2007年12月31日

バークシャーハザウェイがモノラインに殴り込み

バフェット氏が金融保証事業に参入、米金融当局者らの喝采を浴びる
Geicoがコアにあるので、マルチラインの保険会社を所有する企業体がモノラインもはじめるという感じでしょうか。BRK-Bは配当が今まで無いのがポイントです。ただ、伝説に寄れば、BRK-Aは1回だけ配当があったとか。その1回の配当にまつわるエピソードは冗談なのか本当なのか分かりません。決定がなされたとき、トイレに行っていたとか。

バフェットよ、Berkshire Hathaway株は高すぎる!(上) -
米国投資情報満載!バロンズ日本語訳ブログ - Yahoo!ブログ

バフェットよ、Berkshire Hathaway株は高すぎる!(下) -
米国投資情報満載!バロンズ日本語訳ブログ - Yahoo!ブログ

バークシャーハザウェイだけでなく、保険会社はそろそろ買い時を迎えたのかもしれません。
posted by ことばもないひと at 00:00 | 日記

2007年12月27日

マネックス株を損切りクマー

もーあかん、、、損しまくり、、Part.791
          _(:゚:)_
          (__)
         (____) 
       ∩ |_ ●_ | ∩    餅代そんきり
        | ノ      ヽ     年越し蕎麦は
       /  ●   ● |    どんべえ確定クマー

いや、まるちゃん緑のたぬきの方がいいかな、年越し蕎麦は。うーむ。
posted by ことばもないひと at 22:38 | 日記

中国株式投資信託選びは暗黒宝探し

中国株投信にリターン格差 ETFシフト進む
NIKKEI NET 日経WagaMaga:資産運用−株式

日経金融新聞が12月14日付けで掲載した中国株投信の運用成績ランキングでは、過去3年で355%もの運用成績を記録した「JFチャイナ・アクティブ・オープン」(JPモルガン・アセット・マネジメント)が首位に輝いた。広くインデックスとして採用されているモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)チャイナ指数(円換算)の過去3年間の上昇率267%を100%近くオーバーする高リターンを挙げた。

比較対照に選ばれたのは、16の中国株投信。いずれも11月末までに3年以上の運用実績があり、純資産残高が10億円以上か、過去3年の月末純資産の平均が10億円以上で為替ヘッジを使わないという条件に当てはまるファンドだ。過去3年のリターンとリスクを比較した。その結果、16投信の過去3年の単純リターンは151〜355%と大きく差が開いた。上下約200%もの格差が存在する結果となり、投資家はどの投信を選ぶかで、得られるリターンにかなりの開きが生じることになる。


国際株式中国圏型(ヘッジ無) ランキング : 3年
http://ita.dir.co.jp/ITAS/121EFTSix.html
3年リターンでインデックスを上回ったのは3本のみです。3/16(17)。トップのJPモルガンの中国(圏)株式ファンドは3本ありますが、3年リターンでインデックスを上回ったのは1本です。ちなみに、そのインデックスに配当は含まれていません。税引き前配当込みベンチマークとの比較は以下に。

JPM チャイナアクティブオープン
JPM 昇龍
JPM JFグレーター・チャイナ・オープン
JPMの3本の中国(圏)株式ファンドです。グレーター・チャイナ・オープンが運用がもっとも長く、そして、現在はベンチマークに勝利しているファンドの未来を暗示しています。

フィデリティ チャイナフォーカスOP
ソシエテ 悟空
上位三つの残り二つのファンドです。泥沼の勝負とあいなっています。JPM チャイナアクティブオープンは、平成20年からベンチマークをMSCIチャイナ税引き後配当込み指数に変更します。ナイスガッツというか、根性のあるファンドマネージャーのようです。たんに特殊な性癖をもっているだけかもしれません。

5年リターンでトップは、三井住友のファンドです。
三井住友 ニュー・チャイナ・ファンド
三井住友 ニュー・チャイナ・ファンド 5年 43.50%
MSCI China TR USD  5年 44.70%

中国株式に投資しようと考え、あなたに特殊な性癖が無いのであれば、ETFがおすすめです。ETNでお茶を濁す手も。

他の新興国にも投資する場合は、EEMが比較的マシということになります。新興国全体の市場平均に賭ける最善ならVWOです。ただ、現時点では、VWOは、Vanguardが当局に届け出をするのを待つか、海外ネット証券で買うしかありません。
posted by ことばもないひと at 01:42 | 日記

2007年12月26日

国際・エマージング株式オープンの運用指図者から運用を予想

「スゴ6にはエマージング株式が入って無いなあ。どうしよ、手堅くEEMかなあ」
「イートレなら国際のエマージング株式オープンがあるにょろ」
「国際? グロソブの? 口数投資? よしてくれよおまいさん」
「運用指図を委託する先を見るにょろ」
「ウエリントン?」
「Vanguardのウエルズリー・インカム・ファンドの投資アドバイザリー組織にょろ」
「おっ、それは期待できるかも」

エマージング株式オープン - 国際投信投資顧問
マザーファンドの運用指図に関する権限をウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーに委託します。
MSCIインデックスに連動した投資先としては、EEMが存在しますが、円建て投資信託で毎月定額の積立がしたいというニーズを満たすことはできません。

国際株式その他エマージング型(ヘッジ無)
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/121ELFullList.html
あとは、外貨建てながらもフィデリティでFWFシリーズがあります。ベンチマークに比べて、今ひとつぱっとしません。

で、新しく運用開始される国際のエマージング株式オープンが、運用指図をウエリントンに委託するわけです。これは、もしかすると、イートレでは口数投資ながらも、スゴ6とかと組み合わせるのに適した新興国株式ファンドかもしれないわけです。

Wellington Management Languages Japanese
ウエリントンの日本サイト。英語サイトにしか書いてありませんが、個別のファンドを直接運用することは無いようです。運用指図をするのみ。じゃあ、ウエリントンが運用指図をしている新興国株式ファンドを見れば、どのような運用になるのかが予想できます。

Seligman Emerging Markets Fund Fact Sheet
http://www.seligman.com/fs/fs_fund_emerging_markets.html
Seligman Emerging Markets A Report (SHEMX) Snapshot
このファンドが、ウエリントンがファンドマネージャーのものです。

スタイル、ラージグロース。
ポートフォリオの上位10位中にEEM。

なんというか、良かった探しをすると、コストが高い割にはベンチマークにかなり連動しています。が、

にょろーん」な結果が予想されるというオチになりました。時間返して。
posted by ことばもないひと at 18:55 | 日記

2007年12月24日

先行き不安、KXIで万全?

My Way News - Unpaid Credit Cards Bedevil Americans
2005年に、アメリカの個人が資金繰りに行き詰まった際に追い込まれる破産法の処分先が、面倒なチャプター13になるように制限条項が増えたようです。その影響はじわじわと出ていました。

サブプライムローンなら家を手放したら家に関しての借金は終わり。また一からやり直し、当面の資金繰りはクレジットカードがあるさ、ってなもんなので良かった(良くはない)のですが、クレジットカードの場合はそうは行きません。無いと死ぬから。

しかし、無いと暮らせないはずのクレジットカードの借金を返済できないところまで追い込まれている人間が増えているという悪いニュースです。所得が上がるか金利が下がらないか、あるいはその両方が無いと状況の改善は無理な感じです。インフレの場合はダメージが増えます。

倒産法の企業金融に与える影響(pdf)

個人破産法
アメリカの個人破産手続きは、
チャプター7とチャプター13から構成される。前者は、債務者が差押除外財産を除く全財産を提供・清算し、債権者に配当することをもって、債務を免責する。4ヶ月程度という短期間でフレッシュ・スタートできる点に特徴がある。

また、差押除外財産には連邦統一基準と州基準12があり、どちらを適用するか選択できる。但し、州に対して、連邦統一基準の適用除外を認めている。

後者では、財産を没収されない代わりに、申請者が提出する返済計画案に従って、可処分所得(定期収入のうち生活維持に必要な費用を除いた部分) が返済に充てられる。

イギリスでも債務免除が認められているものの、アメリカより条件は厳しくなっている。徐々に条件緩和を行なう一方で、モラルハザードの防止のために誠実な債務者と不誠実な債務者の識別を重視する傾向にある。この点は、アメリカでも同様であり、2005年の破産濫用防止・消費者保護法によって、チャプター7の濫用を防止するための制限条項を追加している。


アメリカ人が選好するのはチャプター7の精算型です。なんで資金を管理されてお小遣い制度(チャプター13債務整理型)で生きて行かなきゃならねーんだよ、奴隷じゃねーんだ! 

上記のようなデストローイなパターンでなく、医療費や教育費でやむなく追い込まれたパターンもあります。

他にアメリカ連邦倒産法概観(pdf)も、おぬぬめです。

というわけで、そんな状況になっても耐えてくれるディデンシブセクター株を買えこの野郎(女郎)! という、たいへんに分かりやすいポジショントークと相成っております。

iShares S&P Global Consumers Staples Sector Index Fund
(KXI): Overview

iシェアーズ S&Pグローバル生活必需品セクター・インデックス・ファンド(KXI)ドキュメント・ライブラリー iShares
iShares S&P Global Consumer Staples KXI
自分の場合はKXIでなくKXI内部の銘柄で言えば、MO,KFT,BATをホールドしています。鬼ホールド。一生売らない予定。輪廻転生して来世でもホールドって、そりゃ無理だ。というわけで、みなさまがKXIをお買い上げいただくと、マネックス株で火傷中のマイポートフォリオにも癒しがもたらされるのれす。

生活必需品セクターでもバリュエーションは大事で、グロース、バリュー分けが可能です。生活必需品銘柄でグロースの代表がPG、バリューの代表がMOです。KXIだと分散が効き、個人では手を出しにくいネスレが含まれているのが最大のポイントでしょうか。

生活必需品セクターだと不況に負けません。経済の先行きが不安な時以外は跳ねませんので忍耐も必要です。跳ねる際には、「アメリカでは生活必需品セクターでもバブルがあった」ので、その点だけは忘れないようにしたい感じです。どんな銘柄でも、バリュエーションに関係なく買い上げられる場合もあるのです。

日本がバブルでブイブイ言わせていたころが、アメリカでの生活必需品セクターバブルの時代です。ニフティフィフティとかもありました。どんな時でもバリューエーションが物を言う。シーゲル教授のありがたいお言葉です。まあ、ニフティフィフティ銘柄のうちいくつかは、そのままホールドしておけば良かったわけですが
posted by ことばもないひと at 20:44 | 日記

WisdomTreeのETFで油断していたら分配がでてホンゲー

VMaxの投資のブログ: WisdomTreeのdistribution
WisdomTreeのETFについて配当支払いが今月21日付けで行われています。
WisdomTree Declares Distributions for ETFs(pdf)
ああ、DTDは分配があるのね、テラムダスとか思っていて、pdfを確認しないでいました。で、Firstrade口座においてキャッシュポジションが増えていたのはPFEかKFTの配当かな? ぐらいに思っていたわけです。実は、DTDではないWisdomTreeのETFの分配でした。超不意打ち。

D、DGSまで分配があるとか、そりゃないっすよシーゲル教授。

でも、ロングタームキャピタルゲインは発表通りにDTD以外はゼロでした。もっとも避けて欲しいショートタイムキャピタルゲインの分配は、どうやらポートフォリオのリバランスに伴うもののようです。これはしょうがない感じ。

分配は、ETF内部の配当平均マイナスエクスペンスレシオよりも少ないため、個別銘柄を買い分配金を再投資するよりも課税のダメージは抑えられています。各ETFを比較すると、利が乗っている高配当系ETFは分配が多めになっています。

しかし、無分配で課税当局からの卒業ってのは、なかなか難しいようです。バイクを盗んで走り出す勢いでやってほしい。日本国内だと、無分配型を歌っているのは、一部の変額年金保険ぐらいです。でも、その無分配型の変額年金保険は、そもそも税負担よりも運用コストの方が高く付くという罠。

この分だと、ゼロクーポンETFのEDVも、クーポン金利分の分配は無くても(というか、そもそもクーポンが無い)、償還時と債券売買時のキャピタルゲインの分配はありそうです。いや、無いわけが無いのか。とほほ。ボストン茶会事件くらわしたい。

米国内では、株式の二重課税(外国居住者分ではなく、企業の税引き後利益を配当する際の二重課税について)をなんとかする法改正が行われるかもしれないという話は聞きます。それだけでも実行になって欲しいものです。
posted by ことばもないひと at 12:29 | 日記

2007年12月23日

iSharesから、ドル建て新興国債券ETF iShares JPMorgan USD Emerging Markets Bond ETF EMB

Emerging Market Debt Gets Its Second ETF - Breaking News
2007 ETF Concepts Flow Into 2008 | ETF Trends
http://www.etftrends.com/2007/12/2007-etf-concep.html

現地通貨建ての新興国債券がブイブイ言わせていますが、なんだかんだいって、ドル建ての新興国債券は投資が比較的しやすいです。機関投資家ならまだしも、個人間での流動性ならETFにまとめて上場してくれているものが有り難くもあります。

そんな便利な新興国債券ETFが、iSharesにて組成・申請中です。

低コストでの新興国債券投資方法として、日本での販売も期待したい次第です。既存の新興国債券ETFではPowerSharesのPCYがありますが、こちらは、投信法が変わらない限りは、日本国内での投資が実現する可能性は低そうです。

iSharesは、債券ETFの日本市場への投入は積極的なため、米国で認められるのと同じ時期に金融庁への届け出がなされ、おそらくは楽天証券で取り扱いが始まるでしょう。

EMBはPCYとは違う新興国債券指数に連動します。PCYのページには、両方のグラフが乗っていて大変にためになるものとなっています。つうか、PCYのベンチマークがEMBになるという感じです。DB対JPM。

SPDR Lehman International Treasury Bond ETF (BWX)
State Street Global Advisors - Fund Detail
http://ssgafunds.com/etf/fund/etf_detail_BWX.jsp?tab=0
新興国債券ばっかりはヤダ! という場合に広域投資するETFは、BWXがあります。一応、米国抜きの世界の国債投資で新興国入りです。
posted by ことばもないひと at 21:19 | 日記

2007年12月21日

日本で上場してほしい売り豚系ETF ウルトラショートXoX指数 ETF

XoX
http://swallow.mints.ne.jp/
【暴落】’07クソ株大賞審議スレ【記憶に残るIR】
Technobahn - 株式ランキング 
http://www.technobahn.com/market/ranking/daily/ranking97.html
XoX指数算出に役立ちます。指数算出が休止中なのが残念至極。

空売りできるかどうかどころか、すでに取引のできない世界に旅立たれた銘柄も多数という。ニイウス コーは「配当優良銘柄だー」ぐらいに思っていて、買おうとしたこともありました。いい思い出です。遠い目。

証券系は高配当銘柄(に結果としてなってしまった)ものが多いので、業種別ETFが出たら配当利回りをチェックだけはしたいと思います。

182 名前: 山師さん [sage] 投稿日: 2007/10/22(月) 08:14:39.60 ID:4ZilQN/1
>>181          

             ↓東1の有力・優良・大型株

ヽ( IXI )人( IRI )人( IHI)ノ  ナカマー
すごいよなあ。
posted by ことばもないひと at 23:53 | 日記

ETF、パブリックコメント

「投資信託及び投資法人に関…:金融庁
http://www.fsa.go.jp/news/19/syouken/20071219-4.html
#
1. 改正の趣旨
投資信託は原則金銭信託でなければならないとされているところ、例外として金融庁長官が指定する株価指数に連動する現物拠出型の上場投資信託(いわゆるETF)については投資信託として認められている。

本告示案は、金融庁長官が指定する株価指数として22の指数を加えるものである。

投信法では、国内のETFとして上場するためには、指数として認められなくてはいけません。その指数を増やすことに対するパブリックコメントを求めています。パブリックコメントといえば、著作権がらみではパブリックコメントは軽視された格好です。

しかし、今回の指数追加のパブコメ募集では「これやります、文句のある奴はかかってきやがれ!」タイプですので、何をどうコメントしようと、指数は追加されるというのが大前提です。パブコメを送ったから、指数追加がなされないというのは、かなりありえません。

ですので、パブコメを送る際には、いかにして他の要求に対する回答を引き出すか、こんな不正があるので勘弁してくださいという、援護射撃のようなものを送ることが肝要と思います。

投資スタイル別バリュー・グロースや、商品もいいけど、日本人が一番金をつっこんでいる個別の投資信託は債券ものなんだから、外国債券指数や世界債券指数連動ETFもよろしこ。

とか、業績の分類が細かすぎ、外人の投資を誘うならセクター分類の方が好ましいとか、なんかそんな感じです。欲しい債券指数としては、シティグループ世界国債インデックス(除く日本、円換算)などが真っ先にあがります。国内債券ETFも存在すれば、ポートフォリオに幅がでるのではと思います。

今回のパブリックコメントでは、東証の算出する指数が目立ちます。一個以外、全部、東証の指数です。しかし、J-REIT指数は申し込まれていないようです。J-REIT指数は東証が算出していますので、J-REITについても、いずれ指数として認められる日がくるでしょう。J-REITを買うぐらいなら不動産業種ETFを買うかな? ってなもんですけど、それはそれとして。

セクター分類に関しては、いろいろな分け方があります。
株式市場におけるセクター分類(pdf)
iShares
http://www.ishares.co.jp/index2.html
iSharesのグローバルセクター別ETFでは10種類が存在します。

セクター分類に関しては、今回の指数指定では、電気・ガスがあるので、安定を求める人はJXIやKXIをまず念頭に置いてから、税金なんかが面倒くさいなあという場合に電気・ガスETFという選択肢も出てきます。儲かるかどうかは別として、変動幅は他と比べて狭いです。

債券指数の指定があり、外国債券、新興国債券ETFが出てくれば、不埒な毎月分配型ETFの被害を減らすことができるでしょう。日本で実現するかどうかは分かりませんが、ゼロクーポンETFへの道も開くことが可能になります。

唯一毛色の変わったS&P日本新興株一〇〇指数について。この新興一〇〇指数ETFと、QQQQのどっちを買いたい? と聞かれたときに、迷うことはありません。QQQQです。すでに認められている、ナスダック指数に連動するETFもあわせて上場してほしいものです。あと、ダウも。
東証 : 株価指数ラインナップ
TOPIX-17シリーズ(pdf)
TOPIX-17は、12月10日から算出が始まった指数で、過去のグラフは有償での提供となっています。それでも、リーフレットで10年間の期間収益率は公開されています。

先に挙げた電力・ガス以外では、食品、医薬品あたりが、買ってみたくなるETFでしょうか。

この先、商品指数についてはETFが組まれるかもしれません。しかし、忘れることなく、MSCI KOKUSAI指数や債券指数についてもパブリックコメントに要望とか意見を混ぜ込ませて、金融庁に送って行きたい所存です。体裁を整えておけば、金融庁の中のえらいひとが、きっと文章公開技術の粋を尽くして採用してくれるでしょう。たぶん。
posted by ことばもないひと at 16:41 | 日記

2007年12月19日

The Claymore/AlphaShares China Real Estate ETF TAO

The Claymore/AlphaShares China Real Estate ETF Overview
Buy Chinese Real Estate (With This ETF) - Breaking News
道教 - Wikipedia
ティッカーがTAOの、中国不動産ETFがNYSE arcaに上場しています。もう、危険な香りがゆんゆんですが、これほどまでに儲かるときは儲かり倒しそうなETFはありません。約50銘柄ほどに集中投資です。

ただ、TAO Investor GuideではMSCI Chinaよりもリスクリターンは控えめになっているという説明があります。しかし、土地は有限で、欲望は無限です。舞い上がる時は土地関係が上というのは、日本でも米国でも、そして、中国でも同じです。問題は、舞い上がるのがいつなのか、地に叩き付けられるのがいつのかということです。

キャッシュポジションが無いことも理由ですが、TAOに投資するつもりはありません。大きな出来高をともなって急上昇するようなことがあれば、一つのサインとして見逃さないようにしたいと思います。

TAO: Summary for CLAYMORE/ALPHASHARES - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=TAO
TOKとは違う出来高です。うーむ。

しかし、ここらへんのETFがひょこひょこ組まれる米国市場にアクセスができないというのは、この先、解禁や緩和があれば致命的だと思います。なので、マネックスはなんとか間に合うのかもしれないなあという、さっそくポジショントークをかましてみたい所存です。ナスあげろ〜、ダウあげろ〜。
posted by ことばもないひと at 23:32 | 日記

UBS グローバル・アンブレラ販売開始

UBS - グローバル・アンブレラ
いまのところ販売窓口が野村とUBS証券のみと極端に絞られていますが、窓口が広がると買いたくなるファンドと思います。とくに、コモディティとBRICは、インデックスファンドとして高く評価されてもいいはずです。油少なめコモディティ投資を、投資信託を通じてと考えた場合、現状、日本国内で最善なのではないでしょうか。

問題は、ネット証券系だと、カブドットコムかイートレードで扱うかどうかという、窓口の広がりが見込めない点にあります。スイッチングものなので、よほど気合いが無いと扱えません。そもそも、UBS証券のファンドは、ほとんど販売窓口が広がりません。

楽天証券か投信スーパーセンターで扱いがあれば、コモディティを組み込む、BRICに投資したい、よく見ると世界株式も良さそうという感じですので、好機があれば見逃さないようにしたいものです。
posted by ことばもないひと at 22:18 | 日記

年末にクマーの本領発揮

マネックス・ビーンズ・ホールディングス(株) 【東証1部:8698】
Yahoo!ファイナンス - 8698.t
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=8698.t&d=c&k=c3&z=m&h=on

ザラ場を見ていると、なんか、マネックスが安くなっていたので、キャッシュポジションもあり、なんとなく購入。数時間後、うつくしいまでに含み損状態になったクマ。

もーあかん、、、損しまくり、、Part.786

   ∩___∩     
   | ノ      ヽ/⌒) 
  /⌒) (゚)   (゚) | .|  
 / /   ( _●_)  ミ/    
.(  ヽ  |∪|  /  今年も確定申告で確定損繰り越し
 \    ヽノ /       
  /      /      

なぜ、MOでなく、MONEXなどをッッッ。MOOでも良かったのに。ちなみにビロニスト曹長です。

年末買い、6月下旬売りのアノマリーを試してみたいとか、そんなことを思っていたクマー。たぶん。というか、なんでキャッシュポジションがあったかということを忘れていました。

年越しの金でした。

大納会までになんとかなる? ならなかったら働くサイフでも解約して、年越しの金にしよう。その前に風邪を治さないと、またろくなことをしないに違いありません。

海外ETFを始めるのニュースが流れるまでホールドするのもいいかなあ。配当も3%越えだし。うーむ。いや、やはり、風邪を治さないで判断するのは差し控えた方がよさそう。
posted by ことばもないひと at 21:52 | 日記

バランス型ポートフォリオのインデックス

投資信託 VGウェルズリー・インカム/マネックス証券
マネックスの紹介ページでは、ウエルズリ『―』インカムフ『ア』ンドだったり、米国デラウェ『ラ』籍だったりするので検索にひっかからない部分もあるのかもしれません。

Vanguard Wellesley Income Fund、VWINXやら、ウエルズリー・インカムファンドで検索すると、時によって、公式サイトよりもこのサイトが上に来るのは、そのせいです。

で、VWINXを相変わらず保有しています。今年の12月分の分配金がMRF口座に振り込まれていました。分配金再投資が出来ればとは思います。せめて分配金のドル受け。分配金の外貨受けは、マネックスが海外ETFを扱う際にも問題になってくることです。

それはそれとして、見事なリターンです。ポートフォリオは、債券35−40%と高配当株式60−65%です。税引き前分配金再投資のリターングラフを見ると、思わずうっとりとしてしまいます。

VWINX(かVSCGX)にFirstradeで全力投資してあとは数十年間放置プレイということも、何度も考えました。でも、数十年なら株式の割合が多い方が良いと理詰めで自分を納得させて今に至ります。

Vanguard Wellesley Income Fund Investor Shares Overview
Vanguard Wellesley Income Report (vwinx) Snapshot
Vanguard Wellesley Income Report (VWINX) Total Returns
十年で見ると、きわめて安定した右肩上がりのチャートになります。繰り返しますが、これは、分配金再投資後のチャートです。また、一貫して右肩上がりだったということは、積立よりも、まとめて一括投資していた方が良かったことになります。

日本では、バランス型ファンドの場合には、複合インデックスが表示されないことが多々あります。バランス型ファンドといっても、ポートフォリオ内にしめる資産の割合によって一緒くたにはできませんが、多くのサイトの分類では、バランス型とひとくくりになっています。アセットアロケーション型で分けてあることもあります。しかし、そう細かく分けてあるわけではありません。

Dow Jones Portfolio Indexes
Relative Risk Portfolio Indexes

Dow Jones Portfolio Indexes
Relative Risk Portfolio Indexes(U.S. Only)

いちおう、インデックスは存在するわけです。連動しているファンドは無いようですが、インデックスを見れば、自分のポートフォリオや、投資しているバランス型のファンドの成績が、保守的なのか積極的なのかの参考になると思います。

株式全力、新興国や小型も商品もショートETFやETNも組み込んでいるゼーという場合には、ちょっと参考になるかどうかは分かりません。それは参考指標はなんになるんだろう。メリルリンチ・ファクター・インデックスかなあ。
posted by ことばもないひと at 11:05 | 日記

2007年12月18日

サブプライム問題の影響が豪州REITを越えてさらに広がっているようです

シドニー株式市場・大引け=続落、3カ月ぶりの安値で終了
マネーニュース 株式市場 Reuters

上場不動産投信(REIT)セントロ・プロパティーズ・グループの借り換え失敗問題が出て、豪州REIT・不動産株は大きく下げました。これは昨日の話です。

野村アセットも、あきらめレポートを出しています。

「2007年12月17日の豪州リートの急落」について
【海外REIT】野村G&家主等4【投信】
     V     ( ゚д゚ )
     [ □]   ムノ |
        ~~~~~ヘヘ ノ


…野村はサジ投げたようだな…。
今までREITが何度急降下しても、「まだ見込みは在ります」って言ってたのに、
今回ばかりは「 REITが落ちました。以上! 」で済ませてる…。


RWXに対して優位を保っていた、WisdomTreeのDRWも大きく下落しました。まだDRWが優位ですが、予断を許しません。

そして、バブルが弾けた? とか言われている英国はおろか、とうとう、こんなところまで影響が及んでいるようです。

高騰する月面の地価、米住宅市場の先行指標か
[ロンドン 17日 ロイター] ことしは米住宅市場の低迷で多数の投資家が痛手を被った一方、スイスの金融大手UBSによると、月面の土地1エーカーの値段は40%上昇したという。UBSのストラテジストは顧客向けリポートで、ネット上の新聞記事アーカイブを使って「独自のリサーチ」を行った結果、月の不動産価格の傾向が米住宅価格の先行指標になる可能性もあると冗談交じりに分析。

 同リポートによると、月面の地価は1997─2001年に急上昇した後、ドットコム・バブル崩壊後の2002─2003年にいったん下落。その後米住宅市場がピークを迎える9カ月前の2005年12月に過去最高の1エーカー=37ドルに上昇し、2007年1月には1エーカー=16ドルまで約56%下落した。

どう見てもクリスマス休暇モードです。
ほんとうにありがとうございました。
posted by ことばもないひと at 20:08 | 日記

高収益分野に大手企業が殴り込みのモデルケースの追加となるか VMWが凌ぐのか

U.S. FrontLine
マイクロソフト、仮想化技術を一般公開〜VMウェアに脅威か?


VMW: Summary for VMWARE, INC. - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=vmw

利幅の大きい隙間産業(ただし、これから成長する可能性大)に、全体の収益率が低い大企業が、わずかでも全体の収益率を高めようと乗り込んでくるととどうなるのか?

その隙間産業は、ガタガタになるパターンが圧倒的に多いです。特許などで防御していても、カルテルまがいの協定、もしくはカルテルを結べないと沈みます。VMWがそうなるのかどうか、抜け出すことが出来るのかを、観察していきたいと思います。
posted by ことばもないひと at 13:17 | 日記

2007年12月17日

今年はゼロ回答だった401kの今後はどうなるか 年次要望改革書にどう答えたか

時事ドットコム:401kは「ゼロ回答」
=特法税凍結3年延長−税制改正大綱

13日公表された与党の2008年度税制改正大綱で、企業年金税制の改正要望に関する検討結果が分かった。運用実績に応じて将来の給付額が変動する確定拠出年金(日本版401k)の見直しについて、大綱は従業員負担で掛け金を上乗せする「本人拠出」解禁などの要望をすべて見送った。

 厚生労働省は、401kの見直しで本人拠出の解禁のほか、(1)原則として自営業者が加入する「個人型」の対象者拡大(2)会社に企業年金がない従業員が「個人型」に加入する場合の拠出限度額の引き上げ−を要望。大綱は401kの見直しを「検討事項」と明記したため、09年度以降の改正でこれらの要望事項が改めて検討される見通しだ。
 一方、年金積立金に課税する「特別法人税(特法税)」については、今年度で凍結の期限が切れた後も3年間、凍結を延長することが認められた。


適格退職年金制度が存続している間は難しいのかもしれないと思うようになりました。三階建て部分であることに変わりはないようです。特別法人税は凍結ということになりました。解凍の機会を狙っているのは間違いありません。

日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく
日本国政府への米国政府要望書(仮訳) 2007 年10 月18 日

I-D. 確定拠出年金 高齢者の収入、労働移動性、投資教育を確保するという観点から、確定拠出年金制度の重要性やその改善の価値にかんがみ、米国は、日本が確定拠出年金制度の改善に継続して取り組むことを奨励する。具体的には、米国は日本に以下の取り組みを行うよう提言する。

I-D-1. 非課税拠出限度額を世界的な水準と同程度まで引き上げる。
I-D-2. 被雇用者拠出を認める。
I-D-3. 特別な事由がある場合、60歳前の積立金への早期アクセスを認める。
I-D-4. 加入者への投資助言サービスを認める。
I-D-5. 公的部門の職員に確定拠出年金制度を導入する


今回は、全部凍結となっていますが、拠出限度額の引き上げ、マッチング、早期アクセスは引き続き要求されて、回答しているので、いずれは実現しそうです。

今回は流していましたが、投資助言サービスで金を取ることを認めろやゴルァと言う、特別法人税よりも、なんかコストがかかりそうなこともねじ込もうとしています。

とは言え、元本保証型に金を積むパターンが大多数な現状では、確定拠出年金の意味がほぼないため、投資助言サービスは、初期段階では有効かもしれません。

で、黙殺というか、完全に口を閉じていたのが、公的部門の職員に確定拠出年金制度を導入しろというところです。公的部門の職員に関しては、米国では403bや457 planなどの制度があります。アメリカは、それをやれといっているようです。でも、そんなものは最初から無かったかのように扱っています。

三階建て部分を、グリーンピアなどにつっこまずに、確定給付で高利回りを実現できているなら、そちらが良いことは言うまでもありません。うかつに確定拠出年金制度を公的部門に持ち込むと、特別法人税を課される可能性もあるため、今後も話題になる可能性は低いでしょう。

逆に言えば、公的部門で確定拠出年金制度が導入されれば、特別法人税は凍結などではなく、すっぱりと廃止になるでしょう。
posted by ことばもないひと at 17:03 | 日記

2007年12月15日

「2008年はこうじゃろう」シーゲル教授のお告げです。

Outlook for 2008: Markets and the Economy

Outlook for 2007: Markets and the Economy
昨年の予想からはじまります。

一年を振り返り、S&P500とEFAだったら、昨年に続いてEFAが上だった、エマージングはすごかったと淡々と振り返っています。来年は、けっこう楽観的です。

不況を回避する。金利は3.5%が下限で来年半ばにはまたあがると見た。サブプライムの抵当流れは予想よりも少ないはず。

金融セクターのリターンはS&P500平均を上回ると信じている。原油先物価格が$120になると、ガソリンは1ガロン4$になるのできわめてまずい。これはリスクとしてある。

政治は選挙。オバマが頑張っているが、ヒラリーが来る。民主党は議席を維持する。そして、ヒラリーは株式にとっては悪い税制改悪をしないよね。譲渡益とか配当とかにたいする。そう信じている。

適当にまとめるとそんな感じですが、どうも希望含有率が多いような気がします。

S&P500に賭けるパターンでも、バイライトETNを利用するなどすると、ひどい一年になった時のダメージを軽減できるかもしれません。失敗しても、長期保有ならS&P500とほぼ同じリターンに戻せる可能性が高いというのはいい感じです。
posted by ことばもないひと at 22:44 | 日記

2007年12月14日

iSharesのグローバルイスラムETF販売開始

iShares.net Home page
http://www.ishares.eu/
* iShares MSCI World Islamic
* iShares MSCI Emerging Markets Islamic
* iShares MSCI USA Islamic

イスラムETF自体は、先回り買いを狙うか、イスラム教徒で信仰が厚い場合以外には、手を出すことに意味があるのかどうか判断できません。

ただ、サブプライムで被害を受けているような金融セクターを、ほぼ除外できるというメリットはあります。

上記ETFは、ロンドンのAIM上場です。意欲的かつ実験的なETFが、ほいほいロンドンで実現できるのは、AIMのおかげです。
London Stock Exchange - AIM

イギリスAIM市場の様なベンチャー市場にある
日本の市場にはない独自性って? トレピ.com


第46回金融審議会金融分科会…:金融庁
On Off and Beyond: イギリスAIMは上場のオフブロードウェーです
コスト安であることや、機関投資家の占有率が高いことが示されています。日本でもAIMのようなものを実現したいとありますが、機関投資家だけでやりたいなら、私設取引所で好きなだけやってください。AIMでは、4%とは言え個人が参加できる、しているというのがポイントです。

日本からだとIBを使って買えるかどうかといったところです。自分は、IB使用者じゃないため本当に買えるかどうか分かりません。
posted by ことばもないひと at 23:40 | 日記

イートレード401k利用者涙目、イートレでも12月19日よりTOKの取り扱い

米国ETF/TOK(12/19〜)・IJR・IYR(以上12/21〜)を新規追加
楽天証券と違い401kの客がいるのでやらないかと思ったら、対抗上TOKの取り扱いを開始するようです。その判断は正しいと思います。分配金の外貨受けができるため、イートレードは有利です。

揉めている税制改革が変な風に決定すれば、特定口座源泉徴収ありでも、場合によっては確定申告しないと脱税になるとなったら、さらにイートレが有利になります。

でも、イートレードで401kをやっている人は鼻血を吹き出す展開です。流動性リスクと税制変更リスクを負った商品のコストが、一般売りのものにタコ負けとか、むごすぎます。

とは言え、401kであれば、拠出額は全額控除、運用益は非課税、受取時の選択により、公的年金等控除退職所得控除が使えます。

掛けている人間が不慮の事故で亡くなった場合でも、遺族の受取が楽なのも401kのほうです。イートレで401kに加入されている方は、気を落とさずがんばってください。譲渡益に20%課税なら、特別法人税が掛けられても、最終的には401kでの運用の方が受取額は大きいはずです。

あ、上記の適当な試算は百五銀行でDIAMの外国株式インデックスファンドを使った場合です。イートレの現行の中央三井DC外国株式インデックスファンドだと、ちょっと分かりません。特別法人税を食らった場合の最低コストは、0.86%+1.173%。これは、うーむ、ペイできるのかな。控除条件次第か。

401kにETFを利用というのは、アメリカでも始まったばかりです。日本だと10年後ぐらいに実現するかも知れないという世界です。当面、イートレの401k利用者は、「運用商品除外要件の緩和がされるんだから、信託報酬が0.26%の外国株式インデックスファンドをイートレの401kでも扱ってくれ」と訴えていくのが有効と思います。

そういや、今度扱いがある、すみしんの外国株式インデックスファンドよりも、イートレ401kの外国株式インデックスファンドは高いコストだったりして。個人型の場合、他の大手証券も似たような状況なのが救いでしょうか。

厚生労働省:確定拠出年金制度
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/kyoshutsu/index.html
国民年金基金 / 個人型確定拠出年金
http://www.npfa.or.jp/401K/index.html
401k(確定拠出年金) - [All About マネー]All About
http://moneylife.allabout.co.jp/01000145/

2chの投資板系住民だと、ロスIRAとかの方がいいのかな。自分の年金運用でバクチをしてしまうモラルハザードリスクが高いので、やっぱりだめか。
posted by ことばもないひと at 19:48 | 日記

ときめき脱税、じゃなくて、課税繰り延べ複利運用 Vanguard Extended Duration Treasury ETF EDVが出ました

Vanguard Extended Duration Treasury ETF Overview
EDV: Not For Your Average Investor - Breaking News
ティッカーはEDVです。現時点では、yahooとgoogle financeでは違う銘柄が表示されます。Firstradeでは表示可能でした。エクスペンスレシオは0.14%です。TLTと真っ向勝負のETFとあいなっております。

一枚$95前後で推移しています。いまのところ、平均デュレーション他の、どのような債券をどんな割合で保有しているかなどは分かりません。ゼロクーポンばかり集めているのは間違いないです。平均利回り、平均残存年数などは不明、もうすぐ分かるでしょう。

まあ、連動する指数とおりのポートフォリオなんでしょうけど。

目論見書には分配は四半期ごとで、キャピタルゲイン分配は12月とあります。実際に分配するかどうかまでは分かりません。債券価格と金利についての注意点も、しっかりと明記されています。

金利が1%あがるとどれぐらい債券価格が落ちるか。金利が1%下がるとどれぐらい債券価格が上がるか。金利2%変動時の予想も書かれています。これは、なんども繰り返して覚えたい、かけ算の九九と同じです。

利回りが上昇(債券価格は下落)
利回りが下落(債券価格は上昇)

債券価格が上昇(利回りは下落)
債券価格が下落(利回りは上昇)

長期保有なら株式が良いのですが、債券を組み込むのに、TLT以外の選択肢は無いかという場合にEDVもいいなというか、内部・外部でのよけいな分配無しを狙うならEDVしかないという感じです。

債券投資がメインの個人でも、ゼロクーポンポートフォリオを構築するのは面倒です。EDVがあれば嬉しい人もいるでしょう。現行法下では、Vanguardが金融庁に届け出をしてくれない限り、個人は海外証券を利用することでしか買えません。

しかし、EDVは、ゼロクーポンばかりを集めているため、課税によるダメージはきわめて薄く出来そうです。ETF内部でゼロクーポンが償還期限を迎えても、個人投資家の手元に来るのではなく、ETF内部で保留されるわけです。

ゼロクーポン最大の問題である償還を避けるため、償還回避、額を計算して償還前売却とか面倒なことをやっている場合、代替手段として、このゼロクーポンETFは、海外証券会社に口座を開いてでも、ポートフォリオに組み込む価値は高いのではないでしょうか。「売買時のスプレッドは4%です」などという戯言を聞かなくて済むようになります。

ゼロクーポンで流動性を確保でき、気合いがあれば、5年以上保有していなくても譲渡益として、株式の売却損益と通算可能な点も見逃せません。しかし、つくづくマニアックなETFだと思います。

ゼロクーポン債 - 野村證券
ストリップス債 - 野村證券
posted by ことばもないひと at 14:48 | 日記

2007年12月13日

初日はVolume:100でした。 MSCI KOKUSAI ETF TOKは生き延びることができるのか?

TOK: Summary for - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=TOK
Last Trade: 49.54
Trade Time: 3:48PM ET
Open: 49.54
Bid: 0.25 x 1000
Ask: 399.99 x 1000

Day's Range: 49.54 - 49.54
Volume: 100

終わり前の十数分に、最低単位できたようです。形だけの出来高というか、これ買ったのは2chネラーの誰かかもしれません。本番は楽天証券で取り扱いがある17日以降でしょうが、iSharesのおっちゃんも頭を抱えていると思います。

「あのTOPIX ETFをかっと飛ばしたiSharesが、また、それも今度はNYSEで」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。とくに流動性に関しては機関投資家であればドン引きでしょう。

いちおう、公式サイトでは、日本人民の不安を払拭すべく、
ドキュメント・ライブラリー iShares
http://www.ishares.co.jp/product/index.html
にて、

目に見えない流動性 [PDF 692 KB]
― iシェアーズのETFならば ―
単なる出来高以上のものが存在
流動性は常に、顧客が投資対象を選定する際の重要な検討事項になる。株式の場合は、1日の平均出来高や時価総額に、取引所へ集まる買い手と売り手の本来の流動性が反映される。

iシェアーズのETFは株式と同様に取引されるため、その流動性の評価にあたり、株式と同様の指標を使用することを前提に考えるのは当然のことと思われる。

しかしながら、これはiシェアーズに関する最も一般的な誤解の1つである。

と、pdfのコピーを許可して「誤解です」「ETFに一般的な出来高=流動性という指標はあてはまらない場合があります」「すでに小切手を送付いたしました」「明日の朝になっても君を愛しているよベイベー」のたぐいの説明がなされています。

先進国株式への投資のため、かつ、MSCI KOKUSAI ETFに連動するインデックスファンドは国内で多数存在し、機関向けの販売も公示されているため、流動性の確保はそう困難ではないというのは理屈としては分かります。相対、現引き、裁定取引なりで、流動性は確保できる、はず、です、そういう場合もあります。(機関投資家の私設取引所における取引量増大の問題は別にあります)

TOKが上場したNYSEでは、個人の売買がしめる割合が多く、また、バイ&ホールド派が多いため、ポートフォリオ組み込みも思案中の段階ではないかと思います。

でも、やっぱり、目に見えない流動性よりも、目に見えた流動性があったほうが良いのは間違い無いわけで、日本時間で17日深夜からの本気出したところをNYSEで見せてほしい感じ。ハンター×ハンターが休載になるのがもう一週遅ければ、iSharesも本気を出せていたのかもしれません。
posted by ことばもないひと at 07:06 | 日記

2007年12月12日

MSCIなVALUE投資がしたいでがんす。モルスタだってバリュー投資の有効性を説くの巻 最新資料 作為的引用編

MSCI KOKUSAI ETFは、日本を除く先進国の大型・中型株式の、浮動株調整済時価総額加重平均とかなんかそんなのに連動するETFなわけです。

これは、日本を除く先進国の市場平均インデックスに連動したパッシブな投資ポートフォリオ完成が目的ならベストバイです。しかし、あなた、ちょっとまってくださいおくさん。手段と目的が逆転していませんかりんごをかじるとはぐきから血がでませんかの世界です。

もし、おくさん、あなたの投資の目的がリターンの最大化なら、別の解かつ買いがあるわけです。それは、MSCI KOKUSAI指数を算出している、モルスタグループのひとたちも言っているわけです。以前からよく引き合いに出していた資料はグローバル株式バリュー投資の利点です。これはグラフがたいへんに分かりやすいのでいまでもおすすめです。見た瞬間に答えが出るの図です。

しかし、いささか古くなったことは否めません。いまはグロース相場ざんすし。どうしたものか、なにかバリューインデックス投資に導く、ナイスな資料はないかと思っていました。

このたび、その新たな資料を発見しました。

Global Strategy Bulletin
モルガン・スタンレーのストラテジストおよびエコノミストの見解
MSCI バリュー、グロース指数を活用すると、先進国市場
ではバリュー株投資が長期的にグロース株をアウトパフォー
ムする傾向にあることが分かる(30 年間で年率2.6%)。新興
市場についても、過去10 年間にわたって両指数を比較する
と、上記に比べて小幅ではあるがバリュー株がアウトパ
フォームしている。さらに循環的な観点で見た場合、グロー
ス株に対するバリュー株のアウトパフォーマンスは世界経
済が悪化する中で先行き加速するものとみられる。我々は
バックテスト済みのカントリー・クオンツモデルにバリュー
バイアスを反映させている。同モデルに基づくと、アジア
で現在注目されるのは中国とインドのアンダーウエート、
台湾、タイ、マレーシア、韓国のオーバーウエートである。
一方、弊社Focus list に含まれる20 銘柄のうち14 銘柄の配
当利回りはMSCI EM 平均に比べて高い。


先進国ならバリュー、新興国でもどっちかというとバリューですおくさん。

あと、MSCI KOKUSAIの利害関係者トップ7人のうちiSharesのスタイル別ETFで、グロースETF:バリューETFに対する投資金額割合は、SAIが作成されたある時点では

グロース 1万ドル以上5万ドル以下
バリュー 50万ドル以上
ですよおくさん、ねえ、どうですか、iSharesに「バリュー系ETFもよろしくメカドッグ」のメールを送ってみませんか、「あんたはんとこのETFの指数をたくさん出してるモルスタのストラテジなんとかもバリュー投資っていってますフンガー」とか、言ったりしながら。いかがざあますか。
posted by ことばもないひと at 23:50 | 日記

同じタコと思っていた自分を恥じ入る次第です。斉藤惇は志の人 ETF含む東証の事業再生はなるか

第45回金融審議会金融分科会 金融庁
日時:平成19年10月17日(水)13:00〜15:00
場所:中央合同庁舎4号館9階 金融庁特別会議室
○ 事務局説明
○ 証券取引所よりヒアリング
* 東京証券取引所 斉藤 惇社長
* 大阪証券取引所 米田道生社長

現在の東証の社長である斉藤惇社長の、野村仕込みのトークが金融庁でも炸裂していたようです。野村證券の伝統的嵌め込みパワーを投資側として食らうのは勘弁したいですが、味方になると頼もしい感じです。

時と場所は金融庁特別会議室で、渡辺大臣もトークを聞いていたというのがポイントです。以下、引用。全体を読むにはリンク先で。

よく言われますように、アメリカのこの2,000兆円、実は持ち合いですとか法人持ち株というのはほとんどありませんので年金と信託を加えると、ニューヨークの市場は90%以上が個人ですから、この400兆から1,800兆に増えた1,400兆円分はアメリカ国民の可処分所得に変わったと、こういうふうな形で現在の国家というのは国民の富を増やし、国力を増やしているということでありますが、一方で、日本は先ほどご説明したような状況であったということであります。


「それはインフレ調整したらどれぐらいなのかね?」という論理的な質問を発するヒマを与えず畳みかけるさまは圧巻です。

ETFというのがあります。日本もETFはあることはあるのですが、実は投信を上場しますと証券会社の利益が非常に落ちてしまうわけですね、証券会社はネットでスプレッド売買をして利益を出している。しかしETFは投資家の立場から見ますと実はいろいろなコストが低いわけで、本当に日本の国民にこういう多くの商品を用意してあげたいという気持ちがあれば、私はETFの上場を促進すべきだと、証券会社にもそれはお願いしたいというふうに思うわけであります。


手数料自由化でガタ落ちになった証券会社の数少ない利益であるスプレッドに切り込んでいます。

ご案内のように金のETFは大証さんでは大変苦労なさって、二重三重のコストを使った商品になっている。ところが世界の、日本以外の投資家は全部金が現引できるETFで毎日取引をしているわけでありまして、個人金融資産を1,500兆円も持っている日本人だけがなぜこのような商品を使ってヘッジができないのか。もしインフレ等々になったときにわざわざ債券(引用でない補足:リンク債のこと)に一回変えて、それをまた包み変えたというようなETFをコストを使いながらやらなければいけない、現引こうとしたら引けないと、なぜ日本国民にそういうチャンスを与えないのかというのが私には非常にわからないところであります。もちろん、ほかにもいろいろここで捕まえられるものは大いに捕まえてETFの商品を並べないといけないと考えております。日本のETFは、ずっと11本ですが、その理由にはもちろん税金の関係もありまして、現在、金融庁長官の認可が一本一本必要だとなっておりまして、この辺も今検討がいろいろ進んでいると思いますが、是非レギュレーションの緩和を、少なくとも世界で行われている常識的なレベルにして頂きたいというふうに思っております。


え、これ、ほんとに東証の社長が言ったの? 監督庁の大臣を前に? 議事録に残して? 

そういう疑問が湧きました。で、調べてみると、今の東証の斉藤惇社長ならば、もしかすると、ETFに関しても個人投資家ふくむ日本国内の投資側に有益な改革をしてくれるのではないかという考えを持つに至りました。Firstradeで運用してますけど。

おそらくは広告主に配慮した断片的な情報で、東証の社長であるというだけで、前任者と同じなにかであると判断していた自分を深く恥じ入る次第です。

でも、この議事録の後段でインフレヘッジって自分で言っているから、前段のアメリカの個人の資産の増大をインフレ調整前の額面だけで印象づけるのは、やっぱり大臣を嵌め込んだんだなあ、たまらないよなあ、現引きできるとは言っても、現引きできる最低単位も言ってないし、さすが野村證券の血統です。

第45回金融審議会金融分科会第一部会議事次第
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/dai1/siryou/20071017.html
各国別のETFの純資産総額などがわかりやすくまとめられています。

[言論ブログ]斉藤惇
http://www.genron-npo.net/opinion/saito.html
斉藤 惇 - Google Search
なすべきをなすタイプな感じ。タコでなく茄子だったのかと。

考えるに、現場の人間が危機感を持っていないわけもなく、金融庁でのヒアリングの人選、議事録の公開、要所で大臣を呼んで嵌め込みでもいいから投資側のポジショントークをねじ込むなど、金融庁内部に、すげええらいひとがいるようです。
posted by ことばもないひと at 23:11 | 日記

MSCI KOKUSAI ETFの利害関係者はどのiSharesに投資しているのか?

http://www.ishares.com/
MSCI KOKUSAI ETFのティッカーであるTOKで検索しても個別ページは引っかかりませんでしたが、
MSCI Kokusai Index Fund Prospectus
MSCI Kokusai Index Fund Statement of Additional Information
目論見書(趣意書)と追加情報報告書(SAI)が引っかかりました。SAIの訳はイェール大学CFOに学ぶ投資哲学からによります。

目論見書でMSCI KOKUSAI ETFの分配方針の概要は分かりました。年一回の可能性が高いです。他にも分配を決定する権利を有しているとあります。二〜四回もやろうと思えばやれるようですが、おそらくはしないと思います。これは祈りですけど。

iShares Funds Estimated 2007 Year-End Capital Gains Distributions
http://www.ishares.com/topics/capgains.jhtml
WisdomTreeがシーゲル教授の指導のもと暴走しているだけで、メジャーな大手運用会社としては、キャピタルゲインがある場合は、年度末のキャピタルゲインの分配はなんだかんだ言って、目くらましとして行わざるを得ないようです。

WisdomTreeのETFでも一つは分配していました。iSharesでは16/146です。「一割を越えるETFでキャピタルゲイン分配を、ちゃんとやっています、ええ」という、課税当局に対する政治的なジェスチャーでしょうか。まあ、流石にゼロはいかんということでしょう。

以上については分配に対するiSharesの公式発表を待つのが確実です。「年一回、年度末キャピタルゲイン分配はゼロの可能性が高い」というのは、飛ばし記事の一環として書いてみました。

本題は、SAIの17(pdfページ表記なら20)にある、ファンドマネージャーのiShares ETFへの投資額です。七人中二人がDVYに投資していて微笑みました。

特徴的なのは債券ETFの所有が少なめだったことです。年金口座で個別に債券を買っているのかもしれません。あと、バリュー系ETFを多く買っている人間はいても、グロース系を多く買っている人間はいません。

七人で、概算すると30億円以上をiSharesのETFに突っ込んでいます。グロースETFへ投資しているのは一人で、投資先はS&P500 growth、その額は1万ドル以上5万ドル以下のみです。バリュー系ETFに投資しているのは二人で、額は50万ドル以上。まさに本音の資産運用。

ああ、これはiSharesのETFに対する投資額だけですので、他ではグロース投資もしているかもしれませんね(棒読み)。あと、この人たちはEFAにけっこう投資しています。七人中五人。ただ、EFVの登場が数年早かったら、EFAでなく、EFVに投資していたんだと思います。

日本の投資家にもバリュー系ETFを下さい。
posted by ことばもないひと at 21:09 | 日記

MSCI KOKUSAI ETF

iシェアーズ MSCI KOKUSAI(コクサイ)
インデックス・ファンド(TOK)
ドキュメント・ライブラリー iShares
http://www.ishares.co.jp/product/stocks/tok.html
外国証券内容説明書
MSCI KOKUSAIのETFがiSharesから提供されます。エクスペンスレシオは0.25%です。現時点では分配方針は明らかになっていません。EFA準拠で年に一回を希望したいものです。あと、日本国内での上場があれば、それにこしたことはありません。

iShares
http://www.ishares.co.jp/index2.html
バークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループ、
世界初、MSCIコクサイ・インデックス連動型ETFを日本市場へ新規投入

BGIグループ、世界初の
MSCIコクサイ・インデックス連動型ETFを投入

公式発表とニュース記事です。当初の取り扱い金融機関も書かれています。二重課税の問題はクリアされませんが、特定口座に放り込め、分配金のドル受けが可能な大手証券、野村、大和、日興での取り扱いは歓迎すべきことです。

楽天証券での取り扱いもあります。しかし、分配頻度によっては面倒なことになります。iSharesで分配がある場合は、保有銘柄の配当平均マイナスエクスペンスレシオのことが多いため、最大で年間に約2%の分配が予想されます。

最悪の状況を想定すると、MSCI KOKUSAI ETFが国内で上場しない、国内で上場しても外国部に上場する、そして、分配が年に4回で総計2%ほどになる。これが最悪のパターンです。

分配金の再投資が高コストな海外ETFの場合、分配回数が多いほど長期でのリターンが削られます。さらに、分配金には二重課税され、ダメージを軽減するには確定申告の必要もでてきます。さらに、確定申告をした場合は所得税と地方税に関して別の問題も出てきます。医療費控除などをする場合にも影響があります。

海外ETFもしくは外国部上場、年四回約2%分配(追加するなら、繰り越している確定損などが無い)という最悪パターンの場合、確定拠出年金を利用しない個人が投資できる外国株式インデックスファンドと比較して、エクスペンスレシオと回転率が低いというメリットがちまちまと削られることになります。

最善の場合だと、分配は年に一回で0〜0.5%ほどです。これでも積立が面倒なことには変わりはありません。これは、純資産総額が増え、MSCI KOKUSAI ETFのエクスペンスレシオが0.1%になっても変わらない不利な点です。

やはり、現行法下では、MSCI KOKUSAI ETFと言えども、投信法の指数指定を受けたETFとしての取り扱いが無いと厳しいと思います。そもそも、本来であれば、MSCI KOKUSAI ETFは、日本の証券会社が、日本市場において、日本の投資家のために組むべきETFだったはずです。

バークレイズがモルスタの指数を使って日本の投資家向けの金融商品を開発する。このような歪んだ状況を、出遅れでもいいから、なんとかしてほしいと願わずにはいられません。

iSharesのドキュメントライブラリーでは、一部のETFについて、分配に対する税引き後のリターン、売却後税引きリターンも公開されています。米国で上場しているものであれば、この分配金や売却後の税引き後リターン表示は期待できます。MSCI KOKUSAI ETFにおいても情報が開示されれば、税が最終リターンに及ぼす影響に対する良い資料になるでしょう。

ドキュメント・ライブラリー iShares
http://www.ishares.co.jp/product/index.html

iシェアーズ S&P 500 インデックス・ファンド(IVV)
ドキュメント・ライブラリー iShares
http://www.ishares.co.jp/product/stocks/ivv.html

ロンドン証券取引所で取り扱いがあるETFにおいて、ISA/PEP/SIPPで利用できるかどうかも示されている点も興味深いです。

ISA/PEP/SIPPは英国の年金口座で、
Individual Savings Account
Personal Equity Plan
Self-Invested Personal Pension
の略です。解説は以下に詳しいものがあります。

野村資本市場研究所 英国の証券投資優遇税制
http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2004/2004sum14.html
英国の証券投資優遇税制
日本でもiSharesは「401k口座での利用可能」と表示してくれたのかもしれません。
posted by ことばもないひと at 18:11 | 日記

2007年12月10日

「金融広告を読め」を読んでも分からない貴方に送る新生・世界分散ファンド

[新生銀行] 新生・世界分散ファンド −概要
http://www.shinseibank.com/trust_info/swdf/index.html
スイーツ(笑)、ふわモテカール(笑)、そして、プライベートバンク(笑)。プライベートバンキング業務を一律に否定するものではありません。しかし、この新生・世界分散ファンドに限って言えば、プライベートバンク云々を宣伝するよりも、ジュリアス・ベアのファンド運用の実績を紹介してくれれば事足りるわけです。

なんで新生銀行がその実績を紹介せずに、プライベートバンク(笑)、などのイメージ戦略に走っているかというと、ファンド運用の実績が大したことがないからです。

Funds By Julius Baer: Mutual Funds Center - Yahoo! Finance
http://biz.yahoo.com/p/fam/julius_baer.html
Julius Baer International Equity I Report (JIEIX) Snapshot
Julius Baer International Equity I JIEIX
上記の、もっとも成功しているジュリアス・ベアのファンドは、すでに新規投資を受け付けていません。ベンチマークのグラフに比べて、なぜ成績が良いのかというと、ベンチマークには含まれていないはずの新興国株式に投資しているからです。

「新興国株式にも投資してベンチマークの先進国株式指数に勝ったよ!」「それってベンチマークがベンチマークとして機能しているの?」

後発のワールド、インターナショナルファンドは、東欧のエマージング株を含んでいるのにEFAに劣り、同じカテゴリのファンドと泥沼の勝負です。リスク・リターンが釣り合っていません。

Morningstar Quote Report | Ticker Lookup
マイクロ、スモールキャップ投資も、それぞれのインデックスと変わり映えしません。もっとも、新生・世界分散ファンドでは、MSCIワールドをベンチマークにして、スモール・マイクロ銘柄を入れられても困る感じです。まあ、でも、ちょっとぐらいは面白いかもしれません。

Julius Baer Total Return Bond A Report (BJBGX) Snapshot
では、債券ものは、ここ数年リターンが良かったので、新生・世界分散ファンドの債券部分は期待できるか? 残念ながら、内容をよく見てもらえば、リターンの源泉が分かります。

FHLMC 5% 11/01/2037 56,516 4.12 %
FNMA 6% 11/01/2022 54,631 3.98 %
GNMA 6% 11/01/2037 44,051 3.21 %
U.K. Treasury 4% 03/07/2009 31,878 2.32 %
FHLMC 6.5% 11/01/2037 26,937 1.96 %

上位五つのうちの四つが、フレディマック、ファニーメイ、ジニーメイのモーゲージ債です。
Julius Baer Total Return Bond A Report (BJBGX) Portfolio
他にも面白い債券を保有しています。シティバンク、ベアスタ、バンカメのCMBS(商業用不動産担保証券)、CMOなどの、お約束の債券が含まれているのがほほえましい限りです。リスクリターンのバランスを無視して儲けに走る。それだけのリスクを取っても、十年間のリターンでは、インデックスにタコ負けしています。

Julius Baer Total Return Bond A Report (BJBGX) Total Returns
Vanguard Interm-Term Bond Index Report (VBIIX) Total Returns

債券部分はETFで言えばAGG、ファンドで言えばVanguardの債券インデックスファンドの方が良かったということになります。AGGは、ちょっと比較期間が足りないのが難です。

また、新生・世界分散ファンドでは、債券部分のベンチマークがシティグループ世界国債インデックスですので、ほいほいモーゲージ債やらCMBSをぶち込むわけにもいきません。(やるのかもしれませんが)

信託報酬は、純資産に対し、年率1.6485%(税抜年率1.57%)で、株式部分も債券部分も同じです。債券部分は外国債券インデックスファンドにリターンで劣ることが高い確率で現実のものとなりそうです。

プライベトーバンク(笑)で実績がある金融機関の実績は、プライベートバンキング業務に関してです。個人向けの投資信託での実績ではありません。

株式部分では新興国株式を入れて、MSCIワールドと同じか劣るリターン。債券部分ではモーゲージ債を入れて、シティグループ世界国債インデックスと同じか劣るリターン。そのような未来にならないことを、投資する方のためにお祈りしておきます。

「プライベートバンク」を広告で歌う個人向け金融商品については、以下の本が大変にためになります。スタバではグランデを買えと同じ著者です。
金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)
本来のプライベートバンクについての解説はありませんが、日本での「プライベートバンク(笑)」を売り文句にする金融商品の現実がかかれています。

金融機関のカモにならない! おカネの練習問題50
同じ著者の最新本です。これには、プライベートバンク(笑)だけでなく、銀行や証券窓口で投資側を騙そうとする営業トークの内容が書かれています。読んで見ると、うっかり騙されるそうになるものも含まれています。

個人的には、投資信託で騙されることは無いと思っていても、保険分野でやられることはあるなあと痛感します。

話を最初にもどし、新生・世界分散ファンドであれば、

外国株式インデックスファンド40−45%
外国債券インデックスファンド50%
東欧・ロシア株式ファンド5−10%
のポートフォリオで、コストを抑えて、勝るとも劣らないリターンを実現できる可能性が高いとまとめてみたい所存です。
posted by ことばもないひと at 15:02 | 日記

2007年12月09日

水銀燈ETFの登場ですわあ SPDR Lehman High Yield Bond ETF ティッカーはJNK

SPDR Lehman High Yield Bond ETF - Fund Detail
https://www.ssgafunds.com/etf/fund/etf_detail_JNK.jsp
ステートストリートから、ジャンクボンドETFが出ています。ティカーは、ずばりJNKです。間違いようがありませんですわあ。エクスペンスレシオは0.4%と大変にお求めやすくなっております。債券型ETFの多くがそづえあるよに、毎月分配型です。これは善し悪しありますが、ジャンクボンドETFなのでやむをえないことでもあります。

New High Yield Bond ETF Debuts - Breaking News
その他のハイイールドボンドETFとの比較記事です。他よりも、より投機的な債券に手を出していることが分かります。

SSgA High Yield Bond Fund (SSHYX) Fund Detail
SSgA Funds - Fund Detail
https://www.ssgafunds.com/mf/fund/mf_detail_SSHYX.jsp
参考ファンド。インデックスファンドではありませんが、ハイイールドボンドを投資対象にしています。

一時期は自分も高利回り含む社債をポートフォリオに組み込んでいました。フィデリティのハイイールドボンドファンドとLQDです。しかし、いまは投資していません。これも、スエンセンの投資哲学本を読んで、長期的には、社債に投資するのは割に合わないことを学んだためです。

しかし、社債やジャンクボンドは、世の中には必要なものでもあります。モラルハザードという最悪の事態が起こらない限りは、危機的状況にある会社や、立ち上げて間もない企業の資金調達方法として有効に機能するわけです。

誰かがリスクテイクをしなくては、世の中はうまく回りません。その一つの手段である社債、ジャンク債に投資する投資側の手段としては、大変によいETFだと思います。志ある方向け。
posted by ことばもないひと at 17:38 | 日記

2007年12月08日

Vanguard Market Neutral Fund

Vanguard - Vanguard Market Neutral Fund
Investor SharesOverview

Fund Times: Artisan Launches Global Equity Fund -
Morningstar Fund Times

VMNFX Quote
http://quote.morningstar.com/FundQuote.html?ticker=VMNFX
Bogleheads :: View topic - Vanguard Market Neutral Fund
マーケットニュートラルファンドが、先に予定されている分配型投信に組み込まれるかどうかを話題にしています。組み込むと、インフレヘッジにはなり、全体のボラは減るかもしれません。期待リターンは下がる気がします。

Does Vanguard Have a Hedge Fund in the Works?
- Morningstar Specialists

分配型投信に2万5千ドル以上の一括投資で、その後は完全に思考停止できるなら、選択する人もいるやも。米国以外のREITとかはどうするんだろう。バリューで揃えたいならやはりダメか。
posted by ことばもないひと at 00:21 | 日記

2007年12月07日

米国債10年物利回り4%復活 判断を下すべき時機でもあるわけです

Bonds Center
Bond quotes, news, screeners and education information.
http://finance.yahoo.com/bonds
yahooのボンセンで、米国債券の利回りを確認できます。10年物の利回りは、ここしばらく3%台後半になっていましたが、景気の先行きを楽観したか、インフレを織り込んで4%台まで利回りは上昇しました。(債券価格は下落しました)

米国債10年物が、利回り5%を越えたら悪くない投資先。4%を割り込むのはヤバイ時、3%以下は不況。

5%の利回りの時は「利回りはまだ上がるよ(債券価格は下落するよ)、とても買えないよ」という感じでしたが、今から振り返れば、絶好の買い時でした。ドル建ての場合ですけど。

で、当時より円高になり、今は米国債10年物の利回りが4%台です。インフレで利回りは、まだ上がるのか? 不況になり固定利付き債で格下げが基本的にない米国債の買い場なのか? 米国の地位が揺らぐとともに、米国債ですら表向きはともかく、実質の格下げを食らうのか?

先のことは分かりません。分からないまでも、判断を下すことはできます。不況。日本の投資家だと、外国債券インデックスファンドを購入するという道もあります。積立で外国株式インデックスファンドを選択しているのであれば、判断を下す必要はありません。

ただ、外国株式バリューインデックスファンドがあればと思う次第です。EFV+米国バリューETFがあればだいぶ違うのですが。iSharesの担当者が、きまぐれを起こしてくれるか、法改正があることを心待ちにしています。

みながバリューインデックス投資を行い、最終的には、バリューアノマリーが効果を失う。その日が来るのが、100年以内だと困りますが、いつかは来て欲しいものです。

あー、しかし、MOは社債のような動きでうっとり。送金して買い増ししたい。
posted by ことばもないひと at 23:53 | 日記

破れ傘刀舟アクティブ狩り グローバル・アンブレラ 野村證券で海外株式、BRIC、商品インデックスファンドの取り扱い

UBSグローバルAM、「グローバル・アンブレラ」
シリーズ5本を12月19日設定 マネーニュース 投資信託 Reuters


投資信託新商品 - 野村證券
http://www.nomura.co.jp/retail/fund/boseki/index.php
2007年11月26日
グローバル・アンブレラ UBS 世界株(除く日本)/世界株ショート(除く日本)/BRIC/コモディティ/マネー
http://www.nomura.co.jp/retail/fund/newfund/pdf/1ip.pdf
目を引くのは、内部の二つのファンドの信託報酬です。
UBS BRIC  1.3335%
UBSコモディティ 0.8925%
ひっそりと、あの野村證券さまが、BRIC、コモディティインデックスファンドを売り出すということです。たいへんに地味な取り扱いで、売る気がまったく無いのが伺えます。さすがです。

内部で、世界株式(MSCIコクサイ)、世界株式ショート、BRIC株式インデックスファンド、コモディティインデックス連動ファンド、マネーファンドをスイッチング可能です。ただし、手数料と留保額を取られるスイッチングがあります。もちろん、BRICとコモディティへのスイッチングは、手数料、留保額ともに取られます。

BRICに関して言えば、iSharesのBRIC ETFを扱えるはずです。が、これはパスするつもりのようです。かわりに積立がやりやすい投資信託を扱うというのは理に適っていると思います。

とくに、コモディティは、エネルギーセクターの割合が低いインデックスで、農産物、工業用金属、エネルギーの割合がバランスし、家畜と貴金属があわせて10%ほど含まれています。そして、信託報酬が国内商品系投資信託では最安の0.895%。これだけでも欲しい感じです。野村で既に取り扱いがある商品ETFとは投資するセクターの割合が違います。

その他の、世界株式ファンドの信託報酬も低めです。

UBS - 投資信託
http://www.ubs.com/2/e/japanfunds/fund/fundrange.html
まだ情報が出ていませんが、いずれ出てくると思います。

SMA専用の表示はありません。ということは、楽天証券での取り扱いが期待できるということです。楽天証券で取り扱いが無い場合は、BRIC、コモディティ投資を積立するなら、野村證券が国内で最善という感じになります。

野村證券では、海外ETF、海外株式の特定口座組み入れも可能です。配当系ETFも三種類あり、ひそかにリターンが高い、EPPの取り扱いもあります。他の金融商品の勧誘を退けられるという前提においては、野村證券への口座開設を考える契機になるかもしれません。
posted by ことばもないひと at 19:19 | 日記

多難な航海・ビクトリア号 テ ンプルトン世界バリュー株式ファンド

Franklin Templeton Investments - Japan
テンプルトン世界バリュー株式ファンド 愛称:ビクトリア号
テンプルトンから、世界バリュー株式ファンドが販売されます。一応、ちゃんとしたバリュー運用のようで、グロース相場の現在、市場平均をアンダーパフォームしています。それは正しいことなのでいいのです、が。

Templeton Global Equity Income Fund
Templeton Global Equity Income Fund
組み込まれている二つのファンドのうち一つは上記です。リンク先は二つですが、情報の更新頻度が違うだけで同じ中身です。問題となるのはIIの方で、これは詳細が分かりませんんでした。なぜ、わざわざ二つに分ける必要があるのか? 回転率が上がるだけではないのか? その答えは、これからの決算書で判別するしかありません。

おそらくは、バリュー効果で高コスト運用を補い、長期保有であれば、ある程度までMSCI AC WORLDと同じようなリターンになると思います。あとは年四回分配での税コストがどのぐらいかです。いずれにせよ、船出の時期もあれな感じで、多難な航海となるでしょう。
posted by ことばもないひと at 17:36 | 日記

2007年12月06日

罪業インデックス連動 ゴッドファーザー(違う)ETF

FocusShares
http://www.focusshares.com/

PUF: Summary for FOCUSSHARES SINDEX - Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/q?s=PUF
FocusShares ISE SINdex Fund (PUF)
http://www.focusshares.com/sindex-industries
カジノ、酒、タバコ企業に投資するETFです。なんというか、ゴッドファーザーETFとか、マフィアETFとか言う愛称を勝手に付けたくなります。まあ、政治的には悪徳ETFがふさわしいと思います。オーストラリアに上場している売春宿幻想的な一夜、すなわちファンタジーを提供する企業等は含まれていないようです。ポルノ抜きなので、飲む打つ買うETFとはまいりません。


ISE SINdex (SIN)

分類的には、World Stockになります。おそらく、平均的なPERは高いはずです。これ一つで世界投資なのは間違いありません。大人の世界への投資っつーか。

Welcome To ViceFund
http://www.vicefund.com/
似たようなコンセプトの悪徳ファンド。もちろん、コストも悪徳の域です。1.75%。ETFなら低コストで、上記ファンドとある程度重ねた投資が可能です。ただ、PUFには、武器、兵器産業は入っていません。

Vice Fundと重ねた投資をするには、別の防衛産業ETFなどを組み合わせる必要があります。

ISE Gold
という、金・金鉱がらみのインデックスも存在し、おそらく、金鉱ETFなどが用意されてくるでしょう。しかし、これは、ブラックロックの金鉱投資信託などと同じく、MXIの方が分散が効いた上にリターンも上という結果になるでしょう。MXIは楽天証券で購入できます。
posted by ことばもないひと at 01:17 | 日記

2007年12月04日

生活必需品セクターが上昇すると不安になる

セクター・ローテーション 〜 インフォバンク マネー百科
http://money.infobank.co.jp/contents/S400097.htm
景気循環や相場の各局面において人気が集中する業種セクターを選んで、他の業種や銘柄群から乗り換え、常に高いパフォーマンスを得ようとする運用方法をいいます。セクターとは銘柄が持つさまざまな属性のうち、なにかある属性に着目して分類したものを指しますが、株式の場合は業種、債券の場合は種類や満期、格付けなどによるセクター分けがあります。

中略

最後に、景気の下降局面では食品、小売、飲料、医薬品などの防衛的銘柄群が買われます。

本当は生活必需品セクターに金が集まると不安ではなく、その逆で、市場が弱気になり下降局面になると、景気に左右されにくいノンシクリカルなセクター、つまりは生活必需品セクターに金が集まるわけです。

米国では、S&P500指数にノンシクリカルなセクターが追いつきました。年初来か一年をクリックしてもらえれば分かります。
Consumer/Non-Cyclical - Google Finance
http://finance.google.com/finance?catid=52760568
債券でもいいかもしれませんが、インフレだと不味いことになります。変動利率型債券ETFであるTIPSのリターンは、は債券ETFであるAGGに対して凄いことになっています。債券でも、インフレに対応できるかどうかで、大きくリターンが違ってくるわけです。ここ最近のデフレ日本だと信じられない光景です。


iShares Lehman TIPS Bond TIP

ノンシクリカルなセクターに金が集まり、債券が上昇する。いまこそ、いまじゃないとしても、これからこそが株式の買い場なのかもしれませんが、なかなか市場と逆張りは難しいものです。でも、心を強く保って積立は継続します。

テンプレート #6-Light Blue
フリー素材とテンプレートのWEB MAGIC
【セクターローテーション】
http://homepage1.nifty.com/urai/kabu/04_05_jim.html

ボトム、メガボトムまでそんなに時間がかからないことを祈りたい。

Altria Group Inc. MO

MO: Altria Group Inc. Stock Report Owners
MOを多く保有しているアクティブファンドは、トータルリターンでバブルのダメージが少ないか、回避しているものがいくつかあります。逆に言うと、MOのリターンが高くなると不況と言うか、あんまり全体がよくないことに。うーむ。

MOとTIPは、国内証券会社でも購入可能なのがいいところです。TIPは楽天証券で、MOは米国株式を扱っているところなら、たいていは取り扱っています。大手証券であれば、MOを特定口座へ組み入れ可能なところがあります。でも、配当再投資が面倒なのが難。あと、高コスト。うーん。DVYがいいのか。KXIか。債券ETFなのか。悩ましい局面です。
posted by ことばもないひと at 21:40 | 日記

2007年12月02日

全世界株式指数連動とはMSCI AC WORLDポートフォリオでは無くなります。MSCI Frontier Indexes 訂正して追加

http://www.mscibarra.com/products/indices/fm/MSCI_Frontier_Markets.pdf
Newly Spun-Off MSCI Launches Frontier, Blue-Chip Indexes
- Breaking News

MSCIから、新しい新興国株式指数が提供されるようです。

モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント投信株式会社
http://www.morganstanley.co.jp/im/retailfund/msci/index.html
現時点では、MSCI Emerging Markets Indexには27ヶ国が含まれています。その他の新興国の国々では、株式市場が存在しないかというと、さまざまな制限があるながらも市場は存在するわけです。これは、指数を提供する組織としては、いつまでも放置しておくわけにはいきません。

というわけで、MSCIは、いままでMSCI Emerging Markets Indexにも加えていなかった、より新興国というか、株式投資のフロンティアと言うに相応しいベトナムやスリランカ、ケニア、ルーマニアなどの19ヶ国の株式指数を算出することになりました。MSCI Frontier Indexです。

MSCI Frontier Indexeは、さらに地域別でも分けられます。ゆえにMSCI Frontier Indexes.入れ替えは半年ごとを予定しているそうですが、政変とかがあったらどうなるか分かりません。

MSCI Emerging and Frontier Markets (EFM) Index and the MSCI All Country World and Frontier Markets (ACWI FM) Index.


MSCI Frontier Indexが加わることにより、MSCI WORLD(他に、MSCIコクサイ+TOPIX等) ETF + EEMかVWO、で全世界株式指数連動ポートフォリオ完成! というわけにはいかなくなったのが、インデックス投資家の悩みのタネです。 これからは、「全世界株式指数連動ポートフォリオ完成!」と世に号するためには、MSCI WORLDポートフォリオにプラスして、MSCI Emerging(EEM)とMSCI Frontier Markets (EFM) Index連動の投資ビークルをポートフォリオに加えないといけなくなります。ちょう厳しめ。

もっとも、指数が算出され、iSharesがETFを販売してくれれば日本でもMSCIフロンティア指数に連動した投資が可能になるかもしれません。そうで無い場合は、信託報酬1.9%ぐらいで、内部で0.5-0.8%ぐらいのコストがかかるリンク債に投資する、実質的なコストが3%を越えるFOFなどが登場するでしょう。アクティブ運用してベンチマークにタコ負けするファンドオブファンズなども有力な未来です。

iSharesに関して言えば、現実的には、EEM+EFMのETFが出てくるのではないかと考えます。もしくは、EEMがEFMを含むようになるか。その場合は、BRICsは卒業ということになるかもしれません。

いずれにせよ、これからの世界株式指数連動ポートフォリオはACWI FM、これは覚えておいて損は無いと思います。マニアならばチェックしておきたい。

あ、一部で需要があった、サイト内検索を追加しました。

これは、このサイト管理人が面倒くさいという理由で(飾らない人だー、と他人事のように)タグを打っていないのが根本的に悪いです。その悪弊を緩和するべくとられた方策です。

今までは、「お、そうか」と思ったキーワードでこのサイトの過去ログを調べようと思っても、月別の過去ログ分別しかなく、事実上無理でした。

たとえば、このサイトで過去に取り上げたWisdomTreeのETFについて調べたいと思ったときには、サイト管理人ですら、googleのサイト内検索を利用する他無いという。

で、さらにダメなことに、googleのサイト内検索画面に行くのも面倒くさいなあと考えて、実際に面倒で、いまさらタグ分けをする気も無く、でも、わざわざサイト内検索をして過去ログを当たってくれる人もいらっしゃるなあ、面倒かけてもうしわけない。ので、設置することになりました。まあ、これならタグ打ちに比べて、面倒は一回で済むざんすしー、あと、広告料も入るのかな? という、きわめて後ろ向きな理由です。
posted by ことばもないひと at 14:57 | 日記

PowerSharesのバイライトETF

PowerShares BuyWrite ETFs
PowerShares S&P 500 BuyWrite Portfolio PBP
PowerShares DJIA BuyWrite Portfolio PGB
PowerShares NASDAQ-100 BuyWrite Portfolio PQBW
S&P500、ダウ、ナスダック、それぞれのバイライトETFが用意されているようです。ETNでなく、内部で株式を買い込んでETFとして運用する手はずです。先物、オプションのポジションも抱えて売買するということになります。となると、バイライトを利用した金融商品の場合、ETNとETFを比較して、どちらが優れているのかは分かりません。実際に売買するコストが掛かるからです。

PowerSharesのバイライトETFは、説明資料内のグラフと表が誤解を招いている感じです。つうか、それぞれの指数の分布図のリターンには、配当が含まれていないのでは? エクスペンスレシオも0.75%と高止まりしています。これはいけません。

CBOE - Micro Site
http://www.cboe.com/micro/BuyWrite/introduction.aspx
原理的には、Russell 2000 BuyWrite Indexを利用した商品も出る可能性があります。バイライト戦略が、ボラを減らすだけなら、できるだけ期待リターンの高い指数を使うのが良いはずです。小型株指数であるRussell 2000のバイライトETFかナスダック100指数のバイライトETFが儲かりそうと欲豚が騒ぎます。

とりあえず、うまくいくのかどうか、目標となる指数にETFが連動仕切れるのどうかを油断無く観察していきたいと思います。まだ先の話ですが。

iPath ETNs - CBOE S&P 500 BuyWrite Index ETN - Overview
http://www.ipathetn.com/buywrite-etn-overview.jsp
S&P500のバイライトETNとETF、エクスペンスレシオは同じなので、実際のリターンがどちらが上になるかは、興味深いところです。
posted by ことばもないひと at 03:50 | 日記

2007年12月01日

先週の投資行動 ブラフレをかいましましにんにくのせやさいおおめ(正確には、なんて言うか知りません)

ブラックロック ::.. ファンド概要
ブラックロック・グローバル・フレキシブル・バランス・ファンド
http://www.blackrock.co.jp/retail/profile/profile_1114.html
上記にぷちぷち追加投資していました。底値あたりで拾うことが出来たようでラッコー。イートレなので口数投資なのが難か。ノーロードのところは無いので、そこは享受します。

BlackRock Global Allocation Fund, Inc. (MDLOX)
BlackRock Global Allocation A Report (MDLOX) Snapshot
日本のサイトでは情報がほとんど無いので、情報公開に厳しい米国サイトで同じ中身の別ファンドのところを見ています。投資リターンは上のファンドからなら、えーと、1%(プラス、販売手数料1.05%が最初に引かれる)ぐらいアンダーパフォームする計算です。為替変動は計算に入れていません。実際のリターンは、分配も年に2回あるので税コストもプラス。

投資における野菜分ともいえる債券、キャッシュが入っているのがポイントです。トッピングとして、先物ショートやら商品、日本債券10年物ショートとかも入っていたり。金粉(ゴールドETF)も入って豪華です。もう売り払ったようですけど。

食べに行ったことも無いのに二郎ネタ。
ラーメン二郎 - Google Image Search
ラーメン界のアセットアローケーションファンドという感じ。ニンニク積極型、ヤサイ安定型とか、そういう感じでしょうか。。
posted by ことばもないひと at 23:54 | 日記

新興国株式インデックスファンド、すなわちVEIEXがマネックスで販売されるのかなとか思ったりする日が無いでもありません

新興国投資にこんな商品が欲しい
★★★☆☆ <資産設計への道>/マネックス証券 - ネット証券
http://www2.monex.co.jp/monex_blog/archives/008370.html
■ エマージングインデックスに連動するインデックスファンドが必要

Vanguard Emerging Markets Stock Index Fund
Investor Shares (VEIEX)

VEIEXを売ってくれるのか、VWOを取り扱ってくれるのか、さあ、どっち?

なお、韓国ではWoori Credit Suisse Emerging Index Fund of Fundsが存在するため、現地通貨建て新興国株式インデックスファンドに関しては、日本の証券・投信業界は韓国に一歩劣っています。(あ、組み込み専用かも)。FOFといっても、ルクセンブルク籍の投信に投資するパターンです。まあ、日本でも、バークレイズさまのお情けにより、EEMへ投資可能なのが唯一の救いです。

あと、韓国には、東欧株式インデックスファンドも存在していたりするのが驚きです。具体的にはMirae Asset Maps MSCI Emerging Europe Index Equity Investment Trustです。機関専用くさいのですが。

日本においては新興国株式インデックスはおろか、日本の国内の株式を対象とした投資スタイル別インデックスファンドも存在しません。韓国では、バリューインデックスファンドの他にも、投資スタイル別ETF、もちろんバリューETFもあります。

これからの、日本の奮闘を期待したいところです。それが、マネックスであればいいのですが。そうそう、VWOのみ組み込みのファンドを作れば、0.6%のコストを吹っかけても1%以下の新興国株式インデックスファンドのできあがりなのが恐ろしいところです。トヨタFSでもかまわないので組んで欲しい感じ。ありがとう投信でも可。

http://www.wcsam.com/
ハングルがうまく表示できません。
http://mapsim.miraeasset.co.kr/eng/index.jsp
英語だとファンドの詳細が出てきません。ラテンインデックスファンドもあったりして、日本での投資意欲が下がること請け合いです。でも、たぶん、機関投資家向け。

機関投資家や組み込み専用の別は置いておいて、韓国以外の国で、新興国株式インデックスファンド・ETFが存在するのは、アメリカ、イタリア、タイ、ドイツ、スイス、メキシコ、アイルランド、フランス、カナダ、オーストラリア、フィンランドです。

ルクセンブルクも一応入れておきますか。タイ、メキシコ以下の投資環境ってのは、ある意味すごいことだと思います。調べていて、笑いがとまりませんでした。マネログでも取り上げて欲しい感じ。
posted by ことばもないひと at 22:38 | 日記