではおかしなことになっています。たしかに、グロース相場なのでしょうがないといえばしょうがないんですけど。あと、ドル安。

グローバルに展開するヘルスケアセクターの企業は、米国内での売り上げが大事なんですが、海外に本社があると、ドル安はダメージです。

で、DPNには、なぜかヘルスケアまで入っています。これは、「生活必需品とヘルスケアの二大儲かりセクターの高配当ものに投資で最強国際ETF、うは」という、シーゲル教授の研究結果をぜんぶブチ込んだるというものだったはずです。中学生的論理か。

とりあえず、EFAと良い勝負になってます。ただ、ボラは少ないです。そして、KXIとの比較では

WisdomTree International Consumer Non-Cyclical Sector Index
下の方に、KXIが連動するインデックスとの比較があります。ヘルスケアをうっかり入れ込んだために、格差が広がっています。こういうときは、「内部では株数が増えてる、上昇相場になった時に余裕で勝つる」とは分かっているものの、やはり、しんなりしてしまう感じです。

逆に「うは、きっと平均への回帰をするはず。てことは、いまこそ買い場」という、ストロング・シーゲル派もいますけど。
WisdomTree - WisdomTree International Health Care Index
ヘルスケア単独の国際(米国以外)ものでは、インデックスよりも下げ耐性が強いです。特定の要素としては、米国ヘルスケアセクターの中の、ドル安を取ったJNJが強すぎるというか。そんな感じです。

というわけで、シーゲル派がKXIを買い買い買い、ゆかいつうかい買いぶつさんな理由はおわかりいただけたでしょうか。なお、ドル高になれば、DPNとDBRは輝くはずです。とくにDBR。でもDBRは20%が日本。うーむ。
posted by ことばもないひと at 21:22 | 日記

「ドラえも〜〜ん、Vanguard以外で、国内証券で世界の小型・中型株に投資する手段は〜〜〜?」「Evergreen Global Opportunities〜〜〜」

と前は言っていたんですが、なんか、* Closed to new investorsになっちゃってました。以前はオープンだったのです。国内だと、初期最低投資額が50万円だったような。海外証券だと、えーと、忘れましたが、50万円以下だったのは確かです。Evergreen Global Opportunitiesの詳細は以下。

EvergreenInvestments.com
Global Opportunities Fund - Fact Sheet
Evergreen Global Opportunities A Report (EKGAX) Snapshot
Evergreen Global Opportunities A Report (EKGAX) Total Returns
上記はクラスAものです。長期で見るとミッドキャップ・スモール平均をアウトパフォームしています。ただ、最近はへこみ気味。

いったんはクローズされても、このようにへこんだ場合は「投資機会が無いため、新規の資金流入を停止していたが、市場の下落に伴い、なんとかかんとか」「とにかく、ナンピンしたいので、資金受け入れを再開します」

といって、資金受け入れを再開することもあります。ETFを使用しない。とにかく、日本の証券会社で金を入れて放置したい。全世界の中・小型株を対象にしてリターンの極大化を目指したい。そんな場合には、再開したときは狙い目かもしれません。逆に言えば、再開した時はヘコんでいるので、最大の買い場をむこうが教えてくれるというわけです。

Lipper - - Leading Fund Intelligence
Evergreen Global Opportunities Fund;A
日本のリッパーではクラスA表示ですので、日本で売っているのもクラスAもののようです。確認はしていません。きっぱり。

今はSmall Cap ETFがあるので、本来なら、ETFを適当に買うというのがいいはずです、コスト的にも。ただ、ETFで米国以外のSmall系だと、いまのところは流動性が低いものが多いので、ザラ場慣れが必要というのが厳しい。だから投信がいいんだYO、けど、NAESXは、アメリカだけじゃねーか! という場合にどうしたらいいのかは、現在、調査中です。

欧州小型中型なら、フィデリティにありますが……なんか、激しくインデックス化というか。

Lipper - - Leading Fund Intelligence
Fidelity World Funds - European Smaller Cos

MSCI Europe Small Cap TR USDへ近似した投資手段があれば、そっちがいいはずです。コスト的にも。

iShares DJ Euro STOXX SmallCap (DJSC)

InvescoPowerShares.com
- FTSE RAFI Europe Small-Mid Portfolio - PWD

WisdomTree Europe SmallCap Dividend Fund (DFE)
iShaersのものは、板すら見たことがありません。細かくわけても面倒なだけですので、SCZ国内取り扱い待ちがいいのやも。SCZも出来高がさかんというわけではありませんが。
posted by ことばもないひと at 20:16 | 日記

全世界市場平均を越えるか? WisdomTree Global High-Yielding Equity ポートフォリオ運用開始 URL訂正

WisdomTree - WisdomTree Global High-Yielding Equity Index
目論見書
INGのセパレートマネージドアカウントで、シーゲル教授、WisdomTreeものでは初である、全世界を対象としたインデックスに準じた実際のファンドが運用開始になっています。

ING WisdomTree Glbl H/Y Eq Index A Report
(FOUSA06OWI) Snapshot

ING WisdomTree Glbl H/Y Eq Index A Report Total Returns
アカウントタイプ三種類ほどありますが、とりあえずAもので。実際に投資した場合のリターンは、コストと税分マイナスになる計算です。WisdomTree Global ETFシリーズとして出た場合には、半分ぐらいにコストが下がります。

アイエヌジー生命保険株式会社
http://www.ing-life.co.jp/
商品案内
日本でもINGは営業していますので、投資型年金保険(無分配型)で売ってくれないかな、と、実現する可能性が限りなくゼロに近いことを書いてみたり。
posted by ことばもないひと at 19:18 | 日記

ETFで世界小型株ポートフォリオ

フィデリティ・インサイツ
世界小型株の動き(PDF:66k)
小型株効果を、分散しつつ享受するにはどのようにすればよいのか? フィデリティ・インサイツの記事に触発されて考えてみました。

日本国内の証券、投信会社で投資できる投資信託では、まともな選択肢は少ないです。で、海外ETFで世界の小型株ポートフォリオの組合せと、コスト概算を適当にまとめてみました。

WORLDSmall.html
MSCIとWisdomTreeのコスト概算は、米国40%、米国以外先進国50%、新興国10%で計算。S&Pは米国50%、米国以外50%で計算。MSCIとS&Pの新興国小型株ETFは、現在、SECに申請中の段階です。MSCIの新興国小型株ETFは、申請書にエクスペンスレシオが0.40%と書いてありましたので、計算には0.40%を使用しています。

MSCIとS&Pは市場平均系。WisdomTreeは WisdomTree SmallCap Dividend Indexで、小型割安(バリュー)系ポートフォリオです。日本では入手が困難な、グローバルスモールキャップポートフォリオが構築可能です。

WisdomTreeの場合は、グローバルスモールバリューポートフォリオ(新興国入り)が現時点で組めます。DGSの存在は、やはり大きい感じ。かわりに、大型株込みの方がWisdomTreeにはDEMしかありません。WisdomTree Global Dividend Indexは、まだまだ先の話のようです。

いまは小型株ETFは、各社バラバラですが、この先、一つにまとまった、GLOBAL Small ETFが出てくる可能性はあります。ETFプロバイダによって押さえている小型株指数が違うという、ねじれ現象があるためです。

ねじれは、MSCIで米国小型株だとVanguardのVipers、米国以外の先進国だとiSharesとなっています。S&Pだと、米国小型株はiShares、米国以外の先進国はSPDRsです。ねじれを解消するには、各指数に準じたグローバルスモールETFを出すしかありません。

XTF - Discover the Power and Potential of ETFs
http://www.xtf.com/index.aspx
Funds By XTF: Mutual Funds Center - Yahoo! Finance
http://biz.yahoo.com/p/fam/xtf.html

fund of etfs - Google Search
米国ではファンド・オブ・ETFsの試みは、あまりうまくいっていないようです。Mutual Funds仕立ては、ティッカーはあれど、結果すらでてくる段階にありません。ポートフォリオアイディア商売の方はどうなっているかわかりません。米国ものだけの場合は、直接買った方が早いし安いので、しょうがないのかも。

mutual fund wrap - Google Search
Uncovering The ETF Wrap
投資信託ラップ口座の先、ETFラップ口座という話もあります。

日本でも大口ラップ口座なら、海外ETFを金融庁への届け出関係なく海外の現地口座で保管して調達できているのかもしれません。まあ、美術品だろうがなんだろうが、担当者に市場で流通している金融商品を調達してこいと言って、金が足りない以外の理由で調達してこれないなら大口ラップ口座の意義は薄れます。なにかを誇示するために無駄金という展開。

財務・会計 第2回 エイベックスと浜崎あゆみ
〜音楽事業のリスクとポートフォリオ理論〜 | GLOBIS.JP

小型株投資と似ているような。ジャンクボンドも似ていると言えばいえるのか。

Vanguard Small-Cap Index Fund Investor Shares Overview
投資信託 VGスモールキャップインデクス/マネックス証券
日本国内で米国小型株式で少額を積立なら、IJRやIWNよりも、0.6%と為替手数料別建てで取られても、注文を出すだけ、スプレッドロスをくらいがちなザラ場での売買をVanguardの運用チームがさくっとやってくれる、NAESXと思います。

ザラ場慣れしていない場合、途中ですべてがうまくいっても、最後に現金化するさいにやらかしてしまえば、いままでの努力がすべて水の泡です。数十年ETFをホールドして、0.5%のコストを削ってきました。現金化する日に、スプレッドがたまたま広くて、VWAPツールとかも無かったし、使うと金を取られるので手動で指し値をしていたら、なんか、その日の最安値近辺で約定していたとです。アメリカ市場は日本深夜から早朝なので、眠かったので寝たら高くついたとです。というのでは、救われません。

Vanguard Small-Cap Value Index Fund Overview
大きめの額をFirstradeで一括投資して放置なら上記かVBRに金をつっこんでDRIPを設定して忘れるという技も。長期放置で忘れていたら、ザラ場での感覚も消えたり、DRIP設定が解除されていたなどのトラブルもあるかもしれないので、やっぱりVISVXか。

Vanguard Small Cap Value Index Report (VISVX) Total Returns
うっとり系グラフです。
posted by ことばもないひと at 18:27 | 日記

ブラフレって、ブラックロックなのに、なんでメリルリンチの投信を売ってますのん?

という疑問がひそかに寄せられましたので、回答へのリンクを

ブラックロックと資産運用部門を統合するメリル・リンチ
http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2006/2006spr10.pdf

MER: ML CO CMN STK - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=mer
BLK: BLACKROCK INC - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=BLK

ちゅうか、

ブラックロック
http://www.blackrock.co.jp/
公式サイト下段にも書いてありますがな。

メリルリンチ・インターナショナル・インベストメント・
ファンズ(MLIIF)は、2008年4月28日付で名称がブ
ラックロック・グローバル・ファンズ(BGF)に変更と
なる予定です。

ただ、やっぱり混乱する人が多いようなので、もうすぐ名称はブラックロックが冠で統一されるようです。

イェール大学CFOに学ぶ投資哲学に、なんでこんなことになったのかの一端が書かれています。野村の戦略なんとかファンドは預かり資産のた50%を飛ばしました。

しかし、メリル・リンチが世に送り出した、伝説的なIT株投資ファンドは、当初預かり資産の75%ぐらいを飛ばしたという。で、ほかのファンドに吸収合併。トラックレコードごと闇に葬るという手段にでました。継続は選択肢になかったようですが、かと言って償還は誕生から死までの記録が残ります。まぜこんで分からなくするというのが、より望ましいと判断されたのかもしれません。
posted by ことばもないひと at 13:19 | 日記

2008年04月27日

週末に読むレポート

モルガン・スタンレー ジャパン・エコノミック・フォーラム
http://www.morganstanley.co.jp/securities/jef/index.html
ウィークリー・ジャパン・ブリーフィングで、インフレのベア派が転向と書いてあるので天井フラグかもしれません。そう祈りたい。カップ麺値上げはもうやめて。PB商品はエビを減らすのをやめて。

DRAGON FX 24
http://www.dragonfx24.com/
Hoxsin Weekly Reportで、LIBOR問題の金利グラフが分かりやすくてハイホー。短期債が下落するわけですたい。カナリアかわりにホールドしている国内債券インデックスファンドもマイナス評価に。インフレリスクまるかぶりのポートフォリオでなくて良かった。

Morgan Stanley - Global Economic Forum
http://www.morganstanley.com/views/gef/index.html
日本で買えるETFだと、EPPMXIを買いたくなるような。うーん。カップ麺が値上がりするとEPPとMXIも上昇か。カップ麺値上がりヘッジでEPPをホールド。エビ減りをヘッジするには何を買えばいいのだろうか。マングローブ林で、ティンバーETFか。

CUT - Claymore/Clear Global Timber Index ETF
- Google Finance
http://finance.google.com/finance?q=cut

Plum Creek Timber Company
http://www.plumcreek.com/
PCL: Summary for PLUM CREEK TIM REIT - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=PCL
継続監視中。米の次は材木が話題になるとかないかな。

NIKKEI NET(日経ネット)
:米DJニュース −米ダウ・ジョーンズのニュース
アルトリア1−3月期、PMIのスピンオフ費用で11%減益
MO: Summary for ALTRIA GROUP INC - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=MO
公式サイトでも最新の配当額がわからず。下落相場のブレーキの効きはどのぐらいなんじゃろか? 口座にアクセスしないから、いまどれぐらいかもよくわからず。DRIPまかせ。
posted by ことばもないひと at 00:28 | 日記

2008年04月26日

ノーザン・トラスト・グローバル・インベストメンツのパッシブ運用の実績を見てみる

http://www.netsetfs.com/
ノーザン・トラストはETFでは後発です。既発のETFや、先行ETFプロバイダに対して厳しい戦いを挑んでいる最中です。で、最大の武器になるであろうETFは、NETS Dow Jones Wilshire Global Total Market Index ETFです。

NETSのグローバルETFは、Total Marketのため、小型株効果分有利な計算です。時価総額の小さい市場の中型・小型、あとマイクロは入っていませんが、とにかく、ACWIよりもおさえている範囲は広い。最初はともかく、資産が集まればホールドする銘柄数が最大になります。

これは、VanguardがFTSE ALL World ETFを出してきた場合でも変わりません。(しかし、ICBはどうなってるんだろう)

ftseallworldwebfront
FTSE全世界指数(FTSE All-World Index) は世界49市場、約2,400銘柄で構成され、各市場における投資可能な株式総時価総額の上位90〜95%に入る銘柄を組入れることを目指しています。また、先進国、準先進国、エマージングの各区分に分類されていることから、投資家それぞれのニーズにあったユニバースを形成することができます。更に、地域、国、セクターレベルでも指数が算出されることから、ポートフォリオ構築にも多彩な選択が可能です。

http://www.ftseall-world.com/Japan/awmatrix.pdf

じゃあ、より広範囲なのはいいけど、実際に連動させれますのん? という疑問が沸いてきます。ノーザントラストグローバルインベストメントのパッシブ運用の腕前はいかほどなのでしょうか?

運用受託機関別運用資産額一覧表(平成17年3月末時価総額)

外国債券パッシブ及び外国株式パッシブのうちノーザン・トラスト・グローバル・インベストメンツについては、ドイチェ信託銀行から平成15年4月に営業譲渡を受けており、同年3月以前は同行の実績収益率を使用しています。

年金運用の資料に、ノーザン・トラスト・グローバル・インベストメンツの実力がうかがえる数値がありました。9ページに、三年分の外国株式パッシブ運用の結果が載っています。8ページには外国債券パッシブの結果も。

外国株式、債券ともに、かなりトラッキングエラーが少ないようです。1位か2位です。他の機関と、まかされた市場範囲によって有利・不利はあるかもしれませんが、とにかくやればできる子です。というわけで、NETS Dow Jones Wilshire Global Total Market Index ETFが東証に上場することを願っています。上場しても、あやしみことなくフルインベスト可能です。

まあ、自分はWisdomTreeのETFに投資しているので、投資しないでしょうけど。だって、バリュー系がいいんだもん。ミニ株、S株等を使用可能で積立可能なら、すみしん外国株式インデックスから移ります。いずれにせよ、先の話です。願い。

ノーザントラストオープン
PGAツアーダイジェスト ゴルフダイジェスト・オンライン
http://www.golfdigest.co.jp/pgatour/news/2008/9_4.asp
ゴルフしないので認知度がわかりません。

続きを読む
posted by ことばもないひと at 20:43 | 日記

日本国内でのMSCI WORLD Small Cap 投資ビークルの潜在的投資需要額と実現手段を考える

国際株式パッシブ運用型(ヘッジ無) 分類別一覧
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/12238FullList.html
現在、MSCIコクサイ(配当込み、配当含まずあわせて)指数にパッシブ運用を歌う投資信託の預かり資産総額は、約1600億円を少し越えたあたりです。

年金、ラップ口座専用のものもありますが、広義のMSCIコクサイインデックスファンドに投資しているということは間違いありません。日興の年金海外株式を入れて、一般売りのものだと約420億円です。

MSCI Global Investable Market Indices
iShares MSCI ACWI Index Fund (ACWI): Overview
Fund Fact Sheet
capitalization-weighted index that aims to capture 85%

MSCIのGLOBAL指数は、まず上から85%を抑えます。投資可能なブロードマーケットの下位約15%(スモール+マイクロ)は含まれていません。とくに日本で注目されているACWIでもそうです。

ACWIは、投資対象に含まれている市場の浮動株調整後の時価総額85%をおさえています。MSCIであれば、ブロードマーケットシリーズの98-99%にはおよびません。

しかし、MSCIの指数は、MSCI USAであれば、S&P500の、米国大型株式、時価総額の約80%よりは広く銘柄を抑えています。時価総額の上から98%を含むのは、この先に上場が予定されているNETSのグローバルETFです。

時価総額の下位15%、すなわちスモールキャップ(マイクロ含む)をポートフォリオに含むか含まないかで何が違うのか? 最近、フィデリティ・インサイツで紹介されていました。

フィデリティ・インサイツ
世界小型株の動き(PDF:66k)
小型株効果の源泉が何かは種々の論があります。しかし、小型株効果自体が存在していた、いまもって存在し続けているようだというのは認めざるをえないところです。

で、現時点での日本の投資環境を考えると、MSCIコクサイインデックスファンドを年金口座に用意している機関・組織、そして、MSCIコクサイインデックスファンドに投資している個人が最大で1600億円存在するわけです。

どの程度が積立継続で、さらに言うと放棄せずにアクティブなのかは分かりませんが、投資信託仕立てになっているもので、全体として1600億円を越えています。

なお、機関投資家であれば、投資信託を使わず別の手段でMSCIコクサイに投資することが可能です。その巨大な額は1600億円に含まれていません。

MSCIコクサイに投資信託経由で投資している1600億円が存在する。であれば、MSCIコクサイインデックスが漏らしている、時価総額の下位15%に投資する手段が存在するとしたら?

1600億円の投資をしている中の人は、投資用ビークルが投資信託かETFに仕立て上げられていれば、MSCI WORLD Smallに投資をする、投資をしないまでも、将来的に検討する可能性が高い。その需要は、

年金ものを含む最大で
1600億円の15%で240億円。

年金ものを除く(日興の年金積立株式は含む)で
420億円の15%で63億円。

MSCI WORLS SMALLに連動した投資信託かETFであれば、日本の投資市場において、60億円以上、240億円以下の需要が潜在的に存在するのではないかと考えます。

MSCI Barra MSCI Global Small Cap Indices
http://www.mscibarra.com/products/indices/smallcap/

んなこといっても、大口機関投資家が直で交渉でもしない限りは、MSCI WORLD Smallに連動した投資を実行するのは容易じゃありません。ただ、資源国であるカナダと、その他のマイクロキャップ、米国のマイクロの一部を除けば、ETF二つの組合せで先進国の小型株式(マイクロをほとんど除く)を、おさえることが可能です。

iShares MSCI EAFE Small Cap Index Fund (SCZ): Overview
The iShares MSCI EAFE Small Cap Index Fund seeks to provide investment results that correspond generally to the price and yield performance, before fees and expenses, as represented by the MSCI EAFE Small Cap Index.

Vanguard - Vanguard Small-Cap ETF Overview
MSCI US Small Cap 1750 Index**

SCZとVBに投資すれば良いのです。現時点で、約2300銘柄に投資しています。SCZは、金が集まればまだ増えます。上限は分かりませんでした。MSCIコクサイとおそろい、うれしいMSCI揃えです。

MSCI揃えに拘らない、マイクロガッツリまではいいや、という場合は、S&P揃えもございます。

iShares S&P SmallCap 600 Index Fund (IJR): Overview
SPDR S&P International Small Cap ETF (GWX),
STBMWUU2 Fund Detail | SSgA Funds - Fund Detail

IJRとGWXのコンボです。現時点で、1100銘柄ちょっとに投資します。GWXは、資産が増えれば、インデックスの上限近辺まで銘柄がふくらむはずで、その際は、IJR+GWXで約4500銘柄に分散投資することになります。

MSCI、S&Pいずれも、Emerging Small ETFが準備中のため、MSCI AC WORLD Small銘柄もポートフォリオに加えることが可能になる
予定です。

個人投資家であれば、スモールキャップに振り分ける資金額は、時価総額準拠のパターンで、カナダ分やマイクロ分抜きを考慮して、株式に振り向ける資産総額の10から13%、切りが良いなら15%ぐらいが上限になると思います。10-15%というのは、仮に、国内にMSCI WORLD SmallなどのETFが上場しても、最低口数の都合から、定額積立をするには厳しいだろう額です。

中には小型株を30%でという、剛の者もいらっしゃるかもしれません。それでも、月に10万円を株式ファンドに入れるとして、1万から3万円です。月に3万円、15%を小型株なら、月額4500円で、ちょっと足して隔月で1万円を積むことになります。最終的には利益が極大化できるはずだから、小型株全力100%で行くぜというエクストリーム系は別として。しかし、それでも、ニッチな分野であるのは間違いありません。大手が参入しにくい分野です。

STAM グローバルREITインデックス・オープン
データ 投資信託の住信アセットマネジメント

最近、似たような状況にあったのが、グローバルREITインデックスファンドでした。あまり宣伝をしていなかったにも関わらず、STAM グローバルREITインデックス・オープンは、すでに17億円の資金を集めています。しかも、顧客の要望に押されたのか、あちこちのネット系証券が取り扱いをはじめるという、ちょっと信じられない光景も見られます。

ETFにのみ直接投資する投資信託は、法の規制で無理なはずですので、いったんファンドにパッケージする必要が出てくると思います。ETFにのみ投資するファンドに投資する投資信託という感じでしょうか。REITにのみ投資するファンドに投資する投資信託が近いかもしれません。

NETSのグローバルETFが東証に上場すれば厳しいかもしれませんが、そうでない場合は、グローバル小型株インデックスファンドを提供すれば、投資家から、歓喜をもって迎えられるのではないか、実際に組まれれば、ネット証券各社が、STAM グローバルREITインデックス・オープンのように、顧客の声に押されて取り扱いを自主的に開始するのではとも思います。


MSCI コクナイ・シリーズ
小型株効果の検証の一手段として、インデックス・パフォーマンスで、MSCIコクナイ指数の10年来パフォーマンスがわかります。

小型株効果が存在せずとも、投資家の性分として、MSCIで市場平均系ならブロードマーケット、せめてMSCIコクナイなら1500じゃないとヤダというのはあるはずです。ほんとは、バリュー系がいいというのは置いておいても。

ブロードかコクナイ1500であれば、指数の銘柄入れ替え問題で、コバンザメ投資法が自分のポートフォリオに向けられた際の影響を極めて小さくすることが可能になります。ラッセルノムラスモールコアとは違うのです。

ヘタリア *心のそこからヘタレイタリアをマンセーする*
http://www.geocities.jp/himaruya/hetaria/manga.htm
飛び越せ!カナダさん
http://www.geocities.jp/himaruya/cnd.html
しかし、スモールキャップETFでもカナダは外されるとは……
カナダ企業がスモールキャップからでかくなったら、米国企業にさくっと買収されちゃうので、組み込むのは面倒だったのかな。
posted by ことばもないひと at 13:26 | 日記

2008年04月25日

振り子の金融史観を読んで筆者の本望を果たす?

振り子の金融史観―金融史と資産運用
読みました。とりあえず、ボランティアで誤植報告。誤植を発見できる程度には読み込みましたという政治的なジェスチャーも含まれています。

20080425_001a.jpg
P24で、世界の株式・債券時価総額について「2006年末で100.8兆ドル」とあるので、円の表示単位は、レート不問で、1.2京円が正しいと思われます。

他にも、シゲール派としては、「株式投資」じゃなくて、「株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド」と紹介して欲しかったような。でも、このサイトも「振り子の金融史観 金融史と資産運用」と書いてないので、こだわり度は低いです。で、本望を果たす話題に。

P241 おわりに より引用
本書での筆者の見通しは、ファンドマネージャーとしての一市場参加者の見解に過ぎず、本書にちりばめられた金融史の断面を読者のみなさんが再構築していただくことで、筆者とは異なる見解を導き出すことができるのであれば、市場の多様性を深める契機となり、筆者の本望なのです。


20080425_005.jpg
20080425_006.jpg

一般的にはアクティブ運用による優位性は認めがたいものの、インフレ率が高位で変動する時期には、むしろアクティブ運用の優位性が高まっている点を再認識すべきではないでしょうか。


異なる見解を導き出せました。

20080425_004.jpg

この図は、敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのかからの引用です。

「振り子の金融史観」では、Go-Goファンドニフティフィフティ相場に触れられています。Go-Goファンドとニフティフィフティ相場で持ち上げられた銘柄が、その後どうなったかというのは織り込み済みのはずです。とくにニフティフィフティ銘柄とS&P500採用銘柄の重複も考慮済みのはず。

しかし、S&P500については詳細には語られていません。ということは、アクティブ運用が有利〜〜〜については、S&P500インデックスの銘柄入れ替え、S&P500インデックスがどのようなものか、また、どのようなものであったかが考慮されていないと考えます。

S&P500インデックス自体が、アクティブ運用のように、激しく銘柄を入れ替えした場合は、当然、S&P500に連動したインデックスファンドもアクティブ運用をしたファンドのようになります。

S&P500インデックスファンドは、市場平均に連動したパッシブ運用のファンドという扱いで、投資家一般の認識では今はほとんど間違いありません。が、歴史的に見ると、違った風景が見えてきます。また、S&P500は、分類上ではLarge Cap Blendです。しかも、ちょっぴりグロース寄りである時期が長いのです。小型株効果無し。バリューアノマリー効果無しの指数です。

グロース寄りになるのは、スピンオフやIPOでいきなり大型上場してS&P500に採用されないかぎりは、ミッドキャップ、下からあがってくる際に、どうしてもそうなりがちなためだと睨んでいます。裏はとっていません

さらに、S&P500は、生まれた時点では投資セクターが固定されていました。「時価総額加重平均インデックス(浮動株調整済)」ではなかったのです。いまでも違いますけど。歴史的な変遷を経て、いまの形に落ち着いています。

個人的には、狭義の「市場平均に連動したインデックスファンド」は、「時価総額加重平均インデックス(浮動株調整済)のトータルストックマーケットなもの」に投資するファンドだと思っています。

S&P500インデックスファンドを、アクティブ運用のファンドと比較する場合には、配当も含まれていないことが多いようです。言うなれば、日経225と日経225インデックスファンドをもって市場平均として、日経225インデックスファンドに勝った負けたを率で表したものが、敗者のゲーム冒頭にある引用した図だと思う次第です。

その図と、その図からの数値を取り出した計算をもって、インフレ局面であれ、(そうでない局面であれ、)パッシブ運用に対してアクティブ運用の優位性が高まっているという結論は導き出せない。そのような見解を持つに至っています。

S&P500には銘柄入れ替えを狙うコバンザメ投資問題も常に存在します。比較対象となるアクティブ運用ファンドには、生き残りバイアスもあります。さらには、下げ相場においては、比較対象としたファンドにキャッシュポジションがある(あった)ものは、フルインベストのS&P500インデックス(ファンド)よりも有利だった。

上昇局面では、小型株が含まれているものは小型株効果分有利だった計算です。バリュー寄りのファンドであれば、バリュー効果分も有利だったでしょう。かつて、市場にかかわる機関投資家占有率が現在よりも低かった、時期は、それらの影響はさらに大きかったはずです。しかし、いまや、機関投資家の市場取引占有率はあがり、ミスのあったものが負けるのは、敗者のゲームに書かれている通りです。

他の要素としては、S&P500インデックスには、米国が本社でない銘柄、英国や欧州等、米国以外に本拠があり、米国市場と外国市場に二重上場している銘柄やADRも含まれていました。

米国以外で上場していた株式の分は、為替の影響も受けていました。しかも、その影響は2002年まで続いていました。時価総額が大きいもので言えば、オランダ本拠のロイヤル・ダッチ・ペトロリアムがS&P500から排除されたのも2002年です。

二重上場銘柄やADRには、米国上場銘柄には無い、リスクプレミアムと別種のプレミアムが乗ることもありました。いまでも二重上場銘柄やADRのプレミアム問題はあります。(現地NAV掛ける為替レート以上に$で取引される)

資金が無い個人では厳しいので放り投げしますが、MSCI USA(小型株入り、配当税引き後再投資)のリターンデータをMSCIから、いくらになるのか分かりませんが引っ張りだして、S&P500のヒストリカルデータと比べれば、年率に慣らすと微差ながらも、長期では大きな違いになることが確認できると思います。

見解が導き出されたのは、全般に、エリス教授のせいでもあるなと思っています。

S&P500インデックスやファンドについてエリス教授の著作を見る際には、ボーグルと長い親交があり、しかも、Vanguardのえらい人になってしまったエリス教授が、Vanguardの看板商品S&P500インデックスファンドを、理論的に、精緻に、データの提示をともなって批判するわけにはいかない、ポジショントーク調整が必須と思います。


Vanguard Total Stock Market Index Fund
Investor Shares (VTSMX)

Vanguardの良心は、VTSMXのETFであるVTIは存在しても、S&P500インデックスファンドであるVFINXのETFは用意されていないこと表れているかもしれません。VTSMXは、当初、Dow Jones Wilshire 5000 Indexに連動していましたが、現在ではMSCI US Broad Market Indexに連動というのもポイントです。

株式ファンドが、インフレ局面では、とくに銘柄選択の重要性が高まることには激しく同意します。しかし、その銘柄選択は、アクティブ運用のファンドマネージャーにのみ可能というわけではなく、ファンダメンタルインデックスや、その他バリュー系インデックスでも可能であると考えます。そして、コスト分、インデックスでの選別が有利とも。

Vanguard Value Index Report (VIVAX) Total Returns
「振り子の金融史観」では、別の道も紹介されていましたが、とりあえず、S&P500インデックスの難を逃れるインデックスの実証例としては、Vanguardのバリューインデックスファンドを挙げることができます。

単なるバリューインデックスなラージキャップファンドですが、グロースの悪い面が大きくでた、ITバブルのダメージは軽減できています。S&P500も逃げることが出来ずに巻き込まれたITバブルのダメージを軽減。ただし、エンロン、ワールドコムがもたらした、企業会計不振ボトムは喰らってます。

それでも、バリューインデックスファンドを使ったドルコスト平均に近似した積立であれば、高値掴みの回数を減らせ、未来を保障するものではまったくないものの、いまの時点でのリターンの向上にはつながっています。Vanguardのものに限らず、現時点で、積立が容易なバリューインデックスファンドの日本での取り扱いが無いのが残念でなりません。(ETF、米国株式に限れば、なんとかDVYが該当するでしょうか、それでも、積立は困難です)

ファンダメンタルインデックスも、同じような効果が発揮できるであろうと、シーゲル教授と、シーゲル教授の思想と理論を実証実験している、WisdomTreeのETFに投資している身としては、そう信じています。

企業収益が大事な局面であれば、WisdomTreeのETFであれば、earnings系がいいかもしれません。

関連リンク
Standard & Poor's - Indices S&P 500
History and Structure of the Standard & Poor's 500

WisdomTree - Introduction
参考、引用文献は、右の「よすがの本」です。

アクティブ運用のファンドの優位性については異なる見解を持つに至りましたが、「振り子の金融史観」は、他の点については、金融史を網羅している良書だと思います。で、誤植を見つけるぐらいには読み込みました。bancoの語源なども勉強になります。ここ数日、このサイトや、他のだめぽブログの更新が滞ったのも読みふけっていたためです。

というわけで、この投稿のいちばん上のamazonリンクか、この振り子の金融史観―金融史と資産運用リンクから買ってください。じゃあの。
posted by ことばもないひと at 22:01 | 日記

2008年04月24日

ブラフレ(の中の人)は、相変わらず好き勝手やっていたようでうっとり

BlackRock Global Allocation C Report (MCLOX) Snapshot
なお、参照するものをMCLOXにし、日本のブラフレと信託報酬を近づけて、日本でブラフレに実際に投資した場合に得られるであろう、分配金再投資・税引き前リターンに近づけてみることを試みました。

ここで問題なのが、当方が勝手に比較ファンドに選んでいるだけで、実際のブラフレの中身はMLIIF グローバル・アロケーション・ファンド(US$)と、あとキャッシュリザーブ用のファンドが正しいです。

ブラックロック ::.. ファンド概要
ブラックロック・グローバル・フレキシブル・バランス・ファンド

日本での公式サイトはここです。

BlackRock Global Allocation Fund, Inc. (MCLOX)
米国公式サイトです。なんで、米国や日本の公式サイトでなく、モーニングスターなのかというと、

BlackRock Global Allocation C Report (MCLOX) Portfolio
2ヶ月前ほど前の情報になりますが、ショートポジションや他のETFホールドまで公開されているからです。日本でも金ETFのポジは公開されてますけど。ポジションを見ると、もう、はちめちゃにやりたい放題。

iShares Russell 2000 Index --- United States -3.32
S&P 500 Mar 08 --- --- 3.20

ホールドのトップに、ラッセル2000の売りが3%超、S&P500先物買いが3%超と、痺れるポートフォリオです。なお、GEネガティブサプライズは見事にくらったようです。

金ETFのポジが減っていますので、うまく利確したみたいです。踏みあげを喰らっていた日本国債10年物売りポジは消えています。もし、踏みあげがなかったら、日本でブラフレは無かったかもしれないと思うと感慨深いものがあります。運用額が大きいと、金をつっこめる先が限られてくるので、こういうこともあるかなという。

Morningstar.com - Fund Returns
1年越え、3年、5年のリターンを見ると、円高さえなければなという感じです。もともと、日本の投資家向けじゃなかったのでしょうがないんですけど。

BlackRock MCLOX Literature
しかし、米国でのbrochureでは表記されているのに、日本の販売資料(pdf)では、
Lipper Global Flexible Portfolio Funds Average
の線を消し去ったのは、やっぱりだめぽだったなあという。日本でもリッパー活動してるのに。

もっとも、日本の運用報告書では、かなり適切な参考指標を採用し、その指標に、ほぼ連動していますと、「実は、高コストな隠れインデックスファンドなのかも?」という、自らの懺悔を隠してはいません。ただ、その対象となるインデックスに連動したファンドが日本には存在しないため、有用な感じかもと思って、自分は投資しています。ナンピンもしました(w
posted by ことばもないひと at 00:43 | 日記

2008年04月23日

BRICs株式インデックス・ファンドの参考指標は配当抜きだそうです 追加

【本日の投信設定2】BRICs株式インデックス・ファンド
国内籍投信 投資信託ニュース ヘッジファンドクルーク
-HEDGE FUND KLUG-

あいかわらず、数ある新設定投信の中からツボを突きすぎるチョイスです。BRICs株式インデックス・ファンド。ファンド・オブ・ファンズ形式で運用のインデックスファンド、投資先はアイルランド籍の機関投資向けドル建てパッシブファンド、参考指標は配当抜き、3ヶ月ごとの分配と、やれることはぜんぶやる、という気合いが伺えます。さすがはGS先生です。と、同じことを前にも書いたような。

しかし、MSCI指数を参考指標に導入して、配当は抜きという水前寺清子スタイルは、いったいどこで確立されたのか、いつか調べてみたい気もします。

なお、「ベンチマークに採用しています」と、「参考指標として表示しています」の間には、けっこう差があります。投資運用側が好き勝手できる度は「参考指標として表示しています」の方が上です。

MSCI系で本家の、MSCIアセットマネジメントにもベンチマークに配当抜きはあります。さすがに、MSCI本筋のインデックスファンドで「MSCI指数を参考指標として表示しています」はできないと判断されたのか、ちゃんとベンチマークとして表記されています。

こっちは逆に、配当あり分アウトパフォームしていると不味いので無理してベンチマークにあわせようとしているものと、面倒くさくなったのか、フリーダムにアウトパフォームしている(ように見える)ものがあります。

モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント投信株式会社
ファンド情報
MSCIコクサイ・インデックス・ファンド
MSCIインデックス・セレクト・ファンドコクサイ・ポートフォリオ
月報内での比較日付は同じですので、見くらべてみるとミステリが楽しめます。

国際株式パッシブ運用型(ヘッジ無) 分類別サマリー
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/12238Summary.html
さらに、上記の無理くりの結果、大和の投資評価サービスで逆転現象が見られます。上昇相場ではフルインベストメントしており、信託報酬や回転率が低いパッシブファンドが良い成績を残します。

ですが、下降相場が一年も続くと、信託報酬がDCものより高くても、キャッシュポジションが他と比べて高いMSCIのファンドが微差ながらも勝利という罠です。キャッシュポジション・その他現金等の比率は、各ファンドの個別ページの運用状況の欄最下段で見ることができます。先物分等もはいっています。

GSのBRICsファンドでも、下げ相場では他と比べてよく見えるということが起こるかもしれません。3ヶ月ごとに分配する場合は、分配のためにある程度のキャッシュが必要になります。そのキャッシュポジションがあるのかないのか、下げ相場で効いているのかどうかを、みくらべる上で忘れないようにしたい感じです。

じゃあ、下げ相場ではパッシブ運用でもキャッシュポジションがあった方がいいの?

という疑問が湧いた場合は「そんなもんは、自前で現金比率をあげとけや!」という解が得られています。自前で2%のキャッシュポジションと、フルインベストしているファンドで、MSCIと同じか、それ以上の効果が得られたはずです。

なぜかというと、ファンド内部でのキャッシュポジションにも信託報酬はかかっているのです。そのコスト分だけ、自前でキャッシュポジが有利になります。とくに、パッシブ運用の場合は、なるだけフルインベストしてもらわないと困るということになります。機関投資家ならなおさら。
posted by ことばもないひと at 20:46 | 日記

2008年04月21日

分散と逆張りの勝利 訂正・追加

フォーブスETFランキング
海外籍投信 投資信託ニュース
ヘッジファンドクルーク -HEDGE FUND KLUG-

ローウェル氏はまず、大型株カテゴリーのトップに「iShares NYSE Composite Index(NYC)」を挙げている。ETFでは最も多額の資金を集めている最重要のカテゴリである。次いで「PowerShares Dynamic Large Cap Value ETF(PWV)」が利幅は縮小したものの2位のポジションを守った。

Exchange-Traded Fund Winners And Losers - Forbes.com
NYCとPWVが挙げられています。EFVも。が、

iShares NYSE Composite Index Fund (NYC): Overview
NYCには、HSBC,BPやTOTALが含まれています。たしかに分類すれば大型株ですが、まちがっても米国大型株式の部で比較するETFではありません。なんという不意打ち。BRK.BやTOYOTAもホールドしています。1300銘柄超。S&P GLOBAL 15001200あたりが比較対象とすべき指数でしょうか。

NYC,IOO,S&P500の配当込み3年比較
楽天証券やイートレードで取り扱いがあるS&P100ETF(100銘柄)のIOOとS&P500との比較です。IOOは時価総額が大きい世界の100銘柄に投資しています。規模が大きい分だけ、不況や不味い状況にも耐えるもくろみです。最悪の状況になったさい、つぶせない企業と判断され、どこからともなく助けの手が伸びてきたりして、株券が紙切れや、ほふり等だと、紙ももらえず価値のない電子記録になってほふられることを防いでくれます。

IOOの場合はトレードオフで小型株効果は捨てることになります。まだ上場されていませんが、NETSのGLOBAL 300 ETF(300銘柄)も同じようなリスク・リターンで、NYSEに上場という縛りがないため、全体の歪みはすくなくなるはずです。

InvescoPowerShares.com
- Dynamic Large Cap Value Portfolio - PWV

イコールウェイトインデックスで、ラージキャップバリュー銘柄等額投資ETFです。なんというダイナミズム。リバランスの度に、儲かっている銘柄を切り飛ばした金で、大きくやられている銘柄を買い付けるという暗黒面があります。かわりに、ツボにはまると大きなリターンが得られます。追加投資をしていけば、一種のバリューアベレージング(改良マーチンゲール)効果まで。

ただし、大きな逆境では死ぬ可能性があがります。なぜかというと、強い手札を切り飛ばして、弱い手札を揃えるということをやっているからです。赤黒だけじゃなく、緑の0、00が出たり、連続して赤か黒が続くと対象としたインデックスから大きく下方乖離し、追加投資の金が尽きると戦略は破綻します。しかし、魅力がある投資法ではあります。逆転勝利は概念として美しいのです。
posted by ことばもないひと at 23:32 | 日記

WisdomTreeのSAIを見るとイビデンが投資会社扱いされてました

イビデン株式会社
http://www.ibiden.co.jp/
これです。WisdomTreeのSAIなんですが、

WisdomTree International Industrial Sector Fund
IBIDEN CO., LTD. $20,699

1940年投資会社法での開示規定による開示によると、イビデンがなんでか保有対象として開示されてました。米国の規則では投資会社扱いです。持ち合い株が多いのでしょうか。

WisdomTree Japan Total Dividend Fund
MITSUBISHI UFJ FINANCIAL GROUP INC. $833,537
MIZUHO FINANCIAL GROUP, INC. 404,970
NIKKO CORDIAL CORP. 384,849
NOMURA HOLDINGS, INC. 509,400
SUMITOMO TRUST & BANKING INC. CO., LTD. (THE) 374,711

WisdomTree Japan High-Yielding Equity Fund
BANK OF YOKOHAMA LTD. (THE) $468,999
DAIWA SECURITIES GROUP, INC, 1,156,959
NIKKO CORDIAL CORP. 1,475,252
OKASAN HOLDINGS, INC. 124,667
SHINKO SECURITIES CO., LTD. 166,852

WisdomTree Japan SmallCap Dividend Fund
DAISHI BANK LTD. (THE) $380,350
KEIYO BANK LTD (THE) 323,523
JUROKU BANK LTD (THE) 334,288
OKASAN HOLDINGS, INC. 342,833
TOKAI TOKYO SECURITIES CO., LTD. 580,987

各ETFでホールドしているうちの、投資会社や証券、金融機関の投資額が開示されています。

SAIには、ほかにもWisdomTree役員(といっても従業員数よりも少ないです)のFundからの報酬が掲載されたりしています。トップで$6万です。えー。WisdomTreeのETFに役員が投資しているかどうかも開示されていますが、ちゃんと金をつっこんでいました。種別は不明。VanguardのSAIでは、敗者のゲームのエリス教授がS&P500(500銘柄)よりもラージキャップインデックスファンド(750銘柄ぐらい)に金を入れているという衝撃の事実もわかって楽しいです。

シーゲル教授がWisdomTreeのETFに金を入れているかどうかは確認できませんでした。アドバイザーだし、開示義務がないのかもしれません。シーゲル教授は、下手したらiSharesのインフレ対応債券ETFのTIPに全力投資しているかもしれないのがおそろしいところです。
posted by ことばもないひと at 20:54 | 日記

WisdomTree currency income ETF 各国通貨ETFはメー

Mayです。五月。弥生(まちがい)。サツキです。スタインハルトがトトロに見えたので、なんとなく。シーゲル教授はムスカに見えるの法則。一応、五月一日以降にはだしたいなと目論見書に書いてあります。いつかは決まってないようです。

WisdomTree - All ETFs
http://www.wisdomtree.com/etfs/index-currency.asp
他にSECへの申請があった、新興国通貨一括ETFの名前が見えませんが、おいおい出てくることでしょう。

中国元通貨ETFブラジルレアル通貨ETFは、たぶん人気がでると思います、自分も欲しい。くれ。わからないのは「短期、超短期債に投資するけど、MMFじゃねーゼー」っていっていることです。

じゃあ、なんですのん? The U.S. Current Income Fundは投資先に各種金融債があります。デュレーションは短いものの、AGGあたりと投資先は変わらないようです。

SHYだと国債だけなので、短期投資適格債+それ以外、だから、事実上元本保証されるであろう(たまに飛ぶけど)MMFとは性質が違うと言うことかもしれません。そもそも、WisodomTreeなので、ちょっぴり利回りの良いものに手を出すのはお約束です。

つうか、他のインターナショナルものは、通貨によって仕組みが違うっつーか。通貨。ユーロ、円ものは流石に流動性についてはブーたれていません。あと、円ETFは0.35%のフィーを取ったら、為替変動以外で利益がでるのかどうか心配になります。

目論見書(pdf)
中国元とブラジルレアル、インドルピーの短期債には、なかなか投資しづらい、できても高コストなので、欲しい人は多いと思います。人気が出るんじゃないかなあ。
posted by ことばもないひと at 19:50 | 日記

「ユーロでくれ」は天井フラグ?

ドル急落でユーロに存在感、米でも「ドルお断り」
: 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

USDEUR - United States Dollar in Euro - Google Finance
http://finance.google.com/finance?q=USDEUR
EURUSD - Euro in United States Dollar - Google Finance
http://finance.google.com/finance?q=EURusd
ちょっと急すぎるけど、いまはもう、ドルのマネーサプライが分からないのでなにがなにやら。ドル刷り輪転機大回転なら当然の帰結ながらも、そうじゃないなら、ユーロも大丈夫なのか。

ドルは買いだ!? (US Market Watch)
Doblog - EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ -
http://www.doblog.com/weblog/myblog/79961/328#328
グロース相場……うぇえ。いまのポジだと、XROだけが希望か。XRO増やすかなあ。

暗いニュースリンク: 米国カジノ経済が未来に残すものは何か
羅生門の世界を想像してしまいました。ただ、RBSも損失計上で、どこらへんから下落していくかという。やっぱり、米国投資家が油断しているいまこそKXIかVDCかな。

Consumer/Non-Cyclical - Google Finance
http://finance.google.com/finance?catid=52760568

VDC: - Vanguard Consumer Staples ETF
http://finance.google.com/finance?q=AMEX:VDC

KXI: - iShares S&P Global Consumer Staple(ETF)
http://finance.google.com/finance?q=kxi&hl=en
KXIは海外で買っても楽天証券に移管できる望みがあるけど、VDCは後が困る。Vanguardは日本市場に対してどう考えているんだろう。機関投資家を相手にするだけなのかな。
posted by ことばもないひと at 00:36 | 日記

2008年04月20日

やっと、iShares S&P Global Financials IXGの不完全性原因が分かる

iShares S&P Global Financials Report IXG Snapshot
Top 5 Holdings
HSBC Hldgs 3.41 %
Bank of America Corporation 2.97 %
J.P. Morgan Chase & Co. 2.54 %
Banco Santander Financial Services 2.25 %
Citigroup, Inc. 1.96 %

世界金融セクターETFですが、
iShares Dow Jones
U.S. Financial Sector Index Fund (IYF) Overview

なんか、金融セクター全体と動きが違うような? という感触がありました。で、よく見ると原因が分かりました。

Financial - Google Finance

Berkshire Hathaway Inc.
約$200Bの時価総額を持つ企業が指数から抜けていたわけです。IXGとS&P500とBRK.Aの長期比較です。BRK.Aは配当無しのため比較も簡単です。明らかに他と動きが違う。

ただ、googleではBRK.Aを金融セクターに入れていますが、実際は

Conglomerates - Google Finance
ここなのかも知れません。GEだって金融部門でかいし。でも、どのみち値動きが他と違います。
posted by ことばもないひと at 20:21 | 日記

2008年04月18日

ETFについてのアンケートに書いてコメントを書くと

ETFについてのアンケート
http://enq-maker.com/39jIOll

「結果を見る」のページ下段にある、ほかの方が寄せたコメント欄を見て、みんな優しい、そんなに欲張りでないことに気がつきました。

自分が脳で考えずに手で打ったコメントが

「新興国・小型株入りグローバルバリューETFくれ。」

えーっと、解説すると、MSCI ACWI Value ETFで、さらに、小型株も入っているやつだから、MSCI ACWI Total Stock Market Value ETFあたりをくれろと、さらっと書いて、

「うーん、フロンティアマーケットは要求に入れてない現実性の高さ、みんなも同じ思いだよね☆」 

と思って結果を見ると……

全然違いました。

あ、あれ?
posted by ことばもないひと at 20:48 | 日記

NETSで倒バク神殺し、なるか東証大戦略

神 = ACWI

東証 : TOPIX連動型上場投信(NETS TOPIX ETF)が、
NYSE Arcaに上場 運用会社は、
ノーザントラストグローバルインベストメンツ
http://www.tse.or.jp/news/200804/080417_a.html
ノーザントラストグローバルインベストメンツの ETFビジネス責任者であるPeter K. Ewing氏は、「我々は、急速に成長している市場に魅力的な上場商品を上場できたことを喜ばしく思う。本日のNETS™ の上場以前、米国投資家は、世界で幅広く認知されている国際的なベンチマーク指数に連動するETFの利用ができなかった。多くの投資家がこれらのベンチマーク指数を投資対象として利用しており、多額の資金が投下され、ベンチマーク指数のパフォーマンスと密接に関係がある。米国投資家もこれらのベンチマーク指数に対してアクセス可能になる。」と語っています。

他のETFと同様、NETS™は、従来の投資信託と比べ、比較的低コスト、より高い流動性(日々の売買とプライシング)、ポートフォリオの回転率を少なくし、信用売りも可能といった利点があります。NETS™は,機関投資家や個人投資家に利用可能で、証券会社の口座や登録投資アドバイザーを通じて購入可能です。(ETF は、指数対象株式の売買により費用面での便益に影響を与えることがあります。)



完全に思慮の外でしたが、発表されて見れば、TOPIX ETFを出すのに、東証が絡んでいないわけがありませんでしたという。そりゃそうです。TOPIXは東証株価指数なんですから。東証株価指数のETFを、東証と関係なく勝手に出せるわけが無いのです。

TOPIX ETFをNYSE Arcaに出したのは、ノーザントラストグローバルインベストメンツです。

http://www.netsetfs.com/
ETF提供者としてNETSは後発です。後発なので厳しい状況に置かれています。ETF全体で見れば、預かり資産総額のトップはバークレイズです。最下段のETF League Tableを見てもらえれば分かりますが、BGI(バークレイズ)が二位のステートストリート、三位のバンガードに余裕で勝利しています。(つぶれかけ会社から立ち直り中である、WisdomTreeの9位もシビれます)

世界トップクラスの運用機関であるバークレイズが、機関投資家相手の薄利商売で鍛え上げられたノウハウを一般市場に持ち込んだのがETFなので、低いコスト、高い利便性でもって、世界各国、多くの投資家に受け入れられての預かり資産総額トップです。

しかし、米国における、単独のETF時価総額トップは、バークレイズと同じく、機関投資家相手の薄利商売・羊の血の池地獄で鍛え上げられたステートストリートのSPYです。バークレイズは屈辱を舐めつづけています。EFA+EEMでも、SPYの預かり資産総額におよびません。ETFの頂点はSPYなのです。

SPY≧IVV掛ける5 

なのです。

その屈辱をバネにしたのか、他の分野では負けないと円陣を組んで誓い合ったのか、先に挙げたEFAやEEM等を送り出し、米国以外の国際分野に投資するETFでは、バークレイズが上位です。ナスダックと金では勝負してません(もしくは、なってなません)けど。

だけど、各国でいろいろETFを売りさばいて、ETFの預かり資産総額でバークレイズの天下布武は見えてきたなってな感じになっています。市場平均インデックス派から見た場合は神ETFであるACWIを、競合と比べて先にローンチして、京に上洛という段階です。

じゃあ、そんなバークレイズの天下布武への道を覆すにはどうすればいいのか? ETFで桶狭間はおきるのか?

NETS Dow Jones Wilshire Global Total Market Index Fund
ACWIに先駆け、東証で雨の日に上場されれば、現代のおけはざまだぎゃ! ってなことになるんじゃないかと、思っているわけです。というか、妄想なんですけど。

現在、まともなグローバル株式ETFが存在しない日本において、東証の協力を得たNETSが、NETS Dow Jones Wilshire Global Total Marketを先行して上場させ、神ETFであるACWIを抜き、さらには、1600兆円あるらしいと吹聴されている日本国内の眠れる資金をかき集め、バークレイズをETF預かり資産で打ち倒す。


そんな、倒幕ならぬ、倒バクがなされることがあるのかもしれません。いや、ないこともないよね、確率的には。天文学的だとしても。斉藤社長は志の人なのですから。ポジショントークここにきわまれり。

『魁!! all world ETF』
NETS Dow Jones Wilshire Global Total Market Index ETFである!
http://401k.sblo.jp/article/11093472.html

NETS Dow Jones Wilshire Global Total Market Index ETFについては、上で解説しています。含まれている小型株効果がいかんなく発揮されれば、ACWIよりもリターンは上と、捕らぬ狸の皮算用です。



続きを読む
posted by ことばもないひと at 20:16 | 日記

2008年04月16日

Google Financeに新機能 Stock Screener

Google Finance: Stock Screener
そろばん玉を左右にスライドさせると、下のスクリーナー表示が連動して変わります。

時価総額大きめ、配当3%以上で絞った結果
見慣れた銘柄が並びます。リンクが簡単に張れるのが嬉しいですね。

生活必需品で配当多めで絞った結果。
MOの結果から見ると、スピンオフなどにはまだ対応していない感じ。13%(w しかし、この絞りで見ると、5銘柄中3銘柄を個別にホールドしてました。ぐ、googleに監視されてる?

UN - Unilever N.V. (ADR) - Google Finance
ITY - Imperial Tobacco Group PLC (ADR) - Google Finance
これも買えというgoogleのお告げかもしれません。おらくるくるくる。
posted by ことばもないひと at 23:35 | 日記

アイルランドに注目しているクマー

IRE: - Bank of Ireland (ADR)
http://finance.google.com/finance?q=ire&hl=en
IRE: GOV BK IRELAND ADS - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=IRE

アイルランド バブル - Google Search
Google news検索: アイルランド

^IETP: Basic Chart for ISEQ - 20 PRICE - Yahoo! Finance
Irish Stock Exchange
http://www.ise.ie/
バブル後にアレなことになった金融機関として、買うならIREをと思っていたりもするクマー。みずぽの奇跡ふたたびとか、心で欲豚が走り回っているクマー。
posted by ことばもないひと at 23:19 | 日記

Knowledge@Whartonサイトを見て日本はどこで間違ったのかと鼻汁を出す

Knowledge@Wharton
今の状況だと、まちがっても、日本語フォントが踊ることは無いわけでさみしい。「寿司」ぐらいは、何かの拍子で出てくるかもしれません。

YouTube - knowledgeatwhartonのチャンネル
http://jp.youtube.com/user/knowledgeatwharton
ただ、YouTubeで動画を見ることができるだけでも感謝したい。中国あからだと規制されていたりするので、裾野は日本の方が広いはずだけど、総数で負けかもしれません。うーん。

シーゲル教授は1年前にアジアに来た際に、韓国に寄っても日本には来なかったというエピソードもあります。ソウル空港のせいか。日本は見事にパスされています。シーゲル的にグローバルソリューションされちゃったのやも。

Yahoo! Personal Finance:
Calculators,Money Advice,Guides,& More
Jeremy Siegel, Ph.D. The Future for Investors
Why Korea Has a Bright Future
WisdomTree Emerging Markets Total Dividend
WisdomTree Emerging Markets Dividend Top 100
上記二つのインデックス公開はまだですが、WisdomTree Emerging Markets High-Yielding Equity Indexでは、台湾、ブラジルについで三番目の保有比率になっています。一方、日本は

WisdomTree Global High-Yielding Equity Index
フィリピンと仲良くならんで最下位です。ぱ、パッシング。

WisdomTree - WisdomTree DEFA Index
高配当絞りだと厳しめなので、WisdomTree DEFA Indexで見てみるとオーストラリアと同率三位です。EFA(pda)EFV(pdf)だとTOYOTAパワーで二位なのに、うーん。
posted by ことばもないひと at 23:05 | 日記

帰ってきたあらし

頭とシッポはくれてやれ! 
【株マンガ】「ゲームセンターあらし」が帰ってきた!
:投資&お金活用実践Webマガジン MONEYzine(マネージン)
http://moneyzine.jp/article/detail/44308
オンラインゲームでリアルマネートレードの先、単なるリアルマネーゲーム漫画が帰ってきたようです。
「こ これだ!」
これじゃないロボ
posted by ことばもないひと at 21:47 | 日記

せっかくだから、CIF Global Equity Fund ClassAも見てみます

投信会社をつくろう!森本新兒の挑戦記:誤解を生まないために。
- livedoor Blog(ブログ)

CIF Global Equity Fund ClassA
5年の騰落率 CIF Global Equity   62.0% (Index 76.0%)
設定来    CIF Global Equity 1,098.6% (Index812.3%)
(1969年12月31日設定)


CIF Global Equity Fund 
Fund facts

(リンク先はC shares / JPYになっています、修正方法は分かりませんでした。おろろ。以下はAのところから引っ張りました)
Lifetime 1,098.6 812.3 31 Mar 08

この数値は、どこで覚えたかは忘れましたが、覚えているものとだいたい一致する数値です。

Lifetime annualised 6.7 6.0 31 Mar 08

設定来の複利リターンだと0.7%の差ですが、さすがに、1969年からだとわずかの差が大きな違いになるようです。

MSCI WORLDがベンチマークとありますが、配当再投資がいつごろから加味されているのかは分かりません。ただ、CIF Global Equity Fund ClassAサイトの最下部には

Index: MSCI World Index with net dividends reinvested.

と書かれているので、ベンチマークには配当再投資が加味されているようです。しかも、費用引き後で複利リターン0.7%のアウトパフォームです。立派な数値です。

MSCI Barra Index Definitions
The following MSCI Total Return Indices are calculated:

* With Gross Dividends:
This series approximates the maximum possible dividend reinvestment. The amount reinvested is the entire dividend distributed to individuals resident in the country of the company, but does not include tax credits.

* With Net Dividends:
This series approximates the minimum possible dividend reinvestment. The dividend is reinvested after deduction of withholding tax, applying the rate to non-resident individuals who do not benefit from double taxation treaties. MSCI Barra uses withholding tax rates applicable to Luxembourg holding companies, as Luxembourg applies the highest rates.

他の要素として、after taxなどとは書かれていないので、税の要素があるようです。CIF Global Equity Fund ClassAは、税のきわめて少ないらしいと聞くルクセンブルク籍なので影響は限りなく少ないのかもしれません。

参照しているインデックスのMSCI WORLDも、税が安いかほぼ無いらしい、ルクセンブルク籍で計算されているかどうかは分かりませんでした。されているとは思います。

ルクセンブルクでの譲渡益・配当益に対しての課税は無いとして、0.05%だったかの資産税引き後のリターンが引かれているかどうかもわかりませんでした。分からないというか、当方が理解できる域に至ってないだけなので申し訳ない次第です。

ベンチマークは税引き後(二重課税のダメージは最大で計算し、配当再投資額が可能な限り最小になるようにして)再投資と書かれているようです。ベンチマークが引かれた税の総額も分かりませんでした。ただ、これは個人投資家であれば、インデックスファンドなどへ実際に投資した場合も必ず引かれるものですので、逆に、引かれた方が納得できる数値です。

CIF Global Equity Fund Fund facts C shares / JPY
Lifetime annualised 8.1 6.0 31 Mar 08

Total expense ratioが0.05%のクラスCだと、投資に必要な最低額がわかりませんでしたが、38年間でベンチマークを2.1%アウトパフォーム。1000%以上ベンチマークに勝ってうっとり。

Fund results are after fees and expenses. Class C shares were first priced on 3 Oct 2000. Prior results back to the launch of the fund relate to older share classes, adjusted where necessary to reflect the management fee of the recipient share class.

これにはうっかり。複雑ですね。
posted by ことばもないひと at 21:03 | 日記

RENAISSANCE EUROPEも見てみようと

投信会社をつくろう!森本新兒の挑戦記:誤解を生まないために。
- livedoor Blog(ブログ)

Comgest Renaissance Europe
5年のリターン Comgest  11.38% (Index  14.44%)
10年のリターン Comgest 10.15% (Index  5.16%)
設定来のリターンComgest 9.01% (Index  8.10%)
(1993年12月31日設定)



覚えている〜(略)でルネ(略)。

Présentation : Re (gb)
http://www.comgest.com/p-re-g.htm
http://www.comgest.com/perfs/Per_Renaissance.pdf
* As of 01/06/05, the MSCI Europe in USD is replaced by the MSCI Europe in EUR

Vanguard
- Vanguard European Stock Index Fund Investor Shares Overview

お昼も終わりで、残りはセルフサービスでお願いします。というか、ルネサンスのオフィシャルレポートが読めませんですた。pdfとかの不具合でなく、言語的という当方の能力不足によるもです。

USDEUR=X: Basic Chart for USD to EUR - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q/bc?s=USDEUR=X&t=5y
これもあわせて必要かなというぬるぽガッ的セルフサービス。ルネサンスがむしろ不利なパタンかも。
posted by ことばもないひと at 12:59 | 日記

comgest magellanを見てみる

投信会社をつくろう!森本新兒の挑戦記:誤解を生まないために。
- livedoor Blog(ブログ)

Comgest Magellan
5年のリターン Comgest  28.39% (Index  24.30%)
設定来のリターンComgest 11.13% (Index  5.12%)
(1994年12月30日設定)


Présentation : Mg (gb)
http://www.comgest.com/p-mg-g.htm
設定来のリターンが新興国株式インデックスに比べて多いな、というか、新興国株式インデックスのリターンが自分の覚えているものに比べてはるかに低いなと思ったので、よく確認してみました。

http://www.comgest.com/perfs/Per_Magellan.pdf
As of 01/01/06, the MSCI Emerging Markets was changed, becoming dividends reinvested

確認すると、MSCIのせいにしてしまう以外に無い結果でした。2006年より前10年ちょいは、比較しているインデックスに配当再投資が含まれて無い、じゃあ、含まれていたら、複利効果で今はどうなっていたのか? MSCIも酷なことをするものです。

配当再投資を効かせた、新興国株式の複利リターンを知りたい。そう場合は、Vanguardさまにおすがりすればよいという考えが閃きます。VEIEXがインデックスファンドで長期運用されているため、配当込みインデックスの投資家リターンの参考になるわけです。
Vanguard - Vanguard Emerging Markets Stock Index Fund
Investor Shares Overview

Average Annual Returns―Updated Quarterly as of 03/31/2008 (fee-adjusted)
Since Inception 05/04/1994 10.15%


- livedoor Blog(ブログ)
Comgest Magellan
5年のリターン Comgest  28.39% (Index  24.30%)
設定来のリターンComgest 11.13% (Index  5.12%)
(1994年12月30日設定)


設定来のリターン(Index  5.12%)
Since Inception 05/04/1994 10.15%
まあ、VEIEXは途中でインデックスがセレクトエマージングものから変わってますし、開始の日も違いますので、ほんとに参考になるのかどうかは分かりません。しかし、あらためて、配当再投資の複利効果おそるべしと、シーゲル派に安心の結末です。

WisdomTree
- WisdomTree Emerging Markets High-Yielding Equity Index

もっとも、いまシーゲル派で新興国投資ならVEIEX、VWOでなくDEMだよねやっぱりという感じ。
posted by ことばもないひと at 12:16 | 日記

設定来リターンを見るときは、アクティブ投信のインデックス化に注意を

かいたく投信 怒られついでにお願いをしたい次第です。
http://401k.sblo.jp/article/14071711.html

追加で余計なことを書くと、

Présentation : Re (gb)
http://www.comgest.com/p-re-g.htm
Présentation : Mg (gb)
http://www.comgest.com/p-mg-g.htm

資産総額が200億円を越えると、ボーグルの言うインデックス化・コスト分負けが起こる可能性があります。ボーグルが言っているのは米国小型・中型株式多めのアクティブファンドのことと割り引いて、さらにMSCI比率で考えて欧州ものアクティブだと、500-600億円ぐらいが、市場平均派だったら逃げ出したい分水嶺でしょうか。

エマージングは資産総額は判断できませんが、資産総額が増えるとアクティブ運用の困難度はあがっていくのは同じだと思います。ファンドなので税金がかからず逃げればいいのかもしれません。

そういえば、ファンドなので益出しに無税? というのも、各国の税制に疎い個人投資家には分からない話なんですが、オンラインで運用報告書が公開されようになれば詳細がわかるかもと期待しています。フランスについては、SICAV時点では法人税が無税まではcomgestの目論見書を読みました。フランスでも、日本で言う有価証券取引税はあるようです。これはタダかどうか。執行コストもナイスに下げるVMAXとかVWAP保障とかなんか個人にはない有利さがあるのかも。

モーニングスターセミナー:2008年1月18日
「インデックスファンドで基本ポートフォリオを構築しよう」
from MONEYKit|MONEYKit - ソニー銀行
http://moneykit.net/from/topics/topics169_02.html
国内株式型の主要アクティブファンドとインデックスファンドの売買回転率のところで、販売側が自らデータを出しているのでアレですが、マザーありといえ投資家レベルでは純資産総額が一桁違うファンドなので、投資家が逃げを打つと、比率で小さい方が不利に見えるはずです。

不利に見えてこの数値です。あと、中央三井日本株式は、先物入り分はコスト低下に有利だけどロールオーバー時のカウント方法がどうなっているんでしょう。どのみち他と比べて低い数値なので油断したなという感想。

Vanguard 500 Index Report (vfinx) Snapshot
ソニー銀行は、どうせならVFINXを持ち出せば良かったのに。

もうひとつの魅力が資産規模の制約を受けないことです。アクティブファンドは資産規模が大きくなっていくに連れて、パフォーマンスの優位性が落ちていきます。なぜなら資産規模が小さい方が機動性があるからです。例えば773億円を100銘柄に投資した場合、1銘柄につき7億7,000万円ずつになります。ところが、2,600億円のときに1銘柄につき7億7,000万円ずつ投資しようとすると、計400銘柄に投資しなければなりません。銘柄数を増やした分、アナリストなどの数を増員しなければならず、コストが上がります。

同じページにこんなことも書かれていました。FOFなら大丈夫なのかもしれません。調べてないでの申し訳ないですが、それは実際にお金を投資する人がなすべきだと放り投げしたい次第です。

なお、上記のソニー銀行のサイトのリンク先にある、集中投資のところについてはスルーしています。WisdomTreeだってそうだからというポジションです。銘柄減らしてもクソ株なら減らしてくれてありがたいよファンダメンタルインデックス波。いや、派。

銘柄が増えるとインデックス化していく一歩でもあるので、卵と鶏の話になります。
posted by ことばもないひと at 02:45 | 日記

かいたく投信 怒られついでにお願いをしたい次第です。

投信会社をつくろう!森本新兒の挑戦記
:ファンド・オブ・ファンズの意味について
- livedoor Blog(ブログ)


かいたく投信は何を開拓しようというのか? 追加
http://401k.sblo.jp/article/13976551.html

投信会社をつくろう!森本新兒の挑戦記
:誤解を生まないために。 - livedoor Blog(ブログ)

と、怒られましたが、googleボットが最大のお客さんのこのクマーサイトを見ていただいているということは単純に嬉しかったので、怒られついでに、お願いを勝手に書いてみたい次第です。

月報か四半期か年度で出されるか分からないのですが、運用報告書でベンチマークを採用してもらえれば望外の喜びです。ベンチマークを設定しないとかつれないことを言わず。

日本と新興国を含まれる全世界の株式に投資されるとのことですので、MSCI AC WORLD INDEXをベンチマークに採用していただきたいです。採用していただければ、投資先のファンドに小型株や中型株がちょっぴり多く入っていても比較する上で気にしません。

運用報告書のグラフに線一本を継ぎ足して書いていただければ、市場平均に連動したインデックスファンドに投資する投資家も祝福するでしょう。日本でも、本格的な全世界株式を対象としたファンドが誕生したんだな、と。

よく調べず書いていますが、MSCI AC WORLD INDEXをベンチマークにして運用報告書に書いてくれる日本で売っている投資信託は、シティバンクの売っている投信に1本か2本にあったかな? というぐらいですので、日本の独立系投信で初、「ベンチマークにMSCI AC WORLD INDEXを採用」してもらえれば、市場平均インデックス派も高い志に打たれること請け合いです。

少なくとも、私は感動します。

まあ、私が感動したからといって、なにも得になることは無いんですけど。

追記 調べたら、株式部分のベンチマークがMSCI AC WORLDにしたものが、レッグ・メイソン・ファンズ・シティセレクト・シリーズで株式と債券比率・通貨変更もので20本以上ありました。
posted by ことばもないひと at 00:59 | 日記

2008年04月15日

今日気がついたこと

金融セクターの株がまた下がったら底値買いでもしようかなと思って個別のサブプライム銘柄を観察していたら、

USB: US BANCORP - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=USB

UBS: UBS AG (NEW) - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=UBS

別の金融機関であることに、今日きがつきました。

USB: US Bancorp Stock Report Snapshot
被害すくなめ高配当株。ジム・クレーマーが推奨していたんですが「サブプライム被害少なめ」と言っていて、「え、UBSなんて、ど真ん中のどまんなかですやん」と勘違いしてました。USBだったという。

UBS: UBS AG Stock Report Snapshot
Vanguard WindsorとLongleaf Partnersが上位保有機関投資家に。といっても、全体としては少しですが。完全にバリュー株扱いです。
posted by ことばもないひと at 22:04 | 日記

あげパンのついでに、未来の山崎元ETFの愛称も提案

個人投資家向けの株価指数をつくりたい
山崎元のマネー経済の歩き方 ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/series/yamazaki_econo/10028/
世間の投資信託や投資顧問がばかばかしく思えるような、感じのいい指数ができると楽しい。親切な運用会社にこの指数に連動するETFをつくってもらい、仲間とその家族が食べられる程度の手数料をいただいてこの指数をメンテナンスする老後が、実現は難しそうだが、筆者の夢の一つだ。


あげパンついでに、山崎元算出指数ETFの愛称を未来にむかって全力放り投げ提案。やまざきげんと読むなら、やまげんで決まりですが、やまざきはじめと読むので、ここは一つ、日本だけでなく広くアジア・環太平洋の株も指数に組み込んでもらい、山崎元パンパシフィックETFで、はい、もうおわかりですね、

ヤマザキパン(ETF)


これしかないという愛称です。なお、日本小型株に特化した山崎元ETFの場合は、ヤマメがいいんじゃないでしょうか、などとブン投げ。yamazaki_hajimeで、中をすっとばしてyamameです。ヤンマーニ。

ヤマメ - Wikipedia
ヤマメは、北海道、東北地方では「ヤマベ」とも呼ばれる。2年魚でも全長は20cm程にしかならないが、ダム湖などに下り再び遡上してくるものは40cmに達するものもいる。

小型株から中型株への道がけわしいのと同じなのれす。
posted by ことばもないひと at 20:09 | 日記

上場インデックスファンド中国A株(パンダ)の愛称が決まりました。

上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300
日興アセットマネジメント


あげパン

上場インデックス中国A株(パンダ)CSI300 - 1322.t
じぶんで愛称を名乗るふてえ悪党はゆるさねえけど登録名称なのでしょうがないなら、こっちで愛称つけてやんYO! という目論みです。あげパン。値動きを見ると、どうも、アブラがまわったあげパンのようです。あげパン黄河流しの計。逆か。
posted by ことばもないひと at 19:52 | 日記

2008年04月13日

そういえばVHGEX

You Can Get The Whole World In One Fund - WSJ.com
いっこのファンドかETFでぜんぶ。

美しい概念ですが、実行は難しいです。が、最近だとACWIがあるのですよという記事で、NETSのDow Jones Wilshire Global Total Market Index exchange-traded fundも計画中。適当なことを言うと、あと二ヶ月ぐらいで上場なんじゃないかなという感じです。ACWIもそれぐらいだったから。で、記事は最後に

Vanguard - Vanguard Global Equity Fund Overview
Fund Snapshot - WSJ.com
VANGUARD HORIZON FUNDS:
VANGUARD GLOBAL EQUITY FUND; INVESTOR SHARES VHGEX

Vanguardのグロバルバリュー投資のアクティブファンドを紹介して終わっています。なんか、任天堂も購入しているし、あらためておそろしい子だと思いました。香港証券取引所もホールドとか、またあがるといいですね。

VHGEXの購入は何度も考えましたが、VHGEXを買うと投資活動が事実上終わるので見送りになっています。しかし、中国株を天井前で叩き売って逃げ切りなどの離れ業を見せてくれてますので、投資判断の参考に観察だけは怠らないようにしたいにゃーとも思っているわけです。

ローコストでバリュー系なので、長期投資の場合には、Vanguardが予定しているオールワールドETFやファンドを上回っていくだろうと思っています。あと、最新のポートフォリオ上位十位にPFEが含まれているのが実にナイス。(結局、ポジショントークかよ!)
posted by ことばもないひと at 20:40 | 日記

かいたく投信は何を開拓しようというのか? 追加

かいたく投信株式会社
http://www.kaitakuam.co.jp/

投信会社をつくろう!森本新兒の挑戦記
:ファンド・オブ・ファンズの意味について
- livedoor Blog(ブログ)
http://kaitakuam.livedoor.biz/archives/64988353.html
長期投資を貫いているキャピタルだって、コムジェストだって、売買回転率は20%から30%、つまり3年から5年で、割安なときに買った株を売って利益確定しています。

実はここにFoFの本当の意味があるのです。
何故ならFoFのファンドマネジャー、弊社だったら運用職人の松本がバリエーションの高いファンドを売って、利益確定していきます。
しかも、あくまでもファンドなので運用益に対しては課税されず、複利の雪だるま効果も享受できる。
時々FoFのファンドマネジャーって誰でも出来るだろう、いいファンドを組みわせるだけなのだからとか、FoFは運用じゃないっていうヒトがいたら、その人は運用を全く解っていません。

FoFは単なる良いファンドを組み合わせて提供する、コスト上乗せマシンではないのです。


日本の独立系投資信託会社とネット保険会社の実際はともかく、志だけは買っていたし、論難するつもりはなかったのですが、あんまりな飛ばし投稿に反応したしだいです。

基本ポートフォリオ: かいたく投信株式会社
http://www.kaitakuam.co.jp/fund/portfolio.php
以下の参考ファンドは組み入れる同一ファンドではありませんが、運用しているところと投資範囲は同じです。

CIF Global Equity Fund
5 yrs
CIF Global Equity 62.0%
Index 76.0%
31 Mar 08

Comgest Asset Management Funds - Yahoo! Finance UK
Comgest Growth Europe Fund Profile Price
- Yahoo! Finance UK

5 yrs
Comgest Growth Europe 84.23%
Sector (Equity Europe) 112.29%

Comgest Growth Greater China Fund Profile
Price - Yahoo! Finance UK

5 yrs
Comgest Growth Greater China 168.8%
Sector (Equity China (Greater)) 209.02%

Fund Performance Total Returns 
Comgest Growth Emerging Markets Acc ISIN:IE0033535182

3 Years Annualised 31.31%
+/- Index +2.21%
大健闘です。ただ、3年間の記録しかありません。アウトパフォームの理由はラテンアメリカへの投資がエマージングインデックスよりも多かったので、資源バブルに乗れました。以上。

ここしばらくは、運用が分かっていない方が良いリターンだったようです。特にcomgestは、創立の志(バフェット・ウェイ)は別にしても、分類するとファンドは名前も投資先もグロース系ですので、長期リターンはバリュー系どころか、市場平均にすら劣るでしょう。実際に、5年リターンでは劣っていたわけです。

投信会社をつくろう!森本新兒の挑戦記
:ファンド情報オープン - livedoor Blog(ブログ)

組入れファンドは
1.市場平均を上回る過去の運用実績
2.下げ相場に強みを発揮(ベンチマークに比較し下落が少ない)
という自慢のファンドばかりなのですが、アメリカ発のバブル崩壊を考慮し、地域別アセット・アロケーションはかなり保守的です。


組み入れるファンドの情報は少なく、どのへんで市場平均を上回っていたのかは分かりません。少なくとも全体コストは市場平均インデックスファンドよりも上です。バックテストの結果を晒してもらえれば良いのですが、それもありません。

資産の7割が、それぞれのインデックスに5年リターンで劣後しているかとんとんの実績を残しているcapitalとcomgestが運用する投信にぶっこまれる、さらにそれをマーケットタイミングしようと言うのですから、たんなる市場平均インデックスファンドやETFにリターンで勝てるかどうかは、さわかみのおっちゃんにすべてが掛かっています。

上で取り上げたComgestのファンドはマシな方なやつで、わかりやすい日本株の結果を張ってみます。
Fund Performance Total Returns 
Comgest Growth Japan Acc|ISIN:IE0004767087

日本株でラージキャップグロース投資した場合、当然の結末です。

しかし、どこかの独立系投資信託運用会社が、ACWIだけ買うFOFとかを別建てでやってくれないものかという感じです。KXIだけでも可。それ以外、なにをかいたくしようというのだろうか。

いや、WisdomTreeやiSharesのバリュー系ETFなら開拓してえ〜ん、と誘い受けしたい。バリューじゃなくなったら、市場平均インデックスファンドやグロース株ファンドに銘柄を売り渡してしまうナイス投資スタイル。

投信会社をつくろう!森本新兒の挑戦記:
誤解を生まないために。 - livedoor Blog(ブログ)

返信があったので、リンクを追加しています。ご迷惑をおかけしたようです。

なお、資源株への投資と書いてはいません。ラテンアメリカ・ブラジルへの投資で、為替でプラス分も資源バブルに乗っていたと考えています。高金利通貨国でも同じことが起こる、為替でプラスです。

実はここにFoFの本当の意味があるのです。
何故ならFoFのファンドマネジャー、弊社だったら運用職人の松本がバリエーションの高いファンドを売って、利益確定していきます。


マーケットタイミングについては、この部分に言及しているように書いたつもりでしたが、あまりうまく文章ができていなかったようです。申し訳ない。

バックテストについても、FOFにおけるファンド入れ替えの判断基準を外部化・定量化して公開して欲しいと要求していることになるので、あらためて考えると無理ということが分かりました。

すべてがうまく行き、活動される地域に投資が根付き、ACWIを上回るリターンでにっこり、このサイトはやっぱり終わっているなと確認できることを願っています。

数十年後に振り返り、ああ、そういえば、大して調べもせずに言いがかりをつけたサイトなんてのもありましたね、と、かいたく投信の投資家のみなさんと、笑っていただければ幸いです。

残念ながら、そうではない光景がありふれているだけに、本当にそう思っています。
posted by ことばもないひと at 19:51 | 日記

2008年04月10日

楽天証券がACWIをおねだり

投資入門講座/海外ETF入門講座 楽天証券
第10章 海外ETFの種類(1)〜グローバル・地域

MSCI World Index に新興国指数であるEEMを加えると、全世界株式指数MSCI All Country World Index (ACWI)となります。これひとつで全世界の株式市場に投資することと同様の効果を持つETFとなります。1つの銘柄でポートフォーリオが簡潔することで、単一の株式に投資することと比較して、高い分散効果を得ることが可能なことや、手数料等のコストパフォーマンスの向上、取引の容易さなどがあげられ、世界株ポートフォーリオの構築ができるACWIはまさに究極のETFといえるでしょう。

iShares MSCI All Country World Index (ACWI)は金融庁への届け出は行われておりません。

「バークレイズが金融庁に届け出たら、明日にでも取り扱ってやんよ!」
そういう意気込みが伺えます。しかし、日本で年度末をはさんでなければナーという感じです。プラス的な意味で。ひょっとしたら、届け出てくれないか、も、という恐怖は、はね除けていきたい所存です。

しかし、それとは別に、MSCI All Country World Indexに連動する投資信託があっても良いはずなんですが、新興国インデックスファンドがDCでのみやっとこというので、道は険しいようです。やっぱり、ACWIが先になるのかも。寂しい話です。
posted by ことばもないひと at 12:03 | 日記

イートレードの外国債券、償還金・利金が強制円転されなくなります

外国債券の償還金等の外貨決済サービス開始のお知らせ
〜利金、償還金等の現地通貨による決済が可能に〜

平成20年7月末を目処に当社の取扱う外国債券の利金、償還金、途中売却代金を当該債券の現地通貨で決済いただけるサービスを開始することとなりましたのでお知らせいたします。南アフリカ・ランドを含む外国債券の取扱い通貨全てにおいて外貨決済を可能とするサービスの導入は主要ネット証券では初めてとなります。

強制円転の不味いところは為替手数料が都度かかることですが、とりあえず、回避できるようになるようです。

ただ、外国債券を個別に買ってまともな債券ポートフォリオ、さらに株式含めた全体のポートフォリオを構築するのは、相当の資金量が無いと厳しいです。小口個人だとSTAM外国債券インデックスファンドの方が良いでしょう。分散は限りなくフリーランチです。

個人がヤマ勘で個別外国債券を購入しても、リターンは外国債券インデックスファンド以下になるでしょう。株式では効率・非効率でアクティブファンドが有効がどうかの論議は未だに可能ですが、債券市場ではケリは着いています。

「新興国市場は非効率なので、アクティブファンドも有用」と言っている投資信託運用・販売業界側のプロは「債券市場は極めて効率的なので、アクティブファンドは有害」と暗に認めているわけです。

外国債券の現地通貨受取は、富裕層向けサービス強化の一環なのかもしれません。あとは、米国以外で上場しているETFの取り扱い含む、外国市場の金融商品を取り扱うための準備なのかも。特に、オーストラリアETFはオーストラリアドル建てなので、イートレで導入される可能性があります。

日興で扱っている(すなわち、国内で金融庁に届け出がなされている)他の外国ETFだと

日興コーディアル証券 ETF:外国ETF 株式
http://www.nikko.co.jp/stock/connect/etf/gaikoku.html
streetTRACKS MSCI Europe ETF
SPDR S&P/ASX 200 Fund

あたりの取り扱いがあると嬉しいですね。現地市場で現地通貨建てなら、ひょっとしたらなんとかなるかもしれません。ユーロ市場のメジャーなものをドル建てで買うぐらいならギリギリ許容範囲かもしませんが、他の通貨の組合せは、なるべく避けたい感じです。

流動性の低さはコストでもあります。板の売買スプレッドの大きさは、0.3%の信託財産留保額を簡単に上回る大きなコストになります。ACWIなどなら許容するしかありませんが、個別国のETFに手を出し選択できる場合なら、なるべく流動性が大きい通貨建て(多くは現地通貨建て)を選択した方が良いでしょう。

などと言いつつ、WisdomTreeのETFを買ったりするわけです。でも、これは他に選択できないからしょうがありません。

PAIF(ABF汎アジア債券インデックス・ファンド)
この債券ETFはシステム的に無理そう。香港上場で香港ドル建てなら良かったんですが、米国ドル建てなのでネット証券では買えないという。本当の意味でのマルチマネー口座は、日本では、やはり腐っても鯛というか、まだまだ大手証券の独断場です。

イートレも、口座だけでもIB化して、マルチカレンシー対応になると個人投資家にも嬉しい感じです。でも、ACWIが来たら株式はいいかなという感じになるし、債券もグローバル債券ETFが用意されているしで、やるなら早めにしたほうがいいのやも。
posted by ことばもないひと at 11:47 | 日記

バークレイズの為替系インデックスETNふたつ

iPath Optimized Currency Carry ETN

JEM: BARCLAYS GEMS INDEX ETN - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=JEM%2C+
公式サイトでページを見つけることができませんでした。どこかにあるはずなんですが。ICIは逆に、ティッカーを打ち込んでもgoogleでもyahooでもダメという。どうなっているのかわかりません。

InvescoPowerShares.com
- DB G10 Currency Harvest Fund - DBV

同種の戦略を実行しているETNです。キャリートレード、ロングショートな感じをお手軽に実行可能です。でも、他の資産クラスと相関性が低いというのがバックテストの結果だったらしいのですが、なんか、いまは米ドルと他通貨はおろか、S&P500にもめちくちゃに連動した動きです。どうなっているのでしょうか。

このたぐいのETNは、どの通貨を買って、どの通貨をペアで売るのかが肝心なのですが、それぞれに特徴があります。個人的にはJEMが期待できるかな、通貨種類多いし新興国通過もありだから、ってな感じです。しかし、ETNにしちまえば、なんでも取引可能というのは米国でも同じなんですな。いや、米国が本家か。

ペーパーアセットならなんでも来いというのが、証券取引所の本質ってことを思い出させてくれます。需要があれば、カブトムシやクワガタも取引対象になりかねません。原点に帰って、チューリップとか上場しないかな(w 

チューリップ球根バックドセキュリティーズでTBS。うーん。なんというティッカーか。
posted by ことばもないひと at 00:54 | 日記

Northern trust ETF NETSシリーズ販売開始

NETS - Bringing foreign local markets home to you
http://www.netsetfs.com/
とりあえず、国別ETFのオーストラリアとイギリスものがローンチということになっています。旗艦ETFになるであろうオールワールドはまだです。

First Wave Of Northern Trust ETFs Set To Launch
- Breaking News


Dow Jones Wilshire » Global Indexes » Key Benefits
Dow Jones Wilshire Global Total Market Index(pdf)
NETSのオールワールドETFは、ダウの指数を採用しており、中型株や小型株を、ACWIやVanguardのものより多く含んでいるはずのETFです。ただ、資産が集まらないと銘柄数はしょんぼりの予感。まー、めぼしい大型・中型株は組み入れるでしょうから、指数にはほぼ連動するとは思いますけど。

AUS NETS S&P/ASX 200 Index Fund (Australia)
DAX NETS DAX Index Fund (Germany)
FRC NETS CAC40 Index Fund (France)
HKG NETS Hang Seng Index Fund (Hong Kong)
LDN NETS FTSE 100 Index Fund (United Kingdom)
TYI NETS TOPIX Index Fund (Japan)
公式サイトです。いずれも、エクスペンスレシオは0.47%と、戦略的なものになっています。iSharesの隙間ねらいでなく、まっこう勝負という気配。ちょっと予想外でした。

http://finance.yahoo.com/q?s=AUS
http://finance.yahoo.com/q?s=DAX
http://finance.yahoo.com/q?s=FRC
http://finance.yahoo.com/q?s=HKG
http://finance.yahoo.com/q?s=LDN
http://finance.yahoo.com/q?s=TYI

まだリンク先が無いものの方が多いですが、ティッカーは確定している模様ですので、yahooに先行リンク。しかし、結構ありえないティッカーが残っていたんですな。iShares、Spiders、Vipersはシリーズで統一優先しているがゆえの光景です。

用意されているNETSのETFはオーストラリア、ドイツ、フランス、香港、イギリス、日本と主要な国が揃っています。エクスペンスレシオ0.47%の香港ETFは、日本でも二重上場して欲しいものです。上記の中では、TOPIXが銘柄数が700越えと、外国人投資家にとって、一番興味をそそられるかもしれないETFになっています。

最終的にはMSCI JAPAN ETFであるEWJよりも銘柄数ははるかに多くなる計算です。なんか、まだ組み入れ中みたいで、ダイビルが一番とか、うーむ。

オールワールドETFもエクスペンスレシオが0.47%が上限のような気がします。ACWIとVanguardの間で0.3%ぐらいになると嬉しいですねとかってに予想、というか妄想します。iSharesに勝つにはそれしかないわけですが、どうなるものやら。
posted by ことばもないひと at 00:26 | 日記

2008年04月08日

債券大手のPIMCOが新ファンドでダウのターゲットイヤーインデックス採用

PIMCO Picks DJ Lifecycle Indexes For New Funds
- Breaking News

採用するダウの指数については以下で。

ダウ・ジョーンズ タゲットーイヤーインデックス改
の算出開始 the Dow Jones Real Return Target Date Indexes
http://401k.sblo.jp/article/11477848.html
債券もの大手のPIMCOなので、なんとか債券をねじ込める機会はないものか、それもいままでの顧客でなかった若い層に、となると、詰め合わせセットで売り込めばいいじゃん! という解にたどり着いた物と思われます。

カロリー半分で売り上げが倍、コーラカロリー半分理論です。(じゃあ、カロリーゼロだと売り上げ無限大かよ)

Funds By PIMCO Funds: Mutual Funds Center - Yahoo! Finance
http://biz.yahoo.com/p/fam/pimco_funds.html
Moderate AllocationとConvertiblesで補い切れない分をなんとかしようというのかもしれません。まあ、でも、債券をセットで若い層に長期投資とかなんとか言って売りたいというのが本音でしょう。しかも、投資家が年を取っていくと、債券の割り合いが自動的に増えるわけです。

一生株式全つっぱのシーゲル教授とかエリス教授などは、PIMCOにすれば敵。エネミーです。

それはそれとして、PIMCOは名の通った大手ですので、大手がターゲットイヤーインデックスをベンチマークに採用するという点で、意味は大きいです。

PIMCOの新しい投資信託は、残念ながら、ターゲットイヤーインデックスファンドでは無いようです。ベンチマークに採用しただけで。

が、ターゲットイヤーETFは既に存在し、ステートストリートなどの他の大手もターゲットイヤーETF参入予定です。ダウのターゲットイヤーインデックスを採用したインデックスファンドやETFも、いつか出てくることでしょう。
posted by ことばもないひと at 07:16 | 日記

2008年04月07日

ベトナムETFと(セレクト)フロンティアマーケットETFはIBで買えます

米ETF市場、農業ETFが好調―昨年夏の上場から50%上昇する銘柄も
海外籍投信 投資信託ニュースヘッジファンドクルーク
-HEDGE FUND KLUG-

ただし、マーケットウォッチの記者は「トレンドは永遠には続かない」として、「買い手注意」との警告を発している。(注:農業ETFのMOO、DBAは、現在のところ日本の証券会社では購入できない)

「現在のところ日本の証券会社では購入できない」
ヘッジファンドクルークで、いつのころからか日本の証券会社では購入できませんという但し書きが付くようになっていました。なんでかというと、おそらく、ナイスなリターンをもたらしそうな海外籍のETFを紹介するたびに「どこで買えますか、日本の証券会社の」という質問が飛び込んできていたものと思われます。返答するのが面倒くさくなったんでしょうね。

そもそも、ヘッジファンドクルークなのに、うっかり海外籍のETFを紹介して、その記事がETFブームにのってアクセスを集めてわけのわからない展開になっていると思われます。このサイトも一因か。

このサイトでも、以前に紹介したためか「ベトナムETFやフロンティアマーケットETFはどこで買えますか」という質問がごく希にあったりもします。取引が実際に成立するかどうか知りませんが、とりあえずIBで購入が可能です。上場していますので、欧州系のETFを取り扱っている当地の証券会社なら、どこでも購入可能です。

ドイツ銀行グループのETFなので、金融庁に届け出がなされれば、日本の証券会社でも購入が可能になるはずですが、まあ、届け出はなされないでしょう。

Exchange Traded Funds (ETFs)
DB X-Trackers FTSE VIETNAM ETF(ベトナムETF)
DB X-Trackers S&P SELECT FRONTIER ETF(フロンティアETF)
IBでは、ベトナムETFもフロンティアETFもラインナップされています。Lyxor ETF Russia以外のロシアETFもあります。UNICO i-tracker MSCI Worldなんてのも。

IBで完結できるなら、為替手数料も低く抑えることが可能です。なお、海外業者だからと言って、FXで派手に脱税している日本人が多かったら、がさ入れ時にべつの被害を喰らいます。

「セレクトフロンティアとフロンティアはどう違うのですか?」
という質問に先にお答えしておくと、フロンティアマーケットと呼ばれる国の中でも、さらに分類があるのです。

時価総額や流動性、浮動株の観点から金を突っ込んでも良さそうなフロンティアマーケットと、金を入れたら焼かれるだけっぽい、うろんな場所があるわけです。

2年前ぐらいだと新興国、エマージングもセレクトかそうでないかで、EEMとVWOの違いがありました。VWOは昔はセレクトものだったのです。しかし、フロンティアでさらにセレクトとなると、ADRだったりGDRで存在している銘柄をぽつぽつ購入しても、かなり連動することが可能になります。

スタンダード&プアーズ - Indices S&P Select Frontier
上記、IBでの取り扱いがあるDB X-Trackers S&P SELECT FRONTIER ETFの採用する指標ですが、9ヶ国30銘柄で構成されています。9ヶ国は、ブルガリア、コロンビア、カンボジア、ジャルダン、カザフスタン、パキスタン、パナマ、アラブ首長国連邦、ベトナムです。この先、世界の市場が安定して発展していけな、さらに増えていくかもしれませんが、当面は、9ヶ国30銘柄です。

クレイモアのフロンティアETFも、おそらく似た感じになるはずです。IBの口座においてFXでどれだけ無法なことがなされているか次第ですが、SECの審査も早くなるので、Firstradeで口座があるなら、ちょっと待ってクレイモアの方がいいかもしれません。

資産全体では3〜5%以下を振り分けるぐらいになると思います。「日本とー、日本以外の先進国とー、新興国とー、辺境でー、25%ずつ投資すりゅー」止めはしませんが、それはガソリンをかぶって火に飛び込むのと同じです。

MSCI Frontier ETFはまだ存在しないので、MSCI揃え派が活動するのは、まだまだ先になります。

IBKR - Interactive Brokers Group, Inc. - Google Finance
http://finance.google.com/finance?q=NASDAQ:IBKR
IBはナスダックに上場しています。
posted by ことばもないひと at 11:58 | 日記

大和の投信評価でDFC分類にターゲットイヤー型など追加

追加型株式投信 DFC ファンド・ユニバース分類情報
http://ita.dir.co.jp/ITAS/MainPage.html

株式債券国際バランス・ターゲットイヤー型 分類別サマリー
http://ita.dir.co.jp/ITAS/32342Summary.html
株式債券国際アセットアロケーション型 分類別サマリー
http://ita.dir.co.jp/ITAS/32351Summary.html
投資信託でホットな分野は上二つです。ターゲットイヤー型はDCものにしかまともな商品がないのが難点です。

分類の見直しにより、アセットアロケーション型の本数が一気に増えています。ブラフレももうすぐ一年リターンが見られるわけです。

その他・ETF型 分類別サマリー
http://ita.dir.co.jp/ITAS/99911Summary.html
将来的に見直し必至のETF型。いまのところは、何もかも一緒にされています。短期では金、長期では日経300が強すぎる展開です。5年リターンは銀行ETFですけど。

日経300には任天堂入り。日経225には任天堂無し、でもコナミとかは入っているよという、日経の銘柄選択チームの志の高さが伺えます。

日本株式だと、バリューやスモールがリターンが高く、次に何がくるのかというと、幅広い銘柄を集めたTOPIXでなく、大型株がリターンが高い傾向にあります。

これは、市場の成熟(煮詰まり)と、親子上場問題が絡んでいるのでは無いかと思っています。正確なところは分かりません。東証一部全体だから、とんでもない株が混じりすぎているというだけかもしれませんけど。とりあえず明白な割高株を排除できる、バリューETFの導入が待たれます。

その他・コモディティ型 分類別サマリー
http://ita.dir.co.jp/ITAS/99921Summary.html
コモディティはインデックス運用の勝利というありふれた展開です。

その他・オルタナティブ型 分類別サマリー
http://ita.dir.co.jp/ITAS/99941Summary.html
ロングショート地獄絵図。がんばれー。
posted by ことばもないひと at 10:37 | 日記

The Claymore/Zacks Sector Rotation ETFがローテーション

The Claymore/Zacks Sector Rotation ETF
最新のポートフォリオは右下の方に。
Claymore/Zacks Sector Rotation Report XRO Portfolio
Claymore/Zacks Sector Rotation Report XRO Portfolio
二月終わりのポートフォリオ。

ヘルスケアと生活必需品セクターを切り飛ばして、マテリアルセクターと金融セクターを取り入れています。会員制卸売りのコストコ(コスコ)も入っていますが、Retail/Wholesaleとしての組み入れのようです。つまり循環銘柄よりの銘柄として組み入れです。

昨年末に売り払って難を逃れた、中国人寿もふたたび組み入れ。これは、どうも、1〜3ヶ月の短いスパンでは上とThe Zacks Sector Rotation Indexでは判断されているようです。

まあ、ヘルスケアを切り飛ばしたくなるのもしょうがないかなという。年初来リターン比較、VHT(バンガードヘルスケア)、S&P500、XRO。ディフェンシブのはずが、メルクとシェリングプラウに引きずられた格好です。

しかし、XROはけっこう短期のサイクルも取りに行くのねという感じです。マテリアルはやば目と思うけど、数週間ならいいという判断なのかな。それって完全にアクティブ運用ですがな。

設定当初にはダメだった、債券ETFも組み込めていたらという感じです。
posted by ことばもないひと at 09:33 | 日記

2008年04月05日

ロイターの東証ETF記事 海外向けポジショントークで担当者も苦慮中のもよう

相次ぐETF上場で投資家の選択肢拡大、
残高増には時間必要の見方 Reuters

お時間をいただきたい。まだ、はじまったばかりなのですから。そういう記事です。だいたいロイターだったら、残高の具体的な額にも触れるのが常ですから、はちゃめちゃに武士の情けを掛けられています。

ETFを提供する金融機関側は投資家ニーズが大きいとみるが、市場の拡大には課題もある。業種別ETFの上場に関わった野村証券投資戦略マーケティング部ストラテジー・コンサルティング一課の松田直之課長代理によると「業種別ETFの開発はもともと機関投資家のニーズを踏まえてスタートした」。ETFは機動性が高く、空売りなども可能で「投資家がマーケットリスクを排除して業種間の強弱をとっていける」(松田氏)ほか、金融法人が投資制限などで個別株に投資できない場合もETFを通じて特定業種への投資が可能で使い勝手がいいという。

「自前でポートフォリオを組まずにETFを使う機関投資家が特定業種セクターリスクを機動的にとりにいくかボケ」という点をさらしあげるためにロイターの中の人も婉曲表現の極みです。

  ETF運用で世界トップのバークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)は、日本でも市場の成長余地が大きいとみて昨年から事業強化に乗り出した。世界で321本のETFを上場している同社は昨年、海外の債券や株式などの指数に連動する約50本の外国籍ETFを金融庁に届け出し、国内の品揃えを60本以上に拡大した。

「ETFを組み合わせることで簡単にグローバル分散投資ができるため、年金基金を含め国内機関投資家のニーズは大きい」(BGI日本法人の関塚健太郎・iシェアーズ営業総責任者)とみて、今後も追加投入するほか、顧客サポート向上のため、ETFに関わる人員を3倍に増やす。

 国内の取引所にETFを重複上場するかどうかについては未定。

重複上場未定ギャポー!

って、ぜひとも夜討ち朝駆けしていただきたいものです。でも、追加投入は嬉しいですね。バリューETFを金融庁に申請していただければ、あと楽天証券で勝手に売ってくれると思います。楽天で買うような投資家はサポート不要の、だまっていてもお金をくれる投資家なのでおぬぬめ。
posted by ことばもないひと at 07:23 | 日記

CLAYMORE/BNY FRONTIER SELECT DR INDEX ETF  米国でFrontier ETFが準備中なものの

CLAYMORE/BNY FRONTIER SELECT DR INDEX ETF
PROSPECTUS

ETF Watch: March 14 – April 3 - Features
Claymore Seeks To Brave The Frontier

Claymore has filed with the SEC to create an ETF tracking frontier markets. Currently, there are no frontier ETFs trading on U.S. exchanges, although the area has been getting more attention lately and frontier market ETFs recently launched in Europe.

The Claymore/BNY Frontier Select DR Index Fund would track an index from the Bank of New York that includes 26 companies selected from a universe that covers nearly 40 frontier markets. The index includes only companies with float-adjusted market capitalizations of more than $100 million that have depositary receipts that trade on U.S. exchanges or the Luxembourg Stock Exchange.


当初はADRかGDRで時価総額の大きい26銘柄のみの保有ということです。欧州で先行上場しているFRONTIER ETFもSELECTもので、それはしょうがないのですが、やっぱ、辺境市場はコスト高なので採算が取りにくいようです。ADRやらGDRオンリーだと、人気集中じのプレミアムの影響が薄まらないので、CEFよりマシかなという感じ。

安い時に買えるってことでもありますが、それは人気が離散してみんなが逃げ出している時です。で、クレイモアだと、その時は償還しちゃうかも? という恐れをいだくとおもうので、勇者専用の剣なのやぽ。紹介記事もゲームのタイトル風だしなあ

Claymore Seeks To Brave The Frontier
クレクエか。
posted by ことばもないひと at 07:14 | 日記

2008年04月04日

イートレの海外ETFで還付があったらしいけれど

【ETF】株価指数連動型上場投信 12
223 名前: 220 投稿日: 2008/04/01(火) 20:49:58.80
ちなみに、
 口座管理>取引履歴>入出金明細>入出金区分:指定なし>[照会]
で見れた。IVVの分、4/1付で収益分配金を確認。

ついでに、自分の勉強不足を確認した。

EFA/EEMは、3/31付で米国源泉税還付でいくらか入金されてるんだけど、
これって本来は確定申告で取り戻す、と今まで言われていたもの??
それと、IVVの分は返ってきてないな〜


イートレで海外ETFを保有していないので詳細不明ながらも、この時期だと、二重課税分が戻ってきた! という誤解もあるかもしれませんが、その可能性は低いです。二重課税分の控除は日本在住の投資家のお仕事で、日本の課税当局からもどってくるものです。

藤田郁雄(銀座人)の最適ポートフォリオ
:SPDR S&P Emerging Middle East and Africa ETF
http://blog.livedoor.jp/ginzajin/archives/50991098.html
さらに、Firstrade (正確には RIDGE から)1042-S
フォームが週末に届いたのですが、これもまた別の機会に・・・。
# 明日は早朝から iDC なものでして;-)

青年投資家の藤田のおっちゃんさんも、イートレでも海外ETFをホールドされていたはずですので、ヒマになった時に、あわせて解説があるでしょう。他力本願。

まー、イートレで海外ETF、および海外現物株式非ホルダーが想像で言うと、

1 株式譲渡益に対する余計な課税分が戻ってきた
2 配当に対する余計な課税分が戻ってきた

イートレだと、米国株式の取引を開始する際に、W-8BENは非提出ですので、ETF内部で益出した時点と収益分配の時点で、予備源泉徴収(Backup Withholding)がなされているはずです。今の税率がいくらかは知りませんが、適用されていると30%近辺だったはずです。詳しくはググれ。

で、在日日本人の場合ですと、本来なら、米国株式の株式譲渡益(キャピタルゲイン)は米国では無税、配当(インカムゲイン)には米国で10%課税されます。したがって、予備源泉徴収された分は取りすぎの税率が適用されていますので、取られすぎ差額分は戻ってきます。

予備源泉徴収が無い場合は、当然、取られすぎの分がないので、還付もありません。

在日日本人の申告
参考リンク。

「それと、IVVの分は返ってきてないな〜」
あと、EFAとEEMで還付があり、IVVで還付無いの件ですが、
iShares MSCI EAFE Index Report EFA Tax Analysis
Potential Cap Gains Exposure % 17

iShares MSCI Emerging Markets Index Report EEM Tax Analysis
Potential Cap Gains Exposure % 17

iShares S&P 500 Index Report IVV Tax Analysis
Potential Cap Gains Exposure % -1

あるわけないなという感じです。

と、上記はイートレで還付を受けてない人間が適当に書いているので、信じないほうが良いでしょう。だいたい、iSharesのサイトでDistributionに関しての記述を見ないと、ほんとのことは分からないのです。

iSharesの公式サイトに、各ETFの短期キャピタルゲインとか長期キャピタルゲイン、配当分配に関しての記述があるはずですので、それと売買回転率と含み益、含み損の実現を計算して、30%ぐらい予備源泉徴収されたとして還付額と比較すると真実が見えてくるかもしれません。

しかし、それらの作業は、該当ETFに投資しているひとのなすべきことなのです。分からない方が能動的な租税回避行動じゃないと、あとで言い張れるかもしれませんので、放置おぬぬめ。
posted by ことばもないひと at 23:59 | 日記

2008年04月03日

ぐでぐでサブプライムマップ

The Big Picture
Today's Infoporn: Follow the Money in Global Dealmaking

俯瞰すると、あらためてぐでぐでぶりが浮かび上がってきます。ズブズブとも。

やっぱり、各国のSWFもサブプライム証券本体を持ってるんじゃないかなあ。口封じで資金供給じゃろ。

Real Estate Valuations, Homes for Sale,
Free Real Estate Information | Zillow Real Estate
http://www.zillow.com/
おうちの需給比は11.6から11.89に悪化。

【サーキットシティ】、サービス部門のリストラと
『アンオークション』住宅販促
:激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

建設大手のDRホートンは先週末、新築住宅をオークション価格で販売する期間限定&先着順『アンオークション(Unauction)』セールを行いました。最大で50%もディスカウントされるとあって徹夜組の行列ができたほどです。条件は事前審査で融資資格を得ていること、3,000〜5,000ドルの小切手を持参することです。この大成功から、赤字に陥っている建設会社は在庫処分もあり、『アンオークション』販促に追随しますね。

手垢のついていない新築がオークション価格の激安で売られると、既存の中古住宅はますます売れないし、さらに住宅価格が下がります。

わーっと買った人は、わーっと売る人でもあります。ライトニングラウンドは心躍りますが、それは、本来は売り抜けるときです。「上がってるぞ、これからも上がるぞ!」で買うと、下げると売りたくなるので、買った理由を思い出してホールドするか、マインドセットを切り替えて、早めに損切りできるようになるしかありません。

サブプライムだけでなく、これもぐでぐでな記事な感じ。
posted by ことばもないひと at 03:14 | 日記

Vanguardのall world ETFとIndex FundもSECに申請 Vanguard Global Stock Index Fund

Vanguard − Vanguard to introduce Global Stock Index Fund
Vanguard filed a registration statement on Wednesday, April 2, 2008, with the U.S. Securities and Exchange Commission (SEC) to offer a global equity index fund―Vanguard® Global Stock Index Fund. The fund will offer three share classes―Investor, Institutional, and ETFs―that are expected to be available in the second quarter of 2008. This will be Vanguard's first passively managed global index fund.


Vanguard/(R)/ Global Stock Index Fund
ソースは公式とSECサイトで確認を。

Vanguard Files For All-World Fund And ETF
Vanguard said today that it has filed a registration statement with the Securities and Exchange Commission to launch the Vanguard Global Stock Index Fund. The fund will be available as Investor shares, Institutional shares and ETF shares.

オールワールド市場にVanguardも参入しますの記事です。Vanguardのall world ETFのエクスペンスレシオは0.25%を予定しています。iSharesのACWIよりも0.1%低いです。人生の終盤に5千万円積み立てているなら、年に5万円ほど、iSharesと比較して、リスクフリーでゲットできる計算です。まあ、実際は採用するインデックス違いますけど。

なお、VWOとEEMの差から行くと、差は5万円では終わらないでしょう。米国人ならVanguardのETFで間違いないところです。Index Fundも準備されています。マネックスで取り扱いが無いのも間違いありません。

Global Stock Index Fundは、個人向けと機関投資家向けが用意されています。個人向けは、エクスペンスレシオ0.45%で、前払いのみかじめ料が0.15%です。

機関投資家向けは、最小投資金額は$500万で、エクスペンスレシオが0.20%、みかじめ料は無しです。マーケットタイミングでの売買を回避するため、個人、機関向け、いずれも、投資後2ヶ月以内で売却すると、2%の迷惑料金を徴収されます。

Vanguardのall eorld ETFが連動するインデックスは、the FTSE All-World Indexです。iSharesと同じでは意味が無いので、FTSEが選考された模様です。NETSはthe DJ Wilshire Global Stock Indexです。

あとは、S&Pとラッセルの指数を採用するETFがでるかどうかでしょうか。ただ、大手がガチな商品を出しているため、後になるほど厳しい展開になるでしょう。適当なことを言うと、ステートストリートがS&Pものを出すかもしれません。

市場平均での戦いはあきらめて、バリューか配当系のall world ETFが出てくることになるかもしれません。これは、一番乗りはWisdomTreeだと思っています。

Vanguard Global Stock Index Fundは、日本の機関投資家が投信にしたてて、国内販売してくれる可能性があります。FOFの組み込みとしても最適。0.6%のフィーを徴収しても、機関向けを組み込むのであれば、信託報酬が0.8%の全世界株式投信の完成です。

しかも、日本では信じられないことですが、純資産総額がふくれ上がると、VanguardのFundはエクスペンスレシオをどんどん下げてくれます。交渉とかしなくてもいいんですよ(w
posted by ことばもないひと at 02:33 | 日記

ACWIの取引量がACWXをさくっと越える

ACWI: ISHARES MSCI ACWI - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=acwi
ACWX: ISHARES MSCI EX US - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=acwx

初期の資産総額、iSharesの読みでは

ACWX(米国以外)>ACWI(先進国・新興国)

だったはずですが、ザラ場を見ていると、ACWIの方が取引量が多くなっている感じです。ACWXには競合ETFが多数ありますが、ACWIには、現時点では競合するETFが存在しません。NETSのオールワールドETFがくるまでは、独占市場はしばらく続くため、ACWXとの差は広がっていくのではないかと思います。

TOK: ISHARES MSCI KOKUSAI - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=tok
もちろん、抜かれてます。iSharesが速攻でACWIを金融庁に届け出るかと思っていたら、年度末の都合か、それとも直接上場をするつもりなのか、ACWIの国内販売は、現時点では実現していません。
posted by ことばもないひと at 02:03 | 日記

日本もいずれETFが充実するなら

New ETF provider launched on Xetra
Xetra、クセトラと読むのかゼートラと読むのか分かりませんが、ドイツの証券取引所に新しいETFが上場するというニュースです。

ETFlab
http://www.etflab.com/de
公式サイト。

Deutsche Börse Group - ETF Exchange Traded Funds
でまあ、中身は市場平均、EUのグロース、バリューと組合せと新しいものではありませんが、ETFが流行になれば、いずれETFに参入する企業が増えることが、ぷちぷちと証明され続けています。

いま、日本だと、野村、日興、大和ぐらいしか国内ではETFを上場させていません。この状況も変わってくることは間違いないことです。

で、いずれ参入して似たようなETFを出してシェアが取れない儲けも薄いということになるのであれば、先手を打って上場することを目指す方が良いのではないか思う次第です。

毎月分配型の外国(世界)債券ETFや、外国(世界)高配当株式ETFであれば、国際投信のグロソブやピクテのグローバル・インカムの再現が十分に可能と思います。毎月分配型ETFは、ガソリンの十円上げ下げが話題になる、目先重視の日本人に最適なETFのはず。

銀行と保険のファイアウォール規制がゆるめば、次は証券になる可能性もあります。米国のように銀行で株式含む証券の取引が可能になるのはずいぶん先かもしれませんが、これも不可避と思っています。

ソニー銀行など、ネットバンクでは広がって行くかも知れません。ネットバンクでは狙いとする層と重なりませんが、窓口銀行にひろがり、毎月分配型ETFと組み合わされば、大きな商売になるのではないでしょうか。
posted by ことばもないひと at 01:51 | 日記

2008年04月02日

インドのタタ・モータースが東証に

印タタ自動車、東証上場・日本預託証券第1号、今夏にも
株式交換での日本企業買収目当てかなと思います。

TTM: - Tata Motors Limited (ADR)
http://finance.google.com/finance?q=NYSE:TTM

TCL: - Tata Communications Limited (ADR)
http://finance.google.com/finance?q=NYSE:TCL

タタであれば、タタ・コミュニケーションズもJDRで来るかもしれません。ただ、

iPath ETNs - MSCI India Index ETN - Index Components
インド市場平均ETN。ETF転の計画あり。

WisdomTree - WisdomTree India Earnings Fund (EPI)
WisdomTreeのバリュー系インドETF。

InvescoPowerShares.com - India Portfolio - PIN
いつのまにか、頭にInvescoが付くようになったPowersharesのインドETF。これはグロース系です。

いずれも、タタ関連株は上位には入っていません。Tata Consultancy Services Ltd.がPowerSharesの10位に含まれているのみです。

インドも外国人投資家に対して規制がありますので、日本だとETFは厳しく、ETNということになると思います。それでも、せめて、個別銘柄でなく、国別ETNを用意して欲しい感じです。

さらに言えば、BRIC ETFの上場の方が望ましく、より広範囲の新興国株式ETFか、ACWIだったら、もう悩まなくて済むわけです。
posted by ことばもないひと at 10:52 | 日記

MO,PM,KFT

MOを売ってPMを買うべきか、それとも丸抱えすべきか、意外にも、PMを売ってMOを買うというのもありでは? と、ひたすら悩んでいました。結果、教科書通りに、丸抱え戦略で行こうということになりました。結果を見ると、たんに放置するだけです。

MO - Altria Group, Inc. - Google Finance
http://finance.google.com/finance?q=NYSE:MO
PM - Philip Morris International Inc. - Google Finance
http://finance.google.com/finance?q=pm
KFT - Kraft Foods Inc. - Google Finance
http://finance.google.com/finance?q=kft&hl=en

^VIX: Basic Chart for CBOE VOLATILITY INDEX
- Yahoo! Finance

リーマンの資本調達と、3月米供給管理協会(ISM)製造業景気指数が良かったので米国市場株価は大幅に上げています。が、なんとなく、だまし上げという感じです。4月決算発表の金融機関次第。

Google News - Business
http://news.google.co.jp/nwshp?ned=us&tab=wn&topic=b
ISM良し。ドル戻し。商品下落。彼岸が底なら言うことは無いのですが、そう簡単にはいきそうもありません。
posted by ことばもないひと at 00:49 | 日記