2006年02月28日

確定拠出年金制度(401k)の今後

401kというのは、そもそもアメリカの制度だったわけです。その401kを、何で日本で導入することになったのでしょう。そして、この先、401kがどうなっていくのでしょうか。実は、上記二つの疑問に対する答えを知ることが簡単に出来ます。

何で401kを導入することになったの?
この先、401kはどうなっていくの?

答えは、以下のサイトにあります。

続きを読む
posted by ことばもないひと at 22:44 | 日記

2006年02月27日

白マネックスさんにお手紙書いたー

すると、黒マネックスさんからお返事が来ました。こちらが、お手紙に書いたのは
「おぅおぅ、テメーんとこ(マネックス証券)はよぅ、アクティブ型の外国債券投資信託はクソほど売り値散らかしていやがるが、外国債券インデックスが一つもねえじゃねえかコルァ。おれっちの資産ポートフォリオ構築に差し障りがあるから、とっとと、外国債券インデックスファンドの販売を開始しやがれってんだよコンチキショー! 当然のようにノーロードで」
というものです。すると、すばやいお返事届きました。

続きを読む
posted by ことばもないひと at 21:10 | 日記

2006年02月25日

税金のダメージが一目でわかるように

分配金お支払い通知書を一部スキャンしてみました。

bunpaikin

マネックス証券での、外国債券インデックスファンド(1年決済10円分配型)の登場が待ち望まれます。もちろん、ノーロードで。フィディリティ・ハイ・イールドも、1年分配なら悪くないんですけど。うーむ。販売手数料が1.05%なの低めと言えば低めです。

しかし、毎月分配型で自動再投資は、にんともかんとも無駄が多いです。がっくり。
posted by ことばもないひと at 23:25 | 日記

分配金お支払い通知書

フィディリティ・ハイ・イールド A(為替ヘッジ無し)の分配金お支払い通知書が届く。購入数日後に円高に振れてしょんぼりだけど、分配金マジックで心がやすらぐわけです。つまり続きを読む
posted by ことばもないひと at 19:31 | 日記

含み益状態でポジ

含み益は、心安らぎます。確定しないとダメなんですけど、確定して次の日にストップ高になりそうで怖いわけです。バイ&ホールドしてもいい銘柄なので、このままホールドしてしまおうかしらん。ああ、それにしても、含み益、なんて響きのいいことばなんざましょう。もっとも、確定しても、先の損切りの額の方が大きいので、キャピタルゲインに対する税金は発生しません。とほほ。
posted by ことばもないひと at 01:16 | 日記

諸手続とノーロード

ソニー銀行の口座開設の申し込みが、書類不備で撥ねられたので、書類を再提出。その間に円高にちょっと振れたので、買う予定だった中央三井外国債券インデックスファンドが下ブレしそうなので、かえって幸運だったのかも。続きを読む
posted by ことばもないひと at 01:13 | 日記

損切り翌日

損切りした銘柄がストップ高になりました。いろいろなものを呪って、数日やすみ。
posted by ことばもないひと at 01:02 | 日記

2006年02月20日

損切り実施

生き残りのディーリング決定版―相場読本シリーズ<10>矢口 新という教科書通りに損切りを実施しました。追い証スパイラルが収まるまでは、キャッシュポジションで居ようと思います。ときおり、デイで利を取るかもしれません。続きを読む
posted by ことばもないひと at 19:04 | 日記

確定拠出年金の特別法人税

確定拠出年金の最大の問題点として、積み立てている資産の1.173%が毎年特別法人税として持って行かれるという点があります。現在は課税凍結中ですが、2008年3月までの凍結ですので、いずれは資産全体に対する課税が来ると予想されます。凍結の延長、廃止というのは希望的観測に過ぎません。続きを読む
posted by ことばもないひと at 00:00 | 日記

2006年02月19日

401k、運営管理機関の途中変更は可能

加入者の手引き(Q&A)のQ11

>運用関連運営管理機関の変更は可能ですか。
>A 運用関連運営管理機関の変更は可能です。
>新しく選択する運営管理機関(受付金融機関)
>に運営管理機関変更届を提出してください。
>但し、運営管理機関の変更は、年金資産を一度
>現金化する必要があるため、
>運用商品によっては、現金化に伴うコストが
>大きくなる可能性があります。
>(期日前解約手数料等)

運営管理期間の変更を依頼すれば、コストはかかるものの現金化は可能なようです。現金化の意味しだいだけど、そのまま途中で使えるようになるのかというと、それは甘い考えのようでー
続きを読む
posted by ことばもないひと at 22:01 | 日記

一般口座で分配金が出た場合の税処理方法判明

ウエルズリーインカムファンドで分配金が出た場合、年間に二十万円以下しか収入が無い場合の課税処理が分かりました。というか、投資一般板の確定申告スレッドで既出の話題だったようです。

◆【投資一般】 確定申告質問スレ パート12◆続きを読む
posted by ことばもないひと at 14:45 | 日記

2006年02月18日

勉強のために

という口実で、ウエルズリーインカムファンドフィディリティ・ハイ・イールド・ボンドを少額ずつ購入してみました。いちおう、円高になったら買い増ししようかなとも考えていますが、分配型の誘惑に負けたことはいなめません。しかしです!続きを読む
posted by ことばもないひと at 01:06 | 日記

2006年02月17日

大和証券の個人型確定拠出年金

外国株式インデックスファンドの信託報酬0.26%台をもとめてさまよい続ける日々です。百五銀行で存在することは確認しています。他に見つからなければ百五銀行か、条件は劣りますが、インターネットでほとんどを完結できるソニー生命で行こうかと思っています。いや、マネックス証券の動きが気になるということを忘れていました。ループしてます。ああ。

で、ループから抜け出すために、大和証券の確定拠出年金について調べてみました。続きを読む
posted by ことばもないひと at 19:55 | 日記

ソニー銀行の申込書到着

捺印なしで署名のみというのが新しいのかも。というわけで、ソニーバンクをソニー銀行と書くのが正しそうと分かったので、ソニー銀行と書くことにします。タリホー続きを読む
posted by ことばもないひと at 19:25 | 日記

丸八証券に資料請求

丸八証券スタートレード三井住友・グローバル・リート・オープンを購入すべく、もしくは、円高に振れた際に、さくっと購入できるように、資料請求を行いました。なぜ、丸八証券なのかというと、日本以外のREITに分散投資している投資信託を、ノーロード、すなわち手数料無料で扱っているのが、いまのところ丸八証券だけだからです。ただ、問題も若干あります。その問題が、世界の大家さんをすぐに買わないにしても、口座だけでも開かせています。続きを読む
posted by ことばもないひと at 17:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月16日

マネックス証券からのメール

楽しい!学べる!得をする! と称して、マネックス証券から定期的にメールが来ています。ThunderBirdのスパムメールフィルタで、さっくりとスパムと判断されてしまうあたりに構成の難が伺えます。

で、長期投資家を志す視点で見た場合には、ロクでもないことが書かれている割合いが多いメールなのですが、中には見過ごすことの出来ない情報もあるのです。今、自分を惑わせているのは、『バンガード・海外投資事情』の連載です。ちょうど、米国DCプラン、つまり年金運用、このサイトのメインになるであろう、401k・確定拠出年金(アメリカではIRA、ロスIRAなども含む)のことが書かれているのです。続きを読む
posted by ことばもないひと at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月13日

インカムゲイン、すなわち配当収入

ほすぃ。はぁはぁ。インカムゲインで労せず分配金を得たいにゃー。そういうピュアな思いが高まることを隠しきれない自分をじっと第三者視点で見つめるなまあたたかい瞳、はぁはぁ。

というわけで、名著・敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのかを必死で読了して学んだことを何一つ活かさずに「インカムゲイソ、はぁはぁ」と、毎月分配型、もしくは三ヶ月に1回分配型の投資信託を探しているわけです。

2chの投資信託スレッドでは、複利効果を最大限にするという方針で運用している人が多いため、毎月分配型は人気が無いというか、心揺らがせている人を叱責して正道にもどしてくれます。でも、いちおう、分配型に準じる投資信託も紹介してあって、

マネックス証券で扱っている
ウエルズリーインカムフアンド
トータルストツクマーケツトインデツクス
の二本と、
丸八証券で扱っている
丸八証券スタートレード:三井住友・グローバル・リート・オープン
ソニーバンク、e*tradeで扱っている
三井住友・グローバル・リート・オープン 世界家主倶楽部

と、J-REITを除いても、数本は紹介されています。ソニーバンクとe*tradeの、世界家主倶楽部は買い付け時の手数料が2.1%ほど取られるため、丸八証券で世界の大家さんの買い付け手数料が無料になったことを受けてテンプレ落ち寸前です。

他に、世界家主倶楽部はソニーバンクは解約のみで買取請求不可、e*tradeでは毎月積み立て専用で、買取請求はコールセンターに電話をする必要があります。

で、住宅バブルの崩壊が恐れられているのは、実はアメリカだけじゃなくて、イギリスもそうかも? という状況らしく、また、円高振れるかもしれないことを考えると、上記に上げた投資信託を、いま買うのはどうなんだろう、ドルコストするけ? と、悩みは尽きないわけです。ああ、インカムゲインの道けわし。
posted by ことばもないひと at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月12日

ソニー銀行に口座開設でワールド・リートが気になるブヒー

とりあえず、申し込み書の郵送を依頼するところまでは行きました。ここまではオンラインです。申込書はpdfから自前で印刷しても良かったのですが、急ぐことでもないので、切手代がお得になる、申込用紙の郵送でお願いしました。

ソニー銀行で扱っている投資信託の一覧を見ています。

で、
DIAM ワールド・リート・インカム・オープン、世界家主倶楽部が、欲豚ブヒーで気になって気になってしょうがないわけです。ブヒ。だって、エマージングソブリンよりもリターンが大きいんです。まあ、エマージングとはいえ、完全な債券ものよりもリターンが大きいのは、ある意味当たり前なのかもしれないんですが、たんにアメリカ住宅バブルのせいなのかもしれません。

毎月分配型は損であるということは、頭では理解できているんですが、こう、なんというか、キュンキュンな上がり方を見ていると「まさに、素人の高値づかみ」現象が起きるわけが分かります。今買わないと! バスに乗り遅れるな! そして、購入して、まさに高値近辺だったというワナは、普遍的に見られる光景です。

アメリカ住宅バブルのソフトランディングの見込み、予想される日米金利差の縮小による為替の円高ブレの可能性、どう考えても今は買い時じゃないんですけど、わかっているんですけど、なんというか、こう、あれなわけです。つい、「キャッシュポジションにしておくよりはー」と愚かな考えが、ふつふつとわき上がってくるのです。キャッシュポジションでは、ほおっておいてもマイナスにならない(インフレによる目減りを除けば)ということを、脳が理解を拒むのです。
posted by ことばもないひと at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キャッシュポジションを徐々に増やして

もう市場から逃げ出したい気分まんてんクマー。実際に、ドルコストしていくトヨタアセットのバンガード株式ファンド以外は、逃げ出す予定です。あ、あと、東欧ロシア株式もあったりして、これも売り払ってしまいたい、逃げ出したい、世界同時暴落がおんどれら(自分も含む)を襲うとかになるかも、かもと日々ふるえています。いや、キャッシュポジションにした後は下落してくれた方が……

で、下落相場時には手堅い債券ものに切り替えて、下落を乗り越えたいと思っていたりもします。債券じゃないなら、REIT中心の投資信託とか。外国債券インデックスファンドにお金をつっこんで気絶していたい気分です。

で、ソニー銀行の口座開設を、ぽちぽちと行っています。中央三井外国債券インデックスファンドを買うにあたって、もっとも条件が良いところだからソニー銀行で口座の開設をしようかと思います。ただ、ワールド・リートもあるのがワナ、というか、いいところというか、でも、これ、アメリカの住宅バブルが崩壊したら、とんでもないことになりそうな気もします。
posted by ことばもないひと at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月09日

401k関連の書籍

ウォール街の大罪―投資家を欺く者は許せない!

アメリカの証券取引委員会の長を勤めていた人間の書。401kの運用についても書かれているので読んでみる。401kには、後半の一章が割かれている。

401kにおける企業型と個人型では、企業型の方が圧倒的に条件が良い。原因のいくつかが書かれている。表向きの理由として、まず取り扱いの金額の大きさが違いすぎる。企業年金の場合だと、給与天引きで額も大きい。個人型は一件の金額が小さすぎる。

水面下の理由として、企業および企業の年金担当者へのリベートの問題が取り上げられている。商行為の一環として別にかまわないと捉えることもできる。しかし、年金の原資は、勤務者の給与であることが考慮されていないと説く。同時に、自社株買いの危険性も指摘され、投資教育の必要性が訴えられている。

投資教育と言えば、破綻したエンロン、ルーセントテクノロジー(そして、もしかしてGM)。自社株買いの危険性についての理解が無いことがもたらす悲劇。分散投資の必要性、ロビイスト活動による政治の介入の危険、証券業界と個人投資家の利益相反など。知らない方が良かったかもしれない。

アメリカ含む、外国株式インデックスファンドに投資することは、日本株式のインデックスファンドだけに投資するよりもマシであることは再確認できたので、それは救いです。
posted by ことばもないひと at 22:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

401kについて調べ続ける日々

外国株式インデックスファンドオンリーなら、個人型では百五銀行でオッケーだけど、マーケットタイミングを読んで外国債券インデックスファンドに切り替える道も確保したいなー、と思うと百五銀行以外も考えることになる。あと、百五銀行は遠い。近くに支店がない。

近くに支店がある運用機関でバランスが取れているのは、百十四銀行。が、運営方針にバランスが取れていない模様。こだわりのラーメン屋なみか。あと、本店は遠い。香川県。

百十四銀行 確定拠出年金ネット

百十四銀行の良い点は、国内外のパッシブ型ファンドが全部揃っているところ。e-tradeだと、外国株式インデックスファンドと対になる外国債券インデックスファンドの部分が、信託報酬1.3%のグローバル・ソブリン・オープンになっている。事実上の債券インデックスファンドで信託報酬が1.3%というのは嵌め込みというかなんというか。公称はアクティブ債券ファンドなんだけど、どうもね。

百五銀行は、外国債券インデックスファンドの信託報酬が1%を越えているので、外国株式インデックスファンドの約0.2625%の信託報酬と、いかにもアンバランス。まあ、上げられるよりはいいかもしれないけど。

百五銀行を除けば、ソニー生命が外国株式インデックスファンドの信託報酬が0.74%代とお得。実際には、約0.78%ぐらいになって、他に管理料金。いま考えているのはソニー生命というわけです。ソニー生命と互角の好条件な証券会社もあるけど、ネットでの評判が最悪というかなんというか、もにゅもにゅ。

あと数ヶ月以内に機関を決めたいけど、マネックス証券で開始してくれたらなあ。法人部門がなさそうだからダメそう、よわよわ。これは、株主総会に行って直訴! したい所存。できるかな。ダメそう。うーん、ソニー生命かー。地元地銀が同条件だったらいいけど、ダメ投資商品しか揃えていないのがなんとも。そもそも、外国株式インデックスファンドすら無かったりして。ああ、法人型がうらやましい。
posted by ことばもないひと at 18:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記