2007年05月31日

Firstrade口座に追加送金

$3,000ほど追加で送金。もう打ち止めにしたいけれど、日本国内で投資しようと投資信託を調べて、為替と送金手数料を考慮しても、長期保有だとFirstradeに送金した方が良いとの結論に達するという罠が繰り返されています。

VanguardのMutual Fundsの最小投資額が$3,000がほとんどというのもあり、$3,000ぐらいが送金の分水嶺になっています。今なら、一月で0.2%ぐらいの金利が付くのもポイント。$3,000に対して一ヶ月放置で$6。Valet accountにしているか、適当なMMFか短期債券モノに突っ込めばれば、約$11ぐらい。短期金利高いなあ。送金タイミングを待っていたのですが、キャッシュポジションにしておくなら、とっとと送金して金利もらうという選択もあるわけです。繰越している確定損があるならなおさら。

これで、Firstradeでのキャッシュポジションは$4,000ぐらいになる予定です。さて、なにを買うやら。考えがまとまらない場合はMMFにしておきます。どのMMFがいいかも調べないと、よわよわ。Valet accountは手続きもそうだけど、カードフェイスがちょっとアレなのがなんともかんとも。

Firstrade NTF Fund List
ここから、VanguardやらFidelityなどの有名どころ抜きで短期債券モノを探すのはきびしー。やぱし、Valet accountにすべきなのか。1回$9取られるなら、短期債券ETFの方が面倒でないのかも。債券直買いもありか。どうしたものやら。
posted by ことばもないひと at 23:31 | 日記

バランス型ファンドで株式セクター組入れが高配当(好配当)株式

バランス型ファンドにバンガード・ウェリントンファンドというファンドがあります。ウェルズリー・インカムファンドと対になるファンドです。テイッカーはVWELX。残念ながら、日本国内での取り扱いはありません。VWELXの詳細は以下

Vanguard Wellington Fund Investor Shares Overview

Vanguard Wellington VWELX

http://finance.google.com/finance?q=VWELX

どう対になっているかというと、株式と債券に対する投資割合がそれぞれ逆になっています。

VWINX 株式:債券 30-40%:60-70%
VWELX 株式:債券 60-70%:30-40% 

投資方針は少し違います。配当金、配当回数が多めのインカムストックと投資適格債に投資するのは同じです。長期で保持する分には、VWELXの方がリターンは大きくなる世界です。JOJOネタか。

で、日本の投資信託で外国資産を組入れたバランスファンドと言えば、外国債券インデックスと外国株式インデックスのセット、近年ではREITの組入れというパターンが多いです。

しかし、アメリカのMutual Fundsでバランス型、モーニングスターでmoderate-allocation fundsに分類されるものを見ていると、株式セクターはインカムストックを組入れているものが目立ちます。日本でも、外国資産を含むバランスファンドで株式セクターに投資しているものは、インカムストックをメインにしたものは少ないです。

引っ張っておいて申し訳ありませんが、外国株式インデックスと配当株式のどちらをバランスファンドに組み込むのが良いかは分かりません。しかし、高配当銘柄は一種のバリュー銘柄でもあります。明確な目的を持って選択する場合は、高配当株式を組入れているバランスファンドもありだと思います。ただ、毎月分配型の投資信託ばかりなのはー。

以下、高配当(好配当)株式を組入れていると、はっきりと歌っているバランス型の投資信託。そもそも少ないのか、見つけきれません。

DIAM ダイアム 興銀第一ライフ・アセットマネジメント
DIAM世界インカム・オープン(毎月決算コース)
(愛称:世界三重奏)
http://www.diam.co.jp/fund/search/313905/index.html
好配当株 25% 世界REIT 25% 外国債券 50%
毎月決算なのが残念なバランス型ファンド。分配が無ければ、税引き後リターンで、セゾン投信のバランスファンドを越える可能性が高いです。分配無しコースがあればー。

野村アセットマネジメント 世界三資産バランスファンド
(毎月分配型)(愛称:セッション)
http://www.nomura-am.co.jp/fund/funddetail.php?fundcd=140346
好配当株 20% 世界REIT 10% 外国債券 70%
自分の家族用に、マネックス証券で組入れています。これも、毎月分配じゃなければ、かなり良いファンドかもしれません。でも、自分では買うかと言われると「買いません」、あらら。

ピクテ投信投資顧問
「 ピクテ・インカム・コレクション・ファンド(毎月分配型) 」
好配当株 50% 外国債券 50% それぞれ10%は新興国モノ
実質的な信託報酬が1.5%越のバランスファンドながらも、しっかりと目論見書で説明があるので、買う場合に紛らわしくありません。国内で投資を完結している場合は少しだけ買ったかもしれません。いや、株式と債券で別々にバランスさせて買ったかな。続きを読む
posted by ことばもないひと at 17:57 | 日記

2007年05月28日

信念を持って投資する境地にたどり着きたいなあ

イスラム宗教系のファンドで信仰とともに投資ではなく、信念を持った投資という話題が米morningstarのコラムでありました。代表的な信念を持った投資と言えば、バイ&ホールドがあります。バイ&ホールド。言葉を聞けば簡単で美しい戦略ですが、実行は至難です。偉大な成功例としてたいていはウォーレン・バフェットが上げられていますが、ちょっと参考になるのかホントにと、常々思っています。今回のコラムでも、バフェットのことが真っ先に取り上げられています。

These Funds Invest with Conviction
An investing legend gets us thinking
about a straightforward concept.


で、肝心のバフェットにインスパイアされたMutual Fundsの詳細は、はいはい、お代を払ってからのお楽しみだよー、という、うまいねどーもという感じです。ただ、無料でも、いくつかのバフェットの弟子と目されるファンドマネージャーのMutual Fundsを紹介してくれています。多くは、良い企業に集中して投資して、じっくりと待つ、じたばた売買を繰り返さないということが紹介されています。あ、まったく関係ありませんが、Disciplesという単語を見ると、ハヤカワFTの某シリーズが真っ先に思い浮かんできます。

それはいとして、バイ&ホールドとは違うほかの戦略として、ヘコんでいる企業や、逆境にある企業に投資するファンドマネージャーも取り上げられいます。残念なのは、新規の投資を受け付けないファンドがけっこうあることで、バフェットが引き継ぎを頼んだともいうセコイアファンドなんてのは、いつのころから受け付けていないんですかコンチキショーってな感じです。BRK-Bを買うことになって、しかもそっちの方がリターンが大きかったとなれば、セコイアを買った人もコンチキショーと叫んでいるに違いありません。いや、金持ち喧嘩しないのやも。

取り上げられているファンドを見ると、カテゴリ平均を上回っているものとそうでないものが半々ぐらいです。EAFEがベンチマークのファンドは可哀想な結果に終わっているのが哀れを誘います。EAFEに負けるということは、MSCI EAFE VALUEに圧倒的に負けているということに他ならないからです。多額の資金を集めた場合、VTV+EFVを上回るのは困難であることを再度確認できました。もっとも、多くの偉大なファンドがそうであったように、今がバブルとすると、この先の不景気にヘコまないのかもしれません。

自身も一人の市場参加者として、浮ついた視線で、信念を持った投資家の投資がどうなるかを見て行こうと思います。
posted by ことばもないひと at 00:28 | 日記

2007年05月27日

ハラールな投資信託 イスラム宗教系ミューチャル・ファンド

アメリカ国内株式とREITセクターが手薄なので、DTNを買うか、MOをさらに追加で買うか、はたまたなにか別の視点でMutual Fundsを買うかと思っていると、閃きました。宗教系ミューチャル・ファンドです。まさに天啓か。

Finance - Mutual Funds
http://www.islamicity.com/finance/MutualFunds.htm

イスラム系投資家は、酒、タバコ、食肉銘柄等は買えません。これは分かっていたのですが、さらに利子所得がダメなので、厳密な解釈を要求する場合は無配当株式ばっかり買わざるを得ないという制約があるようです。厳しい。

ただ、分配はアラーはお許しになるようです。喜捨とかとの関係が、ちょっと理解できません。少し世俗的なファンドになると、配当のある銘柄でもポートフォリオに組み込んでいます。どこらへんが分水嶺なのかは分かりません。利子はダメだけど、利潤はよろしいという解説も見かけます。

で、もっとも成功しているイスラム宗教系のファンド会社は以下。
Welcome to Amana Mutual Funds Trust
http://www.amanafunds.com/

Halal Investingであることが、トップページで訴えられています。さらに、インフレから貴方を保護するよう努めるともあります。ベンチマークに、Dow Jones Islamic Indexがあるのが通常では無いことです。運用成績としては、バブルを避け、さらに、Vanguardのバリュー投信を上回るリターンをたたき出しいますAMAGXに至っては、どうしてこんな動きになるのか分かりません。ポートフォリオを見ると、トヨタ、アップル、アドビが上位にあります。じつに奥が深い。

他に、カトリック系ミューチャルファンズなるものも発見して、あらためて、アメリカの奥深さに驚きを禁じ得ません。宗教系ミューチャルファンドをポートフォリオに組み込めば、他と違う動きをすることが確実なため、全体のリスクを減らせるのではないかと考えるに至るようになりつつあります。コストの高いものが多いのですが、一部組み込むことができるなら、面白いのではないでしょうか。Firstradeで売っているかどうか問題です。どうか。
posted by ことばもないひと at 01:53 | 日記

2007年05月26日

即興演奏家じゃない方の杉本拓の三味線を聞いてみよう

杉本拓 日本語ホームページ
うえは、前衛で即興演奏家の杉本拓さんのサイトです。ギュィーソ。

フォレックス インテリジェンス チャネル108 コラム 杉本拓
http://u17.bestsystems.net/~dbqio000/1_2_E1.php?str_id=10
こちらは、先物屋の杉本拓さんのコラムです。べんべん。

コモディティについてまとめられたシリーズが、かく分野で短くまとまっており、ためになります。シリーズタイトルは以下。元ネタはDeutshe Bank Groupのユーザーガイドだとか。

コモディティ「セクター」
コモディティ「原油(エネルギー)」
コモディティ「天然ガス(エネルギー)」
コモディティ「エタノール(エネルギー)」
コモディティ「金(貴金属)」
コモディティ「パラジウム(貴金属)」
コモディティ「銅(工業用金属)と銀(貴金属)」
コモディティ「鉄鋼(工業用金属)」
コモディティ「ウラン(その他金属)」
コモディティ「トウモロコシ(穀物)と砂糖(ソフトコモディティ)」 
コモディティ「大豆(穀物)」
コモディティ「コーヒー(ソフトコ・モディティ)」
コモディティ「牛肉と豚肉(家畜)」(最終回)

とりあえずの上記のコラム一覧へのリンク

商品の個別ETFが日本でメジャーになるのはだいぶ先でしょう。また、投資する意味があるのかどうかもわかりません。分散に役に立つのは間違いないところですが、果たしてコストに見合うのか?

しかし、2ch投資一般板では、「商品に投資するファンドはありますかー?」という話題は、たまに見かけますので、需要はあるようです。商品組み込みを売りにしているバランス型の投資信託もあります。いつか、ローコスト組み込める日が来たら、いくつか商品ETFを買ってみたいと思います。個人的には、保有する銘柄との絡みから砂糖か小麦あたりかなあ。

年金問題にからんで、日本国債の時価評価と簿価評価もきなくさくて面白い話です。

日経金融新聞
http://www.nikkei.co.jp/ks/desk21/20061106b19b6000_06.html

その程度のボラは堪えないと、いつまでたっても進歩はありません。表見上のガンポンホショーの罠は、長期では高く付くことを学ばないとだめぽな感じ。
posted by ことばもないひと at 21:02 | 日記

ピクテの大戦略 「インデックスファンドをアクティブの箱に入れて高く売り込め!」 ピクテ・メジャー・プレイヤーズ・ファンドの実態予想

「市場平均に勝つアクティブファンド? 預かり資産総額が2億ドルを越えたらやべえよ、アクティブファンドとして機能しねえで、市場平均に連動するパッシブ運用のファンドに負けちまうよ」

ちょー意訳ですが、バンガードのボーグル先生は、ジム・クレイマーにそう言ったことがあるそうです。で、クレイマーは、その教えを守って、市場平均を上回るリターンを継続して達成したとかなんとか。

で、預かり資産総額が1兆円越えの投資信託があったとします。名前にアクティブとあろうが、その投資信託の運用結果は、パッシブ運用のファンドと変わらないか、下回る可能性が極めて高いです。1兆円ともなると、投資先がかなり限定されます。大型株以外でその額を受けきることはできません。一部を中・小型株で運用しても全体のリターン向上は微々たるものです。

さて、まだ運用は始まっていないけれど、『信託金限度額が1兆円』の投資信託があれば、どうでしょう。それは、インデックスファンドを目指していると公言しているに他なりません。1兆円をアクティブに運用するのはミッションインポッシブルだからです。しかも、オープンエンドの投資信託で、さらに、セクターを絞るともなると、なおさらにアクティブ運用は不可能です。

ピクテ投信投資顧問
ピクテ・メジャー・プレイヤーズ・ファンド(3ヶ月決算型)
信託金限度額 1兆円


世界ユーティリティ・インデックスファンドをナイスに売り抜けて3兆円にリーチさせたピクテ投信投資顧問が、「これ以上、ユーティリティに突っ込むのはヤベえ」と判断し、新しいファンドを立ち上げるようです。5月31日に設定だとか。その中身はいったいどうなるのか?

ピクテ・メジャー・プレイヤーズ・ファンド 販売用資料(PDF)
この販売用資料を見た瞬間に、

SSgA Funds: SPDR DJ Global Titans ETF, DGT - Fund Detail
http://ssgafunds.com/etf/fund/etf_detail_DGT.jsp
The Dow Jones Global Titans Index seeks to provide an effective representation of the world's largest global companies. The index is comprised of 50 common stocks, selected for their market capitalization, assets, book value, sales/revenue and net profits.

iShares S&P Global 100 Index Fund (IOO): Overview
http://www.ishares.com/fund_info/detail.jhtml?symbol=IOO
Standard & Poor's - Indices S&P Global 100
S&P Global 100 measures the performance of 100 multinational companies. It includes 100 large cap companies from the S&P Global 1200 whose businesses are global in nature and that derive a substantial portion of their operating income from multiple countries.


どっちかに連動する、3ヶ月に1回分配型のファンドなんだろうねと思ってしまいました。というか、「1兆円ブチ込むことが目標です! 世界のメジャープレイヤーズっていうか国際的な大型株に!」となれば、何かをできる範囲は限られているのです。せいぜい、銘柄数をさらに絞り込んで、流入資金での個別銘柄買い上がり大作戦をしやすくするぐらいでしょうか。

ピクテの銘柄絞り数のクセからすると投資先は50銘柄前後になり、DGTとの連動率が高くなりそうです。もちろん、運用成績はコスト分下回りながらの連動になります。実際のところは、S&P Global 100から銘柄数を絞り込むメリットは、ほとんどありません。期待リターンは同じぐらいでリスクが増えるだけです。IOOとDGTの運用結果にもそのことは現れています

isharesが追随してIOOを日本で先に売り込みに来れば、面白い結果になると思います。バークレイズの日本担当者がINFRを日本で売り込みに来たのと同じ理由で、さくっと売り込みにきて、ピクテの上前をはねてくれないかなと思っています。

SPDR DJ Global Titans Report DGT Portfolio
iShares S&P Global 100 Index Report | IOO | Portfolio
どの程度、ポートフォリオを重ねてくるかは、上記と比較すると分かりやすいです。配当利回りが高い順に選択する可能性もあります。おそろしいことです。
posted by ことばもないひと at 18:01 | 日記

2007年05月24日

世界生活必需品ETFをいつの日か S&P Global Consumer Staples Sector Index Fund (KXI)

S&P Global Consumer Staples Sector Index Fund (KXI)
isharesのすごいETFと言えばKXIがあります。

Top Holdings*(Daily) as of 5/22/2007 は

8.41% Procter & Gamble Co.
6.44% Nestle SA
6.36% Altria Group, Inc.
4.84% Wal-Mart Stores, Inc.
4.75% PepsiCo, Inc.
4.38% Coca-Cola Co. (The)
3.06% Tesco PLC
2.44% CVS/Caremark Corp.
2.42% Diageo PLC
2.32% Kraft Foods, Inc.-Class A

Expense Ratioは0.48%、なに、この神ETF? そんな感じです。不況とか関係ありませんの世界です。景気後退期の駆け込み寺的ETFです。このポートフォリオを他のETFで組もうと思うと、VDC+DPNで実現できます。それぞれ、VanguardとWisdomTreeのETFです。ただ、どちらがリターンが上かというと、判別ができません。為替の影響がありますのでDPNが高いリターンをもたらしているように見えますが、合成したチャートだと同じぐらいに収束するはずです。

現状の海外ETFの販売手数料体系では、日本国内でETFの扱いがある場合は、一個のETFでまとめて投資できた方が有利です。で、このKXIの取り扱いが始まれば、ちょーおすすめです。景気の循環期によっては高値掴みになるかもしれませんが、長期でまた景気循環すれば、戻ってくる可能性が高いETFです。

セクターローテーション戦略をとるなら、セクターローテーションETFも存在しますが、目論見通りにうまくいかない可能性もあります。だったら、潰れることのない日銭を稼げる生活必需品を扱う企業に世界分散して投資するETFに、ひたすら毎月積立てていけばー、そう思わないこともないのです。

Global ETFs: Complete List from Stock-Encyclopedia.com
http://etf.stock-encyclopedia.com/category/global-etfs.html
他にも、iShares S&P Global シリーズは、日本で売られている信託報酬が理解できない水準にあり、かつ、内部での回転率がちょう高いなめきった、世界なんとか投信を上回る可能性が極めて高いETFどもです。(エネルギーETF、マテリアルETFなど)

isharesを扱うバークレイズの方針は、うっすらと分かってきていますが、引き続き、あきらめることなく、情報公開と、日本国内の投資家に有利なETFの取り扱いを求めていきたいと思います。
posted by ことばもないひと at 23:37 | 日記

Utilitie ETFsについて軽く作為的なチャートを見てみる

WisdomTree International Utilities (DBU)とのきわめて作為的な各種比較チャート。
WisdomTree International Utilities Sector Index
なんぼシーゲル先生でも、ベンチマークがEAFEなのちょっと見過ごせませんというか、アメリカ人視点だと、米国以外の株式投資のベンチマークはEAFEじゃないとわかりにくいのか。オーバーパフォームしているのはしているし、分配も四半期ごとに1セントというすげえしようだけど、うーむ。2006年からの買い上げ祭りの原因が分かっているだけにどうしたものやら。

VPU+DBUで世界Utilitie連動ポートフォリオだけど、どうなんじゃろか。

ちなみに、Vanguardの米国内各種セクターETFプラスWisdomTreeの国際(米国外)セクターETFをセットすると、世界必需品連動ポートフォリオや、世界ヘルスケア連動ポートフォリオ、世界金融ポートフォリオなどが廉価に組むことが可能です。

問題は、isharesやSPDRsその他の一部ETFとバッテイングして、そちらが有利な場合もあるということです。とくに、初期のころに設定された志の高いisharesやSPDRsはVanguardのETFやWisdomTreeのETFにとっても手強い相手です。機関投資家相手の、あるかないなの利ザヤで商売をしていたころの鉄の掟が有効に機能しているというか。うーむ。
posted by ことばもないひと at 22:41 | 日記

アメリカにおける投資信託運用のコストカット例 決算報告書を安上がりに作ろうの巻

先の投稿で挙げられていないないMutual Fundsのエクスペンスレシオが下がっている別の要因として、米証券取引委員会に提出する10-K書式フォームを投資家向けに転用する等のコストカット策も、じんわりと効いているようです。

この転用は10-Kラップと呼ばれているそうで、どうも、日本の投資信託業界でも採用したいなーと思っているようですが、まだ、夢の夢のようです。がんばれ大和インベスター・リレーションズの中の人のフォロー記事は以下。

大和インベスター・リレーションズ
〜米企業アニュアルリポートの最新動向〜
 コスト削減、予算は5年間に25%減少
 5社に3社はIR部門がプロジェクト・マネジャー
 「10−Kラップ」が過半数へ
 ― NIRI「アニュアルリポート調査2004」から ―


米企業:2つのアニュアルリポート

 ところで、米企業のアニュアルリポートには、2つの別々のリポートがある
ことはよく知られている。1つは米証券取引委員会(SEC)に届け出る様式
「10−K」と称されるアニュアルリポート。もう1つは、ここで調査の対象とし
ているアニュアルリポートだ。

 SECに提出する様式10−Kの届出書を文字通りラップで包んだ「10−Kラップ」
のスタイル。無味乾燥な役所向けの書類に単に表紙を巻いたといっていい
「10−Kラップ」がアニュアルリポートの大きな流れを作っている。今回、採
用企業は47%に達し、在来的なアニュアルリポート(46%)を初めて上回った。(中略)

 この「10−Kラップ」採用の急速な増加の背景に、2つの要因があるという。
1つはアニュアルリポートの作成期限が早まり、製作を簡単にしたいという意
向があった(63%)ことであり、もう1つは予算上のプレッシャー(90%)だ。
これが結び付いた。10−Kラップでは、財務パートを財務・資金部門が担当し
(93%)、編集パートはIR部門の責任だ(65%)という。


つまり、SECに提出する書類を、表紙だけ化粧して投資家への通期決算報告書にしてしまえば、コストを抑えることができる寸法です。

大和インベスター・リレーションズ
〜NIRI「アニュアルリポート調査2006」から(上)〜
原稿を書く力量でわかる、IR担当者のポジション
−進行する「10−Kラップ」革命、オンライン版に注力−

〜NIRI「アニュアルリポート調査2006」から(下)〜
オンライン・アニュアルリポートは、いつ、印刷版を追い抜くか
−SEC決定、「アニュアルリポート」配布はインターネットで可能に−


10-Kラップ、さらにはオンライン配布でコストカットすると数百万円は浮くという試算が示されています。ただ、完全にオンラインで完結するかというと、そうすんありとはいかないようです。

また、投資信託でなく、NYSEなどに上場する企業の決算報告についての法的な要求の変遷が、いずれ投資信託にも適用されるのではないかとまとめられています。米国現物株式を買う場合にも参考になります。国際郵便でどっちゃりと送られてくる海外企業からの決算報告書の山に家族がドン引きすることも無くなるわけです。そういえば、アルトリアもメールでリンクを示すだけでした。

日本の投資信託でも、目論見書は仕方が無いとしても、決算報告書のコストカットはおなじように推進していってほしいです。これは、すげえ豪華な決算報告書を信託報酬高止まりの一因にあげているようなファッキン投信会社を除いて、運用会社、販売会社、投資家と利害が対立しません。おすすめです。
posted by ことばもないひと at 18:54 | 日記

メリケンではMutual Fundsの信託報酬は年々下がっているそうで

Fund Fees Are Coming Down
Which funds cut expense ratios the most?

個人向け、機関投資家向けのいずれでもわずかずつエクスペンスレシオが下がってきています。エクスペンスレシオは、日本の投資信託の信託報酬と完全に同義ではありませんが、表面上のコストを比較できる数値です。いまさらながら。15年の比較表がリンク先に存在します。

切り下がっている一番の理由は、預かり資産の総額が増えていったことのようです。金融商品では、規模の経済は働きにくいはずですが、ここしばらくの上昇相場で預かり資産が増えに増え倒した分、さすがにコストが下がっているようです。また、一定以上の預かり資産総額になれば、エクスペンスレシオを下げるという規約のもとで運用されるMutual Fundsが多かったという事情も紹介されています。

日本では、預かり資産総額の増加による投資家サイドへの還元は、ほぼありません。マネックスで扱っているいくつかのVanguardのファンドや、Vanguardのファンドを組み込んでいるファンド・オブ・ファンズだと、投資先のバンガードのファンドがエクスペンスレシオを引き下げるので、結果として1-2ベーシスほど全体のコストが下がったという、非常に情けない例があるぐらいでしょうか。

と、Vanguardまんせーになるばかりではなく、「そんな値下げ環境のなかで、いくつかのファンドのエクスペンスレシオを上げやがった野郎(もしくは女郎)がいやがる! そいつぁ誰だッッッ!」

実は、Vanguardがその一人でしたという罠が。アクティブファンドのいくつかのエクスペンスレシオを、ファンドマネージャーに報いるために上げたそうです。まあ、いままでが薄給すぎたのかぽ。この好景気で引き抜かれたらそれまでです。他には、FidelityやらJanusやらが槍玉に挙がっています。

Fidelityは、米国以外のREITに投資するアクティブファンドのエクスペンスレシオを大幅に引き下げたともあります。よく見ると、日本のREIT・不動産株を買い上げたおしています。こわっ。

低いコスト、(さらに付け加えて言えば、低いコストは必然的にパッシブ運用の)ファンドを薦めて記事は終わっています。上記と関連して、ファンドのコストカットに微妙に効いてきている話は次あたりに。
posted by ことばもないひと at 18:37 | 日記

偽・ピクテ殺しETFが野村證券で取り扱い iShares FTSE/Macquarie Global Infrastructure 100 ETF(INFR)

藤田郁雄(銀座人)の最適ポートフォリオ:日経マネー2007年7月号
http://blog.livedoor.jp/ginzajin/archives/50779858.html

日経マネー7月号を、海外ETF特集目当てに購入。海外ETFについては数ページが割かれていました。海外ETFにおいては、買付け時の手数料で楽天が野村證券よりも有利と書かれていましたが、これはうまい書き方で、大量・長期保有時のコストについて言及をせずに楽天に花を持たせています。

海外ETFでは定期的な分配金があるため、大量・長期保有の場合は分配金を強制円転されない野村證券が現時点では有利になります。大口投資の場合、分配が多い海外ETFほど逆転に要する期間は短くなります。退職金一括運用で平均寿命まで生きる予想というのであれば、(他の腐れ金融商品の勧誘をはね除けられるという前提において)野村證券での購入が有利です。損益分岐点は各自計算されてください。

あー、それは余談で、実は今回の白眉は、野村證券で偽・ピクテ殺しETFの取り扱いが開始されたことです。偽・ピクテ殺しETFとは、iShares FTSE/Macquarie Global Infrastructure 100 ETF(INFR)のことです。ボンド・ドル建てで世界のインフラ企業100社に投資するETFです。投資先がピクテ・グローバル・インカムと重なりまくっており、総コストも安く分配も毎月などというアホ仕様でないため、長期保有では確実にピクテ・グローバル・インカムを上回るリターンをもたらすであろうETFです。

ただ、なんで偽なのかというと、さらにまともなETFが存在するからで、それこそが、真・ピクテ殺しETFなわけです。そのETFは、S&P Global Utilities Sector Index Fund (JXI)です。JXIの取り扱いが日本国内であれば、インフラだの公益企業に投資すると目論見書に書かれている投資信託は必要無いことになります。偽・ピクテ殺しETFもドル建てでしょうけど、JXIは確実にドル建てなので、殺人許可証を持つ通貨ポンド建てよりも安定しています。

ドル建てでSPDR FTSE/Macquarie Global Infrastructure 100 ETF (GII)というのも、isharesではないですが存在します。目に分かりやすい三つの違いを並べます。

INFR Total expense ratio 0.65%
JXI Expense Ratio 0.48%
GII Gross Expense Ratio 0.60%

バークレイズの言いたいことを代弁すれ「手前どもも商売でございますので、より『かっぱげる』方をアホな日本の証券会社と投資家に売りつけるのは、当然至極でございます」

同じインデックスを使用しているので、GIIとINFRでは、費用の安いGIIがリターンは高くなる目論見です。で、そのINFRよりもリターンが高いであろうGIIとJXIのリターン比較チャートです。

野村證券の海外ETF担当者がもう少し注意していれば、JXIの方がはるかにマシなことに気がついていたはずです。単に、バークレイズの担当者が一枚上手だったということに他ならないのですが、非常に残念でしかたがありません。楽天証券も次いで、してやられないことをお祈りしています。同じisharesならJXIを。

しかし、ピクテも買えなくなっているようですので、まとめてどーんとブチ込み長期保有を決め込むなら、INFRもいいんじゃないでしょうか。組み込み銘柄数がピクテよりも多いため、同じような期待リターンでもリスクが少し改善される計算です。

ETFs Listed in Britain: Complete List
from Stock-Encyclopedia.com

ロンドン証券取引所の方がアメリカよりも幅広いセクターに投資する場合は有効やも。IBの口座持ちがうらやましす。iShares MSCI World (IWRD)とかあるんですなあ、新興国入ってないから、新興国ETFをどうせ組み合わせるならVTI+VEUの方がはるかに有利だけど。

関連記事
ETF Seems More Utilities Than Infrastructure:
Financial News - Yahoo! Finance
http://biz.yahoo.com/ts/070201/10336297.html?.v=2
付け加えるなら、同じセクターに投資するETF・CEFがあれば、たいていはVanguardが有利です。その参考チャート。同じようなセクターに投資するVanguardのETFがあるなら、そちらに掛けた方が分があるようです。上記チャートではVPUが該当します。
posted by ことばもないひと at 13:40 | 日記

2007年05月22日

P&Gの分かりやすい話におののく

P&G to Make Detergents Double-Strength
: Financial News - Yahoo! Finance

液体洗剤の強さを2倍にすると、容器の大きさを半分にできて、取り回しも楽になり、省資源かつ保管スペースも半分で済むナリー。米国以外では来年四月までにミッション完遂予定。

カロリー半分で売り上げ二倍ですコカ・コーラみたいなストレートな話におののくわけです。希釈しないで使う、うっかりかあさんを計算に入れると売り上げ2.5倍とかのたぬき算をしている計算大。国際的な企業の陰謀ナリ。
posted by ことばもないひと at 23:31 | 日記

米国REITをレバ掛けCEFでやろうかと考える

なんで米国REITをCEF、それもレバレッジの掛かったものでやりたいかと言うと、現状、米国REITの利回りが低いからです。それだったら、なんといいますか、レバの掛かったREIT-CEFもいいかなと思ったという、極めて単純な発想です。

CEFA - Closed-End Fund Association
http://www.closed-endfunds.com/
ETFConnect - Home
http://www.etfconnect.com/

ETFについて調べるにはモーニングスターですが、CEFに関しては上記二つのサイトが使いやすいです。使いやすいからといって、最適なCEFがみつかり、そして、そのCEFが投資タイミング的にもバッチリかというと、それは誰も保証できないのです。

CEFA - Closed-End Fund Association REIT

まず見るべきはIncome Only YieldとDistribution Yield (Market)です。ぱっと見て、VNQやらIYRに比べてYieldが高い、うほっ! となるとジャンピングキャッチコースです。次に見るのは個別の銘柄を選択して、Premium/Discountがどうなっているか、LeveragedとExpense Ratioはどういう状態になっているのかです。よさそうなもの、自分が耐えられるレバと変動幅を覚悟したら、あとは、Annualized Total Returnsを下で見て、最初に戻ります。

http://www.etfconnect.com/tools/tools.asp

なんとなく納得するまでティッカーを探したら、あとは買って分配を再投資設定にして放置するだけです。REITでなく、株式や債券をいれたレバ掛けCEFも存在します。コスト負け、さらに下降時に飛ぶ可能性があるので、レバはほどほどにしておきたい感じです。

さらに、実際の分配が多い毎月分配型などを掴むと、短期的にはともかく、長期的なリターンでは、かりに分配を再投資していても、税コスト分だけVNQ、IYRに遅れを取ります。
posted by ことばもないひと at 22:29 | 日記

VFWIX販売希望 VTSMXとあわせればエクスペンスレシオ1%以下のMSCI AC WORLD INDEX連動ポートフォリオ

信託報酬の高いファンドは買ってはいけない?
<資産設計への道>/マネックス証券 - ネット証券
http://www2.monex.co.jp/monex_blog/archives/007932.html

税コストが高く、さらに預かり資産総額の増大とともにインデックスに近似してきているファンドは買ってはいけません。

アクティブファンドがまともな運用ができるのは、預かり資産総額がいくらぐらいまでなんですか? バンガード創始者のボーグルは「2億ドルぐらいまでに抑えておこう」と言っていたと、ジム・クレイマーが著書の中で語っていました。金余りの現状では、さらに少ない金額でなければ、アクティブ運用が有効に働く投資先を見つけることは困難でしょう。提灯が付けば、すぐに資金が集まります。

朝日Nvestグローバルバリュー株オープンも、今や預かり資産総額が430億円に近いです。現時点の最新の週報では420億円を越えています。

同じくハリス参加のOakmarkの運用するMutual Funds各種は、400億円のはるか手前で新規投資募集を打ち切っています。その後は、既存ホルダーの継続投資か直販のみ受付です。さらにアメリカの場合であれば、Oalmarkのものよりも、まだ預かり資産総額も小さい5年平均のリターンが高いMutual Fundsがいくつか存在し、投資先を散らすことができます。

しかし、日本でグローバル・バリューを歌いまともな運用をしていて大口のラップ口座やSMA以外で買えるものが少ない(あと二つぐらい)ために、この先も朝日Nvestグローバルバリュー株オープンへの資金流入は続くでしょう。

多額の分配金による税コストもあります。この先、朝日Nvestグローバルバリュー株オープンに投資する場合は、外国株式インデックス(MSCIコクサイ)株式ファンドにリターンが近似してくる可能性が高いでしょう。

インデックスに近似してきているのが視覚的に分かりやすいグラフです。比較対象は中央三井外国株式インデックスファンドです。10年での比較チャートですが、これを5年、2年、1年、6ヶ月と短くしていくことにより、「あれ、以前は青が分配に大きく落ちた後に、赤のラインを軽く上回っていたけど、だんだん、赤に近くなってきているような?」ということに気がつくと思います。

朝日Nvestグローバルバリュー株オープン
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/IND/68311003.html
中央三井外国株式インデックスファンド
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/IND/81311012.html
1-3年での騰落率にも、インデックスへの近似、運用先が大型株への移行を進めるにつれて起こる平均への回帰が現れています。

マネックスであれば、VFWIXの扱い開始があれば、VTSMXとあわせて世界株式インデックス(MSCI AC WORLD)連動ポートフォリオを組むことが出来ます。投資対象が全世界の株式であれば、資金の大幅な流入にも耐えることができます。マネックス以外ではやれないことで、多くの人間に望まれていることでもあります。

先の見えているアクティブファンドを売ろうとするよりも、管理報酬が0.6%、さらには購入時と分配金で強制円転為替手数料がちまちまと四半期ごとに入手できるVFWIXの取り扱いを、日本国内の投資家のために、ぜひとも希望したい次第です。

もっとも、自分は海外ETFに投資してますけど。おまけにVTI+VEUですらないという。うーむ。説得力がないことこの上ありません。
posted by ことばもないひと at 17:31 | 日記

MOを追加で購入 100枚越え

MO(アルトリア)を追加で購入しました。マーケットメイカーに指値より高値で約定させられてショック。あるとは知っていたものの、値動きを読んでその通りに動いたのに、約定通知は指値より高値でした。むむむ。まあ、逆のパターンもあって、指値より安値で約定させてもらったことの方が多いので納得というか、取り返されたなーという感じ。記録が残ってたりしたらいやだなー。まだ取り返される(w

http://finance.google.com/finance?q=mo&hl=en
http://finance.yahoo.com/q?s=mo
http://seekingalpha.com/by/symbol/mo

DTNが約定しなかった後、米国株式セクターでなんに投資をしようか迷ったあげくの行動です。ロイヤリティー・トラストなど派生商品も考えたのですが、DWM、RWXを組み込む分散もしたなー、ということで、MOの追加購入とあいなりました。利回りが3-4%台なので、最終的には200枚まで買い集める予定です。四半期ごとの配当を再投資して、配当毎に一枚ふえるようにしたいわけです。

あとは、国際部門のスピンオフがどうなるかです。どっちが有利なのやら。
posted by ことばもないひと at 04:27 | 日記

2007年05月19日

地球温暖化防止関連株ファンドについて新光投信にメールで質問をして回答を得たでゴザルの巻

地球温暖化防止関連株ファンド(愛称:地球力)
新 光 地球温暖化防止関連株ファンド
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/IND/06312066.html

質問要約
投資方針で概ねベンチマークを捉えるとあるけど、1年足らずで約6%下方乖離しているのはなんでッスか?

ファンドマネージャーは誰ッスか?
ディープ・バリューと同じタコひとでっか?
(同じファンドマネージャーの別投信では、まともな運用のものもありあました)

回答要約
指数先物ないので取引コスト高め。あと、キャッシュポジションが5%ぐらいあり。で、キャッシュポジション分だけ市場上昇の時に遅れを取る。信託報酬分も毎日マイナスな。あと、設定日前日と設定日の間(外国ものなので2営業日分実運用が遅れる)に株式市場が大幅に上昇しちゃったのが実は大きいんだな。

最後、ファンドマネージャーは、アクティブ運用の投信じゃねえと教えられねえんだよな。よろしこ。

ってなもんでした。インデックスに可能な限り近づけたい、アクティブ運用じゃないよー、という2点が地球力の希望ってな感じです。1年の決算書で、売買回転率などを確かめようと思います。100銘柄のインデックスなので、まあ、どう多くても20%ぐらいに抑えてほしいものです。理想は一桁。

地球に優しく、投資する側にも優しくしてほしい感じ。

社会的責任投資 - Wikipedia
続きを読む
posted by ことばもないひと at 23:14 | 日記

2007年05月18日

ポートフォリオの修正で力を使い果たす

もはや、グリーンスパンは市場を直接は守ってくれないのだから、バーナンキ先生のお言葉に従うことにしました。再利上げ懸念があるという警告です。

中・長期の社債ETFであるLQDを全て損切りしました。売却時に見かけ上はキャピタルゲインが発生しないところが、日米両国における課税において重要なポイントです。ビバ、キャピタルロス。

LQDを売って得たお金で、RWX(米国以外のREIT)、CGW(世界のお水関連企業)、DWM(米国以外先進国の配当の良い企業)を仕込みました。米国株式ETFのコアにしようと思っていたDTN(米国内配当の良い企業100位)は約定しませんでした。

ETFでは、DTN、VNQ、米国債ETFかMutual Fundsを今後揃えていきたいと思います。個別株では、MOとWSDT.PKを買いたいです。KFTとPFEも引き続きホールドします。というか、今後は売らないで、買い増しでリバランスになると思います。

アクセントで買うかもしれないのはCHYとXRO、公益インフラでGIIあだりでしょうか。と書いて力尽きました。ぱったり。
posted by ことばもないひと at 07:22 | 日記

2007年05月16日

Blue Gold - Water ETFs

仮に金に投資をするならば、黄金1g積立てなんぞよりも、蒼い金のETFに投資したいわけです。蒼い金、Blue Gold すなわち、お水です。水関連のファンドは日本国内で設定され、これからも設定される予定ですが、例によってコストが高いわけです。じゃあ、海外ETF、それも水関連は無いのかと思って探しました。一応、海外では「日本人とアラブ人が買いにくるまで、まだ間があるなー」という感じのようです。

The Claymore S&P Global Water Index ETF
First Trust ISE Water Index Fund (FIW)
PowerShares.com - Water Resources Portfolio - PHO
ClaymoreのCGWの投資範囲は全世界で、日本の企業もいくつか入っています。

そのひとつは高騰中。濾過用の繊維がらみも買われているようです。三菱レイヨンは垂れています。日興の設定する水絡みのファンドの買いが入るなら持ち直す可能性があります。原油高が続くとお辞儀をしたままかもしれません。

他にCGWに含まれている日本企業は、前澤給装工業(株)(株)クボタ 三菱重工などがあります。大型株は、ちょっと買いが入ったぐらいでは跳ねません。これから水関連の投資信託の設定が相次がない限りは無理ぽな感じです。前澤はー? えへへ。お米優待銘柄のようです。どうか。

FIWPHOは主に米国企業に投資していますが、米国以外の企業のADR(ADS)にも投資しています。お約束のSuez (SZE)が入っています。

Blue Gold: Comparing the Water ETFs - Seeking AlphaIndexUniverse.com - Which Water Is Best?
Claymore's New Water ETF: More of a Pure Play
Than Powershares' - Seeking Alpha
と、と、投資家来い。こっちのみーずはあーまいぞー。

関連書籍
ウォーター・ビジネス
「水」戦争の世紀
BLUE GOLD―独占される水資源
無いと死ぬものを独占して売りさばいて大儲けかつ鬼搾取という、きわめて分かりやすい構図があるもようです。社会的不道徳が糾弾され、上値が抑えられる局面もくるでしょう。裁判を起こされて懲罰的賠償を取られるかもしれません。しかし、収益構造が破壊されていなければ、下落している時は買い時であることを、歴史が証明しています。今は吹き上がってますけど。

Global Water Intelligence
http://www.globalwaterintel.com/
市場調査報告書:アジアの水市場:上下水道セクター
アジアの水がらみ企業の一覧があります。おおもとは、上記のGlobal Water Intelligenceからの情報です。すべては、水関連の投資信託の設定数しだい。
posted by ことばもないひと at 22:44 | 日記

iShares MSCI Pacific ex-Japan EPP が楽天の取り扱い海外ETFに追加

お知らせ>米国株式>
米国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせ

楽天証券で海外ETFのEPPが追加になっています。日本を除く太平洋圏の国々に投資するETFです。高配当というか、そもそもの国の政策金利が高いオーストラリアの株式の比率が67%と高いため、必然的にETFの表面上の配当利回りも高くなっています。

オーストラリア株式市場の特性や現状が分かってない場合に投資するのは危険なETFです。金融セクターの占める割合が多いため、楽天証券でEPPを買うなら、オーストラリアの銀行株式のNABを買ってひたすらホールドするという選択もあります。変動幅は大きくなりますがコストを抑えることができます。NABは年に二回の配当です。自分で個別株式を買い、毎月分配型に似せた毎月配当ポートフォリオを組む際にも考慮に値するでしょう。

EPPの詳しい情報は、公式サイトと米国モーニングスターに存在します。
iShares MSCI Pacific ex-Japan Report | EPP | Snapshot
iShares MSCI Pacific ex-Japan Index Fund (EPP): Overview
シンガポールと香港の組入れがあるのが目を引きます。どちらの国も金融セクターが50%を越えています。EPP全体では現時点で49%内外です。投資する場合は、金融セクターがコケる事態になるまえにトンズラを決め込む必要があります。
posted by ことばもないひと at 15:20 | 日記

マネックスから円建て金利累積型債券 カウントプラスのお知らせ 円建てなのに為替差損が得られます特約付き

年0.30%〜年5.58% 為替差損投資家負担特約付き新型債券
「カウントプラス」のご案内(2007年5月15日)/マネックス証券

あいかわらず外国債券インデックスファンドの取り扱いが無いマネックス証券から、マネックスの株主に嬉しい金融商品のお知らせが届きました。なお、この債券に投資する投資家には厳しい債券となっております。

為替変動リスクを負って得られるリターンは、最大で単利年5.58%の金利(税引き前)で、しかもその利払いは年に1回強制円転、さらに、円安だろうが円高だろうが、問答無用で為替手数料をさっぴいて、しかもその手数料が表に出ないようにして投資家に支払われます。

「円高だから金利支払いはドルで受けてMMFで運用したい」
できません。強制的に円転してお受け取りになっています。円転の際の手数料はいただきます。

「満期(3年)時に円安なので元本部分に為替差益がでるのかな?」
為替差益は得られません。ただし、為替差損は得られます。

「途中で売却しても元本が返ってくる?」
高い確率で元本割れした金額しか返ってきません。

「同じようなたぐいの嵌め込み金融商品を、証券会社や銀行の窓口で、自分や両親、家族親戚友人知人が売り込まれそうになったらどうしたらいいの?」
まず、金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレかを読むようにすれば、さくっと回避できるようになります。勉強する前には、金融機関の窓口には近づかない。これを徹底しましょう。

「じゃあ債券セクターだったら何を買えばいいの?」
外国債券インデックスファンド、もしくは米国政府の発行する米国債券がおすすめです。外国債券インデックスファンドであれば、放置していても複利で運用が可能ですが、コストが高いものが多いため注意が必要です。米国債券は時期をずらして仕込んでおいて、毎月利金を受け取るようにすることも可能です。債券ETFの取り扱いも国内で開始されると思います。債券ETFは毎月分配型が多いため、あくまで毎月分配にこだわるなら、債券ETFを待つ手もあります。

「ほかに債券で注意することは?」
基本として『特約』とついた債券もので、投資する側に有利な金融商品は無いと覚えておくと安心です。保険でも同じですが、一部に投資する側に有利な特約もあります。しかし、債券プラス特約は不利なものしかありません。

「でも、バフェットは転換社債で一儲けしたじゃーん!」
一般の投資家では無理だろうがフォルァァァァ!!!
posted by ことばもないひと at 13:47 | 日記

2007年05月15日

地球温暖化防止関連株ファンド 地球力というか新光投信の特定ファンドマネージャーの問題点

新光投信ホームページ
http://www.shinkotoushin.co.jp/index.html
地球温暖化防止関連株ファンド(愛称:地球力)
http://www.shinkotoushin.co.jp/best/earth/index.html

パフォーマンスが外国株式インデックスファンドに比べてそう劣らず、一定額が自動的に寄付される社会貢献ができるファンドとして、上記を少し買うことにしました。ただ、問題点が解決されなければ、大きな投資はしません。

問題点とは、目論見書をよく読んでも「パッシブ運用」と明記されておらず新光商法が採用されていることです。新光商法の悪い例を以下に。

ディープバリュー株オープン
http://www.shinkotoushin.co.jp/best/deepvalue/index.html#
ディープバリュー株オープン マザーファンド受益証券ならびにわが国の証券取引所上場株式を主要投資対象として、RUSSELL/NOMURA Total Market Value(ラッセル・ノムラ・トータル・マーケット・バリュー)インデックスを中・長期的に上回る運用成果を目指します。


ディープバリュー株オープン FUND INFORMATION 運用報告
http://www.shinkotoushin.co.jp/fund/db/12970.html#
そして、運用でベンチマークを下回っているというお約束です。運用報告書をよく読むと、アクティブ部分が足を引っ張りまくっています。素直にパッシブ運用して、信託報酬含むコスト分だけアンダーパフォームした方がマシだったねという結論です。

地球温暖化防止関連株ファンドだと、上記のディープバリューよりもアクティブ運用しますの表現は弱いですが、インデックスの動きを概ね捉えるという書き方で、パッシブではないことが確認できます。実際の運用もパッシブではありません。

地球温暖化防止関連株ファンド(愛称:地球力)FUND INFORMATION
http://www.shinkotoushin.co.jp/fund/db/18242.html#
もちろん、お約束として、インデックスをアンダーパフォームしています。設定されてもう少しで1年ですが、すでに6.5%ほどインデックスを下回っています。完全なやられです。新光証券では、ファンドマネージャーの人工知能学習スイッチがオフになっているようす。

なお、普通にパッシブ運用していれば、国内外の株式市場混合インデックスを上回る運用成績になっていました。残念でなりません。地球温暖化も防止してほしいのですが、ファンドマネージャーの脳内温暖化もあわせて防止してほしいものです。保有した後に、せつせつと「単なるパッシブ運用にしてくれ」と訴えていきたいと思います。
posted by ことばもないひと at 08:02 | 日記

2007年05月14日

投資信託で社会貢献 やらない善より やる偽善

表というか裏というか、メインのブログのranobe.comで、ふと取り上げた、あしなが育英会の苦境から、投資信託やクレジットカードで自動的に寄付できるというような情報をまとめてみました。中には眉をひそめるポートフォリオで社会貢献やらエコを歌うファンドもありますが、やらない善より、やる偽善を合い言葉にさくっと。いくばくかを。

MS - SRI モーニングスター社会的責任投資株価指数
http://www.morningstar.co.jp/sri/index.htm
日本のSRIファンドパフォーマンス

各種SRIファンドの紹介がされています。全般に信託報酬は高めですが、年に1回や2回の決算のファンドが多いです。その点救いでしょうか。

地球温暖化防止関連株ファンド(愛称:地球力)
http://www.shinkotoushin.co.jp/best/earth/index.html
KLD Indexes - A division of KLD Research & Analytics, Inc.
http://www.kld.com/indexes/index.html

中でも、ちゃんとしたインデックスがある国際株式型のファンドで、現在までのリターンが、インデックスとそう変わらないファンドです。これで地球に本当にいいなら文句はありません。ノーロードじゃないのが残念です。マネックスで買えるのがポイント。

日興グローバル・サステナビリティ・ファンドA(ヘッジなし)
☆ : ファンドの特色|nikko am 日興アセットマネジメント

買えるところが少なめですが、内外の株式に幅広く投資しています。

自然環境保護ファンド 尾瀬紀行
http://www.diam.co.jp/special/oze/index.html
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/IND/47311065.html
日本株式50% : 海外債券50% の隔月分配型バランスファンドです。寄付額は0.1%ほどです。尾瀬という地名を冠した分かりやすさ。はるかな尾瀬かつ遠距離の空です。

モーニングスター [ ファンドアナリストの視点 ] 寄付のあるファンド
http://www.morningstar.co.jp/fund/anl_view/06_2q/0612.htm
他に、信託財産から寄付があるファンドがまとめられています。

社会貢献カード part1
クレジットカードで社会貢献!
http://goldmine-s.com/
クレジットカードの引き落とし口座と組み合わせると、さらに社会貢献が可能になります。キャッシュバックやポイントにしか注目していない自分が恥ずかしくなりました。ええ。

投信スーパーセンター
社会的責任を果たすための取り組みをしている企業に投資をしたい
一つの証券会社だけで、社会貢献とパフォーマンスを狙う投資信託を揃えるのは難しいのですが、投信スーパーセンターなら一応可能です。損保ジャパンのSRIオープン(国内株式)と日興サステなんとかヘッジ無し(内外株式)でいけるかと。新光証券の投資信託の取り扱いが無いのが残念でなりません。マネックスでは取り扱いがあるのですが。

盛岡タイムス Web News
http://www.morioka-times.com/news/0412/05/04120504.htm
岩手銀行は1日から平泉町世界遺産登録推進支援のための2商品「いわぎん定期預金【平泉】」「投資信託いわぎんHIRAIZUMI」の発売を開始した。預入金額に対する年率0・01%相当額を同行が寄付する。

いわぎんHIRAIZUMIも、毎月分配型ながら投信スーパーセンターで購入可能です。ただ、中身は単なる外国債券インデックスファンドのようです。

こだわり世代のための資産運用 日経WagaMaga
http://waga.nikkei.co.jp/money/stock.aspx?i=20070315b2000b2
エコファンドでも中身が日経やTOPIXインデックスファンドと大差が無いのでは、やる気が失せていくので、中身をよく見ようというお話です。

大和証券グループ本社 大和のCSR
http://www.daiwa-grp.jp/branding/index2a.html
いくつかの設定間もないファンドの情報があります。

海外では社会貢献が正しく行われているかどうかを監視するサイトもあります。企業が寄付を多く行っている場合でも、CEOに関係のある団体へ恣意的な寄付が株主の資金でなされている場合もあります。背信のたぐいです。寄付してああ良かったでなく、行く末を見届けることも大事ということが、寄付先進国で立証されています。社会貢献の道険し。
posted by ことばもないひと at 21:58 | 日記

2007年05月13日

High-Dividend ETFs 高配当ETFについてさらに調べる

というか、高配当ETFの一覧を検索して見つけました。以下

High-Dividend ETFs: Complete List
from Stock-Encyclopedia.com

三十種類以上の高配当ETFが存在しています。大半はWisdomTreeのETFです。

High-Dividend ETF - Google 検索
債券と高配当ETFどっちがいいの? という話がありますが、長期間ひたすらホールドなら高配当ETFがいいのは、インフレをヘッジしてくれるからに他なりません。ただ、分配金を再投資するのが証券会社や銀行などによっては面倒だというのは米国でも変わらないようです。

Stock-Encyclopedia.com ETF Guide
http://etf.stock-encyclopedia.com/
産業別投資スタイル別投資戦略別国・地域別商品債券と綺麗に分けられています。msnやyahooへのリンクもあるため、今後、日本の証券会社での海外ETFの取り扱いが増えていけば、さらに為になっていくサイトだと思います。

Value Line - The Most Trusted Name
in Investment Research
http://www.valueline.com/
Value Line ETFs: Complete List
from Stock-Encyclopedia.com
セクターローテーションETFもそうですが、バリューラインETFも監視する分にはおもしろそうです。

成績の悪いバリューラインファンド/
海外サイトで見つけた投資関連の記事・ニュース
一時期は成績が悪かった様子ですが、それは外的な要因があったためとか。
posted by ことばもないひと at 23:29 | 日記

From Russia With Love ロシアより愛を込めてETF RSX

RSXが気になりだしたのは、なんか、下がり気味だし、ロシアETFもいいかなーという、たいへんによく分かっていない理由です。以前も、SGのロシア東欧株ファンドへ投資してかなり儲けていたのですが、現物株で出した確定損と損益通算するために売ってしましました。よわよわ。

で、まあ、なんといいますか、地球も温暖化してるし、あったかくなるならロシアかなあ、えへへ。(何も考えてない脳だ!)

Van Eck Global -- Global Investments Since 1955
http://www.vaneck.com/
RSXの組入れ銘柄一覧
むむむ、HSBCロシアの手抜きポートフォリオほどじゃないけど、ADRもけっこう組入れているなー。しかも、セクターに片寄りまくり。新興国分が足りないというのが、そもそものRSX組入れの動機の一つなので、WBDの一本釣りでもいいかなあ。ただ、どうみても各国の投信買い上げパワーでバブっているので、数年監視して安い時にでも。ADRも、こういう時は怖い。

http://finance.yahoo.com/q?s=EVX
http://finance.google.com/finance?q=EVX
温暖化〜ロシア〜、じゃない場合は、温暖化〜環境ETF〜という技もありかぽ。環境ETFも、同じVan Eckが組んでいます。スエズが10%ほど組み込まれているあたりがポイントです。

新興国に関してはVWOだけでも構わないので、そっちに逃げるという面白くない技もあります。中東のタバコ銘柄なんてのがあれば、いまならそれもおもしろそうですので、探してみたいと思います。
posted by ことばもないひと at 22:00 | 日記

2007年05月11日

シーゲル教授のETFを越えるかもしれないETF

多くの市場参加者がマーケットインデックスに連動したパッシブ運用を試み始めたらどうなるのか、最良の戦略が、我と我が身を滅ぼすのはいつの日か?

シーゲル教授は考えた結果、WisdomTreeにて時価総額加重平均のインデックスを越える実践の段階にいます。株式投資の未来で提唱した配当に着目する戦略を実行するETF、そして、新しい戦略である、収益に注目するETFを上場しています。いずれのETFも長期ではマーケットインデックスを越えていきそうです。めでたし、めでたし。

さて、ここで次の疑問が出てきます。では、そのシーゲル教授の考えたETFを越えるにはッッッ どうしたいいのだろうかとッッッ?(効果音:ゴゴゴゴゴゴゴゴ)

なんかもう、究極の問いを発し続けろ! ってな感じですが、シーゲル教授のETFを見れば、バリュー相場とグロース相場のそれぞれでマーケットインデックスを越えるように組まれています。少なくとも、自分にはそう見えるのです。

WisdomTree Dividend Familyはバリュー相場に、WisdomTree Earnings Familyはグロース相場にそれぞれ輝きそうです。これは、WisdomTree Dividend Familyはグロース相場の時に、WisdomTree Earnings Familyはバリュー相場の時にしょんぼりするということでもあるわけです。

ここでもう答えがでます。バリュー相場の時にDividendと同じリターンを、グロース相場の時にEarningsと同じリターンを上げれば、景気が一巡りした後に、シーゲル教授のETFを打ち破ることができます。

つまり、それぞれの相場に合わせたセクターローテーション>戦略を実行すれば、単一の相場に特化したシーゲル教授のETFに勝つ計算です。

都合が大変よろしいことに、そんなセクターローテーションを実行するETFがあるのです(まあ、Mutual FundsやCEFでも存在しますが)。

http://finance.yahoo.com/q?s=XRO
Claymore/Zacks Sector Rotation Report | XRO | Snapshot
http://finance.yahoo.com/q?s=PYH
PowerShares Value Line Industry Rotation Report | PYH | Snapshot

なお、ファンドマネージャーが運用に失敗した場合は往復ビンタを喰らいますので、リターンはマイナスになる計算です。運用会社の一つは、以前に取り上げた豚のマークが微笑ましい欲豚ETFの会社です。うーん、お ち ゃ め さ ん☆

About Claymore Securities
http://www.claymore.com/about/aboutus.aspx
Claymore Securities Products
Closed-End Funds
http://www.claymore.com/products/CEFs.aspx
Claymore ETFs
http://www.claymore.com/etf/public/etf/etfhome.aspx

いや、実に楽しげな会社です。クレイモアという名前も、月刊少年ジャンプが休刊になって寂しい貴方にぴったしです。どうですか。ほんとうの余裕資金があれば十数単位。

PowerShares.com
http://www.powershares.com/home.aspx
PowerShares.com  Products
http://www.powershares.com/onlineproductinfo.aspx
パワーシェアーズについては、ビジネスライクな会社なのと、イェール大学CFOもおかんむりな、一部ためにならない運用をすることが明らかになっているため、特に語ることはしないでおこうと思います。

ちなみに、いずれのETFも信託報酬は高めとあいなっておりますのでご注意を。しかし、欲豚ETF欲しいですなあ。このブログのタイトルにも欲豚ってあるから、冗談で飼って、いや買ってみたい。「あ、欲豚ETF持ってますwwwww」
うーむ。続きを読む
posted by ことばもないひと at 21:43 | 日記

Knowledge@Whartonで知識(や、吹かし)を深めたい

Knowledge@Wharton
登録が必要ですが、メールアドレスとパスワードだけで登録は完了します。Jeremy Siegel教授の過去の対談や、最新のpodcastを見ることが出来ます。また、ペンシルバニア大学ウォートン校の教授陣の市場に対する見解なども動画や音声、pdfなどで参照することができます。

Jeremy J. Siegel Faculty Profile
The Wharton School of the University of Pennsylvania

シーゲル教授の紹介ページ右サイドにある最新の記事もKnowledge@Whartonに登録すれば読むことができるようになります。ちょっとぞっとしたのは、1999年以前から、シーゲル教授は株式市場に対して、バブルは避けるべき、バリュエーションを考慮しよう免罪符も買っていますが、ひたすら強気でありつづけているということです。

他に、景気悪化局面からの立ち直りの際に、FRBはとっとと利上げするべきとも言っています。これは、インフレを抑えるための主張でしょうか。バリュエーションは大事ではあるが、株式市場に対しての信頼というか信仰は揺らいでいません。インフレが資産を目減りさせることに対しての防御策として株式投資が最善という考えは一貫しています。

インフレに関して変動利率型米国債券についての記事もあります。周辺が「ちょっと債券セクターに関するポリシーが変わっちゃったよー」と日和るなかでも、シーゲル教授は、変動利率型債券でも資産の目減りを避けることができるが、株式をホールドすることによるリスクプレミアムを得ることができなくなるためあまり歓迎していないようです。アセットアロケーションもヘチマもありません。インフレこそ最悪の敵のようです。このひたむきさは、キッシンジャーが「日本は核武装する(1974年)、するに違いない、いまだって(2007年初頭)政権で核武装考えていないとしたら驚きだ」と、何十年間も主張を変更していないことを彷彿とさせます。

Jeremy Siegel on Stocks: The Worst Is Over
Published: July 31, 2002 in Knowledge@Wharton
http://finance.google.com/finance?cid=983582
メガボトム(記事の後二ヶ月後)こそワールド・コムのために外していますが、シーゲル教授が底と判断したら、かなりの確率で正しいようです。弱気相場の否定では2001年に外していますが、これもエンロンという外的な要因が加わっているためです。

米国の一般生活者の視点ではどうかは分かりませんが、FRBの金融政策に対する注文も株式市場主観においては的確のようです。米国株式に投資する場合は、シーゲル教授の金融政策に対する注文通りにFRBが動けば強気でいいのかもしれません。

シーゲル教授の「金利さげろ〜〜、緩和しろ〜〜〜」、「金利あげろ〜〜、引締めろ〜〜〜」の念波がバーナンキに届いていない場合は、北米株式に対しては、ちょっと引いたスタンスで望むのが良いようです。ただ、債券やREITの買い時には、まったく参考になりません。

本人サイト、Knowledge@Wharton、米国yahooのコラムの順番で修正しつつ記事を公開していっている模様です。通しで冷静に読むと、いつも株式に対して楽観している、シーゲル教授は仮に株式市場が壊滅的な打撃をうけても、別に生活に困らないので、あんまりあてにならないかもという疑念がわき上がってくるのですが、とりあえず、コア資産に株式を持つという方針は変えずに、シーゲル教授の記事を見ていきたいと思います。


Knowledge@Wharton
では、他にもプライベート・エクイティ(未公開株式)等に関する記事がFinance and Investmentで、Real Estate(不動産)に関しての記事がReal Estateで読むことができます。

The Real Estate Industry, though Volatile,
Offers Riches to Those Who Know Where to Look
Published: May 02, 2007 in Knowledge@Wharton
では、ヘッジファンドマネージャーのドイツの不動産証券化や、東京の不動産に関する姿勢もちろっと出てきます。フカシ入りでしょうけど。
posted by ことばもないひと at 18:24 | 日記

シーゲル先生がトラックに撥ねられるリスクを考える

では、実際のシーゲル先生のフットワーク動画を見てみましょう。

YouTube - Jeremy Siegel's Market Update from Feb. 7, 2007

けっこう機敏なフットワークを維持されてます。大学自体が街というペンシルバニア大学の地の利を活かして歩き倒していることがフットワーク維持の秘訣と思われます。トラックもそうそう爆走していない環境であり、爆音を立てた車が迫ってきても避けることは簡単そうです。トラックに撥ねられる可能性は低いと判断します。

結論 WisdomTreeのETFはしばらく大丈夫そう。
posted by ことばもないひと at 16:43 | 日記

WisdomTree to Seek Nasdaq Listing by Year End おまけ「ボーグル、新しいインデックスファンドに破れる!!」

WSDT.PK: Summary for WISDOMTREE INVSTMNTS - Yahoo! Finance
Pink Sheets -- WSDT
WisdomTree wants to list shares on Nasdaq - MarketWatch

「Nasdaqに上場したる!!」
年末まで待てばオンラインで買えるかも。でも、その時には上昇しまくっているかもという二律相反が。ナスに上場して次のインパクトは「配当を支払ったるで!」宣言と思います。その時にも跳ねるでしょう。どっちが得なのか。ジェレミー・シーゲル先生がトラックに跳ねられるリスクもあるしなー。

あと、煽りが出るだろうと思ったらでました。
Bogle Beats Down New Index Funds - Forbes.com
「ボーグル、新しいインデックスファンドの前に倒れる!!」
でも、紹介している海外(米国以外)の株式ETFは、なんか国別インデックスファンドが多かったりして。あと、なんとかして(高いコストを飲ませ易い)アクティブという言葉も使いたいようです。それはいいのか? という感じ。

と眉唾モードで見ていたら、記事の最後では、過去のバブルやらニフティ・フィフティブームを引き合いに出し、古典的な時価総額加重平均のインデックスファンドを推奨していてバランスの取れた記事になっていました。見出しで煽られて最後まで読まされちゃったという感じです。次の煽りは「マルキール(あとエリス)対シーゲル」「イェール大学(マルキール、エリス) 対 ペンシルバニア大学(シーゲル、スタインハルト、実はバフェットも一時期通っていた) 投資哲学」ってなところでしょうか。
posted by ことばもないひと at 00:52 | 日記

余談長めで、iSharesの残り二つの高配当ETFは?

答えはそのまま「Dividend」と名の付くETFなのではないかと思っています。すなわち

IUKD iShares FTSE UK Dividend plus イギリス高配当株式ETF
iShares.net | Fund performance

IDVY iShares DJ Euro STOXX Select Dividend DJユーロ高配当株式ETF
iShares.net | Fund performance

日本株式市場を除外したアジアの高配当株式に投資というETFもありますが、まだ販売していないようです。上記でUKの情報がほとんどなかったので公式pdfへのリンクとなっています。ポンド建てです。IBなら買えるのでしょうか、でも、分散してユーロ建てのIDVYの方がよさそう。

いずれも、ボンド、ユーロ通貨建てのため、楽天での取り扱いは困難だと思われます。アメリカの証券市場で代わりに買うべきETFなら示すことができます。ただ、それも楽天での取り扱いは難しいでしょう。何度も言っているWisdomTreeのETFなんですが、会社自体がアレな状態だからです。

個人的にはWSDT.PKの株は必ず買いたいのですが、これはオンラインで取引を完結させることができません。Firstradeでネット上から買い注文をいれたら「電話くれろ、電話番号は〜〜〜」となりました。一取引に26ドルぐらいかかったはずなので躊躇しました。6月になるまでに仕込まないと、たぶん跳ね上がるので悩んでいます。

なぜ6月にWSDT.PKの株価が跳ね上がると思っているかというと、各種評価サイトでWisdmTreeのETFの一年間の評価が出始めるからです。すると、現時点では爆益をたたき出しているWisdomTreeのETF各種はセクターごとのTOP5にことごとランクインするはずですので、その後はどうなるかと言いますと、預かり資産が増えてETFからあがる収入が増え、財務状況が見たまま改善していくはずですから。なんとか、それまでには買いたいと思います。100-1000株単位で考えています。一枚$7(w 

ただ、勝てる投機だと考えています。でも、電話めんどくさす。国際電話料金もなー。

Pink Sheets --
Electronic Quotation and Trading System for OTC Securities
http://www.pinksheets.com/quote/quote.jsp?symbol=WSDT

げっ、みんな考えることは同じのようで上がりはじめてるーるーるー。どうしたものやら。
posted by ことばもないひと at 00:16 | 日記

2007年05月10日

iShares Dow Jones Select Dividend ETF DVYが楽天証券で

お知らせ>米国株式>米国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせ
取扱商品のご案内>海外ETF取扱銘柄一覧(米国)
楽天証券で海外ETFが追加されるそうです。追加されるのは以下。

DVY ISHARES DJ SELECT DIVIDEND INDEX
EWT ISHARES MSCI TAIWAN INDEX
EWY ISHARES MSCI SOUTH KOREA INDEX
EWZ ISHARES MSCI BRAZIL INDEX
EZA ISHARES MSCI SOUTH AFRICA INDEX
FXI ISHARES FTSE/XINHUA CHINA 25 INDEX

DVY以外は、投資するにはかなりの勇気が必要です。新興国ものは分かっていましたが、高配当もので日本国内で販売しているらしい残りの2本も気になります。債券とREITに投資するETFの取り扱いは、まだのようです。AGG、TLT、RWR、RWX、あたりの扱いがあると、楽天証券の海外ETFだけでポートフォリオの構築が可能になります。IYRは野村やキャピタル・パートナーズ証券で買うことができます。

DVYのポートフォリオ組入れ上位銘柄と配当利回りです。配当利回りが3%を越えています。複利効果が落ちると頭では分かってはいても嬉しいものです。

長期投資(20年以上)、年に1回まとめて追加投資のスタイルだと、DVYがおすすめ。DIAは毎月分配型でしたが、DVYは四半期ごとの分配です。分配金をドル受けできないのが残念。

配当に焦点をあてたETFとしては、ほかにSDYなどがあります。
http://finance.google.com/finance?q=DVY
http://finance.google.com/finance?q=SDY

藤田郁雄(銀座人)の最適ポートフォリオ
http://blog.livedoor.jp/ginzajin/

藤田のおっちゃんもDVYに投資していたりして。多く投資しているVTIよりも高いリターンというのがなんとも言えない味わい深さ。
posted by ことばもないひと at 15:39 | 日記

2007年05月08日

Vanguardはインデックスファンドだけじゃないってところを見せてやるぜ!! 追加訂正

見せてもらわなくても別に構いません。しかし、「手前どもも商売でございますので」と、ボーグルが言ったかどうかはさだかではありませんが、Vanguardからアクティブ債券ETFが出るそうです。

Vanguard Coming Out With Active Bond ETF:
Financial News - Yahoo! Finance

Morningstar.com - A Surprise Entry
in the Race for Actively Managed ETFs

普通に考えると、VanguardのMutual Fundsの中で債券ものでインデックスでないものをベースにしたETFが出ると考えられます。すなわち以下のどちらかをベースにしたETFでしょうか。

Vanguard - Vanguard GNMA Fund Investor Shares Overview

Vanguard - Vanguard High-Yield Corporate Fund Investor Shares Overview

バークレイズのHYGに対抗して高利回り社債ETFなのか、BNDよりも少しリスクをとってGNMAベースなのかは分かりません。意表をついて海外が拠点のVanguardから債券をかき集めて海外債券インデックスETF(除く米国)が出てくると買ってしまいそうです。

とか書き飛ばしたら、
Vanguard Inflation-Protected Secs Report (VIPSX) | Snapshot
Vanguard Inflation-Protected Secs Report (VIPSX) | Portfolio
インフレ対応米国債ETFでした。短期国債多めで金利上昇時も大丈夫。でも、金利低下時はリターンが下がるよというポートフォリオとあいなっております。間が悪いような気もしますが、バーナンキがヘリコプター・ベンと化した時には有効な債券ETFかもしれません。
posted by ことばもないひと at 20:47 | 日記

ジェレミー・シーゲルのコラム更新 The Bullish Case for Stocks 雄牛(ブル・強気)の株式相場でがんすー

The Bullish Case for Stocks
シーゲルせんせいのyahooにおけるコラムが更新されています。内容的には一言で表すなら「ブル北浜ならぬ、ブル・シーゲル」です。シーゲル先生は、最近は、どうも配当でなくて収益が気になりだしたようすです。変形(カスタム)バリュー投資推奨から、変形グロース投資もありだね! になっている模様。機を見るに敏、さすがとしか言いようがありません。

「ロングラン」から「株式投資の未来」にかけては「S&P500インデックスファンドがおすすめなんじゃよー」、「株式投資の未来」では「やっぱ、配当が高い銘柄保有で配当再投資がいいかな?」、「株式投資の未来」から現時点では「うーん、やっぱり収益も大事ですたーい」という具合でしょうか。シーゲル理論は宇宙が膨張するように成長しているッッッ!! なんて迷惑な。

これは、WisdomTreeETFにも現れています。バリュー相場もグロース相場もどっちもとったる品揃えですという気概です。多分、WisdomTreeのチェアマンであるマイケル・スタインハルトに影響されたものと思われます。スタインハルトは、小型株と債券で高いリターンをもたらし、伝説的なヘッジファンドの運用者として名を馳せました。「会社も潰れかけだし、どうせETFやるなら俺の得意な(得意だった)小型株ETFもやろうぜ! あと、俺の持ってる小型株をETF組成の現物株として提供するぜ!」そんな乗りだったに違いありません。いつかの時点で債券も組み込んだETFが出てくるかも。

このシーゲルの最近の変化、進化、環境への対応は、「PER(株価収益率)ってさー、株価が下がっても下がるけどー、最近、気がついたのはー、収益があがっても、PERは下がるってことなんだよねー、テークーノー」ということなのやも。

さらにいうと、セクターについての発言もしぼんでいます。これは、WisdmTreeのETFは現時点で高いリターンをもたらしているものの、株式投資の未来でちょっとアレなセクター扱いをした金融セクターが高いリターンをもたらしている影響があったりしたら嫌な話です。

配当優良だから(それ以外は超リスキー)と組入れたPCUの割合が、爆上げに伴い多くの割合を占めるようになったり(下の方のTOP HOLDINGSを参照)と、現実はシーゲル先生の予想の上を行きまくっています。なんでこんな、シクリカル、それもディープ・シクリカル寄りな銘柄が保有割合でトップに来てしまったのか。時の運としかいいようありません。

一応、中段と後半部分で、なんで高値更新したのかと、これからも強気でいられるかの説明がされています。米国企業の海外での収益が増えたこと、株式取引コストの低下、それにともなう流動性の増加は、株式投資の未来で語っていたグローバル・ソリューションを彷彿とさせます。最後に不動産投資に対して「株式のほうが儲かりんぐwwwww」と、さくっとケチを付ける当たりも素晴らしい手際です。

そういえば、今年最初に株式が暴落した際のコラムでも株式に対しては強気でした。株式に対して強気なのは一貫していたわけです。色々とネタ混じりでコラムの感想を書きましたが、株式に対しての強気が維持される限り、シーゲル先生のコラムを信じていこうと思います。でも、次の著作が怖いです。
posted by ことばもないひと at 13:31 | 日記

2007年05月06日

バフェットが次に何を買うのか当てちゃおうゲーム 追加訂正

Bloomberg.com: Worldwide
Buffett Says Berkshire Is Ready to Buy `Big Business'
Buffett targets more overseas exposure - MarketWatch
自社株買いでもしたらどうっすかwwwwww

というのは置いておいて、とにかく巨大な運用資金と「バフェットが買った!」となると追随の買いが大量に入るために、小型・中型株では投資対象になりえません。無理。レバレッジ無しでバイアウトできちゃうファンドでないなにか。それがバフェット先生です。あと、提灯買い効果自動エンチャント。

で、ちまちまやってもしょうがないので大型株でも買うか! ということになります。それも海外で! じゃあ、何を買うんですか、google株はすでに持ってます。コカ・コーラ株も持ってます。鉄道株はこの前買いました。跳ね上がってないで、バフェットの好みそうなセクターはなんですか。国内と重複しないものはてんで、さー、はったはったー。

* GICS(業種分類)

分類にも色々種類があるのですが、日本語で情報提供がある上記の分類で見ます。鉄道は資本財セクターです。似たような縮小セクターで、いままでのリターンが低いセクターには、電気通信セクターと公益事業セクターがあります。などとフェイントをいれつつ

http://finance.google.com/finance?q=IP&hl=en
http://finance.google.com/finance?q=AMR
IAMR Corp. - Wikipedia, the free encyclopedia

紙と航空運輸、ほんとは貨物のみがいいけど、格安なので旅客ももっているAMRでどうでしょう。ペトロチャイナのヘッジにもなるかぽ。公益事業セクターは、ここ数年で日本の投信が買い上げ倒したという恐ろしい罠があります。それがなかったら、バフェットの一番の候補だったと思います。いや、ほんと。

とか書き飛ばした後に、メインターゲットは海外(米国外)で、為替リスクをヘッジできるところー、という記事を発見して気まずい次第です。ドルのヘッジという点が無ければ、日本企業もありかなと思うのですが、バフェット先生は日本に対してはロクな評価をしていません。いや、ポジショントークかもしれませんが、とにかく割高であると。日本の製菓業界とかおすすめなんスけどね。原料高をヘッジできれば。その他の国で製菓の場合、ネスレに買われてなければラウントリーだったんですが、うーむ。

marine transportだと、全然知らないので語れません。残念。しかし、いまから海運を買うならお水関連もありですたい。はて。
posted by ことばもないひと at 17:58 | 日記

執行コスト

株式取引の際には、売り手と買い手の提示する価格に差があります。提示価格の差については誰が負担するのか?

株式メインの投資信託の場合には、投資信託の投資家が最終的に負担します。したがって、同一セクターに投資する投資信託の中からどれ一つを選ぶような場合には、表面上のコストを見て同じぐらいの投資信託やETFが残った場合は、売買回転率が低い方を選択することが望ましくなります。その方が、執行コストを抑える可能性が高いからです。すなわち、リターンの増加に繋がります。

取引執行コスト(取引コスト) -企業年金連合会-

第一生命・法人のお客さま|第一生命の年金通信
では、執行コストの中の一つ、マーケット・インパクト・コストを以下のように定義しています。

株式における執行コスト分析について

マーケットインパクトコスト=
(市場VWAP−平均約定単価)/前日終値 × 約定率


上記は、引け値で成り買いなどのアホ売買をするタコ運用者を明らかにするために必要な数値です。個人相手では、法人向けのような情報公開やサービスは難しいですが、個人でも読めるようにしてもらっているのは有り難いところです。

執行コストを抑えるのでなく、そもそも執行が必要な機会を減らすようにするべきです。執行コストを抑えるのが戦術レベルでの改善策であれば、執行が必要な機会を減らすというのは、戦略レベルでの改善策になります。

その意味では、個人レベルでは、インデックスに連動するパッシブ運用の投信信託が最適になります。なお、最近では、インデックス連動のパッシブ運用だけど毎月分配型というすごい仕組みの投資信託もあります。税引き前再投資の数値、つまり、架空の投資家リターンの数値だけがインデックスに連動するという、投資家の錯誤を目当てとした金融商品です。

当然ながら、毎月毎月毎月、執行コストを増加させる機会を得られるという、投資する側にとっては、まことに有り難くない仕組みにもなっています。毎月分配型で分配金を再投資する場合には、分配金に対する税以外のコストも見えないところで負担していくことになります。

インデックスファンドにのみ投資しているファンド・オブ・ファンズの売買回転率が高い場合もあります。一年間で、投資しているインデックスファンドを、ほぼ全て入れ替えている計算になるファンド・オブ・ファンズも存在します。これは、元からの仕組みが悪いことに加え、リバランスの際の売り買いが影響しているためと思われます。
posted by ことばもないひと at 15:48 | 日記

2007年05月05日

SPDR DJ Wilshire International Real Estate ETF (RWX)を購入

FIFOの回避が可能かどうかをLQDの売りで確認した後、悩んだ末にRWXを購入する。目当ては、これから始まるドイツのREIT。いつのまにか組入れられていることを期待。米国と欧州の金利差が広がったあとだと高く付くので今のタイミングでの購入とあいなりました。

ポートフォリオに海外REITが必要と思ったというのも買う契機だったりして。REITをポートフォリオ全体の20-30%で推移させたい。これも、イェール大学CFOに学ぶ投資哲学を読んでの行動です。つるかめ。あとはVNQを買う予定です。

SSgA Funds: SPDR DJ Wilshire
International Real Estate ETF,
RWX - Fund Detail


Top Holdings
As of 05/03/2007
Security Name Fund Weight
Westfield Group 6.72%
Mitsui Fudosan Co 5.86%
Brookfield Asset Mgmt Inc 5.42%
Land Securities Gp 4.06%
British Land Co 3.59%
Unibail 3.01%
Rodamco Europe Fin 2.88%
Capitaland 2.12%
Hammerson 2.08%
Meinl European Lnd 1.99%

嬉しいのは、REITでなく、REITを運用する会社の株を組入れているあたりです。そっちの方がいい場合が多いのです。

SPDR DJ Wilshire Intl Real Estate Report | RWX | Snapshot
http://finance.google.com/finance?q=RWX

少し前に日本で海外REITのファンドを買おうと思って調べていましたが、ゆうちょのワールドREITインデックスでも分配の税ロス、総費用、販売手数料が割に合わないため回避とあいなりました。

しかし、LQDを売るついでに、設定を忘れずに行えばFirstradeでFIFOを回避できることが確認できて良かったです。あとは、MO、DTN、DWM、KFT、PFEあたりをLQDを売ってできる資金で買っていき、配当・分配金を自動再投資するようにして、積極的な運用から身を引いていきたいと考えています。たまにポートフォリオのリバランスをするだけで終わらせたいものです。
posted by ことばもないひと at 04:43 | 日記

FirstradeでFIFO回避確認

LQD130枚ホールド中30枚ほど売り、FIFOが適用されないことを確認しました。

10 -$10 1月10日購入
100 -$130 2月10日購入
20 +$10 3月10日購入

という感じでしたが、
My account -
My settings -
Default Method for Matching Lots

で、minimum gainに設定し、その後に指値で30枚売ると、含み損がもっとも大きい100枚の内から30枚が処分できました。初期値はFIFOです。他にもLast inや、Maximum gain、自分で設定というのもあります。ボックス相場で買値と短期キャピタルゲインがばらついていない限り、minimum gainでよさそうです。
posted by ことばもないひと at 00:32 | 日記

2007年05月01日

マネックス資産設計ファンドとウエルズリー・インカムファンド

投資信託・ファンドの特色 ウエルズリー・インカムフアンド
投資信託・ファンドの特色 マネックス資産設計ファンド(育成型)
マネックスの口座管理画面で両方を見比べていると、ウエルズリー・インカムファンドの分配金を受け取った後ですら、マネックス資産設計がアンダーパフォームしているというせつない現実が。分配金考慮せずの騰落率でも3ヶ月で0.1%のアンダーパフォーム。為替変動と日本株式、外国REITの低迷のせいだけではなさそう。

モーニングスター [ ファンド詳細 マネックス資産設計ファンド<育成型> ]
Vanguard Wellesley Income Report (VWINX) | Snapshot
ウエルズリー・インカムファンドが分配金自動再投資もしくは分配金のMMF受け取りに対応したら勝ち目なさそう。したがって、これからもMMFでの分配金受け取りはできないんだろうなあ。
posted by ことばもないひと at 09:35 | 日記